ゴジラvsコングの作品情報・感想・評価・動画配信

ゴジラvsコング2021年製作の映画)

Godzilla vs. Kong

上映日:2021年07月02日

製作国:

上映時間:114分

ジャンル:

3.7

あらすじ

「ゴジラvsコング」に投稿された感想・評価

おバカ映画。はっきり言ってクソ(笑)
シナリオなめんなよ、円谷なめんなよ
akina

akinaの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

観て書いてなかったシリーズ。

ゴジラが好き。
キングコングも好き。
だから観るべきだとは思いました。

ですが、上映前から疑問に思っていたのは、これって決着ついちゃダメだよね?って事。
どっちも死んじゃダメなキャラだよなあ…なんて。
最終的には好きな形で終わったけど、やっぱり地底に別世界があってそこにコングのホームがあったという展開には、うーん、まあそうなるか…と。
キングコングと人との絆を描く期待通りの王道な感じも好きだし結局絶対王者はゴジラだって所も好きだから何だかんだ楽しめました!
が、地底にホームがってところがしっくりこないでもない(←しつこい)
でもね、好きだよ。うん。

このレビューはネタバレを含みます

一言で分かりやすくいうと、プリキュアとほぼ同じです
互いに喧嘩するときもあるけど、最後は力を合わせて戦います

ゴジラは口からビーム出るのに、コングは丸腰ですわ!笑
かわいそうだけど、途中斧みたいな武器を持ちます。
それでも拭えぬハンデにいつしかコングを応援している自分がいました

メカゴジラっぽくないメカゴジラが出ます
あとそれに乗る小栗旬は永田裕志ばりに白目です
あおい

あおいの感想・評価

4.4
とにかく映像キレくて、激アツ展開で、マンウィズの主題歌が最高にマッチしてたことは覚えてる。

2021年劇場鑑賞34作目
Relaxboy

Relaxboyの感想・評価

4.0
ストーリーが糞過ぎた。
芹沢博士の息子設定の無駄遣い。
小栗旬白目演技のみ。
バトルシーンは良かったけど折角地下世界と繋がったんだからもっと怪獣だして、滅茶苦茶ド派手にすりゃ良かったのに。
見る前はワクワクしてたんだけど、なんかなーと言う感じ
ゴジラとコングのどつきあいはまぁまぁ

そしてまさかのメカゴジラ!なのにコレジャナイ感がハンパない
人間ドラマ薄くして怪獣バトルに振り切るのかと重い気や、よく分からないSF方向に振り切ってしまい怪獣同士の対決もよく分からないものになり、尚且つゴジラ側の描写がおざなりになっていて、何を見せられているんだという感じ、、、

メカゴジラのデザイン最初はうーんだったけど、動き出すとガイガンのようなヤンキー感溢れる悪さでとても良かったです。

うーん、、、

地下空洞行ったんならもっと怪獣出せば良くない?地下空洞でゴジラと戦わせれば良くない?雑魚怪獣もデザインも個性も雑じゃない? ほぼパシフィック・リムじゃない?
ん?前回ってゴジラとキングギドラやったっけ?忘れてるなぁ。でも別に問題無しやわなぁ。地球に空洞があって、そこが怪獣の故郷?そんな話やっけ?センター・オブ・ジ・アース?でも別に問題無しやわなぁ。怪獣が大暴れさえすれば物語の粗さはどうだってOKな?でも、スケールが違う方向にデカくなってるというか、荒唐無稽な話なの前提なだけに丁寧に荒唐無稽じゃないと、観る側はノれないというか、ポカーンて感じがした。
で、目玉のアレ、めちゃデザインがダサくて興醒めしたのでマイナス0.2点
にしても小栗旬さん、出番思ったより少なかったっすぅ。
板水

板水の感想・評価

4.0
イヤーっVFX本当に素晴らしかったなぁ。大好きなバトルシーンもふんだんにあったし正に王道を行く超娯楽大作でした。前作で大活躍した芹沢博士の息子の芹沢研究員の活躍を期待するも結局何者かよくわからない感じになっていた。噂では小栗旬の英語がイマイチで大幅に出演シーンをカットされたのが原因だとか。でもキャストクレジットは5番目だったけどね。ところで前作ラストシーンのギドラの首の残骸は出てきたけどアラン・ジョナはどこいった?
ひつじ

ひつじの感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

※過去観た作品のログです。視聴直近の感想ではないです。

ゴジラ→コング→ゴジラKOMと来てようやく2つの巨大な力が相見える!となった今作。

日本版は延期に次ぐ延期があったこともあり、上映時にはすっかり熱も冷めていた人もいたのではないでしょうか(自分もその1人です)

内容としてはまあ〜期待外れって感じ。
ゴジラとコング両名のファンを尊重してか、勝敗はつかず、共通の敵に対し力を合わせて戦うというオチ。
前作のKOMがかなりの怪獣プロレス映画で、それを今作にも期待していただけにその辺りの肩透かし感が個人的な低評価の要因かも。
あとはストーリー的にキーパーソンになり得た小栗旬演じる芹沢蓮の扱いの雑さが尚のこと消化不良を起こさせる。

劇場内で眠気に当てられて寝てしまった映画は久しぶりだったかもしれない。
>|

あなたにおすすめの記事