ジュラシック・ワールド 炎の王国のネタバレレビュー・内容・結末

ジュラシック・ワールド 炎の王国2018年製作の映画)

Jurassic World: Fallen Kingdom

上映日:2018年07月13日

製作国:

上映時間:128分

あらすじ

前作でハイブリッド恐竜インドミナス・レックスとT-REXが死闘を繰り広げ崩壊したテーマパーク<ジュラシック・ワールド>を有するイスラ・ヌブラル島で<火山の大噴火>の予兆が捉えられていた。迫り来る危機的状況の中、人類は噴火すると知りつつも恐竜たちの生死を自然に委ねるか、自らの命を懸け救い出すかの究極の選択を迫られる。そんな中、恐竜行動学のエキスパート、オーウェン(クリス・プラット)はテーマパークの…

前作でハイブリッド恐竜インドミナス・レックスとT-REXが死闘を繰り広げ崩壊したテーマパーク<ジュラシック・ワールド>を有するイスラ・ヌブラル島で<火山の大噴火>の予兆が捉えられていた。迫り来る危機的状況の中、人類は噴火すると知りつつも恐竜たちの生死を自然に委ねるか、自らの命を懸け救い出すかの究極の選択を迫られる。そんな中、恐竜行動学のエキスパート、オーウェン(クリス・プラット)はテーマパークの運営責任者だったクレア(ブライス・ダラス・ハワード)と共に、行動を起こす事を決意。島へ向かったその矢先に火山は大噴火を起こし、生き残りをかけた究極のアドベンチャーが遂に幕を開ける!

「ジュラシック・ワールド 炎の王国」に投稿されたネタバレ・内容・結末

ブルーが今回もいい味を出してます。やっぱり可愛い❤大好きです(*´・ω・`)b
最後の何度か振り返るブルーが可愛くてキュンキュンする❤行っちゃうのかって切なくなったけど、元気に生きて欲しい…
最後の方に恐竜を逃がすシーンでは、何故、肉食系まで出したのか理解出来ない…こっちまで危なくなるんだからさ…
ライオン可愛いw
早くレンタル出て欲しいな❤また観たい✨
音楽も良くて、ハラハラドキドキしました✨
子供ブルーの優しさ。火山から逃げるのは人も草食も肉食も同じ。肉食途中で思い出したように食べようとしてた。ティラノの口の間ジャンプ絶対出来ないわ。インドラプトル狡猾さがある。小回りきくから恐い。後半ホラー映画。モサの出だし良かったけどサーファー食うシーン本当にCMのとこだけだったな 笑。それでも満足させれるモサのインパクト。この終わり方もう戻れなくないですか?わあ~恐竜だーみたいな感じには。新たなジュラシックワールドになってしまった。
ブルーが元気そうでよかった。
後半のホラー感好き。
クローンが出てくるといっきにテーマが重たくなりますね。
自分用







なんだか前作が大好きだったから残念だなぁ…。
全体的に残念。前と比べるからだろうけど、なんだかチープな感じになっちゃった。

ブルー前作の時に男性でエコーかデルタが女の子な印象だったからなんかそれで引っかかっちゃったし、インドラプトルがあんまり怖くない。
怖さ求めてるわけじゃないけど、インドミナスレックスの方がもっと賢そうだったし十分脅威だった。
恐竜がさらに知能あるとこ見せたかったのかもだけど、死んだふりはまだいいとしてニヤリって…。もうただのエイリアンというか、表現がただのホラーというかSFというか。インドミナスレックスの方があんな表現ないのに十分知能が高く出してはいけないもの的な表現ができていた。

大体ラプトルをインドミナスと掛け合わせたって言ってたけど、もともと入ってるって言ってたし入れたからどうしたみたいな。
インドラプトルにしても今更ブルーに母親って言っても、もうでかいし。インドラプトルの子供作ってそれを育てさせる感じ?
いうこと聞く恐竜的な怖さ出したかったのかもだけど、そんないうこと聞いてないし結局みんな全部食べてるし他の肉食との差がよくわからない。

毎回こどもも出てくるし、恐竜となると子供も出して欲しいけど、今までで1番謎な設定。クローンである意味が弱い。最後の扉開けさせる用の設定なだけで、それ以外にわざわざそうした意味がよくわからない。だから?みたいな。人間の過ちが今回のテーマだから的な?こじつけ感半端ない。
お母さんの顔全然出さない、瓜二つだとかでなんとなくクローンとかなのかなって想像できちゃうからふーんだし。おじいさんの娘一人作り出しちゃったところで、あんなに恐竜出してる世界でなんか悲しかったんだね〜、くらいで終わってしまうよ。
みんなとあうシーンもオーエンに会った時も好感をビデオみて持ってたんだから早く出てこいよ。
みんながみんな中途半端に出てきて、ちゃうと半端に活躍しちゃってなんか嘘くさいんだよなぁ…。
無駄な感じがちらほらあって書ききれないけどなんだかなぁ…。

炎の王国だからもう島を脱出したあたりで終わりでよかったよ。
あのオークションも別にうわー!ってなる展開じゃないからいらなかったし。もはや、島が噴火の危険とかは最初にあったけどそれを聞いてあの人たちが金持ち連れて現地で直接見ながらオークションしてるっていう情報を聞きつけて、みんなが助けに行くとかのがまだよかったなぁ…。
後半で噴火してきて、やばい時にラプトルがまだ!みたいになってオーエンとの絆再確認的な感じでなんとか逃げ出して、その時にオークションで捕まえた子達と結局脱出してあの用意してたっていう島にみんな解放して終わりとかがよかったなあ…。

地球に恐竜解放してわぁこわーいって、もう空からシャーク降ってくるのと同じチープさだよ。怖がらせたいだけっていうか。
結局隔離された島にちっぽけな人間が入っちゃって、どうにか脱出するのがジュラシックシリーズな訳で。何度か出てきた恐竜もいたけど、せめてクライマックスだったしなぁ、何匹かだし。
あと後半でもうあんな屋敷にいっぱい恐竜きちゃったけど、それで壮大さが半減したなぁ。首長竜入れられる施設ってなんぞ?あの屋敷そんなデカかった?そんな感じ全然しないし、屋敷の中で恐竜に追いかけ回されても、なんてジェイソン?って感じなんだよな…。
恐竜もナワバリってあるからその利を活かして狩をしてくるからの怖さというか…。

まぁまぁよかったのはオーエンと子供のラプトル達のふれあいと、冒頭のTレックスが肉食系倒すとこくらいかなぁ…。前作ではそんなにビシって整列なんかしなかったし、Tレックスもはや人類の味方的な感じはあったけど。

全体的にチープで非現実的なこじつけ感半端ない映画。
やっぱり買収されたからなんか変わったのかな…
わい、このシリーズ好きですわ。。
でも炎の王国なのは前半だけであって、後半は恐怖の館でしたわ。
淘汰、支配の世界から共存の世界へ…

いや、共存ていうのか…?w
前作に引き続き
オーウェンかっこよすぎ
ブルー可愛い好き

マルコム博士みるとジュラシック感でる

こういうタイプの映画は本当に人間が愚かだな〜って思っちゃう笑笑
でも悪者全員パクって最後は絶対食べられるからね、ざまみろっ!ほらみろっ!!!ってなるね!

いつもは森の中で木々がカサカサって動いてぱって見ると何もいなくてでも気配はしてどこからくるの???ってドキドキして気のせいか〜ってホッとしたら上からよだれ垂れてきて見たらT-REXとかパターンなんだけど
今回は屋敷舞台で恐竜と戦ってて、シュールだと思ったけど森じゃなく家のどこかからでてくるインドミナスラプトル超絶恐怖

賢い早いグロい笑笑

メイジーが逃げ回っててベッドで怯えてて窓の外に影が見えてそーっと鍵開けるとこめっさドキドキした
オーウェン来てくれると思ってたけど!

クレアも前作よりたくましくなっててすごい強かった!!!女の人強いの本当にかっこいい!

ヴェロキラプトルはジュラシックパークだとthe 悪役ポジですばしっこいし何匹もおるし恐怖の対象でしかなかったのに
オーウェンが仲良くなったおかげで
ラプトルラブってなりました
ここぞという時にどこからともなく現れて自分より強大な相手に立ち向かうとかヒーローすぎて惚れそうでしたブルー大好き
ちっちゃい頃のブルーを飼育してるオーウェンとの動画まじで萌えた
首傾げるとこやばい語彙力失うレベルでもうハート掴まれた

最後島じゃないのに恐竜解放しちゃったから、これから人間どうなっちゃうんだろって心配だね!
CMで何度も見かけた、海でサーフィンしてるとこにめっちゃでっかいモササウルス?かな?そいつが口開けてでてくるシーンと、恐竜がライオンと対峙してるシーンまさかの最後のところだったのに驚いた笑
シリーズ中間違いなく一番胸糞な映画。
ずっと怒りと悲しみでいっぱいになり楽しむ事が出来なかった。かなり文句ばっかり書いてるので注意。
3点も入れたのは恐竜の種類がたくさん観れた事と、やはり彼らが動いてるのは好きだから。ブルーの性格が特別家畜化に向いてたというのを知れたのも良かった。

予告を観た段階で火山の噴火シーンがある事は分かっていたので、人間の勝手で復活させた恐竜をもう一度絶滅させるのか、残酷な話だ…でも目を逸らしたくないから辛いけど観よう…という覚悟を持って映画館に行った。が、もっと酷いものを見させられた。
まずヒロインが何も学習してないし、見殺しにしたくないといいつつ自分が襲われたら簡単に見捨てる。
結果的に嘘ではあったけど別の島に恐竜を移すという話、これも馬鹿過ぎる。次の島の生態系を破壊する事を微塵も考えてない。
噴火により恐怖に逃げ惑う恐竜を見させられる。(これは覚悟していたとはいえやはりキツい映像だった)
この前半シーンで、登場人物全員噴石が当たって死んでくれないかな、と思いながら観てたけど、後半に巻き返しごある事を期待してた。

結局後半もずっとこんな調子。浅はかな知識しか無い人間が寄ってたかって恐竜を弄ぶ。
登場人物馬鹿とクズばっかりか。
性懲りも無くインドラプトルとか作って、前作のインドミナスに引き続き白ける展開。まぁ腕ちぎり食ってたのは良かった。
結果的にガスで殺す事になり、ようやく登場人物達が人間のしてきた残酷な行為の代償を払うのかと思えばまさかの放獣。
開いた口が塞がらない。一時的に彼らの命を先延ばしだとはいえ、あの個体数。ある程度人間に被害をもたらしたところで駆除される未来が見える。

なんて残酷な映画なんだ、と。
人間の残酷さや愚かさは十分過ぎるほど描かれているけど、それを描くために架空とはいえ恐竜達をこんなに苦しめる必要があったのか…という苦しい気持ちでエンドロールを眺めた。

今迄のシリーズは人間の愚かさを描きつつ、それに負けない野生動物(恐竜)の逞しさや美しさ、人間の管理が及ばない世界を受け入れる事が描かれていたと思ってるけど、今回はそうではなかった。

人間の身勝手さが産み出した問題のツケも払わず、命を弄んだだけ。
私は一作目からリアルタイムで観てきて、恐竜好きだった事もありかなりこのシリーズに思い入れがある。そしてマルコム博士の考え方が一番好きで今回も彼の意見が至極真っ当に感じている。しかしラストシーンで博士は匙を投げた様に見えた。そして自分達人間のせいで恐竜がいる危険な世界になった事を示唆していけど、これは映画として都合よくまとめただけ。先に書いた様にあの恐竜達はあっという間に駆除されるかまた捕獲されどこかに連れて行かれるだけ。だこら今回の博士のあのセリフは少し残念だった。皮肉屋なのは変わってないけど。

あと前作もだけど、Tレックスをヒーロー扱いするのやめて欲しい。都合よい演出が本当に白けるので。
言いたいことは山ほどあるけどお願いだからもう続編作らないで下さい、という気持ち。

あ、獣医と黒人くんはとてもキャラクター的にとても可愛らしかったので良かった。
これまでのジュラシックシリーズのエンタメ感・ドキドキワクワク感・爽快感を期待して行くと、大幅な方向転換でだいぶ戸惑うという事態も発生します(特に後半)。が、これまでのジュラシックシリーズで多くの観客の心を掴んできた故に土台ができたとの判断で今回の方向へ持っていったとするならば、まあ納得もできるし、個人的にはこれはこれで嫌いではないです。(今までのシリーズと毛色がかなり違うので始めの戸惑いと違和感は大ですが、そもそも別枠と捉えられれば自然に受け入れられました。)

それでも、あのバイオハザード的な展開からどうやって次へ発展させてくれるのか、人間界の大都会でどんな恐竜の暴れっぷりが見られるのかはやっぱり楽しみな部分でもあるので、次回作もきっと見に行くんだと思います。(単なるキングコング映画になるのだけは避けてほしい。)

個人的には今作そんなに嫌いではないですが、主人公が絶体絶命になる度に都合よくブルーを出してくるのはもううんざりでした。従順さと絆の表れといわれればそうですが、前作と同様あまりにも都合とタイミングよくブルーが使われるので、「クリプラ死なせんために必死か」とちょっと冷めちゃいます。そもそも恐竜の使い方や演出はこれまでのものと大きくは変わってないんだから、そこでどんな回避劇を見せてくれるのかという部分でもう少し違う発想を見せて欲しかった。
ついに観に行った。
結論から言うと私的には最高。
パークの頃からのファンなので、今回の映画にはこれまでのジュラシックシリーズを思い出させるようなシーンやキャストが数多くあり大興奮でした
今回で終わりかな?と思っていましたが、今回からの新しい女の子のキャラクターも登場したので、次の作品があると信じています。
観て損は絶対にないです。
ワールド苦手な人もパークファンも観てください。
私はもう一回4DXで観ます。
>|