ロスト・ワールド/ジュラシック・パークの作品情報・感想・評価

ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク1997年製作の映画)

THE LOST WORLD: JURASSIC PARK

製作国:

上映時間:129分

ジャンル:

3.4

「ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク」に投稿された感想・評価

Takoyaki

Takoyakiの感想・評価

3.0
1からの失速感は否定できんかな。

1のワクワク、ドキドキ感がすごかったからあれ前提にして見ると物足りない感じはする。

恐竜の個性があんまない気がした。
ケリーの鉄棒飛び蹴りのシーンは最高。
流石に1はスピルバーグでさえ超えられないよね。ていうか結構劣化してる。
1でパークの門をくぐった所でのテーマ曲にワクワク
人類が始めて対面する恐竜のワクワク
人間側のキャラがそれぞれ魅力に溢れている。そんな何もかもが満点な1に比べるとやはり劣っている。

恐竜の出番が少ない。大本命のTレックスは後半にきてやっとの登場でそれまでラプトルの幼虫みたいなのがチマチマ人間を襲うだけ。パークの崩壊によって自然へと解き放たれた恐竜を蜂の巣を突くように人間が地獄の片道切符に乗車するテイストは傑作「ジュラシックワールド炎の王国」が踏襲していてそっちの方が超良くできている。Tレックスがテントに顔を突っ込む場面はCGではなく本物に見えるようになっているしサンディエゴを暴れまわるレックスも実にリアルでバスに突進するところなんかさすがスピルバーグだと思いましたね。

前作から続投のジェフゴールドブラムに新キャラのジュリアンムーアとヴィンスヴォーン。マルコム博士の娘が鉄棒でラプトルをボコすギャグはシリーズ屈指の珍場面
1の子供達が大きくなって出てくるファンサービスがグッときた。商業主義のハモンドが自然保護主義に変わっている。
やっぱり人間の欲が生態系を狂わすってことですよね。恐竜には恐竜の生き方があるだろうしね。
ストーリーとしては、またかいな。ってなことがあって、少し笑けてしまう時がありました。でも、それが狙いなのかな。
眠い人

眠い人の感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

始まってすぐの電車内でのマルコム博士のスタイルが良すぎて笑ってしまった

未公開シーンを見るか見ないかでかなり印象の変わる登場人物がいた
こういう映画の定番、見ていてイライラする女性がやはり登場するのですが、なぜかこのロストワールドに出てくる女性がシリーズの中で一番ウザく感じてしまいます。
coり

coりの感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

恐竜の生態という一点においては楽しかったけど、各コメントにも散見されるように、私もサラに感情移入ができないので、わりと中盤からキツかった…。

そもそも崖から車ごと落ちそうになった原因(怪我したティラノのこどもを連れ帰った)を作った張本人の一人であるにも関わらず、救助作業を難航させ、終いには救助に来た仲間の一人を死なせている。が、次のシーンではさっそく「どうやって島を脱出するか?」に気持ちを切り替えており、仲間を悼むシーンが一切ないのが腑に落ちない。

良い人そうなおじちゃんだったのに〜〜〜やだ〜〜〜〜〜!!

自論を証明しようと虎穴に入る気概は認めるし、事実そうして科学と学問は発展してきたんだろうけど、あまりに犠牲が大きくない?

前作では「人の命より優先される夢はない」と熱弁した張本人だけに、モヤモヤする…。

また、序盤で探検を止めようとするマルコム博士に対して「若い頃からライオンやピューマetcの猛獣と過ごしてきたんだから(私は大丈夫)」みたいな発言をしていたけれど、生物研究者として、恐竜と現存の哺乳類を同列に扱うテキトーぶりもなんだかな〜と思ってしまった。

今回は登場人物にツッコミどころが多すぎるので、次回に期待です。
深海魚

深海魚の感想・評価

5.0
パークではヴェロキラプトルは悪者だったがワールドでは味方になり助けてくれる…
その姿に感動した。
ブルー最高!
シリーズ系、2は1を絶対超えられない説。
まあおもろかったけど人簡単に死ぬのきつかった
はまる

はまるの感想・評価

4.2
とびっきりおもしろいわけではないけど、あのマルコフ博士か!と 他のシリーズよりもまともな人がちゃんといてよかったかな

「二度と同じ過ちは犯さんよ!」
「これは新しい過ちだ…」ってとこ好き
サラが苦手で恐竜を楽しめなかった。
>|