ロスト・ワールド/ジュラシック・パークの作品情報・感想・評価

ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク1997年製作の映画)

THE LOST WORLD: JURASSIC PARK

製作国:

上映時間:129分

ジャンル:

3.4

「ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク」に投稿された感想・評価

mizuki

mizukiの感想・評価

3.5
ジュラシックシリーズではワールドと同じくらいあまり好きではない映画です。うんドキドキしなかったし新鮮さがないし、スピルバーグ監督も作りたくないって言ってた作品ですからね〜。
初公開時の映画館(新宿プラザ)で観た。

『ジュラシック・パーク』(1作目)を観た時のようなインパクトはなかった。

しかし、あの当時で「前売券が1600円」は高い。
前作に比べ、恐怖を煽る描写が洗練されたイメージ。ガラスがじわじわ割れていく演出や、車が崖に突き落とされていく演出が怖さを煽る。それから、坂から転がり落ちた男が全身をラプトルに噛みまくられるシーンもゾッとする。滝を使って鮮血を表現するのもグッド。CGは今から見れば拙いが、見ていてワクワクしたという点では今の映画に劣らない。
ジェフゴールドブラムさんはかっこいいですね。

えー、今回は街で恐竜が暴れるシーンがあるので、より現実味があって当時は怯えましたね。
部屋の窓から恐竜が見える瞬間なんて想像しただけで今でも鳥肌が立ちます。

とりあえず恐竜最高!
なんか無理矢理『家族』映画にしてて、そこがなんか違和感ある。

が、やっぱ最終盤の街中に入り込むシーンはサイコーですね。
yoshishi

yoshishiの感想・評価

3.7
1作目と比べたらメッセージ性とか人間ドラマが希薄でスピルバーグお得意のピンチを生み出すサスペンス演出もちょっと雑かなって思った。

でもやっぱり面白いし、『ジュラシックパーク』シリーズはいいね👍
kaede

kaedeの感想・評価

4.0
恐竜の恐ろしさを知りながら、恐竜の命や自然を尊重するチーム・マルコム博士、好きです。ハモンド博士も心を入れ替えてくれて良かった。自然を支配しようとしちゃだめよね。やっぱり人間は自然の力には敵わないってことがロマンたっぷりの映画から学べる作品。インジェン社は糞。
【サンディエゴに奴が殴り込み】
なかなかジュラシックパーク2の記憶が薄くて観直しました(´∇`)

蓋を開けてみたら、1に比べて迫力も増していてティラノサウルスも2匹いるではないですか(゚Д゚)(笑)
前作よりもヒヤヒヤ感もありましたね😨

3も借りてあるのですが、今から楽しみで仕方ないです😏
sakiko

sakikoの感想・評価

3.0
この表紙の恐竜が追いかけてくるシーンしか記憶にない。
動きが速い。
1作目を観たら、必ず観てしまう本作。スピルバーグに間違いはない、いまなら良さが分かるはずだと。そして、毎回期待は裏切られてしまうのだがw
あそこまでマルコムたちを助けるために奮闘したエディを本作一番の無惨な殺し方で葬ってしまうのにはいつも釈然としない。スピルバーグの趣味の悪さは肯定派だが、いくらなんでもこのシーンはやりすぎだ。
セリフはすべり気味で、島を共にする一行の数の多さも気になるところ。
しかし、崖下の縦の動きをいかしたトレーラーでのアクションは気に入っている。
>|