キングコング:髑髏島の巨神の作品情報・感想・評価

キングコング:髑髏島の巨神2017年製作の映画)

Kong: Skull Island

上映日:2017年03月25日

製作国:

上映時間:118分

3.7

あらすじ

神話の中にだけ存在するとされた謎の島に調査遠征隊が派遣される。彼らの任務は、未知なる生物を発見すること。 だが、その島は、人類が決して足を踏み入れてはならない《髑髏島(ドクロトウ》だった…。

「キングコング:髑髏島の巨神」に投稿された感想・評価

アマゾンで100円だったので。

彼の鎖付きバズソーがスカルクローラー=サンの首筋に叩き込まれた時は思わず一緒に「ゼツ!メツ!」と叫んでいました。彼の名前はジェノサイドです。

グレネードで自爆したおっさんのシーンは涙なしでは観れませんでした。彼の活躍なくしてこの映画は語れないと思います。3回くらい巻き戻して観ました。本当にいいシーンだと思います。生きて帰った人が遺族になんと言葉をかけたのか、そこのところすごく気になったのですが作品内では明かされず。続編に向ける意志を感じる終わり方だったので、その辺りはそっちに期待でしょうか。
zen0718

zen0718の感想・評価

4.0
なんでこれが評価高いのかなと思い鑑賞。
はいはいはいはい。そういうことですね。

そりゃ評価高いはずだ!!是非最後の最後までご覧ください。最後にトリハダです。

今作の内容は簡単。
コングVSサミュエル。
ayu

ayuの感想・評価

3.0
塩顔が好みなこの私でも見終わった頃には「いやイケメンかよ」ってなってた

このレビューはネタバレを含みます

『キングコング 髑髏島の巨神』鑑賞。平成ゴジラシリーズが大好きなので、怪獣映画はかなり評価辛めかもしれない。
ベトナム戦争の時代、人工衛星ランドサットが捉えた未開の島、髑髏島に調査に赴くというシナリオ。そこで待ち構えていたのは、巨大なゴリラ キングコングだった。キングコングによって壊滅状態に追いやられる調査団だったが、キングコング以外にも脅威的な生物が多くおり、特にトカゲ型の生物スカル・クローラーはキングコングをも脅かす存在だった。島民との邂逅を通じて、キングコングが怪物ではなく島の守り神だったことを学び、(一部の急進派を除き)次第にキングコングに協力していくようになる。現在の世界に照会するのであれば、(その是非はさておき!)神に頼らざるを得ない脅威(スカル・クローラー)とは、戦争等人災含めた災害のことであり、神的なものと組んで困難に打ち勝つのは、ベトナム戦争のシナリオとも絡んでいるのかもしれない。
スカル・クローラーとの最後の決戦はなかなか胸が熱くなるものがあった。が、しかし!個人的に怪獣は爬虫類(ゴジラ)派なのでイマイチ熱中できず。飛行機じゃなくて、映画館で観たらまた違ったのかなとも。
だいじ

だいじの感想・評価

3.5
島に入ってからは怒涛の暴れっぷりなのでテンポ良い。
サミュエルがもっと狂った役かと思ってたらそんなでもなかった。
むく

むくの感想・評価

3.6
記録用。
隊長腹立つー!
吹替で観たけどGACKTかっこよかったです。
br

brの感想・評価

3.7
大迫力で爽快なキングコングのアクション。ゴリラかっこいい🦍
トムヒドルストンの役が合っていないと感じました。
けして演技が下手とかじゃなくて…
まぁ映画館で4DXで観る映画。
Blu-rayで借りても意味なかった。

演出がほとんど4DX用に作られているのでかなり迫力があるが、いかんせん物語がオブラートくらい薄っすいので正直なんだこれ状態。

でも、やっぱりロキとキングコングが共演なんで素晴らしいしこういうのってマッドマックス観る感覚で観るのが1番良いなって思った。最後もなんかええ感じに終わらせてくるし。

狙って撮ったような、マザーファッ

より

無駄死にの手榴弾のおじさん派ww

てか、最後のゴジラとモスラとキングギドラ。

あれはなんやったんやろ。期待するやんか
みりん

みりんの感想・評価

3.4
日本刀を振り回すサバイバーなトムヒが最高なんだよな
>|