劇場版 ソードアート・オンライン オーディナル・スケールの作品情報・感想・評価

劇場版 ソードアート・オンライン オーディナル・スケール2017年製作の映画)

上映日:2017年02月18日

製作国:

3.9

あらすじ

2022年。天才プログラマー・茅場晶彦が開発した世界初のフルダイブ専用デバイス≪ナーヴギア≫ ――その革新的マシンはVR(仮想現実)世界に無限の可能性をもたらした。 それから4年……。 ≪ナーヴギア≫の後継VRマシン≪アミュスフィア≫に対抗するように、一つの次世代ウェアラブル・マルチデバイスが発売された。 ≪オーグマー≫。 フルダイブ機能を排除した代わりに、AR(拡張現実)機能を最大限に広げた最…

2022年。天才プログラマー・茅場晶彦が開発した世界初のフルダイブ専用デバイス≪ナーヴギア≫ ――その革新的マシンはVR(仮想現実)世界に無限の可能性をもたらした。 それから4年……。 ≪ナーヴギア≫の後継VRマシン≪アミュスフィア≫に対抗するように、一つの次世代ウェアラブル・マルチデバイスが発売された。 ≪オーグマー≫。 フルダイブ機能を排除した代わりに、AR(拡張現実)機能を最大限に広げた最先端マシン。 ≪オーグマー≫は覚醒状態で使用することが出来る安全性と利便性から瞬く間にユーザーへ広がっていった。 その爆発的な広がりを牽引したのは、≪オーディナル・スケール(OS)≫と呼ばれる≪オーグマー≫専用ARMMO RPGだった。 アスナたちもプレイするそのゲーム に、キリトも参戦しようとするが……。

脚本

原作

主題歌/挿入歌

「劇場版 ソードアート・オンライン オーディナル・スケール」に投稿された感想・評価

なんでや!なんでこんなに戦闘シーンが凄いんや!
劇場版のクオリティおかしいんや!チートや!チーターや!!

風林火山の皆やエギルってやっぱ攻略組だけあって普通にめっちゃ強いなって分かるところがさりげないけど超好きです。
ソードアートオンラインのアニメシリーズを見てきた人なら楽しめる作品だと思う。
今までのキャラクター大集合!
アスナのサービスシーンも有り!笑
欲を言えば、アスナとキリトのいちゃつくシーンがもっと見たかった。
あと、女の子たちキリトさんのバイクに乗りたがりすぎ。
いつも皆、一緒に集まってるけど、アスナとキリトが喧嘩したらあわよくば自分に乗り換えて貰いたいという下心があるんじゃないかと疑ってる。女って怖い。

内容は今まではゲーム世界に飛び込むVRで、
今回は現実がゲーム世界になるARとのこと。
ポケモンGOみたいなイメージ。
SAOシリーズ見てると、早く現実もこんな風に遊べるようになってほしいなーって思う!
絶対気持ちいいよなーあんなに敵をバッサバッサ倒せたら!
過去鑑賞。

アニメ同様楽しめる作品でした。
戦闘シーンとかキリトかっこいいよね!
アニメとして面白い作品だったから特に感想とかはないんだけどもww

とりあえず「スウィッッーーーチ!」
Aki

Akiの感想・評価

4.6
TVシリーズ本編を最近ようやく全て見終えてみたわけだが、劇場版はちょっと作画素晴らし過ぎ。A-1ってこんなに凄い会社だったのかと。
TAKEDA

TAKEDAの感想・評価

3.5
観る前から多分あーなってこーなって、そうなんだろうなーっと予想しながら観たら案の定だった。
けど、つまらない訳では無い。
が、熱くなれるものでも無い。
ただ、キリトとアスナの絡みが観てて恥ずかしくなるティーンな映画でした。
まり

まりの感想・評価

4.5
面白かった
なぜか2回みた
ユナちゃん最高
最後の大集結シーン作ってくれて本当にありがとう
 全部茅場のせい。こいつがVRゲームの中に閉じ込めるとかわけのわからんことしたからユウナも月夜の黒猫団も消えたわけだし。あとキリトさん月夜の黒猫団のこと覚えてます?一回くらい思い出してもいいんじゃない?
 なんか批判っぽくなっちゃったけど、結構楽しめました。オーグマーもsaoらしくていいデザインですね。でも、ラストのシーンで誰もオーグマーつけてないのはなんでなの?ユイちゃんもカメラモードにもどっちゃったし。オーグマーつけたほうが、三人仲良くしてる感じが出ていいと思うんだけどな。飽きたのかな。
 作画はマジできれいで、エフェクトもかっこよくて最高でした。よかったです。
SAOの良いところ全部詰め合わせた映画

厨二を極め
厨二が、
あぁ!こんな世界だったらなぁとかの妄想の遥か上をいく厨二作品

最高に面白かった
REI13

REI13の感想・評価

4.3
SAOファンにはニヤニヤできるネタが多いと思う。
AR技術に興味がある人も楽しめると思います
サルサ

サルサの感想・評価

2.8
ソードアートオンラインの映画ということに価値はあるが、今回はARが故にあまりに非現実的過ぎてイマイチ。
>|