マイ・ベスト・フレンズ・バースデーの作品情報・感想・評価

「マイ・ベスト・フレンズ・バースデー」に投稿された感想・評価

まこ

まこの感想・評価

-
Kビリーが出てくるだけでにこにこになれる。リアクションも、意味わかんないのにちょっと笑える。完結版字幕付きが観られるまでは点数つけられない。トゥルーロマンスが好きならば、一見の価値はあるかも。クラレンス=クリスチャンスレーターだから、同じ名前違和感あるよ。デビュー前からスタイルは確立されてたのですね。
ぞの

ぞのの感想・評価

3.5
このころから個性あふれまくってる

しゃべりほとんど聞き取れないけどくだらないこと長々話してるのはわかる

会話から作ってるのかな

値段同時に言うとこ好き

好きなもの詰め込んだ感じ
きょう

きょうの感想・評価

3.3
火事でフィルムが30分ほどしか残ってないらしいのとタランティーノらしい会話が続くので内容は全然分からなかった。

でも口の汚さは分かった。

あと当時から洋楽を流したり、ポスターとかタランティーノだなぁって思った。
Kento

Kentoの感想・評価

3.0
タランティーノ監督の初監督作品

デビュー作あるある

字幕が無い!!

ストーリーとしては友人の誕生日を祝う話みたいですが

この頃からテンポ良く会話をしていくシーンが多く、なかなかストーリーをつかみづらいです(笑)

また自ら出演するスタイルもこの頃から既に
形にしているようです

フィルムが焼けてしまった為に
本作の全てを観ることはできません

いつの日かこの続きが公開されることは
あるのだろうか…

それはタランティーノ監督のみぞ知る…
タランティーノの初監督作品らしい。
火事でフィルム燃えたらしく36分しかない。なので点数とかちゃんとはつけれないけど、ここからタランティーノが始まったのかと思うと感慨深い。タランティーノが好きなら観てもいいと思う。YouTubeにある。
新作公開前のクエンティン・タランティーノが実は『レザボア・ドッグス』前に撮っていた映画(?)で、
今作を1作目とカウントしちゃうもワンハリで引退ってことになってしまうのでやっぱりファンは認めませんね。

金曜日にカメラを借りて月曜日に返して〜を繰り返して3年間掛けて作り上げた苦労の作品。
にも関わらず現存するフイルムは火災の影響か何かで36分しか残ってないので誰も完結を見ることが出来ないのだ。
だから短編映画と勘違いしてる人もいるが本当は立派に90分映画であるため点数を付けること自体が間違い。

内容は友達が誕生日なのに彼女に捨てられて大変だからなんかサプライズしてあげよ〜って話です。

この頃から会話劇メインの作風、シャレた音楽チョイス、監督自身の出演などスタイルは確立されているが、会話メインなのでやはり字幕がないと結構キツイ。
でも『レザボア・ドッグス』に出てくる架空のラジオ番組”Kビリー”が出てきてるっぽいのでニヤニヤできた。
のちの『トゥルーロマンス』の元にもなってるとか。

超オタクの玄人向けなのでオススメはもちろんしません。
当時レンタルビデオ屋の店員(もともとは常連客)だったクエンティン・タランティーノが1984年から4年の歳月をかけて作った短編。しかも…未完のまま終わるという。。

ストーリーはタイトル通り友達の誕生日を祝おうため奮闘するも全くうまくいかないというコメディ風の内容らしいが…

この頃から既にタランティーノ節炸裂、つまり喋り中心で字幕がないとよく分かりません…!!とにかく若かれしタランティーノはこの頃から早口でうるさかったのでした。。一番近いのは『トゥルー・ロマンス』の前半かしらねぇ。この頃、既に『トゥルー・ロマンス』と『ナチュラル・ボーン・キラーズ』の脚本はできていたらしい。。

音量デカめのBGM(ロカビリー調)や部屋のポスターなど、この辺も彼らしさが存分に伝わってきて微笑ましいでございます。ソニー千葉のリスペクトか、いやブルース・リーとベスト・キッドを合わせたような動きのバトルシーンが見もの。

36分くらいあるし中途半端な所でプツっと終わるしモヤモヤするだけなので…タランティーノが好きな人だけが見たら良いと思います。。

https://www.youtube.com/watch?v=X6MUbRZSg80