パルプ・フィクションの作品情報・感想・評価・動画配信

パルプ・フィクション1994年製作の映画)

Pulp Fiction

上映日:1994年10月08日

製作国:

上映時間:154分

4.0

あらすじ

「パルプ・フィクション」に投稿された感想・評価

ダンスシーンもラストの終わり方もシェイクやハンバーガーやパンケーキ、スプライトも全てがイカしまくってた
タランティーノ作品2個目はパルプフィクションを鑑賞

雰囲気、音楽最高じゃん
やっぱニックフューリーはいいね
KAZUK1

KAZUK1の感想・評価

4.5
内容忘れていたので再視聴。
(wackomariaでコラボしてたので思い出した)

やっぱり時間軸バラバラ系の映画好きだな〜
音楽やファッション共にザ・アメリカって感じがもう最高!
ヴィンセントがトイレに居るたびになにかしら起こることに今さら気づき、
前に見たより楽しめたような気がします!

個人的に超完璧な映画だなと思いました。
haruuuu

haruuuuの感想・評価

4.0
時間軸バラバラ系はラストの為の時間が長いけどやっぱりおもろい
ヴィンセントがトイレに居ればなんか起きるのもおもろいし、ずっとケツに入れてた金時計もって、ボスが掘られてるの見たあいつが死なないのもpulp fictionだったのがよかった
NANA

NANAの感想・評価

4.0


ダンスシーン大好き。
何回見たかわからない

ハンバーガー食べたい
ハンバーガー食べたくなる映画

ここまで完璧な映画は他にないんじゃないですか?
94年のアカデミー賞で7部門にノミネートされ、脚本賞受賞。カンヌでもパルムドールを受賞したタランティーノの言わずもがなな代表作。

ブッチが時計を忘れてきたファビアンにブチギレるシーンは必見です

PS.登場人物全員愛おしいです
蘭蔵

蘭蔵の感想・評価

3.1
だいぶん前に観た。
あまり印象に残ってない。
それは僕がまだ幼稚だったからだろう。
doradora

doradoraの感想・評価

5.0
ヤクザとその周りの人々の出来事
(再視聴)

パルプ・フィクションをどんな話か?と聞かれてもすぐに答えられない。
「ヤクザが強盗を追い返すはなし」
「ジョン・トラボルタのダンスが有名」
「ポスターの女の人が綺麗」

内容を話そうとしたら全部パルプ・フィクションの魅力を語ってしまう。

サミュエル・ジョンソンの素晴らしい演技、ジョン・トラボルタのださかっこいい曲に合わせてのダンス、時系列バラバラのオムニバス形式、タランティーノ独特のキャラ同士の掛け合い全部が全部大好きで、何回見ても飽きない映画。
眠れないから10年ぶり二度目の鑑賞 やっぱり良いねえ
サミュエル・L・L・L・ジャクソンがグッドだった 殺しをするときの聖書の読み聞かせの迫力が良かった 心を入れ替えたジュールスは無事に足を洗えたのかな

半殺しにあったアントワンはミアの脚をマッサージしたんじゃなくて、握手しただけとミア言っていた 実はヴィンセントはドラッグ騒動のあと、ミアとその呪いの握手をしてしまうんだよね 結局ヴィンセントは最期しょうもない死に方をしたわけだけど、あれはミアの呪いかな ミアに手を出したり、ドラッグ騒動がバレたりしてマーセルスに殺されていたらもっと派手に死ねてたよね でも劇的じゃない死ってなんかリアリティがあっていい トイレ行きすぎ

"ジャック・ラビット・スリム" で、ミアは気まずい沈黙が嫌いと言っていたけど、あの二人の空気感は気まずさよりもドキドキする色っぽさがあって良かった

銃を向け合い三つ巴になるのを "メキシカン・スタンドオフ" というらしいんだけど、あの構図は緊張感があって好き レザボア・ドッグスでも使われていたな

ダンスシーンは、ミアがコカインでアッパーだから激しく躍り、ヴィンセントがヘロインでダウナーだからスロウに躍ってるのを表しているって大学の友達が昔言っていたのを思い出した 本当か?!コカインは出てきてないような…

追記
garageの発音がgəˈra:dʒだったのが気になったけどアメリカ英語の発音なんだね gǽrɑːdʒで慣れ親しんでいたけどこれはイギリス英語らしい
falcon16

falcon16の感想・評価

5.0

このレビューはネタバレを含みます

日本語字幕が秀逸だと思う。殺し屋というか不良っぽさが何とも良い。

何気ないほとんど意味のない会話シーンが多いがこれこそがタランティーノの真骨頂。これでダラダラせずに観れるのが凄い。意味のないって言っても案外意味はあるんだけれども

普通に主人公が死ぬのにしっかりハッピーエンドに収まるような話の進め方は普通に凄い。

次の日にハンバーガーをスプライトで胃に流し込みたくなったがそこは自制心で我慢したのは良い思い出
>|