パルプ・フィクションの作品情報・感想・評価・動画配信

パルプ・フィクション1994年製作の映画)

Pulp Fiction

上映日:1994年10月08日

製作国:

上映時間:154分

4.0

あらすじ

「パルプ・フィクション」に投稿された感想・評価

5ドルのシェイクのお店行きたい
マリリンから優勝トロフィーもらいたいね!
yui

yuiの感想・評価

3.4
雰囲気を鼻で吸ってキメるタイプの映画。
パルプ・フィクション(くだらない話)で片付けるには小洒落すぎてる。
shaw

shawの感想・評価

5.0
 レンタルで初めて見て、買いたくなったが廃盤。だが中古ビデオショップでついに見つけ、定価の三倍の値段で購入。後悔はしていない。そのあと一気に3回ほどみた。
 この映画でサミュエルLジャクソンが大好きになった。そして観賞後にはハンバーガーが食べたくなる。

タランティーノ、ありがとう。
オープニングからバチくそかっこよくて引き込まれる。
タランティーノ節全開の内容で観た後の満足感が堪らないです。
会話劇の表現だったり、話し方が本当に面白い。おっ死んだとかセンスの塊でしょ笑

150分と長めだけど、そんなに長く感じない程楽しめました。

タランティーノの音楽センスは堪らなく大好きです。
Ryoya

Ryoyaの感想・評価

3.8
名作って言われてるけど自分はあんまり映画の内容自体良さが分からなかった、もっと映画を探求してる人からしたら良さが分かるのかな。けど字体も含めて画がオシャレなのとミア・ウォレスの赤リップがカッコイイ。あとヴィンセントとジュールスの掛け合いがテンポよくて面白い。
majizi

majiziの感想・評価

4.5
手元にあるCDはほとんど手放したけど、このサントラだけはまだ持ってる。それくらい大好きな映画。音楽のセンス、台詞まわし、一見くだらないお話がめまぐるしくテンポ良く運ぶリズム感。これぞタランティーノの才能の凝縮。もうこれで全部使い切ったかのような気もするけど、彼の監督としての若さもあふれている。
オシャレとか、雰囲気映画とか言われがちだけど、新しいスタイルでタランティーノというスタイルを打ち出した、まさに後世に残る名作だと思います。
月

月の感想・評価

4.5
満腹感がすごい
シリアスな場面が続くけど、ミスター・ウルフあたりでクスッと笑ってしまうようなシーンがあったのは気休めにもなったしより引き込まれた。
もっと前から知っていたかった!!!!
レザボア・ドッグスに出ていた名優たちの共演、時系列がズレているのに流れるように進んでいくストーリー、タランティーノ節炸裂のバイオレンス、ジョン・トラボルタとユマ・サーマンのツイスト、ディックデイルのミザルーが流れた瞬間の高揚感、全てが素晴らしい。

なんでタランティーノ映画はオープニングの曲を流すタイミングがこんなにも完璧でテンションが上がるのだろうか。

サミュエル・L・ジャクソンは今後もタランティーノ映画に欠かせない存在になっていくが特にパルプ・フィクションの演技は圧巻。カッコよすぎる。

間違いなくお気に入りの映画である。
makoto

makotoの感想・評価

3.7
ただカッコイイ映画。ギャングの良さも悪さも描かれており、展開がどんどんどんどん変わって、一周回ってギャングって良い奴なんじゃないかと思った。

このレビューはネタバレを含みます

ユーモアと暴力。強烈なキャスト、素晴らしい演技。
時系列は前後しても流れるように進む会話とストーリー。
>|