パルプ・フィクションの作品情報・感想・評価

パルプ・フィクション1994年製作の映画)

PULP FICTION

製作国:

上映時間:154分

4.0

「パルプ・フィクション」に投稿された感想・評価

時系列を入れ替えた構成が面白かった。さっき死んだ奴がまた出てきたり…各章毎に微妙に接点があるのが魅力。ある意味1本でシネマティックユニバースやった様な感じですね
Mio

Mioの感想・評価

3.1
勢い良く走り抜ける感覚だった。
見終わったあとは、一旦頭の中で
映画の出来事をひとつひとつ整理してた、というより推理に近いかもしれない。

扇情的 という言葉が出てきたけど、
(感情や情欲をあおりたてるさま)
まさに登場人物たちがそれに当てはまっている。みんな好きなことばっかり言って、それにみんな大きなリアクションをする。
それが別に癇に障るとかではなく、とにかく勢いがある。

ミアとヴィンセントが食事をする
レストランがとてもキャッチーで
テーマパークみたいで、好き。

ミアが飲むシェイクは飲んでみたい。
佐田

佐田の感想・評価

5.0
どうレビューするか何日か考えてたが、どうしても陳腐になってしまう

後付けの言葉はいらない映画、とだけ
もちろん大好きタランティーノ作品ですし、劇場に彼女誘って行きましたよ。

タランティーノ・オールキャスト作品でもありますしね!

面白いし、いろいろウンチクが詰まった名作なんですが、当時は、コレが受けるなら、なんでレザボアがもっと世間に評価されてないの〜!と思ってた。

彼女も、ちょっと持ち上げ過ぎだよね、面白いけど、という評価で、安心した。

前後を入れ替えた編集にやられたもんです。

見終わって、地方に戻った後、早くフェティッシュ見なきゃ!と思うくらいアンジェラ・ジョーンズが良かった。
こもも

こももの感想・評価

5.0
ちょっと待って、面白い!!!!!!というくらいどんどん引き込まれていきました。
外国人の黒髪ボブ好きの私にはたまらないミア。ミアの飲んだ5ドルのバニラシェイクが頭から離れません!!!
Kyon

Kyonの感想・評価

4.0
子供ながらに初めてみて、タランティーノに一発ではまるという。
天才ですね〜
不二子

不二子の感想・評価

3.9
存分に味わえるタランティーノ監督の世界観。


ユマ・サーマンが出てるということで鑑賞。

題名通りの映画。

最初に観た感想は率直になんだこれっていう感じだか、何度も見返すと理解ができ、納得し感動を覚える。

内容がどうのこうのより、如何に伏線を拾えるかを楽しむ通な映画かと。

同じくユマ・サーマンが出てるキルビルも今度見てみようと思う。

鬼才、タランティーノ監督の世界観を味わえた。
くだらない会話、個性的な登場人物、すべてが魅力的でハマってしまった。ブッチの彼女カワイイ。あとスプライト飲みたい。
かっこいい。
カットとかアングルがひとつひとつかっこいい
意味を考えるのではなくて、?な部分も不思議と作品の一部になってる感じ

音楽がすごい好み
暴力的でかっこよくておしゃれな映画、この映画はファッションみたいなものだな
315

315の感想・評価

4.1
明日足を洗う強盗カップルを今日足を洗うギャングジュールスが助け。プライドなんて一文にもならないといったBOSSマーセルスがプライドを買う。見返したからこそわかる面白さがあるからタラちゃん映画は最高!!!!
>|