沈黙の神拳 TRUE JUSTICE PART6の作品情報・感想・評価

「沈黙の神拳 TRUE JUSTICE PART6」に投稿された感想・評価

“TRUE JUSTICE”第六弾。ファースト・シーズンは本作で完結となる。『沈黙の挽歌』でケインの過去が明らかになったが、今回は過去の怨恨が原因で命を狙われることになる。ケインは自分を狙った犯人がかつての同僚だと推測し、CIA時代の仲間を訪ねるが……という話。犯人の動機が完全に逆恨み。過去にアルカイダの幹部を虐殺したことで2500万ドルの懸賞金がかけられていたケインだが、あまりの金額に少し引いた。前半は連続強姦事件を中心に展開するが、訳ありげに描かれたメイソンの葛藤は消化不良のまま。第2シーズンに期待。

(鑑賞メーターより転載)
RYO

RYOの感想・評価

3.7
テレビドラマシリーズ第6弾!完
セガールが狙われ、狙った犯人を捜す。
それに加え、連続レイプ殺人事件とダイヤ密輸事件の3つを捜査。
ラストにかなり詰め込んできましたなw
そのため結構見応え有りでした!
このメンバー愛着があるからこれで最後と思うと寂しかったり。
でもサラリンドはseason2でも続投らしいのでこれは嬉しい。
群青

群青の感想・評価

1.7
セガール出演46作目。



あらすじ
セガールがリーダーのチームは今日も事件解決に向けて奔走する!


セガールがチームを組んで犯人を追うテレビシリーズの第6弾で完結編!
ついにセガール自身が狙われる!
監督は盟友キオニ・ワックスマン!


冒頭いきなりセガールが狙われる。せっかく銃を持ってセガールは丸腰で狙ったのに、距離を詰めたばっかりにセガール拳を食らうことになる。これまでずっと思ってきたが、何故みんなセガールの間合いにはいるのだろう。ある程度距離を置いて銃をぶっ放せばいいものを。


ラストなので話としては今までで一番盛り上がり…かと思いきや普通でした笑


前半は連続強姦事件。ラスト何分で犯人を急にプロファイリングする。セガールがもっともらしく、異常な犯人を捕まえるときは特殊な精神構造を理解するんだと言い出す。最初から言えよと笑 結局ひねりのない犯人笑

後半は人を運び屋にしたダイヤ密輸。前半後半ともにメインの事件をやりながらもう一本、セガール狙いの犯人を捜す、というもの。
このシリーズは一貫してラストがしりすぼみ。今回も例に漏れず、怪しいなと思ったやつが真犯人で全く面白みがない。というか、そんなことよりセガールが考えをすぐに変える薄っぺらさが浮き彫りになってる。最初はAを信じていたがそいつにBが怪しいと言われれと、すぐBを腕ずくで尋問する。そいつに悪いのはAだ!と言われて結局、Aを裏切り者め!と言ってしめあげる。そしてラストに、おれは騙せないのたまう。いやいやいや普通に疑心暗鬼になってるよwww

やっと終わったという感じ。しかしなんだか続きがあるような終わり方?と思ったらー!


シーズン2があります!笑
「True Justice / Part 6」

ストーリーゎ実際の事件を参考に色付けした脚本だし、ボスの セガール が殺られることゎないのも毎回わかってる

でも、定期的に見てる

絶対負けない格闘シーンが時々見たくなるのと、部下の サラ リンド がお気に入りだからかな?

(’-’*)♪
「沈黙」とあるもののスティーブン セガールがデカ長を演じる「TRUE JUSTICE」シリーズ第6弾(シリーズと言ってもTVシリーズだけどね)。今回の悪人は善人面した性犯罪者と人を人とも思わぬロシアンマフィア。セガールが本当に戦わない(゚o゚;;アクション期待すると豪快に肩透かしを喰らう。このシリーズの特徴として悪人が吐き気をもよおす程に悪人なところ。毎回かなり酷い奴らです。
カンフーでもやれよ。タイトルが勿体ないだろ。
nana

nanaの感想・評価

1.6
まぁ案の定いつも通り。
ちょっと他の作品に比べドンパチやらアクションも少なく小粒な印象。
シリーズものなので大した感想も抱かず。
TRUE JUSTICE 6作目
(7作目 沈黙の嵐)
シーズン1

『沈黙の神拳』と『沈黙の嵐』の間になるであろう『沈黙の絆』は、この作品にはうつらなかったので確認出来ました。
『沈黙の絆』は6.5作目になります。

【ネットから】
名門私立高校の女教師殺害事件に端を発した連続レイプ殺人事件。捜査を担当するイライジャ・ケイン(スティーヴン・セガール)率いる特別捜査課(SIU)。しかし、そんな中、リーダーであるケインが事件現場周辺で暗殺のプロと思われる何者かに襲撃される!更に、彼のオフィスから謎の盗聴器が発見される。誰が?何の為に?謎が深まる中、ダイヤの密輸に絡んだロシア人極悪組織による美人モデル殺害という第3の事件まで発生!連続レイプ殺人事件、ケイン襲撃事件、ダイヤ密輸事件という3つの凶悪事件にセガールの怒りの神拳が唸りを上げる!

前半は1人犯人が見つかりました。
後半は続いてケインの命を狙われているので、マーカスの次はハッチにも会って聞き出そうとします。ハッチは昔ケインが軍に所属で救出時の映像に出てきました。(CIA関連と書かれてる説明もあるので不明)

一方、金の件で拷問されていた人はなんとか逃走(グリゴ)。そしてダイヤを体内に隠されていた女性の死体。なんか色々ありすぎて混乱してます。

【拷問していた人・ヴィタリー・クラフチェンコ】
『沈黙の鉄拳』のジェシー・ハッチの父親役の人っぽい。
____________________

スティーヴン・セガール(大塚明夫)♠イライジャ・ケイン
サラ・リンド♦サラ
ミーガン・オリー♦ジュリエット
ウォーレン・クリスティー♠ラドナー
ウィリアム・"ビッグ・スリープ"・スチュワート♠アンドレ・メイソン(黒人)

エイドリアン・ハフ♠グレーヴス(ケインにとって良い上司)
エイドリアン・ホームズ♠マーカス(黒人、シーズン2にも登場)
ベン・コットン♠トーマス(シーズン2にも『沈黙の嵐』)
WOODY JEFFREYS♠ハッチ(結果自己中)
アレックス・ザハラ♠グリゴ(人に囲まれやすい)
ヴィタリー・クラフチェンコ♠モリスロー(なんかアッサリ)

1回目