ダーティハリー5の作品情報・感想・評価・動画配信

ダーティハリー51988年製作の映画)

THE DEAD POOL

製作国:

上映時間:90分

ジャンル:

3.2

「ダーティハリー5」に投稿された感想・評価

シリーズ最終作。ある意味原点回帰ということなのか、犯人は精神を病んでいるという設定。確かに面白い、面白いんだけど、何か色々といらない要素が多かった気がする。少し残念だった。ただ年齢の割のアクションは見せていたし、ラジコンカーとのカーチェイスなんかはアイディア満載。中国系の相方の方もキャラハンと合っていましたね。リーアム・ニーソンとガンズ・アンド・ローゼズ(ノンクレジット)が出演しています。
john

johnの感想・評価

2.4
過去鑑賞

シリーズ最終。
毎度お約束の相棒や左遷先候補など楽しみだったのに。
今回は相棒東洋人で派遣されそうな先は広報課

今回の事件の内容もイマイチ。
ラストも何で??って感じ。
見せ場はラジコンとの攻防?
じゅん

じゅんの感想・評価

3.0
シリーズ5作目。

シリーズ最終話というのに今回も1話完結ドラマみたいな感じで終わった。
今回の相棒はアジア人。
ここままで見ると安定のハリーのバンバンバン!が爽快に見える。むしろやってくれなきゃモヤモヤ。

ラジコンとの攻防はヒヤヒヤで面白かった!
238作品目
再鑑賞19作品目
シリーズ最終作。
作品自体は、見慣れてしまったのも原因か
1や2ほど衝撃を受けなくなってしまった。
しかし、キャストが豪華。
この頃は、まだ有名でないのですね。
stout01

stout01の感想・評価

3.3
ダーティハリー5作目!

リーアムニーソンとガンズアンドローゼズが出演してて豪華!
襟足結びのミスリードでリーアムニーソンが犯人だと思わされますね。(まぁそんな手の込んだストーリーではないんですけど💦)
今回は初めて相棒の命が助かりました。

ラストは煙の中から巨大銛を携えて登場。なんそれ!(zazy)

これで終わりですか、キャラハン。
長い間、汚れ仕事お疲れ様でした!
5は、モリと「なななななな、に~、に~」しか記憶になかったのだが、意外と言ったら失礼だが久々に見ると楽しめました。
ただ“The Dead Pool”ってタイトルの意味は最後まで理解出来ませんでした。
オープニングの音もハリー4に似てたんすねぇ。
ラストの呆気なさと、イーストウッド好みのリポーターが出ている所はご愛嬌ですが、少し過小評価していたよう軽く見るには最適な映画
イワシ

イワシの感想・評価

3.5
再見。バディ・ヴァン・ホーン追悼その2。パトリシア・クラークソンとの2回目のディナーに行く時に乗り込むシースルーエレベーターの撮り方が良い。夜の中でポツリと灯が灯ったエレベーターが上昇するのをゆったり見せ、殺し屋の襲撃の予感と反撃の際の動線をさりげなく提示する。
音楽がかっこいい
ガンズアンドローゼス
スラッシュ
ジムキャリー
リーアムニーソン
なんてこった
カンフーの使い手登場の巻。署のイメージアップのためのアジア系登用。「そいつと組め」と言われて、「春巻き野郎」とか言い出すんじゃないかとヒヤヒヤしたけど、わりと大人しく組んだハリー。丸くなったってことか。

繰り返される「イメージアップ」。表現規制の問題とか、ちょこちょこ時事ネタ織り込んでくるよね。

ガラス張りのエレベーターは後年の『シークレットサービス』思い起こす。

光ってたのは突然のジム・キャリーとリーアム・ニーソン。キマってる。これだけでも見る価値あり。

さして悪役が魅力的でもなく、願わくばキャラハンの老獪さをもっと出して欲しかったなぁ。最終兵器がマグナムでなくアレなところはよかった。


とはいえイーストウッドがこの後30年以上も映画の第一線に居続けるとは誰が予想しようか。このシリーズもなんだかんだで唯一無二。見れてよかった。
BS字幕版、初見。
犯人がなかなか明かされない、予告殺人、ミスリード誘引が多いなど刑事ドラマとして素材がしっかりしているけど、高齢のイーストウッドと展開の変化で少し路線が違うように感じた。
が、44マグナムのオーバーキル感は健在。嫌いじゃない。
>|