山猫は眠らない6 裏切りの銃撃の作品情報・感想・評価

山猫は眠らない6 裏切りの銃撃2016年製作の映画)

Sniper: Ghost Shooter

製作国:

上映時間:99分

3.0

「山猫は眠らない6 裏切りの銃撃」に投稿された感想・評価

ビリーゼインがシリーズでいい味出してる。戦争はどちらが正しいのか?解らん
20181130テレビ録画にて視聴

なんだかもうよく分からなくなってきた、山猫シリーズ。スナイパーの銃撃合戦はまあまあ面白かったのだが、最初の頃とは全くの別モノに。
そして、24シリーズのパーマー大統領が銃撃戦やってた!!ビックリ
ひどい映画でした。 単純でありがちなストーリーに沿って、 延々と銃撃戦をするだけでした。 しかも、 合間に退屈かつ冗長な会話シーンなどが頻繁に挿入されました。 なぜこんな低品質なシリーズが 6作目まで作れるのか、 全く理解できません。
若き山猫ブランドンが今度はイスラム過激派と対決することになる。
しかしなぜかブランドンや仲間たちの狙撃の位置情報が漏れていて・・・・。

山猫は眠らないシリーズ第6作。
相変わらずの安定した面白さといった感じでまぁまぁ楽しめた。
イスラム過激派と対決するという設定がリアリティーがあったと思う。
狙撃シーンやアクションシーンはまあまあ豊富でそんなに退屈しなかった。
近代兵器に頼りすぎるのも良くないな。
惰性で観続けてきたこのシリーズ、ようやくラストに辿り着いたと思ったがあと1作あるみたい。25年続くシリーズってすごいですね。
YukiShirai

YukiShiraiの感想・評価

3.5
トップガン的ベタな出会いとか
親父の存在に云々とか
何かと王道なストーリーメイクで😅

最後の最後、『私が間違ってたわ』って、
それで済まされるん?(´・ω・`)ってオモタ

ドンパチシーンはそれなりに迫力アリ
minekiti

minekitiの感想・評価

3.0
声をかけたべっぴんさんが上官やったって展開。もう飽きた。

テキトーなサブタイトル付けてんじゃねーよ!
ドローンて近代的になってきた。
耐えて待ってのスナイパーより、派手なドンパチになってきた。
裏切り??
風来坊

風来坊の感想・評価

3.5
標的が少年兵と気付いた主人公ブランドンは狙撃をためらい、味方を死なせてしまう。苦悩と葛藤のなか新たな任務についたブランドンの狙撃手として成長する姿を描いたアクション映画。

4作目でそれまでの主人公のトーマス・ベケットの息子として登場したブランドン。その4作目はブランドンがメイン。5作目はトーマス・ベケットが復帰して親子での戦い。そして6作目の本作は再びブランドンがメインでトーマス・ベケット役のトム・べレンジャーは出演していない。

冒頭の躊躇いは気持ちは分かるが、もうその時点で狙撃手としては適性が無いような気がする…。
良い意味でシリーズとしての安定感、悪い意味でマンネリな作品。伝説のスナイパーの親父の影に苦悩しながらも、親父代わりの師匠の元でスナイパーとして成長する感じはもう4作目でやっているので既視感があります。

しかし、アクションシーン、特にスナイパー感には溢れていて、世界を股にかけるワイドな展開は面白い。東欧の雪原や山岳地帯の風景は綺麗で物語に深みを与えています。老練なスナイパーや目が悪い軍の男など癖のあるキャラクターが良いスパイスになっていました。ただ、補佐役が居る分、孤高のスナイパー感は薄れています。

ストーリーはありきたりですが展開が豊かで面白い。しかし、内通者を見つけるために敵の本陣に乗り込み首謀者から聞き出そうという何とも雑で強引な展開には説得力がない…。なぜ敵に情報が漏れたかの真相は引っ張った割にはあっさりしてました。邦題の副題「裏切りの銃弾」は当てはまってないなぁ…。原題の副題「ゴーストシューター」の方がカッコいいし原題のままで良かったのでは?

アクションシーンは臨場感があって迫力がありましたし、醍醐味のスナイパー同士の緊迫感ある対決もあって面白かった。ただ…このシリーズが好きな人向けの映画なのかなと思います。
koku

kokuの感想・評価

-
シリーズでこれだけ路線転換した映画もあまりないと思う。トムベリンジャーのヒーロー映画から良くも悪くもただの戦争アクション映画になった。主役のベケットの息子がアクが弱く印象に残らないが、逆にそのためストーリーやスナイプ戦自体を中心に見れるようになったし、何よりヒーローではないのでいつ主人公がアタマ撃たれて死んでもおかしくないという物語の展開が予想し辛くなったという利点もある。

そもそも“孤高のスナイパー”なんてプロット自体時代遅れで
現代戦では個人の判断で動く狙撃兵なんて危なくて不可能なので
この路線変更は必然だったのでしょう。

狙撃兵が弾を一発撃つ為にはどれほどの人間が色々な事を確認して動いてるのか?という現代戦の裏側が垣間見えて興味深いところでもある。
>|