96時間 レクイエムの作品情報・感想・評価

「96時間 レクイエム」に投稿された感想・評価

点数がつけにくいのですが、、。リーアムニーソンは完璧。かっこいいし相変わらず強すぎて笑う。手技が凄い。けど敵がリーアムを殺したと思っても実は間一髪、逃げてた!みたいなのが多くて、どこが殺し屋やねん。と、死んでるの確認せえよ。あとリーアムが有能に見せるするために、地元警察がアホ揃いになってて、そんな奴が警察なれるわけないやんと思った。そこ別にレベル落とさなくていいです。そんなんせんでも十分凄いの伝わってるから。
115分のエクステンデッドバージョンを鑑賞。

3作目でやっと、ヨーロッパコープがLAに降り立った感じ笑

今回は愛する元妻の命がTakenされ、ニーソン自身が容疑者として疑われてしまう!シリーズ3作目にして、最もシリアスめ!そして終盤には娘もTaken again!

電話シーンやフラッシュバック、タイトな尺といった、これまでの恒例行事(笑)はなくなっていたが、締めくくり的な3作目ってことでその点は理解しました!

現夫役スチュアートのキャストが突然変更されていてビックリした。こういうの冷めるよね。バットマンビギンズとダークナイトのレイチェルの件もそうだった。まぁダークナイトに関しては、前作と話的にガッツリとは関係していないのと、単体として十二分に楽しめる完成度があるからもはや気にならないけど。

娘キムの彼氏もふつーに変更されていた笑 こちらはキャストではなく人物が。ジェイミーからジミーに笑

黒幕の正体は見え見えで、サスペンスにはなっていないと思いきや、一応捻りがありました。後出し的ではあったけど。

アクション的にアイディアが凝らされたカーチェイスは魅力的ですが、カット割りすぎだとは思います。

2つのシーンでの敵の詰めの甘さは猛烈に気になった。本当に仕留めたかくらいは確かめに行けや〜

リーアムニーソン演じる主人公ミルズが頑なにハンドガンにこだわる姿には笑ったwアサルトライフルが拾えても使わない笑 基本ハンドガン、前二作ではたまにサブマシンガン使ってたような。

敵の一人が使うストック無しのクリスベクターが印象に残りました。

宇多丸師匠が酷評するほどは、酷くないと感じました!
パドゥ

パドゥの感想・評価

3.2
三部作のうち、これが一番ダメ。
作らないほうが良かったくらい。
Ryumeeey

Ryumeeeyの感想・評価

3.4
シリーズの完結編かな?アクションシーンもやけど、内容にも少し凝った作品やった!やけどこの作品に求めてるのは爽快さと最強父ちゃんの無双劇やから、やっぱ原点にして頂点。

ロシア人の大ボスがブリーフに1枚羽織ってゴッツイ銃ぶっぱしてたんは中々滑稽で面白かった(笑)

1.2では目立った活躍してなかったけどいい味出してたサム達が、だいぶ活躍してて渋かったね!

起承転結の起の部分がかなり衝撃。そういや回収した髪の毛って役立ったっけ?

あとおそらく無事であろうサムも見たかった!
前作がちょっとだったので、期待してなかったんだけど、いい意味で予想を裏切られた。

そう!こういう圧倒的プロフェッショナルのリーアムニーソンが見たかった!

ちょっとカメラの揺れとシーン切り替えを多用しすぎで、アクションが所々見難かった以外は良かった。
Watson

Watsonの感想・評価

3.6
まさかのまさかって展開。
96時間シリーズは面白いけど、ちょっと驚きがあった作品でした。相変わらずめちゃ強いのでアクションシーンは見入っちゃいます。
yuri

yuriの感想・評価

4.0
前々作、前作に引き続きパパがさらにパワーアップ。ひたすらカッコいい。こんなパパが欲しかった。
警官めちゃ良いやつ。
優しいのよね。ほんと優しい。
リーアム兄さんが強すぎる。
リーアム嫁さんとリーアム娘さんの為に
立ち上がる姿カッコいい。
TK

TKの感想・評価

3.1

このレビューはネタバレを含みます

まずテイクンではない。笑
これは2からそうだが、テイクンも96時間ももはや全く関係ないただのジャンルムービーになってしまった。

まず守るべき者が早くに死んでしまった。これはもうどうやってもエンタメが回収されない。
この手の奴で必ずと言っていいほど最後赤ちゃんが生まれる下りがあるがそれは申し訳無さ程度にしかならない。
赤ちゃんは尊い存在だが物語的に見れば、
赤ちゃん<思入れのある(ないけど)キャラ
だ。
最低でも自分と赤ちゃんどちらかを取るという判断の末ならまだ納得もいくが。
ということでこれはこの時点でもうダメだった。

やはり「その物語が最後(←ココ)どんな幸せな展開を用意してくれるか」が自分の考えるエンタメの指標となっているらしい。

さて、
なので守るもののために何振り構わず戦いモラルも無視する、という大義名分が今回はないため犯人探しのためにまぁまぁ許されない犯罪を犯しまくる。これは流石に応援出来ない。

本来目的のために何振り構わない、というのはキャラ設定ではなく、感情からくる必然性であったはずだ。

以下
結末が悲惨すぎる。(父親が黒幕)

主人公が無実はオカシイ。

いつのまにか舐めて手を出したら最強だった設定は消えていた。

非常に後味の悪い作品でこのシリーズは1以降はキツかった。
仕事人みたくスキームのフォーマットを作って、毎回娘が誘拐されるという話でも良かった気もするが…

スケールをデカくすればより満足出来るわけではない。

このレビューはネタバレを含みます

もはやタイトルは無意味。そういう意味で期待を裏切る作品。

この作品自体は普通のアクション作品だと思う。でもタイトルと内容が一致しない。また、最初の作品のインパクトには及ばない。

このシリーズの「リベンジ」と今回の「レクイエム」は、北斗の拳で言えば「ラオウ以降」。無理して作る必要はなかったと思う。
>|