哭声 コクソンの作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

哭声 コクソン2016年製作の映画)

곡성/哭声/The Wailing/哭聲

上映日:2017年03月11日

製作国:

上映時間:156分

ジャンル:

3.8

あらすじ

「哭声 コクソン」に投稿された感想・評価

えごし

えごしの感想・評価

4.0
いやー國村隼はホント名役者

ストーリーはわかりやすいけど見終わったあと考察が楽しい映画でした〜
maxdream

maxdreamの感想・評価

4.5
信仰と親交。先入観と家族を守るということ。己の信ずる神以外の神は祈りもマナーも見た目も臭いもなにもかも気持ち悪いということが伝わって好き。
考察読まないとまじで意味がわからなかった。映画を観てこんなにわけわかめだと感じたのは久しぶりだよ。
自分がめっちゃ馬鹿に思えた…
空化

空化の感想・評価

4.8
パニックホラーかと思いきやまさかの……!!!
視聴者の予測を遥かに上回る展開で、ただ息を呑むばかり。期待を裏切られたとはまさにこのことで、スタッフロール見ている時の脱力感は他の映画には無い。
そしてまた見直した時、今度は作品の緻密さに感嘆する。

緻密さといえば、やたらめったら長い嘔吐シーンがあるんだけどそのシーンが凄い。
長いのにネタっぽくならないリアリティある演技と嘔吐物。嘔吐シーンで「すげえ!」って思えた唯一の作品。
RyotaI

RyotaIの感想・評価

4.2
谷城〈コクソン〉で人間が死んだとの報告を受けた警官ジョングは現場に向かう。あまりにも無残な遺体に衝撃を受け、おまけに狂乱した男女に襲われる。ただ事ではないと思い、ジョングは部下とともに警察署で夜まで真相を探っていると、停電し、窓の外には裸の女が立っていた。そして、翌日、その女は首を吊って死んでいた。次々と広がる負の連鎖をジョングは止めることができるのだろうか。

ナ・ホンジンは観る人によって!様々な見方ができる映画だと言っていた。その言葉通り、様々な解釈が可能な映画だった。結局誰が敵なのか、味方なのか。結論を出そうとすると、他方で矛盾が生じる。そこに幻覚キノコの存在。

悪霊だとされていた日本人役に國村隼が起用されている。作品内とは分かっていながらも、扱われ方に少し冷や冷や。
うどん

うどんの感想・評価

4.2
怖い。

ただただ怖い。

全てが謎すぎて怖い。物語の正解が見えなくて怖い。

主人公の人格が壊れてくのが怖い。描写も音楽も怖い。

色んな怖さをうまく使ってくる嫌な作品だった。

2時間半あったけど夢中で観てた。
Asro

Asroの感想・評価

4.7
普通の人間には到底計り知れない出来事が起こった時、判断の基準をどこにおけばいいのだろう。
何が問題を解決してくれる手段なのか。どうすれば正解にたどり着けるのか。その答えを探す思考の過程、正しさとは何かを見つける旅路をこの映画は思う存分に見せてくれた。思う存分すぎるほど。
一番好きなサスペンスものになったかも。だいぶ疲れる映画だから覚悟したほうがいい。

あと主演のクァク・ドウォンの受けの芝居が完璧に決まってた。運命に翻弄される激しい心の揺れ動きの様が素晴らしかった。
そして國村隼、やっぱいい。イかれているのに上品さが漂っている。しかも理念に基づいた崇高な上品さだ。それはダークナイトのジョーカーを彷彿とさせた。
めちゃめちゃ怖いんだけどなぜか人に勧める時にコメディみたいな扱いをしてしまう映画
やっぱ韓国映画は凄えよ。ちゃんと暴力が暴力であり、血が血として描かれてる。
國村隼怖い。
みん

みんの感想・評価

4.6
日本との戦争、植民地化の傷跡とキリスト教、ローカルな信仰と小さな農村をうまく融合させている。色々伏線が多かったので紐解いてみたらものすごく面白いと思う。けど、内容的に日本では受け入れられないだろうな....という気がして残念。

撮り方がすごいうまかったと思う。綺麗で静かな農村で、真っ昼間とかなのに普通にゾンビとか悪魔が出てくる。それがまるで、日常を侵食されるみたいで怖かった....

日本人をみんなで殺して崖から落としたシーン。雨の中で濡れそぼる主人公をうつすカメラワークが横にずれると遠くの後ろに女が....のところでマジで怖くて泣きそうになった。トラウマかもしれない。

伏線として怖かったのは、若い女が来ている洋服が、ことごとく被害者のものだった点かな。時系列がちょっとよくわからないけど。しかも、なぜきているのかもよくわからないっていう....

あと、若い祈祷師!!!!あぁくると思わなくてびっくりしちゃったな〜
日本人が最初の方にふんどし履いてる描写があって、私としては(あぁ植民地時代の兵士の日本人のイメージをそのまま受け継いでるんだな....)としか思わなかったが、途中主人公の警察官が若い祈祷師の部屋に話を聞きにいくシリアスなシーンで、その祈祷師の突然のお着替えシーンが挟まる。意味不明なお色気要素か?と思ったもののよくみたらこの人もその時ふんどし履いてるのがチラッと見えるんだよね〜....てことは日本人側の人間って事で、あぁ....って後から気づいた(韓国の人はふんどしを履かないので)

後不明な要素としては、カメラ。なぜカメラが必要?あのカメラ日本のブランドだってのはわかるんだけど、聖書にカメラの記述なんてあるわけないし、なぜ悪魔が人間の写真を集めているのかわからなかった....(でもクリスチャンの知り合いで、写真をとられると魂がとられる!って本気で思ってる人に以前あったことがあるので、もしかしてそれかしら?)

何はともあれ、展開がわかっていても、一人では見れない。
ストーリーの根底にあるのほ疑ってしまうと真実はみえない、ってことでもう一度見たいけど無理だな....
>|