哭声 コクソンの作品情報・感想・評価

哭声 コクソン2016年製作の映画)

곡성/哭声/The Wailing/哭聲

上映日:2017年03月11日

製作国:

上映時間:156分

3.9

あらすじ

平和な田舎の村に、得体の知れないよそ者がやってくる。彼がいつ、そしてなぜこの村に来たのかを誰も知らない。この男につい ての謎めいた噂が広がるにつれて、村人が自身の家族を残虐に殺す事件が多発していく。そして必ず殺人を犯した村人は、濁った 眼に湿疹で爛れた肌をして、言葉を発することもできない状態で現場にいるのだ。事件を担当する村の警官ジョングは、ある日自分の娘に、殺人犯たちと同じ湿疹があることに気付…

平和な田舎の村に、得体の知れないよそ者がやってくる。彼がいつ、そしてなぜこの村に来たのかを誰も知らない。この男につい ての謎めいた噂が広がるにつれて、村人が自身の家族を残虐に殺す事件が多発していく。そして必ず殺人を犯した村人は、濁った 眼に湿疹で爛れた肌をして、言葉を発することもできない状態で現場にいるのだ。事件を担当する村の警官ジョングは、ある日自分の娘に、殺人犯たちと同じ湿疹があることに気付く。ジョングは娘を救うためによそ者を追い詰めていくが、そのことで村は混乱の渦となっていき、誰も想像できない結末へと走り出す――

「哭声 コクソン」に投稿された感想・評価

SoVa

SoVaの感想・評価

4.2
滑稽さと生々しさのバランスが秀逸
そのバランスが見る人の感情を不安定に
させつつ物語を進め、最後にその不安定さが
一番の肝になるというなんとも、高次元な映画。
同時進行の場面の構成力は、目を見張るものがあり技術力の高さも凄い。
韓国映画特有の良い意味での汚さや人間臭さ
が効果的に働いていて相変わらずのレベルの高さを感じてしまった。

國村隼の怪演も◎
TICTAC

TICTACの感想・評価

-
初めて韓国映画を観た
迫力があるんだよな〜

これは確かにストーリー的に混乱させられる 笑

こいつだろ あれこっちか あれやっぱこっちだ こっちでいいんだよな? みたいな

ファンタジックな終わりだったがw

ナホンジン面白いな
CocoA

CocoAの感想・評価

3.1
長すぎて寝た。
韓国映画っぽいヌメーっとした後味が残るお話。
ゾンビっぽいね
隣人に変な日本人が来て、変な事が起こる…日本人嫌いが描かれたストーリーなのかなと思っていたが(笑)
予想をはるかに上回る結果に!!!
韓国映画凄い!!!!ヤバい映画を観てしまった…。國村さん、良かったわわわわ。

衝撃的!、、!!、!、、!!

…この一文がこの映画を物語ります。

これはみんな観るべき。
でも、観るなら覚悟して観ろ!!!
度肝抜くぜ…。
キリ助

キリ助の感想・評価

3.8

韓国映画!舞台は韓国の田舎!

ジャンルはオカルトが入ったサスペンスです。祈祷とか、そういう演出は多めです。そしてこの映画の中で祈祷シーンはそれぞれの思惑が交差する意味ですごく重要な役割を果たしていたと思います。大好き。

主人公のビビりでぽっちゃりな警察官や、娘ちゃんの演技にもゾクゾクしますが、國村隼さん。謎めいた日本人役を見事に演じられています…怪演。いやー不気味だったなぁ笑

序盤は主人公のビビり演技だったり、韓国映画特有の少しコミカルな演出にニヤニヤします。その一方で、物語の核心部分はだんだんとモヤがかかっていくような、重苦しい展開に。

後半部分、主人公と一緒にあっちこっちに考えを巡らせ、「どんとこい!答え合わせだ!!」と僕自身ファイティングポーズを取っていたものの…最後の怒涛の展開ラッシュに屈服してしまいました。笑

どの選択が正しかったのか、何をすべきだったのか。主人公の一つ一つの選択に注目していたつもりだったのに…軽く人間不信になりそう。笑

あ、これはあくまで個人的にですが、字幕で観るのが1番です。
國村隼さんの不気味さや、日本語通訳者のたどたどしく日本語を扱うシーンを堪能するためにも、是非!
Hanako

Hanakoの感想・評価

3.0
難しい。長い。
始めゾンビ系コメディー。なんだこりゃと思ったけど、どんどん複雑だし怖いし
キリスト教云々だし。
キリスト教なのは言われないとわかんないけど言われたら納得。
学生時代の読書時間にひたすら聖書読んでた時間がやっと活きた瞬間。
キャム

キャムの感想・評価

3.9
聖書の角でぶん殴られた気分
みこ

みこの感想・評価

3.4
うーん
サイコパスな人間の心理みたいなの期待しちゃってて、違った、、、、、

疲れた日にビール飲みながら見ちゃったからか、2時間半が眠くて眠くて

ただ、娘ちゃんの演技は圧巻でした
>|