哭声 コクソン(2016年製作の映画)

곡성/哭声/The Wailing/哭聲

上映日:2017年03月11日

製作国:
  • 韓国
  • / 上映時間:156分
    監督
    ナ・ホンジン
    キャスト
    クァク・ドウォン
    ファン・ジョンミン
    國村隼
    チョン・ウヒ
    キム・ファン・ヒー
    チャン・ソヨン
    チョ・ハンチョル
    あらすじ
    平和な田舎の村に、得体の知れないよそ者がやってくる。彼がいつ、そしてなぜこの村に来たのかを誰も知らない。この男につい ての謎めいた噂が広がるにつれて、村人が自身の家族を残虐に殺す事件が多発していく。そして必ず殺人を犯した村人は、濁った 眼に湿疹で爛れた肌をして、言葉を発することもできない状態で現場にいるのだ。事件を担当する村の警官ジョングは、ある日自分の娘に、殺人犯たちと同じ湿疹があることに気付く。ジョングは娘を救うためによそ者を追い詰めていくが、そのことで村は混乱の渦となっていき、誰も想像できない結末へと走り出す――

    「哭声 コクソン」に投稿された感想・レビュー

    osekoji
    osekojiの感想・レビュー
    44分
    4.0
    能面のところが、一番びっくりしました。
    smaptokio
    smaptokioの感想・レビュー
    1時間
    3.8
    아파서 괴로워요
    恐かったけどそれと同時に、家族の愛をかんじた。最近こういう感情ないから羨ましい見習おうと思った。
    あみ
    あみの感想・レビュー
    1時間
    -
    記録
    のすもん
    のすもんの感想・レビュー
    1時間
    3.5
    怖かったです。僕は怖い映画が苦手なので、なんで観てしまったのだろう、と言うのが正直な気持ちです。

    殺人事件のミステリー映画のようなものを期待していたのですが、確かにそういった要素はあったものの、もっとオカルトホラー寄りの内容だったと思います。

    それとR指定されてもよいのではないかと思えるグロシーンもあるので、僕同様に苦手な人は避けた方がよいかも知れません…。

    僕にとっては苦手最上級の映画でしたが、怖さや不気味さを感じる映画としてはとても秀逸な作品であったと思います。國村さんの演技はその点で凄まじかった。またラストは稀にみる緊張感があり、夢に出てきてうなされそうです。
    ムラサキ
    ムラサキの感想・レビュー
    2時間
    4.0
    私は終始惑わされっぱなしでした
    國村隼の怪演はさることながら、子役が凄まじい
    mame
    mameの感想・レビュー
    2時間
    3.5

    このレビューはネタバレを含みます

    なんか複雑な映画。ホラー、サスペンス、サイコ?「怒り」に似た展開かな。
    見たもの、聞いたものをそのまま信じるなということかな。
    結論を出さずに考えさせるこの展開は個人的にはあまり好きではない。評価わかれると思うけど。
    それにしてもグロい。R指定してもいいんちゃう。
    娘を持つ警察官が、村で起きる奇妙な殺人事件の真相を探っていくストーリー。悪霊にとりつかれて、狂った人がどんどん殺人を犯していく。自分の娘も悪霊に取り憑かれて、頼りない警察官も頑張るが…日本人は結局悪魔だったのね。
    引き込まれる演習、演技はあり、つまらなくもないが、俺はあんまり好きじゃないストーリー。
    buccimane
    buccimaneの感想・レビュー
    4時間
    3.5
    前半はジョークが冴えまくってたし後半はナウい祈祷師が最高。
    國村さんはあの捻くれの境地になるには時間が足りなかった感じもした。
    東西のチャンポン加減が魅力だけどロウソクつきっぱなしなのは笑っちゃた。
    みゆこ
    みゆこの感想・レビュー
    5時間
    4.0
    最後まではらはらできて良かった!!
    ネオパルパドナルドトランピ
    5時間
    4.5
    暫定で今年一番。
    息を飲む展開、簡単に溜飲が下がることがない結末、最高としか言いようがない。

    監督曰く、よそ者であったキリストがエルサレムで受けた「信頼」と「疑念」をモチーフにした物語。あるいはキリストの復活など。監督自身はキリスト教徒らしい。
    全体のテイストはサイコホラーのようなサイコサスペンスのような。
    比較にあげられる映画は「怒り」、「オーメン」、「エクソシスト」など。

    西洋的な価値観(科学的合理主義、キリスト教的宗教観)ーアジア的な土着信仰、田舎の濃密なコミュニティー日本から来た異分子、幻覚ー現実、などの対立した緊張を孕みつつ、いつまでもどこまでも帰着を許さない展開。2時間半なんて一瞬。

    結末はいくらでも考察のしようがあるけど、どうにでも取れるように作ったらしく観客に委ねるのだと言うので、控える。

    とにかく見てほしい映画。

    (日本人が穢れの存在として扱われるが、監督は日韓の政治的対立については意図的にオミットしているらしいので、そこにはあまり他意はないらしい)
    よいとまけ
    よいとまけの感想・レビュー
    5時間
    3.6
    最近マイブームのアジア映画鑑賞。
    韓国の映画は別に詳しくないですが、俺の偏見として「猟奇的な」恋愛や殺人を描くのが得意なお国柄なのかな?


    韓国の片田舎。
    見知らぬ日本人がやってきた事を境に連続殺人や奇病が蔓延し始めた。
    つつましく暮らす土着の人達の恐怖を、一警察官の主人公の目から追いかけた作品。

    少し前に見た台湾映画「クーリンチュ少年殺人事件」は描かないことで暴力性を表現する枯山水的なバイオレンスでしたが、
    「哭声」は飛び散った血や死体がとても鮮やかで一枚の油絵のような芸術性があった。

    主人公は
    見知らぬ日本人、目撃者の少女、祈祷師
    誰を信じればよかったのか。
    去年見た「怒り」に近いテーマ性だ。途中から警察官ジョングがピエール瀧に見えて仕方なかった程に。
    (他のフォロワーさんと同意見です)

    ジョングはお世辞にも男らしいとは言えない。
    仕事が出来るわけでもなく、家では女房の尻に敷かれている。
    だけど家族を、町を守ろうと必死な優しい市民だ。
    その優しさ、言い換えるなら優柔不断さが悲劇を産んだとも思えるが、どこにでもいる等身大のジョングだからこそ、不条理や疑心暗鬼のジェットコースターに観客は自分を重ねることが出来たんだと思う。


    太古の人間は、森の奥や海の底など、かつては未知だったものに「恐怖」を感じて暮らしてきた。
    科学の発展などと共に、どんどん世界がわかりやすくなって、かつて祈祷や祈りの果たしていた役割を機械が肩代わりしてくれる時代になった。
    ケータイが通じる村にまだ呪いや祈祷の概念があったのは面白かった。
    だが、世の中にはまだまだ解明されてない
    物事が沢山あるはずだ。
    それが不条理にも日常生活に忍び寄ってきた時、観客はジョングの行動を批判できるだろうか。
    この映画を見終わって、真っ先に感じたことは「このままじゃいけない」ということ。
    同じ状況に自分が置かれたら、間違いなくジョングと同じようにふるまう…
    久々に「怖い」という気持ちを思い出した今作は、156分に及ぶ未知からの避難訓練とでも言えるのではないか。

    自分ならどうするか?
    自信が持てないのでもう一度時間が許せば映画館に足を運びたい。
    >|