哭声 コクソン(2016年製作の映画)

곡성/哭声/The Wailing/哭聲

上映日:2017年03月11日

製作国:
  • 韓国
  • / 上映時間:156分
    監督
    ナ・ホンジン
    キャスト
    クァク・ドウォン
    ファン・ジョンミン
    國村隼
    チョン・ウヒ
    キム・ファン・ヒー
    チャン・ソヨン
    チョ・ハンチョル
    あらすじ
    平和な田舎の村に、得体の知れないよそ者がやってくる。彼がいつ、そしてなぜこの村に来たのかを誰も知らない。この男につい ての謎めいた噂が広がるにつれて、村人が自身の家族を残虐に殺す事件が多発していく。そして必ず殺人を犯した村人は、濁った 眼に湿疹で爛れた肌をして、言葉を発することもできない状態で現場にいるのだ。事件を担当する村の警官ジョングは、ある日自分の娘に、殺人犯たちと同じ湿疹があることに気付く。ジョングは娘を救うためによそ者を追い詰めていくが、そのことで村は混乱の渦となっていき、誰も想像できない結末へと走り出す――

    「哭声 コクソン」に投稿された感想・評価

    みました‼

    何んだ‼これなんだ‼(笑)
    面白かった‼
    あんまり話にふれたら今から観るかたによくない。。。

    あらすじ‼(めっちゃ簡単)
    ある日、村で家族惨殺事件←(字だけでも恐い)がおこりました。犯人はその家の家族です。体は湿疹でただれ、黒ずんでいました。
    村の巡査は、殺人現場で謎の日本人をみかけます。巡査はその日本人の事が気になり調べはじめます。その後も村で一家惨殺事件が再びおこります。そして犯人はまた家族でした。そして体は湿疹でただれており、奇声発し正常ではなくなっていました。
    はたして、このコクソンの村に何がおこっているのか? |д・) ソォーッ…


    え~っと見所‼
    國村さん‼すごい‼
    (ふれれないから、何が、どこが?すごいかは秘密)

    あと華麗なるリベンジからちょっと気になるファン・ジョンミン。。。
    良かったぁぁぁぁ

    一番みて欲しいのは華麗なる祈祷するダンス💃‼ ✧ฺ・。(✪▽✪*)・。✧
    華麗なる祈祷‼(笑)

    是非みて欲しい‼
    そして
    ラストについて説明して欲しい‼(笑)

    宜しくお願い致します ( ✧Д✧) カッ!!
    w
    3.7
    もう少しコンパクトだと助かる。
    ReN
    4.0
    劇場で見逃し、Blu-ray購入し鑑賞。

    一言でまとめると、"正気の沙汰じゃない。"

    『チェイサー』『哀しき獣』と韓国映画界を震撼させて来たナ・ホンジン監督の最新作。

    シュルレアリスム的世界観
    これまでに描かれて来なかったような独創的な映画体験ができる。
    強烈かつエネルギッシュな作品でそれに劣らず役者の演技も強烈かつエネルギッシュ。

    ナ・ホンジン監督の手掛けた作品はとにかく他の映画よりも桁違いなものばかりだが、今回のは圧倒的。

    いろんな感性や解釈が生まれるが、とにかく言えるのは、正気の沙汰じゃない。

    とにかく、体験しないと知る術がない。
    感無量最高傑作だ。

    劇場で見逃してしまったのが今年一番の後悔かもしれない…。
    いやー久々にジャンルに惑わされたよ

    パッケージを見た感じはサスペンスものかと思い借りてみたものの、中身は全くの別物´д` ;

    鑑賞中そろそろイイ感じになってきたと思い、ふと再生時間を目にしてようやく半分終わったとこで、先が読めなさ過ぎて焦りました 笑

    しかも後半に進むにつれ、超こえーよ!超不気味だよ!
    普通にホラー映画T_T
    しかも不意だから尚のこと怖えーーT_T

    僕の中で韓国映画は特に気持ち良くないオチが印象ですが、こちらの作品も残念ながら最後までモヤッとします!

    ただおもれーよ!
    気になる方は観てください!
    あと注意して観てください!笑
    KentaChiba
    4.3
    展開が想像もつかない。
    不気味で
    韓国映画の容赦のなさが
    全面に出たやばい映画。。
    ダニー
    3.9
    もう混乱と満足感の150分。
    この監督はすばらしいね。
    惑わされました…凄かった…真夏の深夜に最高な一本。
    Kikku
    3.8

    このレビューはネタバレを含みます

    怖い…
    最後まで展開が読めず、絶望的な終わり
    國村隼が何者なのか明かされるラストに向かってのシーンバックはすごくハラハラしました
    國村隼の小さい声なのに確実に聞き取れる滑舌が凄い。
    これはちょっとでも興味あるならみといて損はないのでは。

    ネタバレできませんが、わざわざなんで日本の俳優引っ張り出して森に閉じ込めたのか、結末でわかりますね。
    日韓の歴史的な関係もありますよね。

    こういう映画をのびのび撮れるような時代になったのは良かったし、國村隼がのびのび演じてるのも良かった。

    ただ、、、長い。。

    グロ映像が好きでもないしプラスにもマイナスにも興奮しないので中盤のそれが続くあたりは辛い。。

    後半にひとひねり、ふたひねりあったし、全体的なテーマがとても大きかったので作品として引き締まりました。

    ファン・ジョンミンはいつもなんか胡散臭いけど憎めなくて面白い。
    ゆみな
    3.9
    ナ・ホンジン監督作品って事で観賞。
    今までの映画とちょっと作風違う感じだったかな?ともあれ面白かったです。

    観ながら思ったのはね、人間の本質を見抜く力を試されてる感じ?人様に見られても恥ずかしくない生き方を出来てるか…監視されてる感じ?妙にソワソワして居心地の悪い気分になったんですよね…後ろめたいことは何も無いはずなのにね。
    警察官のジョングは家族思いのどこにでもいるようなあくまで普通の人間で、でも子供を守るために誰かを犠牲にしてしまえるような悪の部分も持ち合わせているんですね。先入観から色眼鏡で他人を疑ってしまったり…本当かどうかも分からないのに誰かにすがってしまったり。
    こんなこと言ったら可哀想な気もするんだけど、娘が標的になった原因ってジョングの責任って部分もないですか?
    この映画の中ではよそ者扱いの日本人國村隼とか祈祷師ファン・ジョンミンも、勿論深く関わってはいるんだろうけど、きっかけを作ったのはジョングなんじゃないの?って思うわけですよ。
    だって、ジョングが職場にきた娘を追い返さなければ…とか、祈祷師を途中で止めてしまったりさぁ…(まあ、これはほんとに祈祷していたかは疑わしいけど)、最後に部屋に入ってしまったのもね…。心配する気持ちは分かるけど、全て裏目に出てしまっていて。なぜ、女の言うことは信じられなくて、祈祷師の言葉は信じられるのか…やっぱり人間は肩書きや見た目を信用し、仲間意識の強い生き物なんだろうなぁ…ってまざまざと見せつけられた感じですよね。
    なんか、これからは自分も自分の目でしっかり見極めて生きていかなければ…って思いましたよ。こんなピンチに陥ることはないだろうけどさ(笑)

    ちょっとラストの國村隼が凄すぎて何度もそこだけ観ちゃったよね。あの爪見てたら『エンゼル・ハート』思い出したので、近いうちに観ようかな。てか、カメラ…トラウマになるわぁ。
    >|