哭声 コクソンの作品情報・感想・評価

哭声 コクソン2016年製作の映画)

곡성/哭声/The Wailing/哭聲

上映日:2017年03月11日

製作国:

上映時間:156分

3.8

あらすじ

平和な田舎の村に、得体の知れないよそ者がやってくる。彼がいつ、そしてなぜこの村に来たのかを誰も知らない。この男につい ての謎めいた噂が広がるにつれて、村人が自身の家族を残虐に殺す事件が多発していく。そして必ず殺人を犯した村人は、濁った 眼に湿疹で爛れた肌をして、言葉を発することもできない状態で現場にいるのだ。事件を担当する村の警官ジョングは、ある日自分の娘に、殺人犯たちと同じ湿疹があることに気付…

平和な田舎の村に、得体の知れないよそ者がやってくる。彼がいつ、そしてなぜこの村に来たのかを誰も知らない。この男につい ての謎めいた噂が広がるにつれて、村人が自身の家族を残虐に殺す事件が多発していく。そして必ず殺人を犯した村人は、濁った 眼に湿疹で爛れた肌をして、言葉を発することもできない状態で現場にいるのだ。事件を担当する村の警官ジョングは、ある日自分の娘に、殺人犯たちと同じ湿疹があることに気付く。ジョングは娘を救うためによそ者を追い詰めていくが、そのことで村は混乱の渦となっていき、誰も想像できない結末へと走り出す――

「哭声 コクソン」に投稿された感想・評価

雨空

雨空の感想・評価

-
魅入ってしまった。随所に散りばめられている符号と相まっての最後の場面。鶏が三度鳴くとかとても上手く使っているし、何よりも怖い。怖いのに観てしまう。

序盤で、村で起こる不可解な出来事で『屍鬼』を思い出したり、ロバート・エガース監督の『ウィッチ』を思い出したり。その作品を楽しめた人ならぜひ観てもらいたい。

にしても面白かった怖かった。
pappo

pappoの感想・評価

1.1
皆さんが書いておられるようなキリストを描いた深遠な映画ではないと思いますよ。聖書のモチーフをあちこちに散りばめて、あたかも深い答えが用意されてるかのようだが、答えなんてある振りしてありゃしないんだから、真面目に議論するだけ時間の無駄でしょう。
作品としては、行き当たりばったり感が否めず、まとまりもなかった。
でもエンターテイメント作品としては素直に楽しめた。
ナ・ホンジンって「悲しき獣」もですが、新井英樹の漫画感ありますよね。
怪物的人物と超自然現象と血縁ドラマ。
名匠がホラー映画を撮る流れはまだまだ続きそう。

結末には賛否あるでしょうが、長尺でもラストまで全然ダレません。
考えれば考えるほど考えさせられる作品でした。
國村さんが絶妙な役で素晴らしかったし、凄く引き込まれました。
子役の子の演技が凄すぎて、、表情で語ってきましたよ。驚きです。

今まで見たことない感じの映画でした。
漬求

漬求の感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

閉鎖的な村で不可解な殺人事件に巻き込まれる警察官を描いたサスペンスかと思いきやまさかの悪魔モノ?最初の聖書の一節が大事らしい

怨霊がどうだの毒キノコがどうだの
突然ゾンビ映画になったのかとも思った
ひぐらしのなく頃にとかエクソシストとかサイレンを思い出した

割とスプラッタで全年齢向けでは決してない けど内容はだんだんファンタジーになっていく
どんどん人が死ぬし救いがなくてよくわからないまま終わるけど面白かった

なぜかところどころ笑えた ただ主人公の娘役の子と國村隼さんが怖い

信じるか信じないかはあなた次第ですって関さんも言ってるしそういうのがテーマになってるって解説されてた
あの青白い顔した美女はきっと味方だった だから信じなかった主人公はかわいそうな最後を迎えたのかも

🐓📸

動物を殺す描写は不快だったのでペット飼ってる人とか観ないほうがいい

ドクタードリトルとか観たほうがいい

このレビューはネタバレを含みます

やっぱり韓国の映画って一気に観ちゃう…のめり込みがすごい。
しかし怖すぎてお風呂入れなくなりました…國村さんハマり役すぎる…ちょっと途中感覚が麻痺しそうになって、更に想像とは違った展開にめちゃくちゃ動揺した…
結末が腑に落ちないのと、絶望?と疲労がすごい!!!久々にこういう韓国映画観た気がする、ハードだ…夢に出そう
痛いのはアシュラだけど、それとは違って後味の悪さ、恐怖で寒気が……
かか

かかの感想・評価

3.2
ファンジョンミョンが現れた時、何故か安堵(笑)
悪魔物、よくわかりません。
難しいぃー!
けど2時間36分をこの映画に使っても損はしません!
CDB

CDBの感想・評価

5.0
すごい。こういう映画、日本では絶対撮れないだろう。

國村さんのインタビュー読んだけど、國村さん本人もこの映画に出演できてとても楽しそうだった。

それはそうようね、日本ではちゃんとした自分の演技力を見せることができないもんね。

韓国に行った時に韓国の友達と進撃の巨人観たんだけど、その友達が
「どうしてこういう素晴らしい俳優がこんな映画に出てるんだ?もったいないなぁ」とか言ってた。

その通りだよ。演技派の中年俳優達は、演技もろくにできない若い俳優の脇役でしか消費されないのが日本映画系の現実だよね。

でも、韓国ではそうじゃないから羨ましい。
ストーリーの理解は出来るけれど
どれが本当なのか
何を意味しているのか
そういうのを考えながら…
疑いながら見てると
全てがよくわからなくなってしまう。


「新感染」見た後だから
また感染ものかと思いきや
どうも様子が違う。
呪い系かとも思うがしっくりこない
キリスト?神様?
でもどいつがどれ?
「悪魔を憐れむ歌」系?
こんな思考がずっと続く訳であります。

中盤まではコメディ要素も多くて
気楽に見てたけれど
娘が急変してから
めっちゃクソ真剣(笑)
この振れ幅お見事です。


少し長めの作品でしたけど
釘付けで見てしまいましたわ(笑)
特に娘さんと國村隼さん(笑)
日韓怪演共同作品!
カムサハムニダ!!!
>|