哭声 コクソンの作品情報・感想・評価

哭声 コクソン2016年製作の映画)

곡성/哭声/The Wailing/哭聲

上映日:2017年03月11日

製作国:

上映時間:156分

3.9

あらすじ

平和な田舎の村に、得体の知れないよそ者がやってくる。彼がいつ、そしてなぜこの村に来たのかを誰も知らない。この男につい ての謎めいた噂が広がるにつれて、村人が自身の家族を残虐に殺す事件が多発していく。そして必ず殺人を犯した村人は、濁った 眼に湿疹で爛れた肌をして、言葉を発することもできない状態で現場にいるのだ。事件を担当する村の警官ジョングは、ある日自分の娘に、殺人犯たちと同じ湿疹があることに気付…

平和な田舎の村に、得体の知れないよそ者がやってくる。彼がいつ、そしてなぜこの村に来たのかを誰も知らない。この男につい ての謎めいた噂が広がるにつれて、村人が自身の家族を残虐に殺す事件が多発していく。そして必ず殺人を犯した村人は、濁った 眼に湿疹で爛れた肌をして、言葉を発することもできない状態で現場にいるのだ。事件を担当する村の警官ジョングは、ある日自分の娘に、殺人犯たちと同じ湿疹があることに気付く。ジョングは娘を救うためによそ者を追い詰めていくが、そのことで村は混乱の渦となっていき、誰も想像できない結末へと走り出す――

「哭声 コクソン」に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

そろそろ2017年も11月下旬になりました。今年の見逃した映画の中でも気になってた作品を少しでも見ておこうと思います。

んで、コクソンです。ナ・ホンジン監督作品ですし、かなり話題になりましたしね。


田舎町で不審死をとげる事件が相次ぎ、警察官のジョングは気の優しいと言えば聞こえは良いですが、気弱な人間です。山の中には日本人(國村準)が最近生活していてきみ悪がられています。そんなある日娘のヒジョンに…というのが冒頭です。



え〜初見ではかなり消化不良ですが、あえての感想です。

サスペンスホラー且つ、エクソシスト祈祷対戦モノ且つ、ゾンビと國村準サイコー映画です。

ナ・ホンジン監督作品は私はチェイサーがかなり好き、哀しき獣は普通な人間ですが、コクソンは見てる間は楽しく観ましたが、観終わってからは評価が下がりました…悪くないし、多分不条理モノなんだと思いますが、要素を詰め込み過ぎて良く分かりません。勢いが凄いのは買いますし、映像も素晴らしく、雨のシーンもサイコーなんですが、にしても話しの整合性が無さ過ぎる…


多分キリスト教的な解釈が、素養が求められる作品なんでしょう、冒頭でもキリストの話ししてますし、ニワトリが3回とか、あからさまにスティグマータも出てきますしね。

なんか、いろいろ詰め込んだあげく、整合性は取れないけど、後は見た人が決めてくれたら良いですよ〜作品。だけど、あまりに整合性が無さ過ぎて、ご都合主義が酷過ぎて、返って冷める…


いや、イイですよ、何だかんだ言ってもキリスト教的な解釈が最も素晴らしい、でも。また國村準と祈祷師がグルでも、そうじゃなくてもイイんです。でも、明らかにゾンビ描写までしてキノコの幻覚で片付けるのには無理がありますし、家族間でしか事件がほぼ起こらない事の説明にはならないし、どんでん返しがてんこ盛り過ぎてちょっと低い。

でも國村準が面白いので、見て良かった。まあ劇場に行かなかったのも、良かった。

役者さんは皆様素晴らしいし、皮膚病の描写も痒くて良かったし、変な草の髑髏造形も(とは言え羊たちの沈黙のあの蛾のドクロ描写のオマージュなんだろうけど、蛾の中の人間が集まってドクロマークにまでしてる作り込み度合いでも、明らかに羊たちの沈黙の勝ち)良かった。

まあ全部國村準に持ってかれるんですけどね、


あの白い服の女は結局何者だったんだろう。

國村準さんが好きな方にオススメします。
韓国映画好きの相方がレンタルしたため一緒に観賞。

前半は、コメディみたいと思って安心してみていたら最後はやっぱり韓国映画らしい終わり方でドーンと腹にきた。

わたしは幽霊ものが好きだから低めだけど、悪霊好きにはたまらんと思う👌
めぐみ

めぐみの感想・評価

3.7
疑心暗鬼

中々にヘビーな一作だった〜。「お嬢さん」見たときの新作レンタル情報にあって興味があったのとオススメされたのとで見てみたけど相当に疲労困憊した!
宗教的に掘り下げがいくらでも出来そうな内容で追いつくのにいっぱいいっぱいというかグロいというか汚い絵面で直視出来ないというかしたくないというかともかく疲労困憊…でもめっちゃすごいのは理解できた!こりゃすごい映画だ!でもしんどい!
見終わって考察サイト見たけどやっぱあんま分かんなかった…。

とりあえず主役の警察官のおっさんが上島竜兵と六角精児を足して2で割った顔してて気になって気になってしゃーなかった笑

子役めちゃめちゃ頑張ってたなー
祈祷師の嘔吐がりょーこさんのレビュー見て一応構えてたんだけど思いの外嘔吐でゾワゾワしたーー。

どうでもいいけど疑心暗鬼って鬼が含まれてるね
TM

TMの感想・評価

3.9
なんか分かんないけど、
ぜんぜん飽きないってこと。
RYAN

RYANの感想・評価

4.8
はいきたー
めっちゃ好きでした。
僕の周りが激推しするから友人の家で真っ暗にして大音量で鑑賞。

めっちゃ好き〜!!!
これねたまらんわ
サスペンスかと思ったらサスペンスを超えてのある意味ファンタジー。

僕にとっては極上のサスペンスファンタジー!

ナホンジン監督初鑑賞にして大好きなった

國村隼完璧な演技
これが絶賛された理由がわかった
主役じゃないのに圧倒的存在感
子役たちも含めてキャスト全員が素晴らしすぎる!
これはね終始鳥肌
時間が長い!いい意味で。
終わるのかな?終わるのかな?と思ったら全然終わらない!
それどころかヒートアップ。
物語が終わりを見せない。

みなさんはどのような考察をお持ちですか?
私はいま友人たちとあいつは偽物?とか色々言い合っています。
ルカによる福音書も調べてます。
ご考察お聞かせください

これは映画館でみたかった。
めちゃくちゃ好き。

もっと長文のレビューを書きたいけどこれ以上ネタバレせずになにを書けばいいのかがわからない!
それぐらい文句の付け所がない!

これはベスト10はいってしまうかもしれません。

だれか!語り合いましょう!
Gdjeje

Gdjejeの感想・評価

4.2
ヤバすぎる設定でしょ。
かなり面白かったな。
死なない。死なない(笑)
國村隼の最後の演技は最高でしたね(●´ω`●)

平和な田舎の村・コクソンで村人が自身の家族を残酷に殺害し、湿疹で全身が爛れ意識がもうろうとした状態で発見される事件が多発。同じ時期、素性のわからない「よそ者」と呼ばれる男が噂となったことから、事件を担当する警官・ジョングは彼の正体に迫ろうとする。
dpb

dpbの感想・評価

3.3

このレビューはネタバレを含みます

後味の悪さ最高か。
これは賛否両論あるだろうな~
個人的にファン・ジョンミンさんは良い役しかしてるイメージなかったから、まんまと騙された~!!
固定観念なんて下らないものは捨てなきゃな。
色んな角度から色んな解釈ができて、内容てんこ盛り過ぎて目が点になります。
『チェイサー』のナ・ホンジンの新作といったら観ないわけがない。
そしてやっぱり面白いのだ。
國村隼があまりにも強烈。
だが2時間36分は少し長い気がして間延びしていた感があるので20分ぐらい短くてもよかったのでは。
hazuuu

hazuuuの感想・評価

3.2
観終わったあとはなんともいえない感覚。
いろんな人の解釈を読めば読むほどわからなくなってくる。
國村隼がキリスト?
祈祷師が聖パウロ?
ムミョンがマグダラのマリア?
わたし自身観て感じられたのは、価値観や先入観を根底から揺さぶる映画ってことくらい。みえてるものが本当かなんて誰にもわからない。
buenavista

buenavistaの感想・評価

4.6

このレビューはネタバレを含みます

((((;゜Д゜)))
((( ;゚Д゚)))
((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

國村さんが、、、怖い

って、サスペンス?ミステリー?の域
超えて、ホラーやないかいヽ(`Д´)ノプンプン
國村さんもそうですけど、娘も怪演

ほんとに夢に出てくるよ、國村 準❗
最後の30分は、
えっ
だれ、だれ、だれが犯人なん?
と頭がカオス状態
引き込まれすぎて
( ゜o゜)ってなってた
で、結局、祈祷師は悪魔の手先?
悪魔と祈祷で戦っていたと思ったけど、白装束の女性が本物の祈祷師?
そこが分からんかった。
もう一度観てみよう😃
>|