哭声 コクソンの作品情報・感想・評価

哭声 コクソン2016年製作の映画)

곡성/哭声/The Wailing/哭聲

上映日:2017年03月11日

製作国:

上映時間:156分

3.9

あらすじ

平和な田舎の村に、得体の知れないよそ者がやってくる。彼がいつ、そしてなぜこの村に来たのかを誰も知らない。この男につい ての謎めいた噂が広がるにつれて、村人が自身の家族を残虐に殺す事件が多発していく。そして必ず殺人を犯した村人は、濁った 眼に湿疹で爛れた肌をして、言葉を発することもできない状態で現場にいるのだ。事件を担当する村の警官ジョングは、ある日自分の娘に、殺人犯たちと同じ湿疹があることに気付…

平和な田舎の村に、得体の知れないよそ者がやってくる。彼がいつ、そしてなぜこの村に来たのかを誰も知らない。この男につい ての謎めいた噂が広がるにつれて、村人が自身の家族を残虐に殺す事件が多発していく。そして必ず殺人を犯した村人は、濁った 眼に湿疹で爛れた肌をして、言葉を発することもできない状態で現場にいるのだ。事件を担当する村の警官ジョングは、ある日自分の娘に、殺人犯たちと同じ湿疹があることに気付く。ジョングは娘を救うためによそ者を追い詰めていくが、そのことで村は混乱の渦となっていき、誰も想像できない結末へと走り出す――

「哭声 コクソン」に投稿された感想・評価

oboe

oboeの感想・評価

5.0
白い服を着た女性は、その町の土地新です。
ファン・ジョンミンさんと國村さんは同じ方です。
映画の中で、ファン・ジョンミンさんと國村氏は、同じパンツを着てたほうであることを意味します。
主人公警察は、土地神の言葉を聞いてなくて、家族を失った。
土地神の言葉を聞いた場合、土地神勝ったものであり、ファン・ジョンミンさんと國村さんはたのです。
國村氏は最後に怖かった。
國村氏がそう恐ろしい役割に出演した映画がまたありますか?
ランチ時に見た後、その日の怖さに眠るモトジャトた。
話題の「コクソン」やっと観ることが出来ました。
ナ・ホンジン監督らしい非常に難解であり、イレギュラーだらけの世界感に驚かされる一作でしたね。ではでは、個人的な解釈を。

この映画はルカによる福音書の一説から始まり、コクソンと言う綺麗な田舎町で惨忍な連続殺人事件が起きる話です。ナ・ホンジン監督らしい無能な警察と言うキャラクターが主人公でその事件の渦中に置かれて行きます。

まず冒頭に引用されているルカによる福音書 第24章-38・39。
「人々は恐れおののき霊を見ていると思った。
そこでイエスは言った。何故心に疑いを持つのか。私の手や足を見よ。正に私だ。
触れてみよ、この通り肉も骨もある。」
ルカによる福音書第24章は、イエスが死してから復活までの流れを書いています。引用された言葉は蘇り人々の前に現れたイエスへ驚く民衆にイエスが語り掛けた言葉で、この後にイエスは魚を一切れ食べる。
しかし、今回コクソンと言う映画ではまるで悪魔の復活文言のように使われていますよね。
あの映画の中に神はいたのか?

簡潔にあの映画の中で事件を読み解くのなら、食品に含まれた有毒キノコ(ドラッグ系)の影響で薬物の過剰摂取による犯罪にあやかり、それを「悪霊」と称し儲ける祈祷師と言う図が一番濃いのではと思います。それに色を付けまた公的警察までもが信じこんでしまうと言う韓国警察のいい加減さが裏社会の人間になった方が生きやすいような……韓国社会の無秩序さが濃く描かれていたのではないかと。
実際主人公の警官が行っていることは警官の行動として信じがたいところもあります。
宗教的なアイテムがちりばめてある今作ではありますが、その宗教的要素の混濁もわざとですよねえ。神と言う存在をぐちゃぐちゃに掻きまわしたようで要素だけ、と言うところに信じることが出来ないから疑う事しか出来ないのだと。でも何かあると神にすがると言うナ・ホンジン監督は本当にやらしい描き方が上手い!
本作での國村さん、怪演でしたね。顔でキャスティングしたそうなので特に日本人と言うところは深堀りしなくてもいいのかなと。國村さん演じる日本人はドラッグバイヤーだったのじゃないかなと思いました。血まみれで生きているというところに「スカーフェイス」のトニー・モンタナがドラッグハイで生きていたことを思い出しまして。まあ、なかなかこれだ!と言うストーリーラインが明確に浮かない位サスペンスであり、ホラーであり、オカルト的な色が幾重にも重なる作品で答えはナ・ホンジン監督のみぞ知るんでしょうが……。
もう一度観返すとまた新しい発見があるかもしれませんね。
TxVxG

TxVxGの感想・評価

3.5
長いけど食い入るように引き込まれた。

こんなドキドキした映画は久しぶり。

さりげなく散りばめられた笑いのセンスも秀逸。

本当、韓国映画はハズレがない。最近の邦画はハズレしかないけど。

でも、ただでさえ物分かりの悪い俺は結局どうなのか分からずもやもや。

横溝正史やシャーロックホームズなど推理物は大好きなんだけどそれは最後に明確に謎解きしてくれるのを含めて。

観たもの任せの映画は嫌いじゃなくてむしろ好きな方だけど、こういう犯罪ものはスッキリさせてくれないと気持ちが悪い。
"一体、お前は誰なんだ"

田舎村コクソンで多発する奇妙な一家殺人事件。加害者はなぜか毎回身内のひとりで謎の精神病にかかっている。

村の警察官ジョングはこの事件を解決すべく調査に乗り出した。捜査の中でひとりの容疑者が浮かび上がる。

山の中に住む日本人だ。

捜査をすればするほど謎が深く、そして増えていく。痺れを切らしたジョングが放った言葉がこれだ。

謎解きをさせてくれない謎だらけのサスペンス映画。

チェイサーよりは好みではなかってけど見応えしかなかった。良作。
めちゃくちゃ信頼できるギャグセンに嬉しくなっちゃう!!からの〜真剣に怖い…。。。からの〜あれこれ終わってみたら全然まったくわかんねえな…?みたいなすてき映画
だれか 教えてくれ もしくは考察ブログとか 教えてください 読みふけりたい ワクワクお祈りダンスバトルが良かったです
裸の凶暴おじさんが雑木林を駆け回る、というビジュアルの強烈さの割りに
解釈を見た人にゆだねる系の結末だった

ぼろい家やつつましい生活感の再現度が高く
良くも悪くも、急に怪異に襲われた田舎者たちの反応がリアル
主人公も、途中から必死になって事態を収束しようとするのだが
あまりにも普通の人なので
やることなすことガバガバで衝動的で後手にまわっていってしまう
そういうところで妙に焦燥感緊迫感がある映画
nako

nakoの感想・評価

3.6
すごく引き込まれる。

國村隼人の不気味さが日本の映画やドラマではみたことなくてびっくり。
子役の女の子の演技すごい!

展開は全く読めなくて騙されてばかり。すごく怖くてグロいんだけど見入ってしまう。
oldmanSEEK

oldmanSEEKの感想・評価

2.6

このレビューはネタバレを含みます

なるべく情報を入れないようにしながらも、漠然とクライムサスペンスだと思っていたら、まさかの苦手なホラー!

韓国映画は、決して沢山観てはいないけれど、自虐的な登場人物が邦画と比べると結構頻繁に登場するような気がする。
自虐的というのは作り手のスタンスで、劇中では自業自得や因果応報だったり、或いは身から出た錆やマヌケだったり。

人間臭さという意味では、自分も大差ないのかもしれないし、自ら蓋をして見て見ぬ振りをしているのかもしれないけれど、多分殆どの日本人は、それなりにしっかりした真面目な人物だったり、時には優秀過ぎる人物の方に共感するような精神構造をしていると思う。
そういう意味では、自己を“美化”しているのかもしれないし、理想化しているのかも知れない。
仮に共感という部分の国民性の違いだったとしたら、韓国の人の方が、自分に対して正直で厳しいのかもしれない。
(全て想像と仮説の持論にすぎません)

前置きが長くなりましたが、今作の主人公の警官ジョングがまさにそれで、自分は全く共感出来なかった。

警察官でありながらも怠慢な性格のため、現場や人の違和感に鈍感過ぎて、徹底的に気づかないのだ。

極め付けは、國村隼扮する日本人のエクソシストを、偏見と先入観でリンチしてしまうのだ。

本当に酷いぞ!アンタ!
…まぁそれがこの物語の肝ではあるのだが。

よって、ラストは「仕方ないんじゃないの?」と氷の微笑になってしまった。パンツは履いてたけど。

それにしても、得体の知れない男(國村隼)が追われるあたりからの、転換は怖かった(面白かった)。

あそこらで一旦戻って、彼の視点での、異国の地の果てで村人たちにリンチを受ける恐怖を描いてもよかったように思う。
多分めちゃくちゃ怖いのは間違いない。
同じ日本人としてトラウマになるかも(笑)
後半ちょっと間延びしているような感じもするので、それらをカットして日本人祈祷師側の恐怖を入れても充分、元が取れる怖さだったと思う。

ということで、唐突にゾンビが出てきたりと、ホラーとしては斬新な試みをしている作品なんでしょうけれど、いかんせん主人公のアイツが…

だってジブンが悪いんじゃん!…としか思えませんでした。
knys

knysの感想・評価

4.0
國村さんの怪演にずぅーと惑わされっぱなしでした。こういう構成で思い切って作品を作った監督が素晴らしい。
M山H樹

M山H樹の感想・評価

4.8
題名の字がすでに怖い

WOWOWで放送後の解説の人の話聞いてたら怖いの我慢して最後まで観てよかったと思えた😭
>|