プリズナーズの作品情報・感想・評価

プリズナーズ2013年製作の映画)

PRISONERS

上映日:2014年05月03日

製作国:

上映時間:153分

3.9

あらすじ

アメリカ国民の誰しもが愛する家族と幸せなひとときを過ごす感謝祭の日、幼い少女が消えた。平穏な田舎町に突如訪れた惨劇。手がかりは少なく、警察(ジェイク・ギレンホール)の捜査は錯綜する。そんな中、父親(ヒュー・ジャックマン)は、証拠不十分で釈放された第一容疑者(ポール・ダノ)の証言から犯人を確信する。残された時間は少ない。「パパはどうして助けに来てくれないの?」愛する娘の叫びを心に聞いた父は、自力で…

アメリカ国民の誰しもが愛する家族と幸せなひとときを過ごす感謝祭の日、幼い少女が消えた。平穏な田舎町に突如訪れた惨劇。手がかりは少なく、警察(ジェイク・ギレンホール)の捜査は錯綜する。そんな中、父親(ヒュー・ジャックマン)は、証拠不十分で釈放された第一容疑者(ポール・ダノ)の証言から犯人を確信する。残された時間は少ない。「パパはどうして助けに来てくれないの?」愛する娘の叫びを心に聞いた父は、自力で我が子を助け出すため、決して超えてはいけない一線を超える決断をするのだが・・・。

「プリズナーズ」に投稿された感想・評価

深夜wowow にて鑑賞。主演のH・・ジャックマンとJ・ギレンホールが素晴らしいかった。
娘を誘拐された父親の暴走とその父親の監視と犯人探しに奮闘する刑事。
最後まで犯人が分からずハラハラドキドキ。
そして最後の終わり方は良かった。
peko

pekoの感想・評価

3.8
宗教的な代理戦争が描かれているかはさておき、サスペンスとしてはかなり練り込まれていて、全編通してハラハラドキドキ。長さもあまり感じない。色々な意味で囚われたままの人がいっぱい。
本来善人であるケラー。主の祈りを唱えながらも娘のために拷問を続ける父親の姿は恐ろしくもある。
エンディングのジェイクの表情が良くて、自分は割と好きな終わり方。

このレビューはネタバレを含みます

最後ヒュー・ジャックマンが
助け出されることを
祈っています(´・ω・`)
まず何が素晴らしいか、役者たちの演技です。
本当の人を見ているような、本当にそういう人を見ているような演技でした。

ヒュー・ジャックマン、ジェイク・ギレンホール、マリアベロ筆頭に演技だけでもかなり圧倒され、魅了される映画でした。

ただ少しヒュー・ジャックマンのキャラクターの行動が信憑性ある映画の世界観にしては、多少やりすぎている感覚がありました。

しかしその点も映画が進む後にどこか納得させられ、最終的にはかなりキャラクターたちに感情移入していました。
ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督にはこれからも素晴らしい映画を作っていってほしいです。
rina

rinaの感想・評価

3.6
ヒュー・ジャックマンと
ジェイク・ギレンホールの共演
それだけでわくわくした

想像よりずっとずっと
重たい作品だったけど、
強く守りたいと思うものの前では
人は善と悪は境目は
薄ぼんやりするだろうし
そうしてしまうことは
善人ではなくなるのかな


あなたもいたってゆったジョイに
どきりとしてドーヴァーと
同じことを想像して確信して
うわぁ、まじかってなったー
こわすぎたー。。
面白かった!
長かったけど 長さを感じないで
最後まで引きつけられました。
今まで観たギレンホール作品の中で一番面白かったかも
天狗jet

天狗jetの感想・評価

4.2
重々しく、不穏な雰囲気が終始醸し出されていて
ドラマとサスペンスのバランスが絶妙な作品。
登場人物の描き方も素晴らしい。

苦悩のあげく、一線を越えてしまう父親。
手がかりが殆んど無く、事件の対処に苦慮する刑事。
物語の主軸となる二人をH・ジャックマンとJ ・ギレンホールの
熱演により一層説得力が増していました。

ネット上でもかなり深い考察がされている作品で
己の洞察力の無さを思い知らされました。
あおき

あおきの感想・評価

3.9
ヒュー・ジャックマンも好きだけど
何よりジェイクギレンホールがかっこいい

不穏の作り方とと心理操作が上手い
わからない箇所がいくつかあったのでもう一度じっくり観たい
HEIDI

HEIDIの感想・評価

3.8
娘を誘拐された父親の狂気が何とも恐ろしくて涙が出る。ブラックスワン以来のこの感覚。最後まで誰が犯人だかわからない。そして物語の最後まで描ききらない終わり方。極上のサスペンスだと思う。ダークなヒューの演技もとても良かった。
こんな陰鬱な映画もなかなかなかろーて。終始とことん陰で鬱。なんかも〜人間イヤ…になる陰鬱ドラマを最高の監督が最高の俳優たち集めて撮った『ゾディアック』に並ぶ神経すり減り映画。その両方で同じくらい神経すり減らす役をこなすジェイク・ギレンホール。
もう10年以上前に、アメリカにおけるミッシングチルドレンの数は年間20万とか聞いて驚愕したことがある。なので観終わっても陰で鬱なもやもやがまとわりつき、こんな人間が何処かにまぎれて潜んで暮らしているのかと思うとたまらん気色わるい。
>|