トロールズの作品情報・感想・評価

「トロールズ」に投稿された感想・評価

su

suの感想・評価

3.7
結構面白かった!ちょこちょこ歌が挟まってて、SINGみたいな感じでした。
Beeske

Beeskeの感想・評価

3.0
日本未上映も納得。
主軸がダーク。架空のキャラとはいえ、それを食べるってゆーストーリーの持ってき方は子どもにとっては怖いよね。トロールは明るく幸せなキャラで、そのダークなイメージを払拭しようとしてるんだろうけど、食べる、食べられる恐怖設定は異次元のものだから進撃の巨人と同等の怖さが伝わる。映像は可愛いけども。音楽もいいんだけども。

ピッチパーフェクト3も日本未上映だし、アナ・ケンドリックは、鬼門か?
taxx

taxxの感想・評価

3.4
人形でよく見た小人達が主役のアニメ。トロールとトロールを食べたい巨人達。歌と踊りとハグが好き。分かりやすい冒険物語。ポジティブとネガティブの対比の描き方が上手い。
Kazunari

Kazunariの感想・評価

4.3
子供向きと思ってたけど
true colorで泣いてもうた・・・。
みくびってたわー
アメリカン雑貨屋さんの片隅でじっとこちらを見つめる埃を被ったマスコット。奇抜な色で逆立てた毛髪。不敵に結ばれた口元。生気を感じさせない肌の色艶。そして虚無の奥底深くと繋がる虚ろな瞳。それがトロールの印象です。彼らに設定、どころか内面が有るという想像をしていなかったので、それの映画となると全くイメージが湧きません。

…トロール族は小さな妖精みたい感じで、歌う・踊る・ハグするのが大好き。正直苦手なタイプ!トロールズよりずっと大きなベルゲン族は悦びや幸福感を感じる事なく、いつも沈み込んでいます。うん、超分かる!
トロールズを食べる(!)とハッピーになれる事を発見したベルゲン族は、年一回トロールズをみんなで食べるトロールフェスを開催するようになります。ある年のフェスの直前、トロールズの王様は仲間たちを率いて、ベルゲン族の街から遠く離れた森の奥に逃げ延びたのでした。…それから20年後のおはなしです。

…脳が傷む。画面から化学物質が出てるとしか考えられない、度を超えたトリップ感です。身体がキリンのトロール、何なの?全身がシルバーのグリッターで、お尻から銀の粉吹き出すやつ、何なの?ベルゲン族に連れ去られた仲間たちを、王様の娘ポピー(アナ・ケンドリック)と孤独なペシミストのブランチ(ジャスティン・ティンバーレイク)が助けに行くという、それなりに緊張感のある筈のストーリーなのに、いきなりポピーが歌いだす。ポピーが歌うと草木も歌う!ポピーが踊ると蜘蛛や毛虫も踊り出し、何処からかカラフルなファンシー球が舞い降りてくる!手足の付いた雲にからかわれたり、1ツ目の鳥に呑み込まれたり…。あかん、脳がますます悪くなる…。
今作がマジ恐ろしいのは、その特異すぎる作風に次第に慣れてくる、というかもっと観たく・聴きたくなってくるところです。後半になると「こんな重たい空気、ポピーの歌で吹き飛ばしてよ!」とか「ブランチが寂しそう!ハグしてあげて」とか、完全にトロールズの一員気分になってしまってるのですわ…。
とにかく歌は激ウマで、ポップスやファンクの名曲がかかりまくる。テンポが良くて構成も抜群。それぞれのキャラクターの成長もキッチリ描いて、多幸感に包まれた大団円になだれ込む、本当に良くデザインされたドラッグです!あははははははは

…個人的には凄くツボにはまってしまって、かなりのお気に入りになってしまいました。トロール人形、一体くらい買ってみようかな?そのうちトロールの声が聞こえてくると思うのですよね。あははははははは

因みに、再生モードには“シング・アロング付き”なんてのもありますので、コレを観ながらうる覚えの“セプテンバー”なんて大声で歌った日には、公安にマークされる事請け合い!刑事さん、これは観賞用ですよ?あはははははははははは
踊りと歌とハグが好きな小さなトロール族が不幸なベルゲン族に捕まえられるお話

このレビューはネタバレを含みます

王女のポピーに捻くれ者のブランチ…みんな可愛いトロールズ!

ウェス・アンダーソンやスタジオライカのような3Dではなく、2D(平面)でのストップモーションのシーンがとても可愛らしい映画だった。スクラップブッキングが得意なキャラというのは珍しいけど、手作り感あふれるテイストがカラフルで可愛かった!

それから、お目当てのズーイが演じるブリジットも可愛くて、歌まで聞けたので大満足。
ポップな色に惹かれてレンタル💛💙❤️
常に歌い常にハグするトロール達😳

終始ポップで見てて楽しい!
そして歌がいいです!!
アナケンとジャスティン・ティンバーレイクとか最高すぎます!

true colorsとhair up 良かったー!!
小さな妖精トロールたちが、天敵のベルゲンにさらわれた仲間を助けるために大冒険を繰り広げるミュージカルアドベンチャー。

歌と踊りとハグすることが大好きなトロール人形をモチーフにしたCGアニメーション。人形の方はちょっと不気味で苦手だけど、映画の方はポップで可愛かったです。
ジャスティン・ティンバーレイクはもちろんのこと、アナ・ケンドリックの歌声も素晴らしかった。作中で2人がデュエットするシンディー・ローパーの『トゥルー・カラーズ』は圧巻です。

“倒されたって また立ち上がるから大丈夫”

個人的にゴリラズの『クリントイーストウッド』が使用されてたのがテンション上がった。ファミリー向けの映画だけど、ミュージカル映画としても十分楽しめる作品でした。
ストーリー4
キャラクター3
映像3
音楽5

全体評価4

歌ウマの2人ね。
>|