ブック・オブ・ライフ ~マノロの数奇な冒険~の作品情報・感想・評価

「ブック・オブ・ライフ ~マノロの数奇な冒険~」に投稿された感想・評価

REI

REIの感想・評価

3.5
リメンバーミーに似てる感あったけど、こつの方が古いもんね!三角関係の話、絵の感じが斬新なデザインだった!色合いが鮮やかで楽しめた!
1204

1204の感想・評価

-
2人の男の子が女の子を思い続けて取り合うストーリーのみだと好みでは無いんだけど、メキシコのドクロモチーフとキャラクターデザインやディテールがとにかく可愛いくとても面白かった。
マリアのまわりを思う選択をするシーンとしっかりした女性観を持つ部分が両方描かれるのが良かった。
あとCreepは名曲。
リメンバーミーのモチーフだったに違いない作品。ギレルモ製作だけあって素晴らしい美術。ラブストーリーもユーモアもあって超面白い。もっともっと多くの人が観て評価されるべき名作。

人形劇のようなビジュアルに違和感があるが次第に慣れてくるし、蛇が出てからの展開に目を見張る。死者の国のビジュアルがあまりに素晴らしいし、中盤からの展開がいちいち凄い。神様を普通に巻き込んでるのも斬新。ラストショットもお見事👏

「世界は物語でできている」「ありのままの自分でいる恐怖」「自分の物語を描け」も響く。月が丸くないのもすごい。リメンバーミーのスタッフはもっと今作へのリスペクトを公言しなきゃダメだ。
aniss

anissの感想・評価

-
死に対してすごいスピードでストーリーが突っ込んでいくので、宗教観を早口でまくし立てられて無理矢理、納得させられたみたいな感じになった 笑

キャラ造形が、木のテイストでレゴみたいな頭身で、温かみがあるのかないのかよく掴めない不思議な雰囲気で面白かったです。

メキシコってドクロが多いイメージだけど、こんな生死観持ってるからなのでしょうか?
すごいクール。
リメンバーミーってパクリ??

こっちの方が好き。

この映画の知名度がもっと高ければ、リメンバーミーは生まれなかったんじゃないかと思う程似てる。。
D

Dの感想・評価

-
デルトロ制作、メキシコの祝祭死者の日をテーマにした極彩色溢れるサイケデリックな映像で、あの世とこの世を行き来する明るくて楽しい死の世界を描いたダーク・ファンタジー。音楽も極まってて、まさかディエゴ・ルナが歌うレディオヘッドが聴けるとは、しかもあの曲!
#アニメ
クロ

クロの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

特別編の96分バージョン☆
メキシコの死者の日シンコデマイヨ☆
死んでも周りの人が覚えてくれていれば暮らせる幸せな国と忘れ去られた人が住む国☆
2つの世界の神様が統治する国を決める為に賭けをする☆
一人の女と二人の親友同士の男☆
どっちが結婚するかの賭け☆
一人は心優しい音楽家になりたい闘牛士の家系の男☆
もう一人は神から不死身になれる勲章を貰って英雄になった男☆

背景などがすごくキレイで引き込まれる☆
みぽち

みぽちの感想・評価

3.5
リメンバーミーより前の作品だが世界観が似てる☺️
マリア実写化するならアリアナちゃん希望(笑)
懐かしのアニメーション。
リメンバーミーで思い出したクリップし忘れ作品。
こちらもメキシコの死者の日をモチーフにした作品。良くも悪くも画面がうるさい印象。
職場の人に貸していただいたきっかけで鑑賞した作品

ディズニー映画の「リメンバー・ミー」と類似点が多い今作。メキシコ、死者の日、家族、写真、死んだ人を忘れてはいけない。など同じテーマも作中で見られるが、メッセージ全く異なっており、知名度でいうと完全に負けているのが、勿体ないくらい良い作品。

前半はリメンバー・ミーと同じかよと思いつつも、後半からは展開は大きく異なっており、最後はスッキリしたハッピーエンド。キャラデザに少し抵抗があったかな…。作品時間は63分と短いので気軽に見れる作品です。
>|