スマーフの作品情報・感想・評価・動画配信

「スマーフ」に投稿された感想・評価

chocoholic

chocoholicの感想・評価

2.1
スマーフかわいくて大好きなのに
CGになると全然かわいくない
日本語吹き替え版で観ました。

「〜スマーフ」の口調が受け付けなかった。
ストーリーは無難。
AK

AKの感想・評価

3.5
スマーフ可愛かった!
初めはあんまり可愛く見えなかったんだけど、喋ってそれぞれの個性が出てきたら急に可愛くみえた笑

女の子のスマーフ好き
つよ

つよの感想・評価

3.5
悲しみのない世界に生きていた青い妖精スマーフたち。
魔法使いと猫に襲われ人間界の大都会に。
ドタバタ楽しい。
実写×CG。
fkr

fkrの感想・評価

4.2
@CS/BS 面白い。ちゃんとアクションで楽しませてくれる。子供映画とは思えない出来栄え。
tae

taeの感想・評価

3.6
スマーフもスマーフの住むきのこのオウチいっぱいの村も可愛い(о´∀`о)

部屋をお花いっぱいにするシーンも素敵(*´∀`*)💠💠💠
あ

あの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

かわいかった。迎え入れてくれた夫婦もいい人でよかったし、奥さんはもともとハッピーで可愛い人だったし、全体的にかわいい映画。よかった。
UoxoU

UoxoUの感想・評価

3.4
(吹き替え)
可愛くてほっこりした☺
スマーフに会ってみたい(笑)可愛すぎる
あの猫あんなに表情豊かなのに喋れないの面白かった😂
(吹替版)

 久しぶりにニューヨーク(主にタイムズスクエアやセントラル・パーク)が沢山映っている作品を観た気がする。子供時代はこういう映画ばかり観ていたからか本能的にときめいてしまうらしい。とにかくニューヨークに行きたくなった。
 正直、スマーフについて一切知らない状態で鑑賞したが、世界的キャラクターについて少しでも学べて嬉しかった。「スマーフ」という語の汎用性の高さには思わず笑ってしまったけれど、あれは動詞と捉えていいのかな。そして、スマーフェットが実は宿敵ガーガメルによって作られたスパイだった逸話はかなり印象に残った。想像していたよりも話が複雑そうで結構気になった。とはいえ、やはりCGよりも原作のタッチの方が好みだな。

✴︎スカイ・ジャクソンが出ていたとは!(おもちゃ屋のシーン)

✴︎今回鑑賞した吹替版がHey! Say! JUMPのお二人(山田さん、知念さん)バージョンだったのか、声優さんバージョンだったのか、正直判別出来なかった。笑 もし彼らだったとしたら、全く違和感のないアフレコで好印象。

メモ:
「スマーフ(smurf)」は英語
「シュトロンフ(Schtroumpf)」はフランス語=オリジナル
1958年にベルギーの漫画家:ペヨ(ピエール・キュリフォール)が発表。
FREDDY

FREDDYの感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

1958年にベルギーの漫画家のピエール・クリフォールが生み出し、80年代には「森のスマーフ」として米ハンナ・バーベラ・プロダクションによりTVアニメーション化もされた人気キャラクターを、実写とCGアニメーションを融合させて映画化した本作。印象としては、クラムジーやスマーフェット、パパ・スマーフなどといったスマーフらのキャラクター性はそれぞれに個性があって愛らしく、どこか癖になる"スマーフ語"にも惹かれましたし、あまり馴染みのなかった"スマーフ"の魅力が知れただけでも観る価値はありました。そして、グレース・ウィンズローを演じたジェイマ・メイズやオディールを演じたソフィア・ベルガラなどといったキャスト陣も目に残るものを感じましたし、やはりと言いますか、ガーガメルを演じたハンク・アザリアは役柄の印象もあるがとてもユニークな演技は良かったと思いますし、大笑いとまではいかないが、地味に笑いのツボを刺激するガーガメルと相棒の猫アズレールが織り成すコメディはスマーフ語と同じように妙に癖になるものがありました。描かれている内容としても、"子供向けのファミリー映画そのもの"といったところではあるが、映画のパロディやブラックユーモアも含まれ、アドベンチャー要素もあったりと、気軽に楽しめる作品であることに間違いはないですし、素直に続編も観てみたいと思わされました。ただ、ドジっ子のクラムジーが"ヒーロー"として活躍するシーンは、あれはあれでよいとは思うが、個人的にはもう少し盛り上がる展開が欲しかったですね。
>|

あなたにおすすめの記事