マンハントの作品情報・感想・評価

マンハント2018年製作の映画)

Manhunt

上映日:2018年02月09日

製作国:

上映時間:110分

3.0

あらすじ

実直な国際弁護士ドゥ・チウ(チャン・ハンユー)が目を覚ますと、女の死体が横たわっていた。 現場の状況証拠は彼が犯人だと示しており、突如として殺人事件に巻き込まれてしまう。 罠にはめられたことに気づき逃走するドゥ・チウ。孤高の敏腕刑事の矢村(福山雅治)は独自の捜査でドゥ・チウを追っていく。 彼に近づくほどに、この事件に違和感を覚え、徐々に見解を変えていく矢村。やがて2人の間に絆が芽生えていく…

実直な国際弁護士ドゥ・チウ(チャン・ハンユー)が目を覚ますと、女の死体が横たわっていた。 現場の状況証拠は彼が犯人だと示しており、突如として殺人事件に巻き込まれてしまう。 罠にはめられたことに気づき逃走するドゥ・チウ。孤高の敏腕刑事の矢村(福山雅治)は独自の捜査でドゥ・チウを追っていく。 彼に近づくほどに、この事件に違和感を覚え、徐々に見解を変えていく矢村。やがて2人の間に絆が芽生えていく。 ついにドゥ・チウを捕えた矢村は警察への引き渡しをやめ、共に真実の追及を決意する。 追われながらの追跡、闇が濃くなる度に増していく危険。鍵を握るのはドゥ・チウに近づいてきた謎の美女・真由美(チー・ウェイ)。果たして事件の裏にはどんな陰謀が隠れているのか。

「マンハント」に投稿された感想・評価

なんだこれは‥
なかなかの世界観。昭和歌謡ムードいっぱい。
福山雅治が頑張っていたが時々英語が何言ってるかわからなかった(笑)
なんと言っても流石ジョン・ウー、ストップモーションと、斎藤工が犯人A役(笑)
まさかのジョン・ウーの娘まで出演していた。
エンジェルス・ウー。なかなかのインパクト。
とりあえず支離滅裂です。今どきの映画とは思えない。
ツッコミながらも最後までみたのですが、ある意味面白かったが映画としてはかなりどうかと思う。とにかくなんか古臭い感じがスゴイ。
いと

いとの感想・評価

2.4
身に覚えのない殺人の罪で追われることになった弁護士のドゥ。一方、刑事の矢村はドゥの事件に違和感を覚え…。
70年代の日本小説の再映画化作品。福山&チャンの手錠アクションはそれなりに良かったが、日本が舞台とは思えないほどの銃撃戦など、ジョン・ウー監督らしく全体が雑。
Haruka

Harukaの感想・評価

3.2
ストーリーは面白い!!けど口と声が合っていないしシーンに合っていない中国の曲の挿入があったり💔😭アクションが素晴らしいだけあって残念なとこもありました!日本の監督だったらもっと伸びる演出できてたかもしれないな~・・・
マキ

マキの感想・評価

3.4
殺人事件の状況証拠は、弁護士のドゥ・チウが犯人だと示していた。罠に嵌められたと気付き、逃亡する。
殺人の容疑者として追う者、追われる者。協力して真相に迫る。

息の合ったコンビ。
迫力のある殺陣、カーアクション、水上バイクなど、派手なアクションは◎。
たらこ

たらこの感想・評価

2.5
期待したぶん、違和感がすごく感じられた。なんとなく残念。
ガンアクションとかは好きだけど。
Manzo

Manzoの感想・評価

2.5
あー懐かしい。この手のアクションが通用した時代が。スロモのドアップで映る役者方がカリスマ性に欠けているのか、アクションに空間的なリアリズムを求めてしまうからかイマイチのめり込めなかった(だだっ広い草原にポツンとある軽トラと農機の間のドンパチや規模や位置関係が不明の秘密基地での戦闘は特撮が予算の関係で砂利捨て場に瞬間移動する時と同じ違和感)
福山雅治のキザっぷりが鼻に付く〜と思いきや、香港映画の台詞回しと演技そのまんまだと納得。異文化交流のアクションは水野美紀の「現実の続き夢の終わり」の方が面白かった記憶が〜
むぅ...😕福山出るし、ジョン・ウー監督だし予告めっちゃ面白そうだったから楽しみにしてたんだけど。。。
何かが違うのよ...全然違う
事件の内容も本当にうさんくさいし、なんか変なシーンでスローになったり急に静止画になったり、???ってとこが多かった。
それに日本が舞台なのにとにかく日本の表現がひどすぎる(笑)気になって入り込めないよ
結構重要な刑事の人誰よww
どうせなら完全に日本サイドで作った方が良かったのでは?と思ってしまう(笑)
アクションもありえないこと沢山だし、なんか、とても残念でした💦
なんかもう…どないしたんや‼️
違和感だらけで何て言っていいかわからないよ~( ω-、)
アテレコするならちゃんとして‼️
気になってしょうがないんですけど…。
福山雅治ってもう少しカッコ良かったはずなのに~(TДT)
気になる所満載で内容がよくわからんかった(;´д`)
holms

holmsの感想・評価

1.2
いくらジョンウー作品でも終盤にむかってストーリーが無茶苦茶です
日本を舞台にしてるなら日本らしさをもっと深くしてほしかったなぁ
taka

takaの感想・評価

4.0
ジョン・ウー監督男たちの挽歌は自分のベストムービーたまに遊びの映画もとるけどめちゃくちゃ好きな香港ノワールの巨匠なぜに舞台を日本に?不安を抱えながらも、お約束のベレッタ2丁拳銃鳩はでるのか?そこだけに注目していざ観賞❗️
まずは普通にアクション映画として面白かった!
福山さんとチャンさんのコンビはなかなか良かった。ただ突っこみどころはめちゃくちゃあった(笑)
ジョン・ウー節は出てたけどかなり雑、白鳩はあんな使いかたしたらあかんわ(笑)日本刀と階段滑りにはぐっときたけど。
最高に嬉しかったんが日本アクション俳優『和製ドラゴン』倉田保昭氏‼️ホームレスの親玉見たいな役どころながら薬の副作用と称し空手アクションを披露してた(たぶんアドリブくさい(笑))
結論、ジョン・ウー好きのかたにはおすすめ、ジョン・ウー初心者のかたは温かい気持ちで見て下さい❗️
>|