マンハントの作品情報・感想・評価

「マンハント」に投稿された感想・評価

としを

としをの感想・評価

2.4
なんだろう。
福山雅治と桜庭ななみのカッコよさと可愛さだけが取り柄。

吹き替えかわからんけど 声が遅れとった
東和樹

東和樹の感想・評価

2.2
うーん

1人で見るよりみんなと話しながら見たほうが楽しめると思う。

ツッコミ所多彩です。
ErnieHoyt

ErnieHoytの感想・評価

3.5
わ~、ジョン・ウー監督が香港アクションに戻りました。それに、舞台は日本で、日本人の俳優たちも当たり前ように大勢が出てる。主演は中国出身のチャン・ハンユーと福山雅治。チャンは大手の製薬会社の弁護士。殺人犯の罪にハメられ、汚れた刑事から逃げ出し、会社の使い手と警察に追われ、彼が逃げ切るか?でもある警官(福山)がこの事件の真相は別にあると確信し、二人が一緒に戦うことになる。や~、超良かった。ウー監督の香港映画時代の映画が好きなら、見るべき!
waca

wacaの感想・評価

1.5
【悪いとこどりな作品】
日中韓の人気俳優がジョン・ウー監督のもと、とんでもない作品になっちゃいました💦
>
1976年に公開された高倉健さん主演の「君よ憤怒の河を渉れ」の原作を再映画化したらしいので、設定や展開がやや古く感じるのは致し方ないですが、ジョン・ウー監督作品に群がる日本のプロダクション魂がスゴい!めっちゃ今を輝く俳優陣が脇を固めてくれ…てはないかなwwwやっぱり複数の国との合作は思惑や疎通が難しいのかなとあらためて痛感できる作品(><)
お話はかなりぶっ飛んでいます。ここら辺はかなり賛否ありそうですが、自分はぶっ飛んでるの好きなのでOKです。話しのテンポがよく、映像の撮り方?が凄くかっこよく綺麗だなと感じました。終わり方の締めも好きです。
りん

りんの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

設定も内容も全てがガタガタで中途半端

豪華キャスト使ってよくここまで駄作が作れるわ…
ジョン・ウー監督のセンスあふれる素晴らしい映像美、そしてテンポ良い物語とアクションで飽きさせることなくキッチリ見せる映画であった。
ただ、振り返って物語を考えると、製薬会社の新薬をめぐって繰り広げられるドラマであるが、やや内容の深みが感じられないのが惜しい感じ。

やや型破り刑事(福山雅治)と中国人弁護士(チャン・ハンユー)とが敵対しながらのアクション・バトルに眼を見張りつつ、女性中国人の殺し屋などが絡んで、日中さまざまな人間関係が面白い。

しかし、この映画、70年代の日本映画『君よ憤怒の河を渉れ』の再映画化という宣伝文句だったが、あの作品のイメージとは全く異なる作品であった。
リメイクであれば、新宿の街中で馬の群れを走らせて欲しかった……
yumi

yumiの感想・評価

3.3
俳優陣がまー豪華ですこと(笑)って、感じの映画でした^^;
ツッコミどころは満載のような気もするけど、楽しめた…かな?
銃のドンパチより普通のアクションが多めに見たかったなーと、思った。
みかん

みかんの感想・評価

2.9
アクションものを初めてがっつり見た。登場人物の把握と関係性の理解が難しくて何度か巻き戻して確認しないと分かりづらかった…。映画館で見てたらノンストップだから頭ヒートアップしそう😇なんとなく話の筋が分かってきた頃には怒涛のアクションシーンで目が離せないと同時にこんなにも人が死ななきゃならないのかと悲しくなった。アクションものってこういうものだって分かってはいるけど自分には向いてないなぁと思っちゃった、かな、
p.s 中国人女優さんかっこよかった
桜庭ななみちゃんの居る安心感すごい
いぶき

いぶきの感想・評価

3.5
福山雅治の英語が思ったより福山雅治の英語
ツッコミ不在なので見終わった後に相当グッタリする
応援上映向きです
>|