ゴースト・イン・ザ・シェルの作品情報・感想・評価

ゴースト・イン・ザ・シェル2017年製作の映画)

Ghost in the Shell

上映日:2017年04月07日

製作国:

上映時間:120分

ジャンル:

3.2

あらすじ

世界でただ一人、脳以外は全身義体の世界最強の少佐率いるエリート捜査組織公安9課。ハンカ・ロボティックスの推し進めるサイバー・テクノロジーを狙う、サイバーテロ組織と対峙する。捜査を進めるうちに、事件は少佐の脳にわずかに残された過去の記憶へとつながり、彼女の存在を揺るがす衝撃の展開へと発展する。

「ゴースト・イン・ザ・シェル」に投稿された感想・評価

きた

きたの感想・評価

3.0
思ったよりお喋りが多くて期待したアクションは少なかったからか原作やアニメを詳しく知らんからか自分は退屈でした。
日本アニメーションが原作。

スカーレットヨハンソン・北野武・桃井かおりなど キャストが豪華。

ストーリーより、映像美を楽しむ方が映画を評価できる気がします。

ハリウッド映画らしくお金かけてそうだけど、グラフィックに力入れ過ぎて セットが安っぽく感じた。

SFの退発的なネオン街の雰囲気は好きで、行ってみたいなといつも思う。


川井憲次のサウンドトラックは電子音と、日本の伝統的な音素が混ざっていて良かった。 アキラもブラックパンサーもだけど、SFってだいたいこんな感じのサウンドトラックな気がする。

攻殼機動隊とは別物で鑑賞した方が良さそう。
20180325
アニメの映画を観てから続けて観てみた。字幕よりも吹き替えでみる方がよいとここのレビューで知る。たしかにそうだわ。
あや

あやの感想・評価

3.0
そっちに話が転がってしまったか…ありきたりなプロットで残念。。
原作の独特な不気味さが薄かったのも残念。。
でも水面で光学迷彩使っての戦闘シーンの再現は見事だったし、すごく香港に行きたくなりました。
Tomonobu

Tomonobuの感想・評価

3.9
攻殻機動隊の実写ということで、非常に楽しみにしていた為、ハードル高くしてしまったかな。
たけちゃん棒読みすぎ!笑
Souma

Soumaの感想・評価

2.9
『ゴーストは君だ』

アニメや漫画はいろいろ観てる方だと思うんだけど
攻殻機動隊はなんか入りにくくて一度も触れてない。

原作まったく知らないまま実写に入るのに抵抗があって
観るのを先延ばしにしていた作品。
結局、原作放置で観ちゃったわけだけど
感想としては、よくあるSF作品を抜け出せなかったかな。
皆さんの感想読むと原作リスペクトはかなり高いみたいなので
原作知ってたらそうでもないのかね。
解説が少なくてやはり原作知ってるほうが面白かったと思う。

ちょっと疑問だったのが
少佐のあの身体の光学迷彩はなんなの?
少佐の身体だけの特殊技術なのかと思ってたけど
途中で出てくる洗脳されるヤンキーも光学迷彩を完全ではないけど使ってたように見えたし。

それと、ハリウッドで実写化なら
北野武は使わない方が良かったんじゃ。
たけしだけ日本語で喋ってるシーンといったら違和感どころか異常に感じた。
漫画見てませんがアニメは視聴済み。

映像の進化で実写化になったものの…やはりアニメの方がインパクトあり!って感じ。
なんか、アニメの攻殻機動隊シリーズを継ぎ接ぎした内容は…残念。
漫画やアニメを知らない人なら普通に楽しめる作品かも?。

唯一の救いは、吹き替えがアニメと一緒だった事。

タケちゃんは…ミスキャストだと思います。
20代向け。SF。大分簡単になった攻殻。映像と音楽がスタイリッシュ。
あきら

あきらの感想・評価

2.5
いやいや、いやいや…

北野さん要る?
聞き取りづらいし、アラマキじゃなくたけしでしかないし、ほんといらない。なんなんだ⁈

あれ?こんな話だっけ?って疑問に思いつつ最後まで見てやっぱ別物なのね。って再確認したけど、ああこれ素子の自分探しなんだと聞いたらなるほどね。

トレイラーからど〜〜〜してもスカヨハのむっちり具合が気になってましたけど、もし◯ャーリーズセロンの頭身だったら満足できたかっていうとそうでもないので、役者さんの問題じゃないな。

この系譜って、ブレランがあったから攻殻機動隊があってマトリックスあたりに繋がるイメージありましたけど、ここにきてあらためて攻殻機動隊を作ろうとしたらブレランの劣化焼き直しになっちゃった、みたいな。

桃井さんだけがちゃんと意義あるキャスティングだったような。
さすがやで。
情報の並列化による自我の崩壊とか、義体と肉体と精神の繋がりとか、攻殻機動隊はテーマが結構いっぱいあって、その中でもこの映画は義体化とゴーストをテーマとして作られていると思う。なかなかわかりやすいテーマで、コアなファン向けというよりはキャッチーな映画になっていると思う。うやむやにせずに解答も最後にちゃんと出している。しかし、その解答は結構普通だったのが少し残念だというのが私の感想だ。サイバー世界についても悪くはないが少しスタイリッシュというかお洒落というか、俺はもう少しギラギラとして汚いサイバーパンク世界が好きだ。

まあ原作に沿った別作品としてみたほうが楽しめるだろう。実際荒巻課長はただのたけしだった。だが、面白いのはたけしとサイバーパンクは相性がいいようで、たけしがとにかくかっこよかった。後はトグサが敵を返り討ちにするシーンもかっこいい。実質たけし映画。いろいろ不満を言っているが俺は楽しめた。
>|