ゴースト・イン・ザ・シェルの作品情報・感想・評価・動画配信

ゴースト・イン・ザ・シェル2017年製作の映画)

Ghost in the Shell

上映日:2017年04月07日

製作国:

上映時間:120分

ジャンル:

3.2

あらすじ

「ゴースト・イン・ザ・シェル」に投稿された感想・評価

あやな

あやなの感想・評価

3.4
アクションと音楽がパッとしない。
それ以上に話がパッとしない。
草薙素子の長台詞と人形遣いが好きなんだな、私。
たぴ岡

たぴ岡の感想・評価

3.6
この映画の公開当時はずいぶんと叩かれていた気がするけど、見てみたら普通に面白かった。街並みも近未来TOKYOって感じで、ブレードランナーとかぶるところもあるけど、映像美は流石ハリウッドって感じ。”BEAT” TAKESHI KITANOってかっこ良すぎだろ。
やっちまった映画の代名詞的イメージだったけども、これがまたそうでもなく、押井守版への愛を素直に誠実にまぶしてあって、全然楽しめた 

押井守版好き以外にはブチ切れ映画だと思う たけしだけ日本語はよくわからん 滑舌わるいし 

桃井かおり素晴らしすぎ 脚本は大味そのもの だがパッションは込められてた
ビートが劇中なに言ってっかわかんないのと原作に寄せた髪型に終始違和感

そして何故ビートだけ日本語で普通に9課の皆さんとお話出来るのかSF通り越して翻訳コンニャク

同じ日本代表出演者桃井かおりはちゃんと英語喋ってんだからがんばれ天才たけし

スカーレット・ヨハンソンも髪型ヘンだしもはやこれはアニメ版で名を馳せた押井守が自身、以前犬みたいな髪型をしていたことに由来、実写化に即し呪いをかけたに違いない

そう思うことにして鑑賞を続けた次第でしたが、いかに難解かつ情報過多な原作を超えることが出来るかそこに今回重きを置いて観ました

士郎正宗の醸す機械と生身のSEXYさを再現するには生半可なCGなどでは難しいことをハリウッドも知っている筈

しかし今作、そこに関してはいい感じの狭間で元気よく「ナイスですね!」を伝えたい

機械の身体を得ると自分探しをしたくなるのは自明の理、ロボコップは本名がマーフィなのを思い出しました

タチコマらしき兵器も出てきましたし、芸者ロボなんかも不気味の谷を乗り越えることなくキモい感じな点に監督の原作に対する愛を感じました

それにしてもビート、以前同様のサイバーパンク映画『JM』出演に関してはもう少し自然に観れたのですがビートよ、滑舌

ときめきが消せやしない
いま、あなたに伝えたい
低い評価が多い攻殻機動隊のハリウッド実写版ですが、私はそんな嫌いじゃないですね。
悪くなかったと思いますし、むしろただでさえややこしいあのストーリーを良くここまで纏めたなぁといった印象でした。

因みにアニメの攻殻機動隊はARISE以外は全部見ております。

映像も綺麗でしたし、ラストの戦闘シーンはアニメ映画を見ていた側からしたら満足でしたよ。全体的にそんなに悪い印象はないです。
あんまりアニメを意識して見すぎると不満はあるかもしれませんが。

荒巻役のビートたけしが、ただのアウトレイジでしたが笑

出来れば、アニメ映画を観た後に実写版を見てみても良いと思います。
ハル

ハルの感想・評価

3.5
アニメの映画を見たことがあるけれど、その時は声優の声が聞き取れなくてなんて言っているのかさっぱり分からず。雰囲気だけで見て満足した覚えが。実は声優が一緒だそうで。でも全く問題なく聞き取れたし、不自然じゃなかった。音響の問題だったのかな?しかしこれは映像美を作るための映画だったな。士郎正宗の漫画には近かったんじゃないでしょうか。
markness

marknessの感想・評価

2.1
攻殻は大好き。でもこの映画は、最後まで見れないほどつまらない。
ビュジュアルは良かった。ただ、中身が薄かった。キャストも微妙だった。

マーティン・スコセッシは「沈黙」を最高の形で実写化した。原作を理解しようと努力したからだ。

この監督には原作を理解する努力が足りないと感じた。

皮肉な事にこの映画はシェル(殻)だけで、ゴースト(魂)は居なかった。



アキラの実写化は、こうはならないで欲しい。
micco

miccoの感想・評価

3.0
原作がすきではありますが、これはそれをベースにした別物と思ってみたらまあ普通に面白かったというところ。
ただ、いだてんの時もそう感じたんだけど、ビートたけしの滑舌の悪さはどうにかならないものなのかしら。日本語も字幕出してほいくらい。

とにかくスカヨハが美しいに限ります。
タチコマは一切出てきません。
原作の世界観が好きだっただけに残念だった記憶があります。

記録です。
>|