ゴースト・イン・ザ・シェルの作品情報・感想・評価

ゴースト・イン・ザ・シェル2017年製作の映画)

Ghost in the Shell

上映日:2017年04月07日

製作国:

上映時間:120分

ジャンル:

3.2

あらすじ

「ゴースト・イン・ザ・シェル」に投稿された感想・評価

wanda

wandaの感想・評価

3.4
Amazonプライム配信終了しそうだったので、なんとなく鑑賞(ちなみに、原案の攻殻機動隊の事は全く知らないです)

見ていて、ブレードランナー2049を思い出した。
自分は一体何者なのか?アイデンティティーをめぐる物語。世界観も似てるし(しかも同じ年に公開してる?)

原作見てないからなのかもしれないけど、私はこの映画好きかも。自分の本質を探る話って、どんなジャンルであれ普遍的なテーマなんだろうな……だからこそ、胸を打つ決定的な何かが欲しかったのは正直なところだけど。原作つき映画で、これ一本を独立して観るのなら、ストーリーは全然嫌いじゃないです。
bluefilmr

bluefilmrの感想・評価

3.7
ストーリーが釈のせいか明解で、昔観たイノセンスの内容がようやく理解出来た感じ

スカヨハも話題でしたが
ビートたけしが良い味出ててかっこよかった
刀でも拳銃でも持たせるとヨーダ的ラスボス感ありますね、、笑

退廃的近未来感は相変わらず
あの民俗的音楽もあり
カラクリ、団地?、和洋折衷感もよい

透明になるバトルシーンのCGが凄かった

少佐、モトコの記憶と存在の関係性のセリフがよかった
海外の人が抱く日本のイメージって結構アレというか偏ってますよね
watarihiro

watarihiroの感想・評価

2.2
体がサイボーグ(義体)化するのが当たり前の近未来。脳以外が全てサイボーグのミラ少佐が率いる公安9課はハンカ・ロボティクス社に対するサイバー攻撃が起こった。それに対応するミラ少佐だが、自分の記憶に異変が起きる。自分は何者なのか。その真実を知るため、自分のための戦いが始まるが、、、。

原作を知らずに鑑賞。
街並みはブレードランナーを思い出させてくれる情景で少し興奮覚えますがやっぱブレードランナーの方がいいです。あの薄暗さととても重たい音楽がいい緊張感を生み出してくれたからです。

スカーレット・ヨハンソンと他の役者さんたちは英語で喋ってビートたけしだけ日本語。しかも聞き取りづらい。結構違和感が残る作品でした。

アジア人キャラクターの役を白人の役者を起用してホワイトウォッシングだと批判されてましたが、それだったら全部舞台もキャラもアメリカにすればよかったのかなと思いました。
misuya

misuyaの感想・評価

2.0
原作もアニメも見とらん予備知識も皆無。
世界観はブレードランナー
ビートたけしが出てきた時点でJM
アイ・ロボット要素
桃井かおりも出てたのか~

原作やアニメのファンの方々は色々あれだろうなと想像しながら見ました。

このレビューはネタバレを含みます

こんな話だっけ?って思いながら観てたけど、こんな話だっけ?

実写化ならではみたいな表現も感動もないし、アニメはタチコマいるし音楽も菅野ようこだし、アニメの方がやっぱり好きかなあ……
まぁ覚悟はしてたけど…
少佐の自分探しに話の大部分を持っていかれてて、攻殻機動隊の設定とか世界観とか生かし切れていない印象。


2018/2/25 Blu-ray
kairi

kairiの感想・評価

3.5
20190115
半サイボーグ的なデザインや、西洋人のイメージする歪んだアジア像とサイバーパンクが掛け合わされた街並みは好きなので観ていて楽しかった。
めちゃめちゃお金かかってるわりになんか安っぽくなってる。アクションシーンに迫力がない。
原作やアニメが気になる。
Kana

Kanaの感想・評価

2.7
原作を見てないから余計にだと思うけど、急に素子と、ヒデオが出てきて、桃井かおりが出てきてって感じだった。

映画の時間枠にこの物語を入れるのは無理があったっていうのがすごいわかる。

映像と雰囲気は良かった。

あととにかくビートたけしの声が聞き取りづらかった。
himajin

himajinの感想・評価

3.0
スカジョなだけに、アンダー・ザ・スキンとルーシーのにほひも感じつつ、黒髪黒眉したら、柴崎コウにアシュレイ・ベンソンが混ざった若干誰アンタ?な感じに。
原作をよく知らないのと、公開前のホワイトウォッシュ騒動のせいで、ハードルがかなり下がってたせいか、思ったより全然普通に見れた。
106分とは思えない、2時間半ぐらいに感じるテンポの悪さではあったけれど、トロン:レガシーぐらいのレベルにはなってたような。何なら、続編作って本編作ってくれても良いくらい。
とにかく脚本が弱いっ。ルパート・サンダーズって基本、絵だけの人だよなぁ。でも、北野武の映画が好きなんだ!っていうのはわかる。
そんなリスペクトもあってか、北野武に日本語しゃべらせるという監督のこだわりは評価してあげたいけれども、それと引き換えにすんげえ大事なもんをトレードオフしてしまったんだろうなぁーとか、つい思ってしまった。それに、致命的な問題として、日本語わからんのだから、NG出せるわけがないというのがあって、まぁ北野武のセリフが聞き取りにくい!土曜夜の情報番組で見かける度に、何言ってんかわかんねぇ!を味わってる身にしてみれば、いつもより聞き取りやすいくらいではあったけど。
逆に考えれば、演技自体は確かにいつもの北野武なので監督の理想通りだろうし、英語なんかしゃべらせたら世界にばれるので、良かったのかも。
ジュリエット・ビノッシュってほんとすごいなーと思うのは、ほんと色んな映画に顔出していて、その貪欲さというか仕事の選ばなさはジュリアン・ムーアに匹敵する気がする。
桃井かおりは英語しゃべってても桃井かおりやぁ。個人的にはケン・ワタナビより全然良いと思うんだけどなぁ。
>|