アイム・ノット・シリアルキラーの作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

アイム・ノット・シリアルキラー2016年製作の映画)

I Am Not a Serial Killer

上映日:2017年06月10日

製作国:

上映時間:86分

3.1

あらすじ

アメリカ中西部の町、葬儀屋の16歳の息子・ジョン。その影響からか、死体や殺人に異常な関心を示す彼は、ソシオパス<社会病質者>と診断される。ある日、町で 謎の連続殺人事件が発生。ジョンが目にした死体は、無惨に切り裂かれ、内臓の一部が持ち去られていた。猟奇殺人鬼が近くに潜んでいることを実感した彼は、その存 在に強く惹かれていくあまり、自ら周囲の調査を始め偶然にも殺人現場を目撃してし…

アメリカ中西部の町、葬儀屋の16歳の息子・ジョン。その影響からか、死体や殺人に異常な関心を示す彼は、ソシオパス<社会病質者>と診断される。ある日、町で 謎の連続殺人事件が発生。ジョンが目にした死体は、無惨に切り裂かれ、内臓の一部が持ち去られていた。猟奇殺人鬼が近くに潜んでいることを実感した彼は、その存 在に強く惹かれていくあまり、自ら周囲の調査を始め偶然にも殺人現場を目撃してしまう。なんと、隣人の老人がシリアルキラーだったのだ!!自身の奥底に眠る衝動 的な行動を必死に抑えながら、自分の手でこのシリアルキラーを阻止しなければならないと覚悟を決める。凍てつく雪に覆われた町で、追いつ追われつの予測不能な死 闘が始まる。

「アイム・ノット・シリアルキラー」に投稿された感想・評価

退屈はしなかった
アスペ少年とシリアルキラー爺さん
変なオチ
ソシオパス。
初めて聞いた。

他者に共感できない、
しんどそうな人生。

確かに、
死体見ても、
なんら感情の変化もないし、
他者が襲われていても、驚かない。
でも、
人間としての感情は、持ってるから、
自分のことはコントロールが難しい。

で、何者かわからない、お爺さんが、
奥さんを大切にしすぎて、感情的に行動するのがなんでかわからない。

そんな両極端な人生?のぶつかり合い。
ってお話かな?

他者の事を考えられない人なんて、
今の社会にはいっぱいいるよね。

私の職場にもいるよ。
みんなソシオパスなんじゃない?

少しは他者の立場になって考えてよ!
って事で、観ていてもしんどいお話でした。
すぽ

すぽの感想・評価

3.4
松竹エクストリームセレクションの第二弾。このシリーズは死体解剖縛りなのかな?

美しくも悲しい物語だった。
hi1oaki

hi1oakiの感想・評価

2.7
シリアルキラーにならないために自分にルールを課しているティーンエイジャーの物語。
内なる怪物を抱えた主人公が、格上の怪物に対峙する。好奇心とリスペクトが入り混じりながらも自分をかろうじて境界のこちら側に留めようとしている感じは面白い。
ただ話運びは鈍重かな。終わり方も綺麗にまとめ過ぎかと。
主人公はソシオパスとしてはっきり診断されている設定だけど、そうではなく頭でっかちにそう思い込んでるって方が、映画的には青臭いイタさ倍増で良くないですかね。その上で、もっと自分に課したルールってやつを軸にするか、師弟関係と反抗の話にするとかで、痛々しい青春映画な面を強調してほしかった。
花京院

花京院の感想・評価

2.2
ソシオパスvsシリアルキラーとかめちゃくちゃ面白そう!ホラーサスペンスな雰囲気だ!と最初は私も思ってました
見ていくとシリアルキラーなんかじゃなく何だこいつは!?!?ってなりながら映画のタイトル思い出したら確かにシリアルキラーじゃなかった。そういうの求めてなかったんだよな…普通であってほしかった
コレジャナイ感は半端なかったけどぶっちゃけ途中までの物語の雰囲気とかは嫌いじゃなかったので別の作品で観たかった
そんなことよりクリストファー・ロイドがめちゃくちゃ老けてて悲しくなりました
kaito.m

kaito.mの感想・評価

3.0
もしかしたら僕は頭がおかしいのかもしれない…という若者がマジもんの殺人鬼ジジイをストーキングするという一風変わったお話。
かなり激しめな内容ながら、かなり抑えられた演出のためやや眠くなるが、センスか良い。
これでストーリーがビシッときまってたら高評価は間違いなかったろうが、ラストをどう評価したもんか分からない。
UKITSUMTL

UKITSUMTLの感想・評価

2.5
まずパッケージに騙された。
そして本編にも騙された。

・ホラーとかサスペンスとかかと思って観たら、異常な人間(人間?)を通して描く愛の物語でした。
なんというか、非常にコメントしづらいです。
緊迫感や悲哀や孤独感を感じさせるいい流れだったのに、ラストはなぜか明後日の方向へぶっ飛んでしまって混乱。

・ソシオパスがソシオパスじゃない。
ただ単にセンシティブな青年。
・全然VS感無し。
・悪いやつが出てこない。
・で、最後のアレはなんなの。
・「ジェーン・ドゥの解剖」もそうですが、これもモルグシリーズですか。
・モルグシリーズの流れでそろそろ死体に「Help me」と囁かれてタイムリープしてしまう女性の話もリメイクしてみては。
・ブルックがアホ可愛い。
・パンダの目出し帽の意味。

色々思うところはありますが決して面白くないわけじゃない...
いややっぱ面白くはないか。
先入観、ダメ、ゼッタイ。
過剰な期待をした自分が恥ずかしい
有給を使って映画館に観に行こうか悩んでいた自分をぶん殴って踏み付けてやりたい
ラストなんかは撮ってる最中に監督逃げ出しちゃったのかな?って思うくらいクソだった
雰囲気のいいホラー。田舎町で雪。僕のエリ、200才の少女みたいな画質にまず目を奪われた。
社会病質者と診断されてる少年vs年季の入りすぎたシリアル・キラー、ゴールデンボーイみたいな展開を期待したんだけど社会病質者の少年はちょっと揺れつつもダークサイドに堕ちることなくシジイ殺人鬼と対峙する。地味だけどサスペンスフルな展開と荒涼とした空気感と少年の孤独感とかをいい塩梅でやっていて飽きることなく見れた。
そしてなんと言ってもこのジジイ殺人鬼の動機と正体が明かされるラストは驚愕だよ、このトーンでこれを持ってくんのか!!!観てびっくりしてほしい笑
あと、社会病質者と言われてるけど、殺人鬼や死体に興味持つのって普通の少年に有りがちなことだよね?この映画のこいつは診断つけられるほど病んでるようには見えなかった、安直に精神医学系を扱ってる感じがしてここだけ好感持てなかったな。
すぺー

すぺーの感想・評価

3.3
ソシオパスvsシリアルキラー!フィクションなんだけどすぐそこにあるようなホラー!

主人公はソシオパスと診断されているけど、誰もがどこかで経験したような孤独感を抱えていて、不気味な態度ではあっても実は現代の若者の投影になってる。そこから生々しいリアルな日常生活の描写から、まるで自分の日常のように錯覚したところで!シリアルキラーとの邂逅!これが小気味よかった!
クリストファー・ロイドも相変わらず不気味。あれはアダムスファミリーの再演だろう。

激しい恐怖とはちょっと違う、孤独を楽しむ現代ならではの日常に寄り添うホラー。
>|