アイム・ノット・シリアルキラーの作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

「アイム・ノット・シリアルキラー」に投稿された感想・評価

もじゃ

もじゃの感想・評価

2.5
英語タイトルはI'm not a …なのになぜaを消したのか。自分がソシオパスだと診断されて悩む少年の話だけど後半に入って、え?そういう話なの?となった、結構意外な展開。
HAL8192

HAL8192の感想・評価

3.6
連続殺人鬼の心理って?

快楽殺人鬼の物語は山のようにホラームービーで語られて来ているが、それになりたくない主人公というものは面白い題材だと思う。

そもそも彼がソシオパスという社会病質者である事の原因に実家が葬儀屋の息子で、いつも死体と触れ合っていたからと言うものがあると推察される。

それでいて、病的なシリアルキラーに自分がなってしまうのではないかという感覚に陥っている。

また、それでカウンセリングにも通っていて、カウンセラーとの会話も独特だ。そんな平穏な町で、殺人事件が起こり、現場には不思議なヘドロのようなものと、体の一部が欠損した遺体が残されている。

これが映画の始まりなのだが、この遺体を防腐処理する過程を実際に主人公と家族が職業として、行うのがなかなかグロテスクで、印象的。また、主人公が死体が欠損している事を知っている理由も分かる。

そこから、謎の連続殺人と主人公の犯人探しが繰り広げられるが、割と中盤で犯人が見つかるが、なかなか面白い設定で描いている。ここはこの映画に何を求めているのかという点で、結構賛否が分かれる内容になるが、私は肯定的に受け取った。

ここから、完全にジャンル映画として変わっていって、演出含めて頑張ってるB級映画だと思う。

特に、タイトルにあるこの映画の趣旨がかなり面白い演出で終わっているのも良い。
確かに杜撰なところもあるし、ジャンル映画特有の味付けもされているが、個人的にはまあ、有りな一本。

死というものをどう映し出すか、かなり現実的にも、比喩的にも映しているのが良い。
「ソシオパスvsシリアルキラー」
これ以上厨二病向けの謳い文句があるでしょうか。
ソシオパスやサイコパスと聞くと厨二病の少年たちは興味を持ちますよね。私もその1人だったようで興味を持ちました。

映画の内容はソシオパスの主人公が自分の住む街で起こる連続殺人に興味を持ち、その犯人と対峙するというものです。グロいシーンはありますが「SAW」のような残虐極まりない暴力というようなものはありませんでした。
メインは主人公の葛藤にあるようで、スッキリした終わり方だったのもあり、結構満足感得られる映画でした。
なので「グロいの大好き❤」「血ブシャー!カモーン!」「俺だったらこうやって殺す。こいつのやり方はぬるい!」という方々にはあまり向かない映画かもしれません。
個人的にはもう少し評価が高くてもいいのになーと思っております(笑)
ShinoOta

ShinoOtaの感想・評価

3.0
ソシオパス少年のジョンが凄い可愛くて萌えた
あ、ストーリーはサスペンス系が好きな方なら楽しめそうなのにまさかの終盤でそっちかい。
凄いいい線行ってたのに本当勿体無いな〜って個人的に思った作品
作品自体の静けさとかタイプやったのに…
感情移入を全くできない青年、
そんな物語かと思ったら、結構切ないお話しでした。ただ内容はツッコミどころ満載。要らない設定もたくさんあってうっとおしい。
はる

はるの感想・評価

3.6
B級感を感じさせない映像、演出だからこそ味わえるB級映画の王道。わりと好き。むしろかなり好き。
TuneIshi

TuneIshiの感想・評価

3.2
ソシオパス(社会病質者)の青年が
静かな街を襲う連続殺人鬼を追い
遭遇する事で内なる衝動が激しく
高まっていくが……。

青年演じるマックス レコーズの
猟奇的殺人衝動と葛藤しながら
死に瀕した連続殺人鬼と対決し
てゆく終盤までワクワクしながら
観てましたが、蛇足としか言い
ようのない最後のアレにガッカリ
ですよ。

そこまではどう着地していくか
読めなかったトコ込みですごい
良かったんですが。
べん

べんの感想・評価

2.5
期待してた分ちょっとゲンナリ。
前半はあれ?ちょっとやばいんやない?というワクワク感。後半にかけてそのワクワク感を返せと言いそうになる瞬間…
もっとヤバい映画だと思ったのに!ある意味裏切られた!でももう、もう一回は観ない!
ヤマダ

ヤマダの感想・評価

2.5
観終わるとタイトルである「I Am Not a Serial Killer」が意味するものが味わい深く感じ、物語のその部分にのみ焦点を当てると、悪くないと思える。
社会病質者が複雑な家庭環境下にいながら、連続殺人犯との邂逅を重ねる事で不安定な精神が危険な領域へと揺らいで行く、その過程の描き方が結構良かった。
ただ、ある意味本作最大のネタとも言えるある設定に関しては、蛇足であるようにしか受け取れなかった。
くわこ

くわこの感想・評価

3.4
ソシオパスの意味がわからず最後まで鑑賞。レビュー前に調べたけど、こんな人いっぱいいるよね。

しかもサイコパスって‥人じゃないやん。
結局あれはなんだったんだろ。幻覚?

主人公が「罪を犯さないように自分にルールを課せてる」って言ってて母はそれを受け入れられないみたいだった。罪を犯さないのが当たり前ではあるけど、自分に言い聞かせて「普通」を生きるのも偉いと思う。

グロいシーンがあるので苦手な人はダメな映画。
>|