アイム・ノット・シリアルキラーの作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

アイム・ノット・シリアルキラー2016年製作の映画)

I Am Not a Serial Killer

上映日:2017年06月10日

製作国:

上映時間:86分

3.1

あらすじ

アメリカ中西部の町、葬儀屋の16歳の息子・ジョン。その影響からか、死体や殺人に異常な関心を示す彼は、ソシオパス<社会病質者>と診断される。ある日、町で 謎の連続殺人事件が発生。ジョンが目にした死体は、無惨に切り裂かれ、内臓の一部が持ち去られていた。猟奇殺人鬼が近くに潜んでいることを実感した彼は、その存 在に強く惹かれていくあまり、自ら周囲の調査を始め偶然にも殺人現場を目撃してし…

アメリカ中西部の町、葬儀屋の16歳の息子・ジョン。その影響からか、死体や殺人に異常な関心を示す彼は、ソシオパス<社会病質者>と診断される。ある日、町で 謎の連続殺人事件が発生。ジョンが目にした死体は、無惨に切り裂かれ、内臓の一部が持ち去られていた。猟奇殺人鬼が近くに潜んでいることを実感した彼は、その存 在に強く惹かれていくあまり、自ら周囲の調査を始め偶然にも殺人現場を目撃してしまう。なんと、隣人の老人がシリアルキラーだったのだ!!自身の奥底に眠る衝動 的な行動を必死に抑えながら、自分の手でこのシリアルキラーを阻止しなければならないと覚悟を決める。凍てつく雪に覆われた町で、追いつ追われつの予測不能な死 闘が始まる。

「アイム・ノット・シリアルキラー」に投稿された感想・評価

mokomoko

mokomokoの感想・評価

3.0
片田舎で起きた連続殺人を軸に繰り広げるヨボヨボなおじいちゃんとちょっと偏った高校生の対決・・・猟奇的と思わせて実はアッチ系!クライマックスの8~90年代を思わせるCG?特撮?が微笑ましい。
ayu

ayuの感想・評価

2.8
サスペンス?と思ってたら、ホラーみたいになっててびっくりしたー。
Taki

Takiの感想・評価

3.6
田舎町、連続殺人犯に興味のある主人公は、本物の殺人犯を見つけて、観察するはなし。淡々と静かに展開していくけど、最後は意表を突かれました。
夏草

夏草の感想・評価

3.5
僕のエリみたいな空気感
主人公が女の子みたいな顔してる
この町の警察は主人公がすぐに見つけたシリアルキラーも捕まえられない無能であった
タイトルのshitmovieくささが嘘みたいなスルメ系良映画。

あらすじは死体大好きシリアルキラー大好き青年陰キャのジョンくん、当然彼の住むに田舎町居場所などなく退屈していたある日、町で連続猟奇的殺人発生…事件を追っていくうちにだんだんやべぇことになるってー話

パッケージから想像できないこと必至ですが実はこの作品、愛と成長がテーマなのです…wぜひその目で確かめてほしい。
紫色部

紫色部の感想・評価

3.0
2018.7.11 BS

ジョー・ダンテとかの潮流を感じる。スモークからクリストファー・ロイドが現れるショット。
USK

USKの感想・評価

2.7
死体安置所絡みのホラーということで、『ジェーンドウの解剖』と姉妹的作品。序盤サイコミステリーかと思わせといてホラーにシフトする構造は同じ。とは言え雰囲気は全く違うしそれぞれに良いところがあって、どっちが好きかってのも分かれるところだと思います。個人的にはこの作品の方が期待値は高かったんだけど、最終的に変なクリーチャー登場してしまったために萎えてしまった。ホラー映画にCG生物出すなよって毎回思う。ただ久しぶりにクリストファーロイドの怪演が観れたってのが何より良かった。
小さな町で、体の一部が切り取られる連続猟奇殺人が発生。主人公は葬儀屋の息子は絶賛厨二病発症中で、自分にも犯人と似た欲望があるのではないかと恐れ出す。
犯人が意外な人物であると知り、主人公は捜査に乗り出すのだが…。

展開が読めなさすぎるよ!観ながら「そんなバカな」「こいつに殺されっこないだろ」と湧いてきた疑問はすべて解決できるオチではあるけど、ぶっ飛びすぎていてついていけない。
あと、主人公がなぜ警察に通報せず泳がしておいたのかも謎である。
もっととんでも作品かなと思ってたので、好きな雰囲気で予想外。

ジョンの思春期の苦しみだったり、あと映像や冬の町の美しさ。
ミステリーって感じではない。SFであり、家族愛もあり。

ジョン役の子はかいじゅうたちのいるところのマックス!顔長くなったけど、きれいな美形になりました。
"お前の正体を知ってる"

ソシオパス青年vs猟奇殺人おじいちゃんのサイコスリラーモノ映画。おじいちゃんを演じるは、ドクでおなじみのクリストファーロイド。舞台は連続猟奇殺人の起こる田舎町。自身の内に眠る、暴力的な一面と葛藤する青年が事件に興味を持つ。身近に居た殺人犯に次第に接触を図っていき…

午後ロー感溢れるB級スリラーを期待して。予告編が良さげだったので鑑賞。のどかな田舎町+事件と青春の香り+ノイズ混じりでいい感じの映像!死体処理のリアルな描写や、悩める青年主人公を演じたマックスレコーズの怪演もあって、全編通して独特の雰囲気はなかなかのもの。手に汗握るサスペンス続く中盤以降一変、話のオチがものすごい方向で、予期せぬ展開だった。笑
おじいちゃんサイドからしても、ああして生きていた意味もあったわけだし…青年が踏みとどまっていれば二人ともしあわせに暮らしていけたのではないだろうか… あっ、それだと犠牲者が出続けるか(⌒-⌒;
>|