アイム・ノット・シリアルキラーのネタバレレビュー・内容・結末

アイム・ノット・シリアルキラー2016年製作の映画)

I Am Not a Serial Killer

上映日:2017年06月10日

製作国:

上映時間:86分

3.1

あらすじ

アメリカ中西部の町、葬儀屋の16歳の息子・ジョン。その影響からか、死体や殺人に異常な関心を示す彼は、ソシオパス<社会病質者>と診断される。ある日、町で 謎の連続殺人事件が発生。ジョンが目にした死体は、無惨に切り裂かれ、内臓の一部が持ち去られていた。猟奇殺人鬼が近くに潜んでいることを実感した彼は、その存 在に強く惹かれていくあまり、自ら周囲の調査を始め偶然にも殺人現場を目撃してし…

アメリカ中西部の町、葬儀屋の16歳の息子・ジョン。その影響からか、死体や殺人に異常な関心を示す彼は、ソシオパス<社会病質者>と診断される。ある日、町で 謎の連続殺人事件が発生。ジョンが目にした死体は、無惨に切り裂かれ、内臓の一部が持ち去られていた。猟奇殺人鬼が近くに潜んでいることを実感した彼は、その存 在に強く惹かれていくあまり、自ら周囲の調査を始め偶然にも殺人現場を目撃してしまう。なんと、隣人の老人がシリアルキラーだったのだ!!自身の奥底に眠る衝動 的な行動を必死に抑えながら、自分の手でこのシリアルキラーを阻止しなければならないと覚悟を決める。凍てつく雪に覆われた町で、追いつ追われつの予測不能な死 闘が始まる。

「アイム・ノット・シリアルキラー」に投稿されたネタバレ・内容・結末

テンポはのんびり(๑˃̵ᴗ˂̵)
最後のオチはΣ( ̄。 ̄ノ)ノ
ってなるも確かにねって感じwww

主人公の男の子は途中から自分が何と対峙しているのか気付いているのだけど観ているコッチは分からない...

だから へ???ってなるwww
でタイトルの意味を理解して妙に納得した気分になるんじゃよね(๑˃̵ᴗ˂̵)

秋の夜長の退屈な時間を費やすには良い映画だと思う(^^)
サイコパスに飽きたからソシオパス出すのは安易

ジョンは葬儀屋の息子で小さいうちから死が身近にあった。そのためか、16歳になった今死体や殺人者などに興味を持ち始め学校のみんなからは変態だと言われている。そんな折、ジョンの住んでいる近所で猟奇的殺人が多発する。ジョンは独自に調査を始め、殺人の瞬間を目撃する。

映画のCMとかの謳い文句でよく「誰も予想できないラスト」とかがあるが、それはまさしくこの映画みたいなラストにだけ使っていい言葉だと思う。この映画のラストは本当に予想できないというか、「えっ?なにこれは。。」状態なのでこれ予想できた人がいれば素直にすごいと思う。
死期も近そうな高齢者が夜な夜な出かけて事を起こすのは身体能力的にどうかなと思ったけど、ラストの展開で無理矢理納得する。アレは悪の塊か。そしてピンクの液体は何?それでも遺体の処置は少年が成長する環境にはよくないと思う。
いやぁ意外性バリバリ!サスペンスフルな怖さもちゃんとある。そして、たまらない可笑しみと切なさ。クリストファーロイドは、タイムマシンも作れるお茶目な天才博士の異常さの方をクローズアップ。可愛いと怖さを共に感じさせるなんて凄いな。悪魔だったんだろーな。人に恋してしまった悪魔。人の身体を維持するために人の臓器を使う必要があった。そう快楽殺人じゃない。主人公の16才が、シリアルキラーじゃないだけでなく。いやぁ。面白かった。
生きにくい社会の中で死んでいくマイノリティの始まりから終わりまで。
社会に除け者にされる二人だからこそ分かり合っていて、だからこそ知らないふりはできなかったのだろう

ソシオパスと言われた主人公は殺人鬼じゃないのに、それを理解する人がいなかった
努めて ふつう に生きてきたのに、母が息子を受け入れられると思わせたのは、息子が殺した後だったのではないか

やべー奴同士の討ち合いと見せかけて、ただふつうに生活したいと願う二人のはなしだった
なんかつらいな…
死体や殺人に興味がある青年が街で発生する連続猟奇殺人の犯人を知り、食い止めようとするサスペンス。

猟奇殺人鬼や死体に興味があり、いろいろと調べているのは自分と全く同じで、周りから変人扱いされるのも同じ。
私の場合は問題扱いはされなかったし、自分も同じことをするかもと悩んだこともなかった気がするが、共感できる部分は沢山あった。

今回の殺人鬼は、近くに住んで親しくしているおじいちゃん。
奥さんとは大の仲良しで、普段は普通に過ごしている姿を見ているからこそ、自分もそうなるのではないかという恐怖に襲われる。
犯行そのもの、おじいちゃんそのものというよりも、未来の自分が怖い。
彼がおじいちゃんの犯行を止めようとしていたのは、未来の自分を止めようとしていたということなのだと思う。
その時点で、君はもう大丈夫だよ、と言ってあげたい。

血液と変なピンクの液を入れ替えるという、おじいちゃんの壮絶な最後は凄かった。
なかなかエグイ。
黒くなって溶けていく絵面も良かった。
その後の、突然のオカルトな感じは残念だったけど。
主人公の男の子だけだったら、心が見せた幻ということで纏められるが、お母さんも見ちゃってるから、この解釈は通用しない。
これが無ければ全て良い感じの作品だったのに、勿体なかった。
映像や音楽なんかで古い映画のような雰囲気が出ていて良かった

全体的にのぺーっと進む
20分くらい短くしてほしい
「病質者vs殺人鬼」とか謳ってるけど、その設定を活かしてどうとかって話ではない

殺人鬼の正体がモンスターだったのは拍子抜けするけど個人的には好き
まず主演の男の子がかわいい
なんかマコーレ・カルキンみたい

葬儀屋の息子
自分が殺人鬼の気があると思ってる
そのためかセラピーを受けてる

町で殺人がおこり
連続殺人鬼が近所の老人とわかる
老人は自分の不調な部分をひとと取り替えていたのか?
途中で明らかに人間ではなくバケモノだとわかる
最初に目撃した殺人も遠目でわかりづらかったけど、手がにゅっと伸びて刺していたんだな

セラピストも友人の父親も殺される

最後にバケモノ老人を退治する
葬儀屋で母親を襲った老人を殴り気絶させ、エンバーミングして殺す

老人からバケモノが出てきたけど
妻を頼むと言ってしんだ
バケモノは妻に恋して添い遂げようとしていたみたいで
最後の妻の語りがちょっと切なかった
でもバケモノはそのためにたくさん殺してるからまったくかわいそうではない

そんなにこわくはないけど
まぁおもしろかった
なかなかエグい映画でした。前半はスリリングと思いきやだんだんエグさがましてきて、途中から「??」と疑問が生まれてきてラストはまさかの…
複数の賞を受賞してる作品。バックトゥーザ・フューチャーのドク役でも有名なクリストファーロイドが殺人鬼を熱演してるんですが、それだけに雰囲気が全く違うので最初ぜんぜん気がつきませんでした。
クリストファー・ロイド
とんでも展開
吹替の浪川かわいい
ある意味シェイプ・オブ・ウォーター(笑)
>|