アイム・ノット・シリアルキラーのネタバレレビュー・内容・結末

アイム・ノット・シリアルキラー2016年製作の映画)

I Am Not a Serial Killer

上映日:2017年06月10日

製作国:

上映時間:86分

3.1

あらすじ

アメリカ中西部の町、葬儀屋の16歳の息子・ジョン。その影響からか、死体や殺人に異常な関心を示す彼は、ソシオパス<社会病質者>と診断される。ある日、町で 謎の連続殺人事件が発生。ジョンが目にした死体は、無惨に切り裂かれ、内臓の一部が持ち去られていた。猟奇殺人鬼が近くに潜んでいることを実感した彼は、その存 在に強く惹かれていくあまり、自ら周囲の調査を始め偶然にも殺人現場を目撃してし…

アメリカ中西部の町、葬儀屋の16歳の息子・ジョン。その影響からか、死体や殺人に異常な関心を示す彼は、ソシオパス<社会病質者>と診断される。ある日、町で 謎の連続殺人事件が発生。ジョンが目にした死体は、無惨に切り裂かれ、内臓の一部が持ち去られていた。猟奇殺人鬼が近くに潜んでいることを実感した彼は、その存 在に強く惹かれていくあまり、自ら周囲の調査を始め偶然にも殺人現場を目撃してしまう。なんと、隣人の老人がシリアルキラーだったのだ!!自身の奥底に眠る衝動 的な行動を必死に抑えながら、自分の手でこのシリアルキラーを阻止しなければならないと覚悟を決める。凍てつく雪に覆われた町で、追いつ追われつの予測不能な死 闘が始まる。

「アイム・ノット・シリアルキラー」に投稿されたネタバレ・内容・結末

てっきりビルの正体は、ジョンが幻覚を見ているだけだろ、と思っていたけど、話が進むにつれマジだとわかり、少し驚いた。

そのビルに対し、ジョンが警察や大人に相談もせず、一人で立ち向かい過ぎなところにヒヤヒヤしたけど、ラストも良く最後まで楽しめた。
殺人や死体に興味がある少年が連続殺人鬼を追跡し追いつめていく、、殺人衝動を描いたサイコパスな映画と?思いきや!!最後だけSFホラーになるとすごく騙された気分になる。
いろいろなレビューをみて気になったので、鑑賞。確かにオチは意外すぎw
國村隼のコクソンに近い??
わたしはソシオパスの気持ちには共感できなかった、、、フィルムで撮られた映像がすごく好き、主人公の雰囲気も選曲もいい
ただハラハラ感はなかった
予告編がすべてって感じでした
おっ、おーーー???
どういう反応したらいいかわからない。
人外が人に恋する話は良いよね。妻を頼むって指輪を遺して消えるのとか、涙を流して愛していると自覚するのとか、とても良いと思う。
けど!この映画でやられてもぽかーんですよ。
ジョンはただの厨二病にしか見えなかった。
えー、もう、なんなの?ソシオパス対シリアルキラーって言われたら心理戦を考えるじゃん……?
一周まわって愛着湧いてきたけど、それでも2.0。宣伝が悪い。
まさかのどちらともノットシリアルキラー
そしてまさかの人間ですらないラスト
最後の最後でよく分からない裏切りをしてきた
そして主人公の男の子も最後の最後でなんか良い子みたいになってるけどK殺しかけた時点でそのままばんばん殺してしまうのかなと思いきや
て感じだった
なんとなくモヤっとしたけどまあまあ面白かった
主人公の言い分を一通り聞くまで絶対に殴らないイジメっ子、
感じの悪い主人公に対して常に忍耐強く優しいヒロイン、
緊急事態への適応力が異様に高すぎる母親など、首をかしげたくなる行動を取る人物が多い。

なかでも主人公は違和感が強かった。
彼が独自捜査を貫いたために連続殺人は警察に真相を知られることもなく続いた訳だが、何をもって“アイム・ノット”なのか。
犯人の犯行を追うこと自体が目的化しているフシがあり、ある意味共犯としか思えない。

実行犯の老爺が急速に液状化し、世にも惨めなクリーチャーが出現したところで爆笑しながら考えるのをやめた。

・主人公の部屋は本格的なサイコを目指した仕様のようだが、主人公自身の手による字や絵は年相応の稚拙さで、真性の迫力を感じない。

サイコ趣味は本人が偏愛しているだけでファッションに思えるが、真性でないからと言って、主人公の行動の腹立だしさは一毫も減らない。
まさかの人外系。
まあ誰も人間とは言ってませんから!

恐らく彼は悪魔的な何かであって、奥さんの側にいるために受肉をしていたということなんだろう。

確かに、シリアルキラーではない。

ただ、殺人鬼を警戒してる街なのに鍵開けっぱなのォ!?!?とはちょっと思った。
もう少しうまく作れそう
【ストーリー】
葬儀屋の息子である青年はシリアルキラーと同じような特徴があるとセラピストに診断され、おかしな少年として、周りの同級生に避けられていた。
しかし、彼は自分は正常だと思い、衝動にかられそうになったら、自ら課したルール(殺したいと思った相手を褒める、笑顔になる等)を実行していた。
ある日、隣人である老人が人を殺している現場を目撃する。普通の老人だと思っていたが、その現場を見てから、彼を尾行すると、様々な人達を殺していた。そして、彼はなんと殺した相手の身体の一部を自分の身体と交換していた。
彼は人外の生物であり、自分の悪くなった身体を交換することで生き長らえていた。
主人公は老人を退治する為、接触を試みる。
まずは、相手に正体を知っていると知らせることで、疑心暗鬼に陥らせ、他の人を殺させないよう行動を抑制。しかし、老人は心臓が悪く、どうしても外出しなければいけなかった。
車で外出したタイミングを見計り、主人公は老人宅に侵入。そして、奥さんを襲い、その写真を老人に送り付けた。脅迫し、殺人をさせない為に。
老人は脅迫メールに気付き帰宅するが、彼のセラピストが殺されていた。
彼はその死体を隠し、心臓を交換させないようにした。
しかし、奥さんを襲った犯人は彼だとバレてしまい、セラピストの葬儀の時に老人は姿を現わす。
そこで、老人と対決。彼と彼の母親は協力して、彼の血液を防腐液と入れ替え殺害。すると、彼の中から黒い宇宙人が現れ、最後に妻を頼むと言って絶命した。

【感想】
まさか、SF物だとは思わなかった。てっきり、心理戦とかスリラー系だと思ってた。主人公が何をしたいのか良くわからず、中盤からグダるし、ずっとイライラしてた。設定自体は悪くないから、もうちょっと面白くできたのではと残念に思った。
え⁉️ そんな映画だったの⁉️
サイコパスVSソシオパスとパッケージに書かれてて気になってたけどまさかの怪物オチ。殺人を防ごうと奔走する少年は自身の性質に気がついていて踏み外さないように自分ルールを強いている。その姿はリアリティがあって良かった。けどあのオチはちょっと残念だよ、ドク!