アイム・ノット・シリアルキラーのネタバレレビュー・内容・結末

アイム・ノット・シリアルキラー2016年製作の映画)

I Am Not a Serial Killer

上映日:2017年06月10日

製作国:

上映時間:86分

3.3

あらすじ

アメリカ中西部の町、葬儀屋の16歳の息子・ジョン。その影響からか、死体や殺人に異常な関心を示す彼は、ソシオパス<社会病質者>と診断される。ある日、町で 謎の連続殺人事件が発生。ジョンが目にした死体は、無惨に切り裂かれ、内臓の一部が持ち去られていた。猟奇殺人鬼が近くに潜んでいることを実感した彼は、その存 在に強く惹かれていくあまり、自ら周囲の調査を始め偶然にも殺人現場を目撃してし…

アメリカ中西部の町、葬儀屋の16歳の息子・ジョン。その影響からか、死体や殺人に異常な関心を示す彼は、ソシオパス<社会病質者>と診断される。ある日、町で 謎の連続殺人事件が発生。ジョンが目にした死体は、無惨に切り裂かれ、内臓の一部が持ち去られていた。猟奇殺人鬼が近くに潜んでいることを実感した彼は、その存 在に強く惹かれていくあまり、自ら周囲の調査を始め偶然にも殺人現場を目撃してしまう。なんと、隣人の老人がシリアルキラーだったのだ!!自身の奥底に眠る衝動 的な行動を必死に抑えながら、自分の手でこのシリアルキラーを阻止しなければならないと覚悟を決める。凍てつく雪に覆われた町で、追いつ追われつの予測不能な死 闘が始まる。

「アイム・ノット・シリアルキラー」に投稿されたネタバレ・内容・結末

最後の宇宙人には唖然としてしまった。
確かに驚かされるが、こんなトンデモサプライズを期待して観に来たわけではなかったので、少しがっかりしてしまった。しかし最後以外はかなりハラハラしながら観れたし、楽しめていた。

画面のざらついた感じとか、町の風景とか、PG12とは思えないグロ描写とかとてもいい雰囲気の映画だったので、宇宙人とか出さずに生身の気が狂った爺さんが人を殺すところで止めて欲しかった。わざわざ安っぽいCG使ってまで宇宙人なんて出さなくていいのに。ティーン向けの小説を原作とした映画らしいが、こっちは未読なのでそんな事知ったこっちゃない。

爺さんの殺人の手口は確かに変だったが、たぶん袖の中に長い剣みたいな物を隠してたのだろうとか、たぶん無理矢理石油を飲ませて殺しているのだろうとか、自分の中でもっともらしい理由をつけて納得していたのが問題だった。あの時点で何かトンデモな事が起こると予想しておけばよかった。

解説が読みたかったけど、パンフレットが販売されてなかったのも残念。
うーん。思てたのと違ーう。
意外な方向に話を持っていって、良い意味で予想を裏切ったって感想も聞くけどさぁ……
個人的には肩すかしって感じた。この感情はあれだ、シャマランのサインを観たときと同じ失望感だ。
自分の意見としては、前フリとオチが違う映画ってやっぱりダメだと判断しちゃう。

だって原題だってI Am Not a Serial Killerなんだよ…真犯人だって厳密にはシリアルキラーちゃいますやん。

おそらくみんなが予想した話って…
街に猟奇殺人が多発し、社交性の無い少年が犯人に仕立て上げられ、真犯人と頭脳戦を繰り広げ勝利。って感じよね?
レクター博士のような、サイコパスならではの特殊な思考での心理戦にワクワクする筈だったんだがなぁ…

で、説明不足でよくわからない心理描写も多い。
最初犯人と予想してホームレスに目をつけたが、なぜ彼が怪しいと思ったのか?真犯人は怪物なのに奥さんだけは ちゃんと人間として愛していたのは何故か?
こういうのは脚本に関わる部分なので、見る側に委ねずにちゃんと説明しないとダメじゃん。

主人公が葬儀屋の息子で、死体の防腐処理をするから人体構造に詳しい。この設定は良い。
でも死体に並々ならぬ執着があるなら、その設定を活かした心理戦がもっと無いと。

うーーーーーん。モヤモヤする映画だったわぁ。
因に池袋で客2人でしたわ。
昔に見た快作ジャック・ショルダーの「匕ドゥン」をちょっぴり思い起こさせるラストに驚いた。

あの後、あの奥さんは大丈夫なのかな?
余計な心配してしまいました。
スマホの操作が分からないドクに笑った。

展開の吹っ切れ方がアルバトロスっぽい。
心の中で「メンインブラックかよ」って突っ込んだ
ど田舎に住むソシオパスの少年の周りで起こる連続殺人が本筋。
BTTFのドク役のクリストファーロイド演じる隣の爺さんがシリアルキラー。

いやこれ最初のやつ殺すところから動きおかしかったよ
少年とばあさんのくだりでもちらっとでたけどラストは声だして笑いそうになった
結局なんなんだあいつ

核心に触れてるようで触れてない。
結局少年はニコニコしながら検死やってるし

ただこの暑くなってくる時期だから気味の悪い感じがちょうどよかった

ジェーンドゥほどは解体はリアルじゃなかったかも。
想像の10倍くらい内臓が出ます。驚かす系ではないけど、ギョッとするシーンが多いので時々目を細めて鑑賞してました。笑
主人公のソシオパス?っぷりがシリアルキラーに負け気味なのでも少し頑張って欲しかった!オチ見ると異常さでこいつに勝てるわけない、って思うけど…。
オチがまさかのすぎたけど、いい話、なのかも…。
死体や殺人鬼に異常な興味を示す主人公は周囲からも浮き、定期的にカウンセリングを受けている。主人公の住む町で連続殺人事件が起き、事件を調べるうちに殺人鬼の犯行現場を目撃してしまう。主人公は殺人鬼の動向を追うようになるのだが…という話。
予備知識なしに鑑賞。

主人公が葬儀屋の息子で、冒頭から死体防腐処理のシーンが続くなど、かなりグロい作品。ミステリーっぽい話かと思ったら犯人が早々と判明してしまい、そこからは犯人の表と裏の姿を主人公がひたすらストーカーしていく映像が続く。犯人が老人で体調もすぐれないので普段はゆっくりとした動きなのに殺害シーンだけやたらと機敏で手際よいのが不気味。
犯人と犯人の妻との絆を描くドラマ部分も秀逸で、ただグロいだけのお話にはなっていないところは評価が高い。
まあ、なんといっても度肝を抜かれるラストの衝撃が凄まじいのだが。
とはいえ、女性にはなかなかオススメしにくい作品だろうなあ。
殺人鬼に共通する要素を満たしてしまっているジョン。
その条件で殺人鬼になる人間とならない人間の分岐点って何なんだろう。
ジョンは葬儀屋と言う稼業の為か死体を怖がらないし、寧ろ興味深く見ているし、殺人鬼に興味津々。

でも、殺人鬼と単身戦う。興味故の独自の追跡調査の賜物とはいえ、戦えないでしょ・・普通なら。

“反社会的傾向あり”と診察されたからと言って殺人鬼になる訳ではない・・のです。きっと。

途中まではちょっと不気味なサスペンス的映画だったのですが、最後の展開は、あれは何かな?
人が殺人鬼になるのは、中に悪魔が入り込むから・・と言う宗教的な見解なのかな?

それにしても、連続殺人鬼を映画の中では良くカリスマ性を持った特別な人のように扱いますよね。
観終わってわかるタイトルの破壊力。

最初から「わたしは連続殺人鬼じゃなくて(なんかバケモノなんですよ)」というネタバレタイトル。

誰もが「アイ」は主人公の少年と思わせる巧みなミスリード。

タイトルつけた人天才。タイトルに0.5点加点。
自らの衝動に悩むソシオパス美少年と近所のシリアルキラーおじいちゃんの戦い…というだけでも面白いのに、まさかのモンスター展開です(笑)。そう来たか。
このモンスターがまたカッコイイのです。愛を貫く為に人間の姿をとって妻の側にいる…泣けるわ( ; ; )
短い時間では収まりきらない、気になるところが多すぎて…モンスターと妻の出会いとか、ジョンとお隣のブルックのその後とかね。
>|