アイム・ノット・シリアルキラーのネタバレレビュー・内容・結末

アイム・ノット・シリアルキラー2016年製作の映画)

I Am Not a Serial Killer

上映日:2017年06月10日

製作国:

上映時間:86分

3.1

あらすじ

アメリカ中西部の町、葬儀屋の16歳の息子・ジョン。その影響からか、死体や殺人に異常な関心を示す彼は、ソシオパス<社会病質者>と診断される。ある日、町で 謎の連続殺人事件が発生。ジョンが目にした死体は、無惨に切り裂かれ、内臓の一部が持ち去られていた。猟奇殺人鬼が近くに潜んでいることを実感した彼は、その存 在に強く惹かれていくあまり、自ら周囲の調査を始め偶然にも殺人現場を目撃してし…

アメリカ中西部の町、葬儀屋の16歳の息子・ジョン。その影響からか、死体や殺人に異常な関心を示す彼は、ソシオパス<社会病質者>と診断される。ある日、町で 謎の連続殺人事件が発生。ジョンが目にした死体は、無惨に切り裂かれ、内臓の一部が持ち去られていた。猟奇殺人鬼が近くに潜んでいることを実感した彼は、その存 在に強く惹かれていくあまり、自ら周囲の調査を始め偶然にも殺人現場を目撃してしまう。なんと、隣人の老人がシリアルキラーだったのだ!!自身の奥底に眠る衝動 的な行動を必死に抑えながら、自分の手でこのシリアルキラーを阻止しなければならないと覚悟を決める。凍てつく雪に覆われた町で、追いつ追われつの予測不能な死 闘が始まる。

「アイム・ノット・シリアルキラー」に投稿されたネタバレ・内容・結末

愛おしさ満載の映画だった。
ジョンの生活や日常が、地域のなかで生きていることの描かれ方が、彼なりの視点で世界を感じながら同時に社会的であろうとすることが、窮屈さよりもどこか楽しげに見えてくるのがとても好き。
内側で渦巻くものは表に出さなくても、表に出さないまま渦巻くものなんて身をもっていくらでも知っているし、社会のなかで生きていくために自分に課すルールもあるし、そうやって折り合いをつけながら、でも別に足並みを揃えることはないのだった。
ズレてたらズレたまんまで各々の歩みがあるみたいに、ピンクの液体を押し出す圧力計みたいなのと音楽のテンポが微妙にズレてるラスト超好き。
真っ黒な油塗れの奴も、そういうところにいくの!?と驚き半分ずっこけ半分ながら、観終えてから思うとそこの変さも愛おしさだった。
あれ?私が借りてきたDVDってエイリアンだったっけ?……。まさかのオチ。みんな絶対、え?ってなったと思う 笑
連続殺人犯を見つけてしまい、はわわ〜しながらも、あとをつけまわす主人公。
ラストの展開には爆笑した。なぜ、この流れで謎の化け物でてきた。
別のラストで作ってほしかった😢サイコパスとソシオパス、それぞれそれっぽい演技も特になく残念だった。
え、嘘でしょ?
まさかの?
そのオチ?

多分見てる人が誰もが思ったはず。。
だから殺人現場はああいう映し方だったのね!
納得!

最後ギャグかと思った。
ある意味期待を裏切られたびっくり加減での3.4でした。
観たよ

「バック トゥ ザ フューチャー」シリーズのクリストファー ロイド出演

超絶雑なあらすじ

葬儀屋を営む一家に生まれた16歳の青年ジョンは、遺体の防腐処理を手伝う影響からか、死体や殺人に異常な関心を示し、カウンセラーからソシオパス(社会病質者)と診断される。
ある日、町で連続殺人事件が発生する。
死体は無惨にも切り裂かれ、内臓の一部が無くなっていた
死体を目にしたジョンは、殺人鬼が近くに潜んでいると予想し、自ら周辺の調査を開始するのだった
そんなある日偶然にも殺人現場を目撃してしまうが猟奇殺人犯(シリアルキラー)の正体はジョンの隣に住む老人だった、、、

《レビュー》
平凡な街が殺人鬼の恐怖に侵食されて行く

ソシオパスの主人公が正義感と好奇心により殺人鬼を追い詰めるが…

わぁお!そっち系!?
静かなサイコサスペンスかと思いきや切なくもじれったいラブストーリーでした(´;ω;`)

核心部分の説明などは無く只見せる、この見せ方がグレーで好きですね
前半単調ながらも不意に小出しするエグいシーンや主人公のエモい顔立ち、街の不穏な雰囲気に特に飽きずに観続けられました!

からのラスト…
自分の為ではなく愛する人の為にどんな事をしても生きたかった。
確かに「アイムノットシリアルキラー」でした(´°̥̥̥̥̥̥̥̥ω°̥̥̥̥̥̥̥̥`)

死に興味があった主人公が生に興味を持つきっかけになっただろうな…

とにかくラストの超B級感が私は凄く好きでした♡
B級映画!

雰囲気、映像の粗さが良かった!

結果化け物だったんかい!?ってなりました。




案外地味。

なんか結末とか微妙でした。
そうくるか。ってなったけど。


前半はまだましだったけど
ストーリーが進むにつれて
見る気がなくなりそうになった。
とても淡々と進む物語、16mmフィルムで撮影された粗い映像。うーん、途中まで結構苦痛な展開でした…。しかも、老人は「シリアルキラー」ではないという驚愕の事実…。単なる奥さん思いの悪魔じゃないですか 苦笑。
タイトルももしかして、少年ではなくて老人の事を言ってるとかと…。

スティーブン•キング原作「ゴールデン•ボーイ」のような展開を想像してたら「IT」だったという驚愕の作品。
すごく期待して、映画館で観賞出来なかった事を後悔し、やっと観賞出来るので意気揚々とポチった!マジか!途中でおかしいなぁとは 思いましたけどね。でも まさかね、そんなある事わけないでしょ、ってひたすら否定したのに!途中まで濃厚なチーズリゾット食べてたのに お茶漬けだった。
>|