X-MEN:フューチャー&パスト ローグ・エディションの作品情報・感想・評価・動画配信

「X-MEN:フューチャー&パスト ローグ・エディション」に投稿された感想・評価

いたる

いたるの感想・評価

3.8
書き換えた歴史の結末が『ダークフェニックス』だと
知っているせいか、通常版を昔観た時よりは感動が少ない気がする
ただ、マグニートが大暴れするのは楽しい
NAO141

NAO141の感想・評価

4.5

このレビューはネタバレを含みます

「X-MEN」シリーズは大好きではあるものの、正直旧作の「3(ファイナル ディシジョン)」はあまり好きではなかった。プロフェッサーXもサイクロップスもジーンも死んでしまう展開が個人的に「……う〜ん」という感じだった。

映画は続編が制作される度、
「さらなる興奮・感動」を得る場合と
「ショック・失望」を得る場合がある。
(それも映画の楽しさなのだが…。)
私の中でとくにそれを感じたのが、
「エイリアンシリーズ」と「ターミネーターシリーズ」。
エイリアンもターミネーターも「2」が秀逸だった!ところが両作品とも「3」で《えっ!いままでは何だったの?》というショックを受けたことを今でも思い出す。
ところが時として「興奮・感動」が「ショック・失望」にかわり、その後再び「興奮・感動」に戻る場合がある笑
私にとって、それがこのX-MENフューチャー&パストである。

過去に行って未来を変え、「これまでをなかったことにする」という究極の禁じ手を使うことにはなってしまったが、希望に満ち溢れた展開となり、うまくまとまったように感じる。

見どころはたくさんある!
☆新旧キャスト集合によるお祭り感
☆老チャールズと老エリックの和解
☆ミスティークの葛藤
☆時間を稼ぐミュータント達の能力全開な闘い
☆マグニートとストームの共闘(ブラックバードそのものを武器にするのは驚いた)
☆そしてなんといってもラストである!
ウルヴァリン(ローガン)が戻った未来には多くの仲間がいた。ウルヴァリンの視線の先にいた人物、ジーン!!!
映画館で思わず「あっ!ジーンだ!」と声が出て、嬉しくなった気持ちを思い出す。

ラストの展開から「これから先どんな未来が待っているのか」「この後、またファイナル ディシジョンのような展開にはならないように…」という期待と不安を抱きつつ、しかし今作はうまくまとまったと感じた。

フューチャー&パストはその作品だけで完成している気もするが、個人的にはこの「ローグ・エディション」の方を推したい!
フューチャー&パストは作中に旧作で活躍していた「ローグ」という人物が登場しない。ローグ登場のシーンも制作段階では作られていたがカットされてしまったわけである。
この「ローグ・エディション」はそのカットされたローグのシーンも追加して、フューチャー&パストを完全な形にしたものである。
もともとX-MENシリーズはローグのミュータントとしての葛藤(苦悩)、そしてローグとウルヴァリンとの出会いからスタートした作品である。
そのため、確かに考え方によってはこのフューチャー&パストにローグは登場していなくても作品そのものに問題はないわけだが、X-MENシリーズのファンとしてはやはりローグも登場させた上での作品であってほしいと思うもの。
そしてそれは実現した!!

そんなわけで、私にとってこのフューチャー&パスト(ローグ・エディション)はローグも登場するし、ジーンは復活するし…言うことなしの作品なのだ笑

「興奮・感動」が「ショック・失望」にかわり、その後再び「興奮・感動」にかわる。それがまた再び「ショック・失望」に変わらないことを祈りたい笑
(それも映画の楽しさなのだが…。)
葦々

葦々の感想・評価

4.2
“ペンタゴンのトイレの数”問題とか、相変わらず直球すぎる。
差別に苦しむミュータント社会にも、また別の差別が生まれてしまう不条理。
“敵”がいないと一致団結できないのは、人もミュータントも同じだったり。
多様性と秩序は両立するのか否か、宥和主義の道のりは険しい…。
ローグがカットされたところを含めたもの。
Blu-rayも両方買ったが、正直いうとそこまで必要というわけでもない。
ローグ自体はオリジナルの方では必要なキャラだが、この映画としてはどちらでも良いという感じ。

なので評価も一緒に。
さはら

さはらの感想・評価

3.3
私が観たのローグ・エディションだったので再投稿!

タイムスリップ系は大っ嫌いだけど楽しめた。ピーターがいい感じ。あとおじいマグニートも良いね。

これ一気にX- MEN見てるから内容ついていけてるけど、公開当時見てた人って話ついていけてたの??

そういやここにきてどうした?!ってくらいCGの質が上がったなぁ。凄いなぁ。

このレビューはネタバレを含みます

おもしろ〜〜〜
特に前半部分の…マキシモフと一緒に行動してるらへんのテンポが最高すぎて5点満点中100点だったな

ジェームズマカヴォイの顔好きすぎて過去編てだけで最高なのにストーリーも最高

人類との共存のため施設に向かう未来のエリックと、人類と敵対する道を選んだ過去のエリックを交互に映すシーンかっこよすぎたな

最終的にレイブンがミュータントの未来を担ったのおもしろいなあ
あ〜これから先どうなるんだ…
hrt2308

hrt2308の感想・評価

-
「X-MEN」のメイン・シリーズ第5作目の劇場公開版に追加シーンを加えた作品。新旧両シリーズの時代を往き来する物語となっている。ずっと観逃していたのでこれまでの流れを大分忘れていた。

プロフェッサーX(パトリック・スチュワート)とマグニートー(イアン・マッケラン)の指示によりウルヴァリン(ヒュー・ジャックマン)が2023年から1973年に意識を飛ばして、その時代のプロフェッサー(ジェームズ・マカヴォイ)とマグニートー(マイケル・ファスベンダー)を協力させ、ミュータントを攻撃するロボットであるセンチネル部隊の創設を阻止しようとする。そのためには、ミスティーク(ジェニファー・ローレンス)によるトラクス博士(ピーター・ディンクレイジ)の暗殺を防がなければならない、、、。

両方の時代の物語が平行して進行し、同時に影響しあうため、観ている方も頭がフル回転して把握していかなければならない。こんな複雑な物語、よく考えるなあと思うが、最近歴史を塗り替えてしまう設定が多いと感じる。何度もリセットできるゲームの世界が浸透しているということか。

両シリーズにまたがっているため、出演者が豪華。ゲスト的な出演者もいる。この作品もアンナ・パキン演じるローグのエピソードを追加したもの。

続編の「アポカリプス」も観なければ。
◎通常版は鑑賞済みだが序盤の状況がチンプンカンプンでどういう文脈なのか掴めず焦った…。前作から繋がってたのかな?忘れてしまった。つくづく残念な記憶力だと思う…
"ローグエディション"と言われなければどこが追加されたのか分からなかっただろう。

◎初見では過去改変による解決をすんなり受け入れて観たが、それ以降に過去を変えても現在は変わらない理論に傾倒してしまったので、センチネルに根絶やしにされかけてる世界は消えずに残ってると思ってしまい、手放しでは喜べなくなっている。
ハッピーエンドは別の世界を見せられてる気がする。
タイムパラドックスで生じる何かを全世界で統一して欲しい。
ポジ

ポジの感想・評価

3.8
シリーズ連作で観てますけど、どんどんスケールが増してきて、迫力満点で面白い。
まー

まーの感想・評価

4.0
通常版との違いはその名の通りローグが出るか出ないかなんですが、ぶっちゃけローグいらないです。
(ローグのファンの方すみません…)
いや、ローグが悪いんじゃなくて、ローグを登場させることが目的化してしまい物語に無理があるんですよ。
最後ローガンを押さえつけてるのなぜかキティだし。笑

ってことで、本作、通常版をおすすめします。めちゃくちゃ面白いです。

斬新な点が2点。
時間軸を二つ持たせる手法。これが成功したおかげでMCUが成り立ってるんですよ。つまり、MCUの成功はX-MENのおかげ。(しつこい)
エンドゲームのタイムトラベル理論はこれと全く一致するんですね。

あとクイックシルバー。私はコミック、映像作品問わず全てのマーベル作品の中でエヴァン・ピータースが演じるクイック・シルバーが一番好きです。特に本作。超かっこいいでしょ。ここ観たさに映画館リピートしましたから。
劇中クイシルのお母さんがお姉さんに言及するシーンがありましたが、お姉さんはご存知スカーレット・ウィッチです。
(強すぎ&フェニックスと能力が被るため出さなかったものと思われ)

アポカリプスとダークフェニックスは、まぁ出来もアレなのでX-MEN振り返りはここまで!

ちなみに『ローガン』はフューパス以降の時間軸です。
>|