ウルヴァリン:X-MEN ZEROの作品情報・感想・評価・動画配信

ウルヴァリン:X-MEN ZERO2009年製作の映画)

X-Men Origins: Wolverine

上映日:2009年09月11日

製作国:

上映時間:108分

ジャンル:

3.5

「ウルヴァリン:X-MEN ZERO」に投稿された感想・評価

りょた

りょたの感想・評価

4.1
なんか高得点つけるのが悔しい!!
だってX-MEN全部おもろいんだもん。
ウルヴァリン0も同様にめちゃ面白かった。

フューチャーアンドパストで爪が金属じゃなかった理由
なんで記憶が消えたのか
詳細にわかります

最初のオープニングの意味は分からなかった。
ビクターは本当の兄なのか。
お父さんは本当のお父さんなのか。
真相はコミックなのかな。
シリーズ4作目でウルヴァリンのスピンオフ第1弾。

過去3作(特に1作目)とは微妙に繋がらないですが、出てくるミュータントは今作も豪華でかつ見応えのある作品になってます!

この作品を観ておくと、デッドプールを復習する時により楽しめると思います笑。

個人的にガンビットはメインのストーリーにも絡んでくるようになって欲しかったですねぇ。
あおき

あおきの感想・評価

3.3
伝説の初代デップーが見れてよかった。

ビクターの心変わりはなんなんだったのか
サイチ

サイチの感想・評価

4.0
ウルヴァリン誕生録

名前の由来やウルヴァリンが何故記憶を無くしてしまったのか何故アダマンチウムの爪を手に入れたのか等丁寧に描かれてる。

デッドプールの初登場でもあり、デッドプールを観た自分としては違和感は結構あったかな。
刀での戦いには興奮します。

ストライカーとゼロは嫌な奴過ぎて大嫌いになれます。

何よりもガンビットのカッコよさ!
単体映画の話が流れたと聞いた時は落胆しました。
俺のデッドプールとの出会い。
観た後に検索すると、原作と全然見た目違ってビビった記憶。
スパイダーマンNWHみたいに今後の作品でデッドプールのマルチバースをやって、そこでこの黒歴史デップーを登場させてくれる事を切に願う。
けーご

けーごの感想・評価

3.5
ウルヴァリンの過去
ウェイドにはデッドプール見てると笑ってしまう
ローガンの兄のリンカーンバローズ感
ケイラがウォーキングデッドのリアで上がった
ミュータント同士の戦いだからアクションも面白い
X-Menシリーズとの関わりも見れて良かった
HicK

HicKの感想・評価

2.3
《アドレナリンMAX、安っぽさMAX、ハードボイルドアニメ超大作》

【整合性以上に作品自体が…】
完全なポップコーンムービー。シリーズとして整合性を失った戦犯的作品でもあり、はたしてビクターはX-MEN1作目のセイバートゥースなのかどうか。ただ、それはファンの解釈次第という事で実はそんなにネックだとは思わなかったりする。後の「ローガン」しかり2019年の「ジョーカー」など、描きたい事があるのなら制約を気にせず別の話にしてしまう手法には大賛成。ただ今回はそんな議論も無意味な程、作品自体が酷い。コミック/アニメを原作とした映画では無く、アニメを見ているような感覚の作品だった。この作品が一貫したテーマを描いてきたX-MENシリーズである事がさらに気持ち悪い。

【バタバタ】
作品のテンポの速さは異常。前半でローガンの幼少期からアダマンチウム移植までのシーンが詰め込んであり、作品全体として見てもダイジェストを見せられているような感覚。その中で、デッドプール含め原作の人気キャラを意味も無く続々と登場させ、バタバタと途中退場させてしまう展開は、不評だったX-MEN3の作風を踏襲してしまっている。テーマ性が薄いという時点で、それ以下。それにしてもガンビットがもったいない。

【安っぽい】
全てのCGが安っぽい。この一言に尽きる。技術による原因だけならそんな事思わないが、そもそも監督の求めた「バエるカット」が安っぽ過ぎる。これが作品全体に散りばめられてある。この異色な浮き足立つ作風から、「この監督はシリーズを全て鑑賞したのだろうか?」という疑問すら感じる。

【ただ、】
ビクターを演じたリーヴ・シュレイバーは渋くてヤバい。めちゃくちゃカッコいいうえに、めちゃくちゃ怖い。ケイラを演じた女優さんの演技も素晴らしく、ローガンと彼女のストーリーラインも良かったので、なんとか物語の中核として作品全体のカラーを調節して欲しかった。また、スリーマイル事故の史実と絡めた展開や作中のツイストも初鑑賞時にはワクワクした記憶がある。とにかく、もったいない。

【総括】
監督はこの映画シリーズやコミックを見ていたのか?それが率直な感想。言葉を選ばず言えばファンメイド作品の方が優れていたとさえ思う。のちに、ライアン・レイノルズが同役のリブートを成し遂げファンから賞賛を浴びた事も、今作が大失敗だった裏付けになってしまうハードボイルドアニメ超大作だった。

このレビューはネタバレを含みます

X-MENスタート!!
ミュータントについてわからないところが色々
あったけど、多分今後わかってくるでしょう!
ヒロインまさかの生きてる展開とか、超人お祭りバトル展開は面白かった。
最後の記憶無くすところも切なくて好き
獣ヒーロー爆誕!!
デッドプールがラスボスなのビビった
佑太

佑太の感想・評価

4.0
X-MEN旧三部作の前日譚。
デッドプールがよくわからない姿で登場。
オソマ

オソマの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

「X-MEN」シリーズのスピンオフ作品。ウルヴァリンが記憶を失うまでの過去編。

初見。X-MEN旧三部作は鑑賞済。


過去編としてレベルが高い出来。説明で間延びすることもなく、サラッと伏線に気づかせてくれるのが心地よかった。

X-MEN初代からかなり経ってから撮影された前日譚にも関わらず、ウルヴァリン役のヒュージャックマンが全く歳とってなくてビビる。

結末は相変わらず切ない。
>|

あなたにおすすめの記事