ウルヴァリン:X-MEN ZEROの作品情報・感想・評価

ウルヴァリン:X-MEN ZERO2009年製作の映画)

X-MEN ORIGINS: WOLVERINE

製作国:

上映時間:108分

ジャンル:

3.5

「ウルヴァリン:X-MEN ZERO」に投稿された感想・評価

月狐

月狐の感想・評価

3.7
アクションかっこいい…
面白かった。

ただ、なんでそのキャラ?とはなった。
ウルヴァリン誕生秘話。
このもやもやというかなんというか!


なんでしょうね、面白いには面白いのにこう胸につっかえる感じ……!
それもこれもキャラクターの節々に見える違和感が原因な気もします。
なまじ原作のキャラクター設定を知っているだけあってちょっと気になるんですよね。

ただやはりヒュー・ジャックマン演じるウルヴァリンはカッコよかった!
お馴染みの爪でのアクションは当然のことながら、ウルヴァリンらしいワイルドな荒々しさも戦いの節々に見受けられます。とはいえ、戦っていないときは多少常識人というか、かなり大人しめ。
まあそこらへんは良いとして。

ウルヴァリンのオリジンを語る以上色々語るセリフがあるのはいいのですが、ローガンの由来のくだりはちょっとクドかったかな……。
あとはウルヴァリンの爪、なんかCG浮いてませんでした?


ただまあ、やっぱ一番言いたいところは……


あのデッドプールおかしいでしょう!!?
時系列でちゃんと見たくなったシリーズ

昔見たからだいぶ忘れてたし吹き替え出みたけどサイクロップスの吹き替え宮野真守でテンション上がった

ガンビットのカジノでのシーンどちゃクソかっこいい

兄弟の戦いはいつ見ても胸熱
やっと出てきたデッドプール、強過ぎてストーリーから浮いている現象
今までのX-MENシリーズの中ではおもしろい方。
かっこいい。ストーリーもバトルも。お兄ちゃんとデッドプールのバトルもかっこいいし。ウェイドにyou do not have to do thisっていうシーンが特に好き。読み取れたから(笑)
かな

かなの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

改造をしたストライカーとの出会い
誕生秘話

助けてくれた老夫婦殺されたのは辛いなぁ…

兄のビクターとの戦い、孤高のヒーロー


ウェイドが人体実験されてデッドプールになるって初めて知った!また見直そう

ストライカーに捕まってた子供達がチャールズを引き取り…

最後に撃たれてローガン記憶なくしちゃった…
ケイラとの最後のシーン…
すべてつながった。すごくよかった作品
と

との感想・評価

3.2
初見かと思いきや二度目の視聴。全体を通して、あっさりしていて薄いなと感じた。だけど、ヒュージャックマンやその兄貴の友情や肉体美を見れたので満足。
ペジオ

ペジオの感想・評価

3.7
ローガンのココ、空いてますよ

ウルヴァリンといえば「孤高のヒーロー」という説明がしっくりくる(実際そういう記述も多い。)
「野獣」「反体制」といったイメージ通り他者と相容れる事が叶わないのが彼のアイデンティティである

「ウルヴァリン以前」を描いたこの映画ではそんな彼が常に誰かと「バディ」を組んで行動している
傍らの誰かが諸事情でいなくなると、また別の誰かが寄り添う
本質は寂しがり屋さんなのを見抜かれているのか?
とっかえひっかえ相方を替えていく尻軽ローガンがラストで「俺は独りで行く」という選択肢を選ぶ事でアイデンティティを得る
「孤高のヒーロー」ウルヴァリン誕生の瞬間である
(皆さん、本物のウルヴァリンですよ。)

つまり必然的にこの映画は「別れ」の映画であった


バイクがあったらやっぱり「AKIRA」や「ブラック・レイン」の真似したくなるね
wate

wateの感想・評価

-
ヒュー・ジャックマン演じるウルヴァリンがハードボイルドでとにかくかっこいい。
ReiYoshida

ReiYoshidaの感想・評価

3.4
X-Menシリーズを公開順に見始め、これで4作目だけど、ここまでで一番面白かったかも。
>|