LOGAN ローガンの作品情報・感想・評価・動画配信

LOGAN ローガン2017年製作の映画)

Logan

上映日:2017年06月01日

製作国:

上映時間:138分

ジャンル:

4.0

あらすじ

『LOGAN ローガン』に投稿された感想・評価

mewmew

mewmewの感想・評価

2.5
そっか、ミュータントも老いるのか。
何事にも永遠はないのね。

チャールズぅ‼️😢
ローガンっっ‼️😢

せつない、、、。
haru

haruの感想・評価

-
高評価なのでずっと気になってた作品。マカヴォイ来日の余韻が続いてるので、X-MENつながりで見ることに。アルツハイマーを患って弱々しくなったチャールズは、脳が大量破壊兵器。ローガンも傷だらけで死にかけの状態。この二人とミュータントの少女がエデンを目指し、半ば強制的に旅に出ます。ヒュー・ジャックマンもパトリック・スチュワートも、本作で引退すると言ったのに復活するのね(笑)
べあれ

べあれの感想・評価

4.5

このレビューはネタバレを含みます

見てて悲しすぎる
家族団欒のシーンだけしかほっこりしない😭
あまりにも盛り上がりにかけたがヒュー・ジャックマン的にはヒュー・ジャックマンしてたしX-MENシリーズはやっぱりヒュー・ジャックマン出てないとヒュー・ジャックマンだから☆3です。
ローラも次世代ヒュー・ジャックマンっぽくチャールズもいつも通りハゲでヒュー・ジャックマンも安心しました。
ウルヴァリン!
つまりは
ローガン!

ヒュー・ジャックマン演じる
タフでワイルドで
孤独な、スーパーヒーロー

…その完結編…



爽快感や新しさに
イマイチ欠けると思う
アクションとか………

何度観ても、
途中で眠くなってしまう
テンポの悪さとか
間延び感とか………

スーパーヒーロー映画としても
アクション映画としても
今一つ、実用性がない印象の
本作ですが…………

ヒュー・ジャックマンが
17年も演じ続けてきた
スーパーヒーローを

このテーマで終わらせたのには
もはや、納得するしか
なかったですね。



スーパーヒーローと
「老い」………

ほぼ、不老不死だった
ウルヴァリン=ローガンに
きっちり歳をとらせて
きっちり弱らせてます。

もう、ボロボロよ
ウルヴァリン。

しかも、同居中の
プロフェッサーXは
ちょっと認知症 気味。

あの、プロフェッサーXが……



それこそ「老い」を
テーマにしてる映画って
腐るほどあるとは思うんですが

スーパーヒーロー映画で
それをやったことに
非常に意義が
あったように思います。

それはまさしく
俳優、ヒュー・ジャックマンの
覚悟や葛藤にもリンクをするし

僕らが潜在的に持つ
不安や恐怖にも
しっかり寄り添って
ほんの少し
和らげてくれたような…

そんな気がするんですよ。




だって
ウルヴァリン
(=ヒュー・ジャックマン)が

プロフェッサーX
(=パトリック・スチュワート)を

老老介護する姿まで
観せてくれるんすよ!
この映画は!

もうね!
「ああ、そうか…」
…ですよ。

「 ああ… そうなのか…」
…なんですよ。



「無敵のヒーローだって老いる。」



他にも見所はあるけどね、

もう、それだけで充分でした。
充分すぎるほど…やったですね。
ちょっと眠くはなるけどね。


このテーマをきっちりと
演じきってくれた
ヒュー・ジャックマンと
パトリック・スチュワートには
拍手を送りたいです。

他のスーパーヒーローも
これ、やった方がええと思うわ。
バットマンとか
すごくマッチすると思うで。
(原作コミックとかには
既にありそうよね……
老バットマン………)




…ところで、
『デッドプール3』で
ヒュー・ジャックマンが
ウルヴァリンに
復帰すると聞きましたが

嬉しい反面、
正直、少し複雑な
気持ちではあります。
(綺麗に終わったのになあ…)



ただ、まあな!!!

デッドプールと絡んで
くれるんなら
絶対面白くなりそうなんで
結局楽しみだわ!!!

2022-36

このレビューはネタバレを含みます

序盤★2 中盤★2 終盤★2


見どころ
◯“ミュータントの高齢化問題”という着眼点は興味深い。



気になる点
●良くも悪くも謎めいた展開だが、自分にはモヤモヤイライラとなって物語に入って行けなかった。



☆総評
高評価なんで期待したが普通。
そもそも評価の芳しくはない『ウルヴァリン:SAMURAI』(★1.5)と同じ監督に脚本家やし…。

一番は“キャラの描き方、掘り下げ方”が弱く、単に引き(惹き)のあるエピソードで面白くみせてるだけにしか思えなかった。



2022年355本目(+短編20本)
Koko

Kokoの感想・評価

4.0
マーベル作品の中で1番好きかもしれない。とにかくハードボイルドなヒュー・ジャックマンが見れる。白黒バージョンもおすすめ👍
(´;ω;`)ローガンが弱っていく姿観てるの辛かった。
もっかい観たいけど観たくない観たいな。
KentaC

KentaCの感想・評価

4.1
X-MENのローガン(ウルヴァリン)を主役に据えたスピンオフシリーズ最終作、
ミュータントの大半が死滅した2029年の世界で、謎の少女ローラを遠くに連れていく依頼を受けたローガンがプロフェッサーXとともに旅立つ物語。

激減したミュータント、年老いたプロフェッサーX…そして荒廃した世界が舞台ということもあり、そうした世界観自体が終末感を漂わせ、全編を包むなんとも言えない切なさと物悲しさが非常に印象的な作品でした(特にプロフェッサーX絡みで)。

ローガンという1人の漢の生き様、長きにわたる旅路の果て…という、彼の物語を締め括るに相応しい、情感あふれ旅情をかき立てるロードムービー的物語となっています。

ローガンが繋いできた「これまで」と「これから」、その一つの形であるプロフェッサーXと少女ローラとの三者関係やその深まり、そして目に見えない絆がもたらす空気感もまた素晴らしく、
余韻含めて一連のX-MENシリーズの中でもダントツのドラマ性と面白さを誇る完成度の高い映画だと感じました。
終盤の鬼気迫るアクションと物語の展開がしっかり噛み合っているのもまた素晴らしく。

今までの作品をちゃんと観てからの方が圧倒的に感情移入度合いが増し、感情の揺さぶられ具合も変化するので、是非他の9作の後に観てほしいですが、少なくとも『ウルヴァリン:X-MEN ZERO』だけは観ておくことをオススメします。
なか

なかの感想・評価

4.0
X-MENというより、ローガンはじめ俳優陣の演技が子役含め素晴らしく、安心して鑑賞出来るハートに良き作品でした。
ヒュー・ジャックマン、全然違う作品だけど、映画グレーテスト・ショーマンでみせたような深みのある演技でした。

といいつつ、X-MENらしいハードなアクションシーンも練度高く、かつ本作のテーマから外れることのない良いバランスでした。
>|

あなたにおすすめの記事