LOGAN ローガンの作品情報・感想・評価

LOGAN ローガン2017年製作の映画)

Logan

上映日:2017年06月01日

製作国:

上映時間:138分

4.0

あらすじ

「LOGAN ローガン」に投稿された感想・評価

文太

文太の感想・評価

3.5
去年の夏の飛行機で見ました。

X-MENシリーズは見てない作品もあって見る上で不十分だったかもしれませんが設定は理解していたので楽しめました。
と言うより最後は泣きました。周りはもう就寝していたのに飛行機で一人だけ見てて声を殺しながら泣いてました。

今作でヒューはX-MEN (ウルヴァリン)引退ですがmarvelとくっつくことによってワンチャン期待してます。
Sarapin

Sarapinの感想・評価

4.0
リクライニングでイスがフラットなシートになる超プレミアムな映画館で寝ころがりながら優雅に観たけどちゃんと正座してみればよかったってくらい最高だった
latee

lateeの感想・評価

4.3

ローガン、4DXで観賞。
率直に言うとローガン、めちゃくちゃ泣けました。
これで最後だと思うと更に泣ける…
だいぶ痛々しいシーンもあるけど私はそういうシーン好きです笑
途中から泣きそうになったけど、我慢してたら最後のシーンで大号泣です!笑
あ~切ないなあ。。。
ちひろ

ちひろの感想・評価

3.7
xめんは一番最初の映画しか見てないんだけど、老いた姿が総じて悲しい…
世代交代感というか、老兵は去りゆくのみというか、時代の終わりというか、ほんとにこの手の映画は寂しく悲しい

このレビューはネタバレを含みます

ウルヴァリンのスピンオフの話
研究所で能力のある兵士として遺伝子操作され作られた子供を助ける話

色々な人間関係が描かれていてすごく面白かった仲間との友情や親子との愛など
ローガンが弱りながらも戦う姿カッコよかった
ローラがだんだん心を開いてくところや
最後のローガンへの言葉も
自分の少ない人生の情報の中での言葉ではあったが思いがすごい込められているように感じだ
lipgroup

lipgroupの感想・評価

4.0
老いたウルバリンの話なので、全盛期の様な無敵でカッコいい感じは抑え気味。当然なのだが、やはり、X-MENシリーズに求めたかったのは、スカッと、スタイリッシュな能力者と無敵のウルバリンの勧善懲悪!なので、少し物足りなさは否めない。
ゆい

ゆいの感想・評価

4.0
やっとここまできましたーーーローガンの最後の物語。

全体的に重苦しいです。バイオレンス感が他のX-MEN作品よりもずば抜けてる印象。ローガンにはその方が合ってるんだけど、ぼんぼん人が死んでくのでそこはちょっとおぉおお…ってなりました。笑
あの最強だったチャールズが認知症になってる時点でもう心がえぐられるよね、、
そしてローラ強すぎる。逞しい。

ローラの為に最後まで闘ったローガンに涙が止まりませんでした。家族のいないローガンがパパって呼ばれて愛を知って亡くなるのほんと切ない、、、最後十字架をXにするのもめちゃくちゃグッときました。
Tiara

Tiaraの感想・評価

4.0
スチュアートが悟りの域で
愛くるしい眼差し神々しい
ローガンが末期で
毎回追いつかれる
ラストのローラに泣かされた
Jフォスターかと思った
面白かった。
あのチャールズが認知症になってしまって、介護をするローガンっていうスタートがもうエグすぎる。
物語の骨子は西部劇。
時代が変わり去っていく荒くれもの黄昏を描いている。
I

Iの感想・評価

4.5

このレビューはネタバレを含みます

重くて乾いた映画だけど、すごいよかったな。
X-MENシリーズは昔みたかな~くらいでうろ覚えなんだけど、過去に活躍していた主人公たちが老いてみじめな暮らしをしていることに、感傷をさそわれる。物悲しくもあり、一方で、映画のヒーローたちもやはり"人"なのだ、という不思議な安堵感もあって、ただ悲壮なだけでないところがいい。

逃げる先はコミックで登場した場所で、虚構に過ぎなかったはずが、ミュータントの子供たちが虚構を現実にしていた、というのも非常にこう…
ローガンは「コミックは嘘っぱちだ。現実は違う」と言って、自分がやってきたことにも価値を見出せなくなっていたようだけど、彼らの活躍が子供たちに夢を見せて、生き残る力を与えたってことなんだろうね。
なんかもう…せつない。

ローラとローガンの関係も、ローガンとチャールズの関係も、もう…もう…
愛する者を土に埋める、その重さよ…

ローラの表情や所作や話し方もすっごいよかった。
凶悪な力を持つミュータント、大人を殺せる少女、野生動物のように用心深く強暴…そんなキャラクターの理想とも言うべき目つき、表情、動作。特に声と話し方がよかった…あの早口で喋り出すところ最高…

物語と人生が終わっていく作品だから、見ていると「人生って、つらいし悲しいし理不尽だしつらい」という気持ちになるけど…とくに農場の家族が殺されていくところとか。あの家族に起きたことは本当に理不尽だけど、本当にそれが人生なのよね。あのお父さんはローガンに向けて引き金を引く権利があった、でも弾は出なかった。それが人生だし、この世の中ってもんなんだろう。ローガンはあそこでは生きなきゃならなったし、あの場所まで逃げなきゃならなかったし、あの時に死ななきゃならなかったわけですよ。本当、見ていると「人生って、つらいし悲しいし理不尽だしつらい」という気持ちになるけど…でも、なにかの終わりからなにかが始まるってことも教えてくれる作品だ。
ローラ………尊い………
>|