X-MEN:ファイナル ディシジョンの作品情報・感想・評価

X-MEN:ファイナル ディシジョン2006年製作の映画)

X-MEN: THE LAST STAND

製作国:

上映時間:105分

ジャンル:

3.5

「X-MEN:ファイナル ディシジョン」に投稿された感想・評価

KEI

KEIの感想・評価

3.0
順番をよく確認せずに観てしまって、あれ?え?そうなん?という気持ち。

プロフェッサあっけなさすぎるし、マグニートーもそんな簡単にやっつけちゃっていいん?それこそ倫理的にどうなん?という疑問が笑

ジーン強すぎて怖かったわりに出番びみょいし腑に落ちない笑
Damien

Damienの感想・評価

3.8
なんだかんだあり監督が交代しまさかの先輩の出番も省略
ストーリー自体あまり新しい部分がなく深い内容でもない
完結編という中ではかなり微妙
魅力的なキャラの出演が激減し2でよかった部分を全部無くした感じ
ダメだこりゃ
miku

mikuの感想・評価

4.2

このレビューはネタバレを含みます

x-menシリーズ三作目!個人的に内容が理解しやすかったし観やすかった。家族を思う愛や恋人への愛や大事な仲間を思う愛、色んな愛がつまった作品でしたね。愛があるからこそできた選択が沢山。

それぞれの能力が目一杯活かされてて能力を合わせあって一丸となって戦う感じとかめっちゃ良かったです!
ミュータント大集結でこんな能力使えるやつもおるんや!ってとにかくド派手なアクションに終始目が離せなかった!
あんまり目立った感じがなかったキティやアイスマンのボビーも今作で大活躍!

1作品目で一押しだったサイクロプスはメンタルやられてヘタレになって序盤であっけなくお墓に埋められるし、プロフェッサーも死んじゃうし(生き返ったけど)ジーンは2度も死んじゃうしで私のメンタルもズタボロだった…。
楽しかったけど、その分悲しい事も沢山起きてすごく泣いた。

色んな意味で良い意味で疲れました。笑
あかり

あかりの感想・評価

3.8
それぞれの個性が抜群に光ってて最高だった。
正直、その能力でどこまでできるのかっていう線引きが難しそう。『氷を操る』っていう能力だけで全身氷人間にもなれるわけで、ウルヴァリンの治癒能力もどこまでなら再生可能なのか気になる。

ローグのとった行動は正解だなと思う。
あの能力は実戦でどうやって使えばいいかわからないし、それをなくして好きな人に触れられるのならとてもいいことじゃないか。
mina

minaの感想・評価

3.4
時系列がめちゃくちゃに分からなくなったので残りを観てからもっかいみます

各々の立場がよく分からず島で何のために戦ってるのか??理解力が追いつかず…蒸発するように人が死んでましたね

能力無効化しても学園にはいられるのか
ハルベリーいいんだけどなんかなんか
キュア坊やはその後どうなったのか
謎が多い。
Takashi

Takashiの感想・評価

3.5
ジーン強すぎて忘れられない。
一方サイクロプスのシリーズ通しての扱いの酷さはアニメ版見てた世代としては悲しい。
いず

いずの感想・評価

3.7
あれ?そういえばスコットいなくない?てな感じで勝手に墓建てられて死んだことにされてるスコットかわいそう
ograchan

ograchanの感想・評価

3.6
今作はなんというかもう切なすぎる
序盤のプロフェッサーXとマグニートーが並んで話すシーンは、ただのチャールズとエリックの頃に戻ったかのよう。
チャーリーをさりげなく気にかけるエリックをみてまだ大切に思っているんだなあと。

ジーンとウルヴァリンの幕引きも切ない。
ウルヴァリンはいつも誰かを失ってしまうよね……
SawaDcup

SawaDcupの感想・評価

3.3
小中学生の時はジーンが怖くて見れなかったです
改めて見ると、時系列整理とか楽しかった

他の人の引用ですが、あらゆる物を分解してたジーンに近づいて、体が分解と再生を繰り返している中、分解されないあのズボンはすごい
ヨシ

ヨシの感想・評価

3.6
ひとつのまとめとしてふさわしい豪華さだった!いろんなミュータントが見れて楽しい映画。
悲しい別れもあったし、ローグの葛藤も描かれていてしんみりともしたし、決戦の場面では迫力のあるシーンもあってよかったです。
>|