• Filmarksトップ
  • バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生の感想・評価

バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生(2016年製作の映画)

Batman v Superman: Dawn of Justice

上映日:2016年03月25日

製作国:
  • アメリカ
  • / 上映時間:152分
    監督
    ザック・スナイダー
    脚本
    クリス・テリオ
    デビッド・S・ゴイヤー
    キャスト
    ヘンリー・カヴィル
    ベン・アフレック
    ガル・ガドット
    エイミー・アダムス
    ジェシー・アイゼンバーグ
    ダイアン・レイン
    ローレンス・フィッシュバーン
    ジェイソン・モモア
    岡本多緒
    エズラ・ミラー
    ホリー・ハンター
    ジェレミー・アイアンズ
    スクート・マクネイリー
    ベイリー・チェイス
    カラン・マルヴェイ
    レイ・フィッシャー
    クリスティーナ・レン
    マイケル・キャシディ
    ハリー・レニックス
    ダン・アンボイヤー
    ニコール・フォレスター
    あらすじ
    その力で人々を救ってきた、宇宙からきた男“スーパーマン”その技で悪と戦ってきた、人類最強の男“バットマン” 正義のために戦ってきた2人が、なぜいま敵対するのか―。皮肉にも、スーパーマンの戦いは、人類の平和を守ると同時に街を破壊し、甚大な被害を出してしまった。その強大すぎるパワーは、もはや地球人にとって脅威と化したのだ。この事態を受け、ずっと闇の中で悪と戦ってきたバットマンは、スーパーマンに対抗することのできる唯一の切り札として、人々の民意を背負い、戦いの表舞台へ立つことになる……。神に等しい力を持つスーパーマンに、“生身の人間”バットマンはどう立ち向かうのか?予測不可能な展開と壮絶な戦いの果てに待ち受ける本当の正義とは?監督は鬼才ザック・スナイダー。製作総指揮は巨匠クリストファー・ノーラン。バットマンにベン・アフレック。スーパーマンにヘンリー・カビル。誰も見たことがない、誰も想像しえない、究極のエンターテイメントが降臨!

    「バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生」に投稿された感想・評価

    ベンバッツとカヴィルマンが見られて満足だし次のジャスティスリーグも楽しみです
    ヒーロー同士の衝突はアツい
    さて。楽しみにしていた続編です。
    ジェシーアイゼンバーグが楽しみだなっと、観はじめました。
    善悪ってなんだろう、と思います。
    ひとによっては、「善」でも、他のひとには「悪」だったりする。
    難しいですね。
    が、ちょっとどことどこが繋がってるのかイマイチわかりにくい部分もー。
    ジェシーアイゼンバーグがやたらと光ってた笑
    いーなーこのひと笑

    バットマンVSスーパーマン タイトル通りの戦いシーン。
    一体どっちが悪いの?!って感じに思えてきました。
    でも、アクションにそこまでの派手さはないかな。
    あー!でもふたりの戦いのあと、ラストはきちんとそうまとめるのね。
    そうしないとよくわからなくなるしね。
    良かった。ほっとした。

    中盤くらいまでは、なんだかよくわかんなくてちょっと観てるのが苦痛でした。途中から、目的とか敵(?)がはっきりしてきて内容がわかるようになった。やっぱりダークナイトがみたくなるなー。

    ワンダーウーマンの、・・・意味・・・
    脚本に無理がある。まだ、早すぎる、スーパーマンと戦わない方が!?
    スーパーマンが人に危害を加えている設定が日本映画の
    ガメラ3を思い浮かべるが、B vs Sは納得できる設定が無い。
    ブルースの社員の被害者説明が不足。
    IMAXで鑑賞後、バットマンのオープンニングとラストの戦いシーンは満足であるが、
    途中、何で戦っているのかが分かり難いかった。

    今作はクリストファー・ノーラン脚本参加してない残念。

    マン・オブ・スティールで期待していたので残念!

    次回作ワンダーウーマンとジャスティク・リーグに期待!!
    ファンにはたまりません!
    でももう1作くらい、スーパーマン単体、ベンアフレックのバットマン単体作品があってからの対決のほうが良いと思った。 
    アベンジャーズに対抗させたいんだろうけど。
    うまくまとまめたなぁとは思うおはなし
    集中力が、、、

    ザック・スナイダー好きなのに、
    モチマセンデシタ。

    このレビューはネタバレを含みます

    えーーーバットマンのゆめ?なのかあれは。。なんかへんな悪魔たちが飛んでるみたいなシーンとか全然わかんないシーンあったよー!ネットの解説みてこれはわかんなくていいやつですねと思いつつ見れたけどそれなきゃついてけなかったー!

    全体通して長く感じたけどバットマンの人間感はめっちゃよかった。
    最後怪物と戦うとこのバットマンの活躍しなさとか。
    離れたとこからクリプトナイト成分入り?のガス銃パーンで終了!そりゃそーなるよなと思いますた。

    そしてこれは屁理屈言ってすんませんだけど、スーパーマンは眼鏡あり・なしってだけでみんな気づかないの凄くないか!?バットマンなんて声まで変えてんのに、かたやスーパーマンは眼鏡スチャでおわりかーいって何度も思った。

    そしてマトリックス見た後だからか、新聞社の編集長がモーフィアスに見えてしまった。
    期待しすぎてたのか正直微妙でした。
    戦闘シーンは迫力ありましたがあっけなかった感は否めない。
    1回見ただけじゃ理解できない、でもまた見たいかと言われたらウーン…??と唸ってしまうやつ。
    >|