バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生の作品情報・感想・評価

バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生2016年製作の映画)

Batman v Superman: Dawn of Justice

上映日:2016年03月25日

製作国:

上映時間:152分

3.3

あらすじ

その力で人々を救ってきた、宇宙からきた男“スーパーマン”その技で悪と戦ってきた、人類最強の男“バットマン” 正義のために戦ってきた2人が、なぜいま敵対するのか―。皮肉にも、スーパーマンの戦いは、人類の平和を守ると同時に街を破壊し、甚大な被害を出してしまった。その強大すぎるパワーは、もはや地球人にとって脅威と化したのだ。この事態を受け、ずっと闇の中で悪と戦ってきたバットマンは、スーパーマンに対抗…

その力で人々を救ってきた、宇宙からきた男“スーパーマン”その技で悪と戦ってきた、人類最強の男“バットマン” 正義のために戦ってきた2人が、なぜいま敵対するのか―。皮肉にも、スーパーマンの戦いは、人類の平和を守ると同時に街を破壊し、甚大な被害を出してしまった。その強大すぎるパワーは、もはや地球人にとって脅威と化したのだ。この事態を受け、ずっと闇の中で悪と戦ってきたバットマンは、スーパーマンに対抗することのできる唯一の切り札として、人々の民意を背負い、戦いの表舞台へ立つことになる……。神に等しい力を持つスーパーマンに、“生身の人間”バットマンはどう立ち向かうのか?予測不可能な展開と壮絶な戦いの果てに待ち受ける本当の正義とは?監督は鬼才ザック・スナイダー。製作総指揮は巨匠クリストファー・ノーラン。バットマンにベン・アフレック。スーパーマンにヘンリー・カビル。誰も見たことがない、誰も想像しえない、究極のエンターテイメントが降臨!

「バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生」に投稿された感想・評価

クリスチャンベイルの洗練されたフォルムに慣れてしまったせいか、それに寄せているはずの本作ではベンのバットマンがなんかもっさりと感じられてカッコよくない。
スーパーマンはというとかなり好みだったしマンオブスティールはなかなか良かったのだが、こちらはというとイマイチ見せ場がないというか、もっとやれるのにみたいなもやっと感。
これはDC的にも絶対に成功させなきゃいけないカードだったのにスーサイドスクワッドといい全体的にがっかり。
ワンダーウーマンも投じてドラマ版のフラッシュとかも匂わせて、MCUにどう対抗するのか、いや追いつけるのか見ものだ。
激しい戦闘で市民への危害などにより賛成派と反対派に別れる世の中は普通のヒーロー映画には無いリアリティがあって良かった。
ただ1つ… バットマンごつ過ぎねぇか(~_~;) ノーランのバットマン3部作観た後だからあまりの変わり様に受け入れられない部分が多々ありwww
それにしてもワンダーウーマンのシーンは最高だった!これはジャスティスリーグ楽しみだ✌︎('ω')✌︎
げん

げんの感想・評価

-
 マンオブスティール見てるので全然置いてかれてないはずなのに置いてかれてる感が、妙に癖になった。フラッシュが速すぎる。
 スーパーマンは浮遊感とスピードと、法廷歩いてても違和感ない自然なデザインがもう技術力。
 バットマンはバットモービルが圧倒的すぎて気晴らしで敵を撃ってるようにしか見えない気持ちよさ。手加減してくれてる相手に手加減しないところもよかった。
 ベンアフレックが顔の下半分だけで十分ベンアフレックなので笑った。
風臣

風臣の感想・評価

2.5
キャストは本当にピッタリだと思う。
バットマンもスーパーマンも本当にイメージ通り。ワンダーウーマンもかっこよくてとても良い。
それだけにシナリオの詰め込みすぎてパンクしてる感と、蛇足シーンの多さが悪目立ちしている感。
スーパーマンなのにめっちゃ暗いというのはマンオブスティールから変わらず、今回も世間の当たりが大変キツい。
多分これ分けようと思えば三部作くらいに分けれそうなくらい内容が濃い。詰め込みすぎ。第一部でバットマンとスーパーマンの対比、二部で対決、三部で共闘、とかにしても良かったんじゃ・・・。
何よりもあれだけ敵意をもってスーパーマンと敵対したバットマンが攻撃を止める理由がひどかった。休戦させる理由もうちょっと何とかならなかったんですか。ジャスティスリーグ大丈夫か?
plantseeds

plantseedsの感想・評価

3.9
あまり、評価されていないようですが、
素直に面白い。

バットスーツがごつい笑
スタイリッシュなノーラン版のスーツが好き笑
Areion1227

Areion1227の感想・評価

2.5
マーベルのアベンジャーズに対抗するDCのヒーロー集合映画。
マン・オブ・スティールの続編の位置付けで、ダークナイトとは無関係。
超大作のはずだが、無駄な部分や先読みできる展開が多く、中途半端でチープな印象を受ける。
DCヒーローを知った上で観ても、映画として失敗している。
rodem

rodemの感想・評価

4.0
ジャスティスリーグ公開前におさらいです。
終始ダークでシリアスな雰囲気で
ウォッチマンとダークナイトのイメージに引っ張られている感じです
この作品だけでは???なシーンが多いので親切ではないけれど楽しみではあります
スーパーマンは神として扱われていますので自作の登場シーンに期待が高まります
ちなみにワンダーウーマンが参戦するシーンがお気に入り
santasan

santasanの感想・評価

3.4
スナイダー監督の映像へのこだわりは流石ですね〜。でも、ストーリーは流石にこれじゃあ詰め込み過ぎじゃね?もう途中で何の話かわかんなくなっちゃうよ。アメコミは勧善懲悪のどシンプルなストーリーでいいと思うんだが…。

ん〜🤧💧💧
過剰な自衛意識は新たな争いを生む
光と闇の対決。

エイリアンと人間と神、メタヒューマン…色んな立場のキャラクターが出てくる。

立場は違えど共通してるゴールは平和、愛、正義で、生い立ちも共通点がある。

強いだけじゃなく欠点も持ってるからこそ感情移入出来て、共感できる魅力をDCコミックのキャラクター達も併せ持ってる。

スーパヒーローはいつの時代にも刺さる。
本当に好きだ。
>|