バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生の作品情報・感想・評価

バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生2016年製作の映画)

Batman v Superman: Dawn of Justice

上映日:2016年03月25日

製作国:

上映時間:152分

3.3

あらすじ

「バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生」に投稿された感想・評価

pokuta

pokutaの感想・評価

2.8
いやはや久しぶりにみたとんでも映画。ザック・スナイダーは前作のスーパーマンの時からあまり好きな監督ではなかったがさらに確信した。頭の中はきっと筋肉でできているに違いないと。あまりの残念さに、家に帰ってダークナイトを観かえした。
snoopy

snoopyの感想・評価

2.3

このレビューはネタバレを含みます

分かりづらいうえに、戦闘シーンもイマイチ。
人々がスーパーマンの死を悼んでる感じが良かったのに、生きてそうなラストに萎える。
じょの

じょのの感想・評価

2.7
ワンダーウーマンの登場に「おおおお!!」と、観ている全員が湧いたくらい、とにかくカッコよくてシビれた。
が、それ以外はちょいと退屈。
脚本に突っ込みどころが多く、とにかくキモとなる二人の対決の理由が弱すぎる。
トニーVSキャップくらい納得させてくれないと。
JASMINETEA

JASMINETEAの感想・評価

3.6
スーサイドスクワッド観る前に観なければと思い、久しぶりにDVD借りました✨
『BATMAN VS SUPERMAN』素晴らしかった✨
所々ジョーカーの伏線あってテンション上がった!🃏ロビンの衣装とかね😂
まさかのBATMANの両親がウォーキング・デッドファミリーが演じているという😂👍
所々理解するのが難しい箇所があったんでまだまだアメコミ勉強不足やぁー💀
結末は個人的にショックで泣きました😅

トータルで観るとワンダーウーマンにすべて持ってかれた感はありますね笑
しょう

しょうの感想・評価

3.2
話がダラダラしてる。

ラストの戦いだけ面白い。

DCって感じ
CKTC

CKTCの感想・評価

3.6
そんな組み合わせの対決ありなの?っていうDC2大ヒーローの戦い。

フィクションの中だけど設定がリアルで、バットマンがスーパーマンと戦おうとしたらそういう戦い方になるよねーと納得できる感じで良かった。
福岡市は小学校の入学式で、他の学年は休校に。ってことで、息子と二人で二大アゴ割れ俳優の対決を観に行って参りました❗
観る前からおバカ映画の匂いがプンプン漂ってたのですが、それならそうと、思いっきりバカになって楽しもうと言うことで、4DX❗❗
チケット売場で前から二列目の席を取ろうとする私に後部席がいいという息子。
4DXの場内は前から香りとか出てくるし、前の方で見た方が迫力あるよ。と、すすめるも、"いや!おならとかしたら、匂いが臭いっちゃろ?"と、嫌がるので、"大丈夫!バットマンもスーパーマンもイケメンだからオナラなんてしないから!"と、言い聞かせた母親は私だ。
映画の方はといえば…。
イケメンだけどチンドン屋の二人の対決。なんか、ダラダラしてて、はぁ?って感じ。
前半なんて寝落ちするも、揺れる座席や、突然の雨とかで、ハッ!っと強制的に目覚めるという…。(^^;
監督はザック・スナイダー。
もう!製作総指揮のクリストファー・ノーラン監督はなにしてたんでしょーね。
映画が終わったあと、息子が"あのさー。ワンダーウーマンってなんやったと?"って聞いてきたけど、私も"さぁ?"って答えしか出て来なかったな。
無駄に色気はあったけど…。筋肉とアゴ割れに飽きた観客に、チョイト色気を足してみたのかな?
いつ面白くなるんだろう?と思って見守っていたのですが、ジェシー・アイゼンバーグが坊主になって怪演っぷりをみせつけて、終わりっていう…。
私的には今年みた映画の中でも残念度No.1でした。
チョコ

チョコの感想・評価

3.8
スーパーマンとバットマンとワンダーウーマンの3人がどう掛け合うのか楽しみだったけれど全体的に微妙な感じだった。結局はスーパーマンゲーという感じ(?)
unOtAKasHi

unOtAKasHiの感想・評価

3.0
『DCエクステンデット・ユニバース』シリーズ第二段。世界にその名を轟かせるスーパーマンですが、一方で存在を危険視する人々からの疑念に晒されることになります。その中には生身の人間でありながら厳しい鍛錬と様々な創意工夫で世の秩序を守るバットマンの姿があったのです。

第二段にして早くもヒーロー達のコラボが披露されますが、前作に引きずられ全体的に暗い雰囲気で進行していきます。今作で登場のバットマンですが、行動に一貫性がなく『ダークナイト・トリロジー』で見せた信念のヒーローという印象が薄れる一方、異星人でも神の化身でもない生身の人間という設定からラスボスとのバトルでは戦力外という残念な描写に終始します。

暗いスーパーマンと、優柔不断なバットマン、しかしそれでも一筋の光明が差します。もうひとりのヒーロー、ワンダーウーマンの存在です。映画史上屈指の超カッコいい音楽と演出で登場する彼女は、ストーリー上でも映画シリーズとしても正にヒーロー(救世主)としての役割を果たすのです。
オル

オルの感想・評価

4.0
面白いけど繋ぎだよ。

DCコミックの超人気ヒーロー二人の世紀の対決ここに。

みたいになってるけど、繋ぎでしょ。 
観なくてもわかるよ。
MARVELシリーズの流れをみればわかるよ。

マネーVSパワー

マネーはパワー、パワーは?

片や手裏剣、片や目からビーム
片や強化スーツ、片や最強の肉体
片やモービル片や飛空能力

さて、この圧倒的実力差をどう埋める。
埋まる?

あ、あったね。あれ。弱点。

バットマンの戦いがいいね。

渋いね。かっこいいね。

バットマンって感じだね。

普通に面白い。
>|