劇場版 はいからさんが通る 前編 ~紅緒、花の17歳~の作品情報・感想・評価

劇場版 はいからさんが通る 前編 ~紅緒、花の17歳~2017年製作の映画)

上映日:2017年11月11日

製作国:

3.7

あらすじ

いつだって 大キライは恋のはじまり。 時は大正。女学校に通う17歳の花村紅緒は、いつも明るくケンカっ早いところのあるじゃじゃ馬娘。親友の環とともに楽しい学園生活を送り、恋も結婚相手も自分で選びたいと思っている。そんなはいから娘が出会ったのは、笑い上戸なイケメン、伊集院忍少尉。実は彼が祖父母の時代から決められていた許婚であることを知った紅緒は、それに反発。愛のない結婚を阻止しようと奮闘して騒動を…

いつだって 大キライは恋のはじまり。 時は大正。女学校に通う17歳の花村紅緒は、いつも明るくケンカっ早いところのあるじゃじゃ馬娘。親友の環とともに楽しい学園生活を送り、恋も結婚相手も自分で選びたいと思っている。そんなはいから娘が出会ったのは、笑い上戸なイケメン、伊集院忍少尉。実は彼が祖父母の時代から決められていた許婚であることを知った紅緒は、それに反発。愛のない結婚を阻止しようと奮闘して騒動を巻き起こすが、少しずつ少尉に心惹かれていく。

「劇場版 はいからさんが通る 前編 ~紅緒、花の17歳~」に投稿された感想・評価

世代じゃないけど、はいからさん大好きなんです。でも、この映画は絵柄が変わりすぎてて敬遠してた……。ようやく見たよ!

はいから女学生の紅緒には、実は公家の婚約者がいて……。自分の人生は自分で決める!というこの時代には珍しい思想を持つ紅緒が騒動を起こしまくるってストーリー。ちゃんとラブもしてます。
クルクルと変わる紅緒のはいからでモダンな衣装が可愛い❤︎

やっぱりストーリーは面白くて、絵柄は違くても楽しめた。
ただ、映画の割に映像がしょぼいな〜、予算なかったのかな。あと、紅緒の声がイメージと違うなあ。早見沙織さんは大好きなんだけど。

ラスト近くでテレビ版のOPが流れたのにはグッときた!終わり方も良かったと思う。後編も見たいと思う、レンタルで…。

個人的には、同時期にやっていた宝塚版で花優希ちゃんが演じた紅緒の方が、原作のイメージに合ってると思う!ヅカオタの意見だけど。見てほしいです。
みみん

みみんの感想・評価

2.8
映画だから仕方ないが、
だいぶ内容が薄いなぁと。
前編、後編なのに。。
友達には内緒にしてたけど、男の子のくせに、ハイカラさんのテレビアニメ見てました。キャッ、恥ずかし😣

ところで、こちらの映画、
時は大正。女性の地位がまだ低く、親の決めた相手と結婚するのが当たり前だった時代。自由な恋愛に憧れた一人の女性の物語。

描かれているのは、
「初恋のトキメキ」と、「髪を切って覚悟を決めた女の強さ」です。

エンディングが記憶に無いのは、テレビ放送が途中で打ち切りになってたんですね…残念。

五十過ぎたオッさんが、少女漫画原作のアニメに、いかがなものかと思うけど、、、今秋公開の続編、【幻のエンディング】は映画館で観て、思いっ切り!泣いてきま〜す。

映画館の恥はかき捨て!
tama

tamaの感想・評価

4.0
大好きはいからさん♡それがアニメ映画になった…それだけでもう高評価に値する!原作好きな人には内容はあっさりだったかもだけど、映画にまとめるならまぁ有りだし!最後の方でハイカラさんのテーマ曲が流れるあたりは妙にテンションが上がる!昔のアニメは悲しいことに打ち切りで終わったけど今回は最後まで観れるのだと思うと次回作も超期待!永遠の理想の人…少尉(°▽°)
声優も豪華でマモ様も櫻井様も梶様もなんと俺得なんだろう…
原作は知らないけど
主人公がかわいい!少尉がかっこいい!
お話もワクワク✨

大満足でした!
本日、三度目のレンタル(笑)

劇場には恥ずかしくて行けずに、レンタルを首を長くして心待ちにしていた甲斐ありのド傑作☆

アニメなのに実写のような素晴らしい演出でした(特にカット割りが凝っていました)。
また、乙女度という点においては、昨年の「夜は短し~」も面白かったが、格が違う。
んでもって、少尉の格好良さは規格外ときたもんだ!
当時漫画やアニメで慣れ親しんだ世代ではなく、本作を初めて観る世代の方々も、ときめかないはずがない。

皆さんご承知の通り、日本のアニメーションは世界最高レベルへと変貌を遂げた。
それでも本作のテレビアニメ放送から約40年を経た現在でもこの作品は、全く古びてはいなかった。

~初恋、そして一途な思い~

この普遍的なテーマは、老若男女を問わず心の奥底に染みわたるのだ☆彡
ぽん

ぽんの感想・評価

3.0
名前だけで見たことなかった作品。
大正時代ってお洒落で好きなので見てみた

うーんまあまあというとこあまり真面目に見れなかった😅

あの木に登って伊集院が告白するシーン良かった!
jeanoak

jeanoakの感想・評価

3.5
原作も実写も観てなかったが、なかなか楽しめた。結構クスッと笑える。
たくましい女。

良薬口に苦し。蘭子(笑)。
少尉かっけぇ。求む職。女アレルギー。

いいとこで終わっちゃったよ。
rinky

rinkyの感想・評価

4.2

自分の棺桶に入れてほしい漫画ナンバーワン、はいからさんが通る。初対面が桜の木の下じゃないのが不満だけど、それ以外はとても綺麗にまとめられていて違和感なかった。そして、大事なシーンでちゃんと紅緒が原作通りの着物や洋装を着ていて嬉しい。

あと、なんといってもアニメのOP曲であるはいからさんが通るを挿入歌として流してくれたのに涙が出た・・!キャラデザは今時な感じだけど、ちょこちょこ大和和紀要素のある絵があって原作、アニメを大事にしてくれてるのがわかって嬉しい。後編楽しみだけど、原作の二人がすれ違っていた時期に一コマ出てきたはいからさんルックで紅花の花束を抱く紅緒と少尉の絵だけで毎回ボロボロ泣いてしまうので、多分号泣する気がする・・。絶対無いけど、おまけで、はいからさんがこけたやってくれたら超嬉しい。
>|