龍の歯医者 特別版の作品情報・感想・評価

龍の歯医者 特別版2017年製作の映画)

上映日:2017年12月29日

製作国:

上映時間:89分

あらすじ

彼の国には龍が棲んでいる── 神話によれば、古の人々との契約により、龍は人を助け、人は龍を助けるという… 舞台は “龍の国”。 主人公は、国の守護神 “龍”を虫歯菌から守る新米・歯医者の野ノ子。 隣国との戦争が激化する中、ある日彼女は、龍の歯の上で気絶した敵国の少年兵を見つける。 少年の名はベル。 大きな災いの前に龍が起こすと言われる不思議な現象で、巨大な歯の中から生き返ったものだっ…

彼の国には龍が棲んでいる── 神話によれば、古の人々との契約により、龍は人を助け、人は龍を助けるという… 舞台は “龍の国”。 主人公は、国の守護神 “龍”を虫歯菌から守る新米・歯医者の野ノ子。 隣国との戦争が激化する中、ある日彼女は、龍の歯の上で気絶した敵国の少年兵を見つける。 少年の名はベル。 大きな災いの前に龍が起こすと言われる不思議な現象で、巨大な歯の中から生き返ったものだった。 自らが置かれた状況に戸惑うベル。そして彼を励まし、彼を龍の歯医者として受け入れる野ノ子。 激しい戦いに巻き込まれながら、二人はやがて自らの運命を受け入れて行くことに…

「龍の歯医者 特別版」に投稿された感想・評価

テレビ版の再編らしいので劇場には行きません
作品としてはまぁ普通でクオリティは高いけど最高という程でもない
ただ日本アニメ(ーター)見本市という活動は本当に重要だと思うので広く知って欲しい
すてふ

すてふの感想・評価

3.5
TV版ですが視聴。エヴァ制作スタッフ、声優さん流石です。

人知を越えた力で国を守護する龍、弱点は虫歯。その歯医者のお話。
さかい

さかいの感想・評価

4.0
独特の世界観。前半の研修編だけで2時間もちそうなくらい面白い
龍でかい。背中に家とか基地とか神社とか建てられてる。バリアあるのに鎧も着せられてる
ノノ子とベルくんコンビかわいい
色々残ってスカッとしない終わり方。原作ものじゃないしこれはこういうものとして完結してるんでしょうか
パンフないのは残念。総集編でも劇場作品ならパンフは必要

このレビューはネタバレを含みます

『龍の歯医者』鑑賞。Amazon primeでテレビ版を視聴し、余りにも感動したので劇場でも鑑賞。良い音響で聴くとより素晴らしい。
舞台は欧米風の国セルペナーダと日本風の龍の国との戦時中で、龍の国が契約している龍の上でドラマが繰り広げられる。敵国の士官であるベルは仲間に裏切られて地上で死亡するが、龍の不思議な力黄泉がえりで龍の上で再び生を受け、敵国の要人である龍の歯医者たちの世話になりながら、生きることについて改めて考える。
無敵のように見える龍の唯一の弱点が歯であり、その歯を荒魂じみた虫歯菌から守る職能集団が龍の歯医者だ。主人公の野々子もまた、半年前に龍の歯医者に選ばれたばかりで、初めての部下としてベルをかわいがり、その中でベルは野々子に恋をする。
二人の間で決定的に違ったのは、死に対する考え方だ。歯医者たちはみな自らがどのような死を迎えるかという臨死体験を事前に済ませており、その待ち構える運命に身を委ねている。(というか運命に身を委ねないと歯医者として龍に選ばれない)二度目の生を受け生きることの尊さを知るベルと、死ぬ運命を受け入れる野々子。死ぬ運命がわかっていて避けないのは自殺と同じだと迫るベルに対し、野々子は「生きるって、長生きすることが目的なの?」と飄々と返答するのだった。そうした死生観の違いによって、物語ではベテラン歯医者の柴名が龍の国を裏切る場面も。結局、好きな相手が死ぬ運命を受け入れられないベルは、龍の歯医者から抜けると言い出す。しかし、野々子は姐さんの私が決めたんだから、あんたは歯医者だと告げる。最終的に、ベルは龍(というより龍の歯医者という職能集団)を守るために命を賭して敵国の兵士を道連れにすることになる。
クライマックスの音楽がとにかく抜群に感情を煽られる。最期のベルのモノローグとか爆泣きでした。運命を受け入れ与えられた死を受け入れる少女と運命に抗い好きな少女のために死に方を選んだ少年。物語のすべてを見せない奥ゆかしさに想像力を掻き立てられた。
erika

erikaの感想・評価

4.5
見本市から観ていた作品が映画にまでなるなんて泣ける。内容はTV版まとめただけだけど、元々劇場版クオリティだから全く画面負けしていなかった。
スタッフ・キャスト共にこんなに好きな人が集結する作品って今後中々無いんだろうなあ。

ストーリーは舞城らしからぬ分かり易さなので初見でも楽しめるのでは。
もっとみんなの日常を観たいし物語の深いところまで知りたいので、TVシリーズ切望。
スタジオカラーの化物具合がよくわかる。既視感がないといえば流石に嘘になるけど、終末の表現、そしてあの映像に呑まれる感覚は唯一無二だなぁ。
ゆきよ

ゆきよの感想・評価

3.0
舞城ファンは最後のベルの語りを聞くだけで大満足なのであった。

観るの2回目で相変わらずベルがうざい、いちいち野ノ子に頬を染める描写がくどい。
上映館全国たった3館って(笑)

皆さんはご存知でしょうか?
"日本アニメ(ーター)見本市"と言うサイトで、色んなアニメーターの短編が公開されてた事を。
その中の一編『龍の歯医者』をTVアニメ化したのが今作。
さらに劇場公開用に音響を一新したのがこの劇場版です。

龍の歯を守る為に選ばれた者たちの話し。
元となった短編はほんの数分の作品で、観たのも数年前(現在は配信終了)なので、実はあんまり覚えてません(笑)
なので定かではないですが、かなり世界観を広げて背景に戦争(架空戦記)を持ってきてるみたいです。
元の短編は全ての作品で山寺宏一と林原めぐみの2人で声を担当してましたが、今作はヒロインを清水富美加さんが担当してました。
キャラのせいかめっちゃ可愛い声でした(笑)
戦争と龍の歯医者の2つをメインにして、人間の運命や戦争の正義、そこに個人の想いを絡めて、なかなか見応えのある作品ででした。
ただ設定広げ過ぎて世界の全容は分からなくなっちゃってますが(笑)
元の短編の龍が長〜いやつだったと思いますが、今作では「クロノ・クロス」とかに出てくるみたいなモンスターになってました(笑)

今作を観に行ったのが1月8日。
そう成人の日だったので、移動の電車も劇場の周りの繁華街も新成人らしき人がチラホラ。
晴れ着姿の美女を見て目の保養してます(笑)
ちなみに、僕の大好きなJDも新成人!(笑)
長い事会ってないから晴れ着姿の写真送ってもらおうか(笑)
龍デカっ!
TVは見逃してたけど実に面白かった。
典型的な世界観で見せる作品で、世界観にテーマが内蔵されてる。
舞台はパラレルワールドの第二次世界大戦。
日本ぽい国と西洋っぽい国が戦争してるのだが、日本っぽい国は巨大な龍と契約を結んで戦いを優位に進めている。
龍はただ飛んでるだけで何もしないから、何がどう有利になるのかはよくわからない。
ただ神的な力を持つ龍の唯一の弱点が、虫歯になりやすい歯で、龍の歯医者と言う職能集団が存在する。
主人公は新人歯科医の少女と、龍の歯の力によって蘇った敵軍の少年兵。
自分から道を選んだものと、超自然に選ばれたもの。
歯医者になると、自分の人生の終わりが見えてしまうのがポイント。
命とはなにか、なんのために生きるのか。
二人の死生観の違いが、ドラマ的な葛藤を呼ぶ。
龍と歯から湧いて出る虫歯菌は、いわば生と死を司る理のメタファーか。
象徴的な戦争を背景にした、自らの命のリミットを知るものドラマという点ではちょっと「スカイ・クロラ」を思わせる。
完結しているものの、世界観の魅力だけでもいくらでも続編作れそう。
龍の他の部分も見たかったよ。
しかし主人公を演じる清水富美加が上手い!
続きがあるなら是非続投してほしい。
千眼美子でも良いから、教団以外の仕事もしたらいいじゃない。
地元ではやってないので東京に来たついでに観賞。
TV放映視聴済みだが、大きなスクリーンで観ると迫力が違う。
このクオリティ維持してTVシリーズ化できれば嬉しい。
>|