ゲット・アウトの作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

ゲット・アウト2017年製作の映画)

Get Out

上映日:2017年10月27日

製作国:

上映時間:104分

3.8

あらすじ

「ゲット・アウト」に投稿された感想・評価

emi

emiの感想・評価

3.0
付き合って間もない彼女の実家に招待された青年がヒドイ目に遭うホラー映画。音楽や映像にセンスがあり、古典的ホラーな演出や次々に目にする変な人達に不安を募らせる主人公と友人との電話の会話にユーモアがあって怖いけど可笑しい。
ユキ

ユキの感想・評価

3.5
不安がまとわりつきながら最後まで面白く観れました。
今後ありえそな話かも。

でも、印象に残っているのは根強い黒人差別の日常化。
これが一番怖いッス((( ;゚Д゚)))
りっく

りっくの感想・評価

4.0
前情報皆無で見たからホラーっぽい音楽が鳴った時に「え!?ホラーなん!?」って思わずww 霊的なものではなく、ちょっと非現実的ではあるけどミステリー小説みたいな繋がり方して好き。
使用人の不気味さ。途中おいおいまじかと思い冷めかけたがその後の展開にまた見入ってしまった。
面白かったとはっきり言ってはいけないけど、作品としてすごい面白かった
KOZZ

KOZZの感想・評価

3.3
想像の斜め上をいきすぎていて、私の頭では追い付けなかった…

ともあれ人種の多い国では差別、逆差別が問題視され続けているのでこうした目に見えない心の中にある「差別」は根強く、なかなか消えていかないものだなと改めて感じる。

私も黒人が活躍する音楽に多く携わっていたのである種の憧れに似た感情を持っているのは確かだが、なりたいかと言われたらそれはまた違うなぁ…

このご時世、よく世に送り出せたなという作品。色々述べるより「見なきゃ伝わらない」ってやつ。

それぞれの人種で見方も違ってくるだろうし、色んな人種の人の意見も聞いてみたい。
ぺい

ぺいの感想・評価

3.6
人種差別の実態を独特な伝え方をしていて、その点は面白かった。ストーリーは、舞台が現実の世界なのに、いきなり非現実的なことが出てきたからあんまり入り込めなかった。そこだけは残念だった。
ruhaketa

ruhaketaの感想・評価

3.9
「だから言ったろ」
気になっていたのをようやくレンタル。人種差別をベースにしながらもそれだけでは終わらない展開で、最後まで緊張感を持って観ることができた。
見返してみると使用人達の謎の行動やパーティーの来場者の発言、そして鹿など後からなるほどと思えるシーンが沢山あった。黒人の話し方などの違いは英語が得意ならより楽しめただろう。

ストーリーはまあ目的は理解できたとしてもあれを実行に移すのは勇気がいるよな。
むぎ

むぎの感想・評価

4.0
ずっとこんな映画待ってました。

不気味な雰囲気が漂っていて不安な気持ちになるのが堪らないです笑

世にも奇妙な物語のような不気味さです。
オチや伏線を気にする暇もなく夢中になって観ました。

見終わってからネットで解説を見てまた楽しめました!
えな

えなの感想・評価

3.8
めちゃくちゃ棘のある皮肉がじわじわくる作品。
スリラーといえばそうだけど、いちばんこわいのはふつうにしてる人間の心、みたいなのを描いていて端々があとから面白い。
彼らは黒人を見下しているのか?崇拝しているのか?どちらにせよ差別はしているってのがなー…やっぱり結末を知った2回目が面白いかも。
唐突に出てくる大山空手の最高師範が「黒人っていい?わるい?」と聞くへんな場面もこの親族たちが何をしてるのか気づくと不気味すぎてやべえ。
サスペンスとしては要素が薄いけれど小説ならもっと面白い気がした。

とりあえずもつべきものは友達。
>|