ゲット・アウトの作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

ゲット・アウト2017年製作の映画)

Get Out

上映日:2017年10月27日

製作国:

上映時間:104分

あらすじ

ニューヨークに暮らすアフリカ系アメリカ人の写真家クリスは、ある週末に白人の彼女ローズの実家に招待される。若干の不安とは裏腹に、過剰なまでの歓迎を受けるものの、黒人の使用人がいることに妙な違和感を覚える。その夜、庭を猛スピードで走り去る管理人と窓ガラスに映る自分の姿をじっと見つめる家政婦を目撃し、動揺するクリス。翌日、亡くなったローズの祖父を讃えるパーティに多くの友人が集まるが、何故か白人ばかりで…

ニューヨークに暮らすアフリカ系アメリカ人の写真家クリスは、ある週末に白人の彼女ローズの実家に招待される。若干の不安とは裏腹に、過剰なまでの歓迎を受けるものの、黒人の使用人がいることに妙な違和感を覚える。その夜、庭を猛スピードで走り去る管理人と窓ガラスに映る自分の姿をじっと見つめる家政婦を目撃し、動揺するクリス。翌日、亡くなったローズの祖父を讃えるパーティに多くの友人が集まるが、何故か白人ばかりで気が滅入ってしまう。そんななか、どこか古風な黒人の若者を発見し、思わず携帯で撮影すると、フラッシュが焚かれた瞬間、彼は鼻から血を流しながら急に豹変し、「出ていけ!」と襲い掛かってくる。“何かがおかしい”と感じたクリスは、ローズと一緒に実家から出ようするが・・・。

「ゲット・アウト」に投稿された感想・評価

うん、すごく緊張感のある、見応えがある映画でした。

タイトルにすべての意味が込められていた。

人間が醸し出す、不気味な雰囲気がこの世では1番こわいんだ。じわじわと
そう思った。

心理的なことが描かれていて、恐怖だけじゃないのもよかった。


親友、ほしいなぁ。
ホラー苦手な自分にとっては怖かった…主人公と同じように体固まってしまった

主人公の友だちのお陰で見続けることができた
kirito

kiritoの感想・評価

3.7
【バージョンアップ】

黒人のクリスが彼女ローズの家族に挨拶に行く話。
白人と黒人、その因縁はまだまだ深く…

人・間・不・信。
一番怖いのはおばけや幽霊ではなく人間。

登場人物たちが持つ少しの違和感が、後半になると意味がわかり楽しめる。
ふむふむ。そういうことか。

最後の終わりも含めてなかなか納得の出来栄えでした。

だけど、実際こういうことおこってそうだから怖い。
サイコパスって割と身近にあることがこの前の事件でもわかったし。

でも一番怖かったのは、黒人のお手伝いさんでした。
影響力ありすぎンゴ(ㆀ˘・з・˘)


『おじいちゃん!おばあちゃん!君に決めた☆』

2017.11.20
るゅ

るゅの感想・評価

4.0
こういう洋画は初めてでレビューも読まずどんな話か全くわからないまま行った。物語始まってなんとなくずっと不気味だったけど少しずつなるほどって思える点が出て来るのが面白かった。最後まで楽しめた。
torisan

torisanの感想・評価

4.5
めっちゃ面白かった!前半はとにかく不気味。恐怖ってのは正体がわからない間が一番怖いですよね。物事のあらましが見えてきてからも息をもつかせぬ熱い展開。全編通して不気味な空気が支配している中、独自のお下劣推理を展開する親友の航空警察の兄ちゃんがいい味出していて、色々と救われました笑 噂に違わぬ傑作と思いました!
きざし

きざしの感想・評価

4.2
フィルマーズの皆さんの大絶賛につられて鑑賞~!!!ヾ(*>∇<*)ノ💓


いやぁ~!!
なかなか興味深い作品でしたよ🙌💖




この監督さん、コメディアン出身だとか?(*^.^*)



日本でも北野武や松本人志など、

コメディアン出身の映画監督さんが頭角を表してますが、


やはり「笑い」って頭がキレないとできないですね❗💕



「人を笑わす」ってそれだけ人とは違う観点を持ってないとなかなか難しい!!!(*゜Q゜*)



そんな彼らからしたら、「笑い」以外のの見せ方は難なくできるのかも???




この作品でも始終散りばめられている「可笑しさ」。




それは、単なる面白いというものではなく、
毒々しさのある「可笑しさ」。


どこか笑っちゃいけないような気分にさせる。



それどころか息を潜めて見守っちゃうような恐ろしさも兼ね備えてて、
かな~~り独特の雰囲気です(*゚Д゚*)💨💨




個人的には内容よりも、その雰囲気がなんとも言えない心地よい作品でしたね😳🎶




前半のおしゃれな雰囲気と、軽快な音楽💓




鹿が現れてからの不穏な雰囲気🙈✨



彼女の家族、親類、素敵な洋館、そしてヘンな黒人召し使い、、、、、




そしてなんといっても、
彼女のお母さまによる、催眠術の描写はほんっとお見事としか言いようがないです!!!!😂👏👏👏💡



こんッな映像体験初めてッーーゥ✨(*’ω’ノノ゙☆パチパチ❤



そこだけでも、正直劇場で見る価値ありましたね~😆✨





後半の展開は、悪くはないですがなんとな~く既視感があって…🙈💨



なんか他にもこんな映画あったような、、、?




でも、役者たちの不気味すぎる演技は、ホント見物です…!!!!((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル





ちなみにこの劇場、小さいハコだったんですが入った瞬間からワイワイガヤガヤ…(*゜Q゜*)トモダチトノカンショウカイミタイ



隣の女の子はデッカイ袋菓子振りまくってボリボリしてるし、

後ろの男の子は通路までカバンや靴放り出してつくろいでるし、、、



挙げ句のはてには、エンドロール出た瞬間からワイワイ出ていく人続出で、

ど真ん中に突っ立ったまま動かない男の子⁉

しまいには座席飛び越えて出ていきました、、、ヽ(;´ω`)ノ
Megu

Meguの感想・評価

3.8
人種差別を題にした(ホラー??)
話がただただ私には新鮮で、
面白いなあって思った
怖い、というよりも淡々と不気味な感じ
個人的に、もっとバーンってなって欲しさあった、、笑笑
maaaaaao6

maaaaaao6の感想・評価

3.9
104分あっっと言う間だった!この飽きさせない演出は99%が大満足するわ〜
あまりに話題だったからちょっと期待値あげすぎたかも……でも例に漏れず大満足!
不気味不気味言われてたから後味悪い系、胸糞悪い系かと思ってたら特にオチに意外性はなくスッキリ。
観た直後はイェーイ!!って感じだったけど、数日経ってじわじわと良さが増してる。伏線の貼り方と回収の仕方良かったなあ〜めちゃくちゃ綺麗。
なによりも音楽の効果が最強で、最強すぎてストーリーに集中できないくらい最強!笑
親友がバカで好きだわ〜
BF

BFの感想・評価

4.2

昨夜鑑賞したんですが…、
めっちゃ面白い!!

のはそうなんだけど''怖さ''の深みが凄い。表面の音や画の怖さだけじゃない、伏線を回収しながら得る、浸み込んだ根深い闇が浮き上がる。その残酷さにゾワゾワする中、主人公の親友、ロッド、最高な奴だったな…救われたよ…。傑作だった。

突っ込みどころは本当に少ないし、伏線も綺麗に気が効くほど張り巡らされ、気持ち良く回収できて鑑賞後はスッキリしたけど、怖さのゾワゾワはそうもいかない。

きっと自分にも当てはまるからだと思う。少なからず。深層心理、あるいは無意識の奥深くで自分、そして多くの人があらゆるものを差別する。悔しい。

アメリカで評価されたのも納得の作品。

前情報なしで鑑賞しましたが正解でした。
表面上の''おかしさ''を理解するほどに、スリラーが増幅する秀作ですね。
見る前に期待値上げすぎた
細かいとことかは悪くないけど、予想外の展開はなく、ひたすら音量で驚かせてくる感じ
メイド役のゾッとする表情や演技はとても良かった
>|