ゲット・アウトの作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

ゲット・アウト2017年製作の映画)

Get Out

上映日:2017年10月27日

製作国:

上映時間:104分

3.8

あらすじ

ニューヨークに暮らすアフリカ系アメリカ人の写真家クリスは、ある週末に白人の彼女ローズの実家に招待される。若干の不安とは裏腹に、過剰なまでの歓迎を受けるものの、黒人の使用人がいることに妙な違和感を覚える。その夜、庭を猛スピードで走り去る管理人と窓ガラスに映る自分の姿をじっと見つめる家政婦を目撃し、動揺するクリス。翌日、亡くなったローズの祖父を讃えるパーティに多くの友人が集まるが、何故か白人ばかりで…

ニューヨークに暮らすアフリカ系アメリカ人の写真家クリスは、ある週末に白人の彼女ローズの実家に招待される。若干の不安とは裏腹に、過剰なまでの歓迎を受けるものの、黒人の使用人がいることに妙な違和感を覚える。その夜、庭を猛スピードで走り去る管理人と窓ガラスに映る自分の姿をじっと見つめる家政婦を目撃し、動揺するクリス。翌日、亡くなったローズの祖父を讃えるパーティに多くの友人が集まるが、何故か白人ばかりで気が滅入ってしまう。そんななか、どこか古風な黒人の若者を発見し、思わず携帯で撮影すると、フラッシュが焚かれた瞬間、彼は鼻から血を流しながら急に豹変し、「出ていけ!」と襲い掛かってくる。“何かがおかしい”と感じたクリスは、ローズと一緒に実家から出ようするが・・・。

「ゲット・アウト」に投稿された感想・評価

おもつ

おもつの感想・評価

3.6
ミステリー小説的な面白さがあった。
人種差別問題を感じさせるシーンが随所にある。説教臭くはない。
黒人て大変だよな、と思う。

2回見たけど、2週目も細かい伏線を確認できて面白い。
little

littleの感想・評価

3.5
不気味な空気感が漂って先が見入ってしまったけど、そこまで刺さらなかった。
jerome

jeromeの感想・評価

3.9
ユーモラスに表現された歴史背景を理解してからもう一度観ると隠れたフラグが見つかり面白い。後半禁煙を勧める意図が分かるとゾッとした。演出も露骨さがなくて良かった。原作を読んでから更にもう一度再履修しなければ…終盤一気にB級感が増して救われる結末は予想外笑
キャレブがSick boyからCrazy guyに成長してくれて心底嬉しいと共に、彼はもうメジャーなセレブになってしまったんだなと思うと悲しい。ビザンチウムでの病弱で2枚目のくせに影が薄かった君を忘れないよ
黒人差別関連のミステリー作品かと思いきや、30分くらいで奇妙な行動3連発と同時の効果音で深夜に観るのが怖くなって一度停止。ネットのカテゴリーを確認すると「ホラー映画」…やっぱり!しかも製作者は「パラノーマルアクティビティ」の製作者って…翌朝始めから観ることにしました。
でも、そこからはそんなもんなんだと思って観たら楽しめた。効果音含め音楽が凄く良かった。最初に流れるchildish gambinoの「redbone」て曲はオープニングの雰囲気にあってて凄く良かった!のでApple Musicですぐ取りました。
あとは何やかんやで黒人差別が色々と表現されてるところも見所かな。
救いようのないアナザー・エンディングがあるらしいので、DVD確認します。
あと、ジョージナ役の女優の表情は、夢に出てくるの間違いなしのインパクト。夜中にトイレ行けません。
けんざ

けんざの感想・評価

4.2
よく練られた社会派ホラーで結構面白かった
1回目を観終わった後すぐ2回目が観たい!となり、友達といろいろ考察しながら見逃した伏線を回収できたので満足
ただ、人種差別とかのテーマでよく見られる、アメリカならではのブラックジョーク(ズートピアとかもそうだけど)が理解できればもっと楽しめるんだろうなとも思う
直接的な恐怖ではなくて、ハッキリとは分からないけど何か違和感とか不気味なモヤモヤを感じるっていう演出が好きなので、こういうホラー映画はもっと積極的に見たい
taIsan

taIsanの感想・評価

3.6
なんとも気持ち悪い(良い意味で)映画。

登場人物の狂気的な演技が素晴らしい。
それに尽きる。

[監督]
ジョーダン・ピール
[出演者]
ダニエル・カルーヤ
アリソン・ウィリアムズ
ブラッドリー・ウィットフォード
ケイレブ・ランドリー・ジョーンズ

作品自体短い上に最後の10分で細かい伏線を全部回収していくから濃密な感覚はあった。
一方で驚きの仕掛けも特になく、山場という山場はない印象。

レイシズムを全面に押し出した描写と、その根本にある「憧れ」、「恐れ」を感じさせる名脇役達に注目。
評判が良いと聞きアマゾンプライムで視聴。
徐々に追い詰められてくる感じがハラハラしました。上映時間も短くて良いです。
後に町山智浩さんの解説を見ましたが、ラストに繋がる違和感の数々を日本の文化しか知らない私はどこまで理解できていたのやら。「オースティンパワーズ」のギャグを日本人は充分に理解出来ないと聞いた時のもどかしさに通ずるものがありました。
さえ

さえの感想・評価

3.5
怖かった…
けど、黒人差別を逆に黒人の方が優れてるからこそ起きてる事なきがして、考えさせられる要素もあった
このぐらいのスリラーなら見れそう
この金のかかってなさそうな感じ。クリーピーで居心地悪い前半が楽しい。柔道を使わず遺伝子でもって蹴散らすのがよい。疑惑が確信に変わるのが2箇所の写真だが、白人と黒人が仲良くやってる写真が異常の証拠となるのは皮肉がきいてる
>|