ゲット・アウトのネタバレレビュー・内容・結末

ゲット・アウト2017年製作の映画)

Get Out

上映日:2017年10月27日

製作国:

上映時間:104分

あらすじ

ニューヨークに暮らすアフリカ系アメリカ人の写真家クリスは、ある週末に白人の彼女ローズの実家に招待される。若干の不安とは裏腹に、過剰なまでの歓迎を受けるものの、黒人の使用人がいることに妙な違和感を覚える。その夜、庭を猛スピードで走り去る管理人と窓ガラスに映る自分の姿をじっと見つめる家政婦を目撃し、動揺するクリス。翌日、亡くなったローズの祖父を讃えるパーティに多くの友人が集まるが、何故か白人ばかりで…

ニューヨークに暮らすアフリカ系アメリカ人の写真家クリスは、ある週末に白人の彼女ローズの実家に招待される。若干の不安とは裏腹に、過剰なまでの歓迎を受けるものの、黒人の使用人がいることに妙な違和感を覚える。その夜、庭を猛スピードで走り去る管理人と窓ガラスに映る自分の姿をじっと見つめる家政婦を目撃し、動揺するクリス。翌日、亡くなったローズの祖父を讃えるパーティに多くの友人が集まるが、何故か白人ばかりで気が滅入ってしまう。そんななか、どこか古風な黒人の若者を発見し、思わず携帯で撮影すると、フラッシュが焚かれた瞬間、彼は鼻から血を流しながら急に豹変し、「出ていけ!」と襲い掛かってくる。“何かがおかしい”と感じたクリスは、ローズと一緒に実家から出ようするが・・・。

「ゲット・アウト」に投稿されたネタバレ・内容・結末

親友って大事よね。TSA!TSA!
あの電話のトコ最高‼ ☆☆☆☆☆☆
始まって5秒で『ウィッカーマン』+『ステップフォード・ワイフ』あたりの映画だろうと察した。黒人の作家しか許されないような展開こそがサスペンスの肝になっていて、それを意図的に安っぽいホラーに落とし込んでいるのは信用できると思う。作り手の意識としては『湖の見知らぬ男』と底の部分で繋がっているような気もした。
現状今年ナンバーワン作品。
アメリカのコメディアン、ジョーダン・ピールの初作品。人種問題などをうまく含みつつ多くの伏線で話が展開して行くサスペンス・スリラー作品だった。

全部見て終わるとあれも伏線だったのかと思わせるのは見事。全部知ってから2回目を見たくなる。
黒人の主人公であるクリスが白人の彼女の家に着いてから段々と家の人たちの様子が変わっていき、パーティでのフラッシュを浴びた黒人の変貌ぶりなど不気味さや嫌な雰囲気の出し方は良かった。また家にいた2人の黒人の不気味さとキャスティングは素晴らしいと思う。特に女性の方は最初から怖いくらいだった。

ラスト15分位のバトルは見てて爽快感はあるが、少し雑というか今までの雰囲気を壊している気がした。また耳栓を捨てた理由や催眠術の都合の良さや主人公のその後など少し都合が良いようにも思える。ラストでもうひと頑張り出来ていれば5点満点だった。

ラストで来たパトカーが警察で主人公が逮捕されるもいうもう一つのエンディングがあるらしいが、自分はそちらも結構好みだ。

クリスの友人役の空港警察の人が絶対使えないやつだと思ってたのにあそこまでよい働きをするとは思わなかった笑
催眠術でクリスの潜在意識が引き出され、頭や心が支配されていく感覚が怖すぎて涙出ました🤤☕️🥄自分では気づけなかった皮肉や引用がたくさんあったようなので、また観直したいです。TSAのロッドには5点あげたい😂🚔
個人的にこの映画は『It』よりも怖い映画だった。ホラー映画に出てくる殺人鬼も殺人ピエロもゾンビも幽霊も巨大生物も、観客の存在したら嫌だな、もしくは本当にいるのかなを体現している訳だが、人種差別というのはこの世界に何千年も存在し、確実に我々の周りに存在している。日本人は無自覚である場合が多いが、我々は加害者になってしまっていることも多々ある。

この映画の白人たちもそうだ。黒人を劣った存在とみているのではなくて、一種の憧れを持っているのだ。だから白人よりも足の速い黒人陸上選手の写真を飾っていたり、オバマに3期目があったらいれるという話をするのだ。そんな憧れの黒人になりたい、支配したいという思いから、白人たちは黒人の肉体を奪うのである。しかし、そこには潜在的な差別感情がある。ヨーロッパやアメリカで長く続いた白人が黒人を奴隷として利用するという支配構造が確かに存在している。手塚治虫が『火の鳥』で描いたような人間とロボットの関係にも似ている。

タイトルのゲットアウトはヤバい白人の家から出て行けという意味の他に、自分のトラウマや自分を支配する人格から逃げろという意味合いが込められているのではないかと思う。気分が沈んでいる時、もしくは気分が上がっている時、まるで普段の自分とは違う自分になっていて、普段なら言わない事を言ったり、やったりすることはないだろうか。まるで他の人に体を支配されたように。この作品は人種差別だけでなくそういった我々にとってさらに身近な白人だろうが黒人だろうか黄色人種だろうが関係なく起こりうる恐怖を描いていると思う。

この作品は社会的な作品であるが、娯楽作品としてもとても優れている。コメディリリーフのロッドの存在や先の読めない展開が非常に面白い。

1つ残念なのはクリスが棉を耳に詰めて催眠術を回避するところ。手を縛られてるのにどうやって耳に棉を詰めたんだ!
不気味さを前面に出したスリラー作品。キャッチフレーズの通り、白人の恋人一家や周辺の人物の行動が何処かおかしく、違和感が積み重なって行く話です。ホラーとは異なりますが、何が起こっているか分からない怖さの演出が上手く、伏線も丁寧でした。

特に、序盤の誘拐事件の謎や、使用人の奇行、パーティでの詰め寄りは、え!?何が起こってるの!?と理由が分からない恐怖を主人公と共有出来て良かったです。ところどころに、黒人差別、黒人への複雑な羨望を仕込んでいたのも考えさせるものがありました。

また、何となく分かっていたものの、後半の彼女の裏切りで心にダメージを負いました。最後には本気で殺しに掛かって来ますし、ベタながら衝撃展開です。それに対して、友人が終始いい奴で癒されました!

ただし、オチは正直なところ弱いと感じてしまいました。何がおかしいのか分からないところに恐怖心を煽られていたので、脅威の正体で分かってしまうとスリルは半減です。使用人の中身については驚きましたが、最後は結局力技で脱出してしまいますし。話自体は綺麗にまとまっているので、もう一捻り欲しかったところです。
不気味で楽しい映画体験。
メイドの女の人が「ノーノーノー」と笑いながら、涙を流す予告でも使われているシーンはもう真似したくなる。多分今度から本当に嫌なことがあると、笑いながら「ノーノーノー」って言って涙を流すようにすると思う。

もーずっと気持ち悪い、不気味
薄気味悪いし、人種差別的な話な気がして気が滅入る。でも意外と人種差別とかではなく、「あぁそういう見方なのね」みたいな発見もあって楽しかった。

手足縛られてテレビが映し出されるとか最高、脳みそ出てくるとか爆笑、わざわざ重い鹿を使って刺殺したり、途中からローズがターミネーターのような趣を出したり、「セックススレーブ!!」と明日から使える名言もあったり、、
とにかく人に話したくなる感じ。ポスターとかもダサくて良いし、プロモーションがいいね

最近思うけど、映画って結局「どれだけ後日真似したくなるか」が重要な要素だと思うしそういう真似したくなる語りたくなる要素いっぱいでよかったー。
ど偉いもんを観た。という率直な感想。

張り巡らせた伏線は回収するものではないにも関わらず、鑑賞後に振り返っていくとそれぞれのチャプターが意味を持っている。良くも悪くも無駄なカットがない。

自分のなかで全てを紐付けたときに、作品の恐ろしさに背筋が凍った。

2回目を観るとさらに面白いのだろうが、当方にそれほどのバイタリティ無し。
まぁまぁ伏線を全て回収するとこはよかった

でも、内容がなー
いまいち

結局、白人主義の映画にしか見えなかった
監督脚本が「キアヌ」に出てる黒人のコメディアンって知ってビックリしたんだけど冒頭の白人家庭に黒人青年が招かれた際の「僕たちは理解があるから君を差別したりはしないよ」っていう過剰なポーズが却って変な感じになってるとことか監督の実体験なのかなあ、って思った。
伏線がとにかく沢山あってまだ気づいてないのとかありそうでもう一回観たい、そして観た人同士で議論したらより楽しめそう。
後半で大胆にスリップストリームするところは「オープン・ユア・アイズ」人格を乗っ取ろうとするあたりは「スケルトン・キー」に似てると思った、セリフで「アイズ・ワイド・シャット」が出てきたのは上手いミスリード。
最後の最後にパトカーが到着して主人公の相棒が降りてきた時観ててホッとしたんだけどここで「なんで白人の警官だと主人公が不利な状況になって黒人の友人だと安心なん?なんでそう思ったん?ねえなんで?」と観客に問いかけてくるあたり「田舎って怖いですね、めでたしめでたし」で終わらせない鋭さを感じた。
非常に面白かったです。
>|