ゲット・アウトのネタバレレビュー・内容・結末

ゲット・アウト2017年製作の映画)

Get Out

上映日:2017年10月27日

製作国:

上映時間:104分

3.8

あらすじ

「ゲット・アウト」に投稿されたネタバレ・内容・結末

久しぶりに楽しめたホラー映画でした。
ホラー映画って基本的にツッコミどころ多くて…
やはり、人間が一番怖いんですよね😶💭
展開もさることながら、伏線の回収が鮮やかでした。
クリスの友人の最後の「だから行くなって言ったろ」ってセリフに痺れる~~~~
ビックリ系ホラーと言うよりも、紐が1つ解かれる度にぞくぞくしていくかんじのホラー。
勿論、驚かしてくる所もありますが。
ビックリ系ホラーが苦手な人に丁度いい具合。
まあ、黒人差別が基盤となってる話なんだろうって感じ。
白人の人達の、姿形は自分のままで黒人の強さを手に入れられたら、という利己的な考え方に唸りました。
一番ゾクッとしたシーンは、クリスが2階に上がった瞬間に一気に会話を止める親睦会に来た人達のシーン。
あと、ヒロインのローズが今まで色んな黒人を連れて家に来ていたと分かる写真のシーン。
クリス逃げて!!!!ってなりました笑
いつもはここまで感情移入しないので、本当、上手く作り込まれている映画です。
ただ、あんだけ催眠術にこだわってた母親が、ティーカップを壊された瞬間武力行使に走るのは笑いました。
勝てねぇだろ、どう考えても。
そして、クリスがローズを結局殺せないのにも少し涙しましたね。
こんなに愛情深い素敵な人なのに…
また見たい映画です。
じわじわくる怖さ、たまらなかったです!
おばけが出てくるホラーよりホラーでした!
一家やパーティーの不気味さ、不自然さ、違和感、不思議なセリフ全てが最後には繋がります。
小物一つ一つも全て伏線やメタファーで、何回も見れば見るほど発見があります。
ラストは何個か案があったらしいけど、このラストで正解だな、と思いました。スッキリするし、差別社会に希望が持てます。
面白いのは、黒人が嫌いでこういうことをしているわけではなく、黒人の体力や体格、才能などに憧れて誘拐している所だと思いました。
日本人がよく白人に対して優しすぎるなど言われているけど、軽蔑からくる区別はもちろん、尊敬や憧れからくる区別もいきすぎると差別になる、というメッセージも感じました。
静かな怖さがずっと続いていた。

どこかリアルな社会問題のような気がした。

伏線が張り巡らされていて一つになった時は改めて怖さを感じた
いつもはホラー映画って観ないけれど、今回、家でゴロゴロしながら娘と一緒に観たので楽しかった。
実は途中から先が読めて評判ほどではなかった気がしてしまった。特にラストはモヤモヤ…。ちょっと半端かも。突然脳外科手術になるあたりも雑に感じた。全体が滑らかに繋がらない感じ。
でも、監督デビュー作品という事でびっくり。凄いなあ。
引き込まれた。でも催眠術のなんでもあり感は嫌いだし、最後もう一捻りほしかった
面白かった。最後のパトカーが白人だったらきっと射殺か逮捕されてたんだろうな。白人の黒人差別はまだまだ終わってないはず‥。
こういう映画を金曜日の夜中に観ると独身時代レンタルビデオ屋に入り浸っていた頃を思い出してなんか嬉しくなるという極めて個人的な感想と、ちょい役日本人が名誉白人的に居るのが笑えるのと、描かれている白人はヒルビリーやホワイトラッシュら低階層白ではなくオバマを支持する東部リベラルエスタブリッシュメントであることが面白いサタイア的サスペンスホラー。チャイルディッシュ・ガンビーノ「This Is America」は翌年の曲だが思い出して、なんなその黒人たることのアメリカでの孤独と、黒人の間にはアメリカ社会への不信が以前よりもまして強くなってるような気もした。
自分的には分かりやすい内容

後半 そんなに上手いこといくものなのかとも思いましたが流れが良かったので最後まで然程違和感なく見れました(むしろ違和感しかなかったのかもしれない)

使用人はどのような催眠をされたのかわからないが気味が悪い 再度この映画を観てしまった頃には人の表情に敏感になり過ぎてしまってさらにコミュ力低下しそうです もう観ません
すごく狂気的で人間の怖さを感じました!しかし内容としては差別について巧妙に描かれており、見直して見ると、随所にちりばめられていました!紅茶や綿花など怖さだけでなく、差別問題などにも訴えてるのがすごかったです!是非見て欲しい作品です!
後味は悪くないけど、後半駆け足で進み過ぎてやや物足りなさを個人的に感じた。
>|