ゲット・アウトのネタバレレビュー・内容・結末

ゲット・アウト2017年製作の映画)

Get Out

上映日:2017年10月27日

製作国:

上映時間:104分

3.9

あらすじ

ニューヨークに暮らすアフリカ系アメリカ人の写真家クリスは、ある週末に白人の彼女ローズの実家に招待される。若干の不安とは裏腹に、過剰なまでの歓迎を受けるものの、黒人の使用人がいることに妙な違和感を覚える。その夜、庭を猛スピードで走り去る管理人と窓ガラスに映る自分の姿をじっと見つめる家政婦を目撃し、動揺するクリス。翌日、亡くなったローズの祖父を讃えるパーティに多くの友人が集まるが、何故か白人ばかりで…

ニューヨークに暮らすアフリカ系アメリカ人の写真家クリスは、ある週末に白人の彼女ローズの実家に招待される。若干の不安とは裏腹に、過剰なまでの歓迎を受けるものの、黒人の使用人がいることに妙な違和感を覚える。その夜、庭を猛スピードで走り去る管理人と窓ガラスに映る自分の姿をじっと見つめる家政婦を目撃し、動揺するクリス。翌日、亡くなったローズの祖父を讃えるパーティに多くの友人が集まるが、何故か白人ばかりで気が滅入ってしまう。そんななか、どこか古風な黒人の若者を発見し、思わず携帯で撮影すると、フラッシュが焚かれた瞬間、彼は鼻から血を流しながら急に豹変し、「出ていけ!」と襲い掛かってくる。“何かがおかしい”と感じたクリスは、ローズと一緒に実家から出ようするが・・・。

「ゲット・アウト」に投稿されたネタバレ・内容・結末

撮影スタッフ上手すぎ
違和感の正体がわかった時はスッキリンゴ🍎
ぞくぞくとクレイジー、じわじわとクレイジーな感じは最高。彼女が鍵を渡さないシーンがマイハイライト。「うおぉぉ」とシビレた。

後半、捕まってからはドキドキが薄れて興醒めすることも(手術室とか)。だが、おばあちゃん登場、おじいちゃん登場、フラッシュと「ゲットアウト!」の真意など、伏線回収も面白く、素晴らしいスリラー、エンターテイメントに仕上がっていた。
女こえーw
写真の一応ぞくっとはさせられたのでホラーとしては満足。
ただなによりも主人公の友達が主役級の閃きとめっちゃくちゃ良いやつ。
彼女より友達って良いねっていう映画かこれは。
催眠なのか脳移植なのか、よく解らなかった。
どちらにしてもそこのどうでもよさは気になるな。
悪魔のいけにえしかり、一家が狂ってる系ってワクワクする。父は手術、母は催眠術、姉は色仕掛けで獲物を連れて来る、弟は搬入係といった役割があって、完璧な仕事をする組織を見せられました。

全てが分かった後の急展開スピードも超良かったし、タイトルのGET OUT(出て行け)の意味も納得。

黒人差別ってピンとこないけど解説サイト見たら伏線がめちゃめちゃ凄いことに気づかされる。セリフや小道具全てに意味がある。主人公カップルが轢いてしまう鹿にも。差別文化を象徴するものってこんなにあるのか、と驚かされた。

主人公の親友はセックスって言いたいだけ!
"時代は黒人だ"みたいなことをおっさんが言うシーンは鑑賞後に改めて思い出すと怖さが倍増。そういう伏線シーンを探しながら2回目みるのが面白い。
人種間の超えられない壁。

ただのガリガリなのにハニトラ要因っていうのがいちばん怖いかな。
伏線探しが面白い

オープニングの黒人を連れ去った男が被る仮面と白い車。
なるほど弟のジェレミーか。
荒っぽいな。

タバコをやめさせようとした理由
警察に身元を明かさないようにした理由
なるほど健康体で証拠がのこらないようにか。怖い怖い。

いろんな人間がニコニコ顔でやってくる。
肉付きを確認してヨボヨボのおじいちゃんに確認する。
利益か不利益かを聞いてきた日本人。
なるほどパドックみたい。

黒人の彼がグーの挨拶に対応できず、
家政婦がチクるという言葉を知らない。
なるほどそれは知らないことだからか。

ビンゴ大会で勝ち取った盲目の画廊オーナー。
なるほど欲しいのが目というのもわかる。


ラストのパトカー。
序盤で出てきたパトカーがあるから、誰が出てくるのかドキドキできる。
うまいなー。


あー見返すと面白い。
これは良い意味で問題作。一瞬2流感ただよわなければ、文句なし。家政婦?の女性の黒人怖すぎ。でも意識だけあって体は別の人のものってそれ死んだ方がマシだよね....。彼女とその家族最悪すぎる。最後もっと残酷に殺して欲しかった。ここ最近で1番胸くそ悪かったな!いい意味で!!!

助かってよかったー!

少しずつ大きくなる違和感とまさかの恋人がラスボスという展開。

パトカーが来てもう駄目かと思ったら、友達!よかった!友達〜!

(あと白人集団にしれっと日本人が混ざっていたので身につまされましたね……。気をつけよ……)
「付き合いはどれくらい?」「4ヶ月です」

オープニングから引き込まれた。不穏すぎる展開に流れる陽気な音楽、あ、これは好きなやつだとビビッととくる。
人里離れた豪邸。ただならぬ雰囲気を漂わせる彼女の家族、管理人、多くの親戚。設定がパーフェクト。去年話題になった某人気ホラーゲームを見ているようでもあった。普通の見た目だからこそ、違和感を感じると恐怖は倍増。
特にベティ・ガブリエル演じるジョージナの笑顔が怖すぎて…。間違いなく夢に出るやつです、はい、素晴らしい演技でした。

ラストは『サプライズ』みたいな展開になるかと思い心臓ばくばくでしたが、無事生還でしたね。もう1つのエンディングも観てみたけど、んーどっちも良い!
>|