ゲット・アウトのネタバレレビュー・内容・結末

ゲット・アウト2017年製作の映画)

Get Out

上映日:2017年10月27日

製作国:

上映時間:104分

3.9

あらすじ

ニューヨークに暮らすアフリカ系アメリカ人の写真家クリスは、ある週末に白人の彼女ローズの実家に招待される。若干の不安とは裏腹に、過剰なまでの歓迎を受けるものの、黒人の使用人がいることに妙な違和感を覚える。その夜、庭を猛スピードで走り去る管理人と窓ガラスに映る自分の姿をじっと見つめる家政婦を目撃し、動揺するクリス。翌日、亡くなったローズの祖父を讃えるパーティに多くの友人が集まるが、何故か白人ばかりで…

ニューヨークに暮らすアフリカ系アメリカ人の写真家クリスは、ある週末に白人の彼女ローズの実家に招待される。若干の不安とは裏腹に、過剰なまでの歓迎を受けるものの、黒人の使用人がいることに妙な違和感を覚える。その夜、庭を猛スピードで走り去る管理人と窓ガラスに映る自分の姿をじっと見つめる家政婦を目撃し、動揺するクリス。翌日、亡くなったローズの祖父を讃えるパーティに多くの友人が集まるが、何故か白人ばかりで気が滅入ってしまう。そんななか、どこか古風な黒人の若者を発見し、思わず携帯で撮影すると、フラッシュが焚かれた瞬間、彼は鼻から血を流しながら急に豹変し、「出ていけ!」と襲い掛かってくる。“何かがおかしい”と感じたクリスは、ローズと一緒に実家から出ようするが・・・。

「ゲット・アウト」に投稿されたネタバレ・内容・結末

ネタバレまでが面白くて、バレてしまうと何てことはないというか、もう驚きようがないのであとははあそうですかとなってしまいますわね。
家族や白人の客人たちにいやいやしい態度で接せられるところは、隠しきれない黒人差別や興味を感じて観てるこちらも居心地の悪さを覚えるほど不気味で、本当に素晴らしかった。
本当に素晴らしかっただけに、タネがなんだ一集団の狂ったオカルトかとがっかりしてしまった。
怖そうだからビビってたけど
すんげぇ面白かった!

結局最後に信用できるのは女よりも親友なんだなと感じさせられる映画だった
パーティーでタイトルの意味がわかります。
GET OUTの出て行けとはそういうことだったのか。
最後に主人公が状況証拠だけで白人警官に逮捕されたらもっとメッセージ性が強くなったのかなっていう勝手な独り言。

丁寧に伏線回収してるけど、前半観たらフィナーレがどうなるか分かっちゃう感じ。あの、あれっあれってなってく感じは面白いし、演技もいいんだけど、催眠術ってとこでちょっと冷めちゃう、、、
ガールフレンドの恋人の演技の演技がうますぎる。ポニーテールで音楽を聴きながら次のターゲット探している表情が理知的でちょうクール
あれで最後主人公が警官に射殺か逮捕エンドだったら今よりもう少し話題になってたかも。でも個人的に助かって欲しかったので結果オーライ
急に走ってきたり効果音が凄くて、見ていてハラハラでした。
先が少し読めてしまう内容だったのでもっとどんでん返しがあったらよかったなとも思います。
人種差別についてすごく考えさせられる映画でした。
最後までハラハラと楽しめた。歴史的な根深さを感じつつ、上げているのか下げているか、そこら辺はどうとらえて良いのか自分には分からなかった。そして夜道であれは怖いな。幾ら名医でもちょっとあの施設ではあれは無理すぎなんじゃ…
じんわりと恐ろしさが漂い、最後まで目が離せない極上のスリラーだった。

オープニングの拉致から不穏な空気が漂い、そこから始まるオープニングはまだ明るいが、鹿を撥ねてから不穏な空気はずっと続く。(あの鹿にも暗喩があるのかも?それはこれからの彼の運命か、彼女の死に様か?)

家に着いてからの使用人たちの不穏な言動やゲストたちの不審な行動、フラッシュに過剰反応する彼、催眠術…不穏な空気が色濃くなるにつれ、彼は脱出を試みるが…
とネタバレなしにはここまでしか語れないか

で、真相は黒人を拉致し、催眠術で洗脳、手術で白人の意識を入れ身体を乗っ取るというまさかのサイコスリラーに!
正直、こんな展開は予想してなかったが催眠術やら脳手術など現実とフィクションのギリギリの辺りを狙い、ハラハラドキドキのスリラーを作り上げていた!

味方なし、催眠術にはかかってるし、頼れる者はほぼなし(遠くに居た友人の頑張りはナイス!)というまさしく悪夢のような状況で明かされる真相に絶望感しかない。
ゆえに最後の戦いはハラハラさせながらも彼の生き残りをかけた戦い、そして復讐の虐殺は苦々しくもグッと爽快にさせてくれる。

黒人だ白人だに関してはこういった差別が社会問題として長年存在しているアメリカ人には思うところがあるのだろうし、こういった文化に精通している人もその観点から考察できるだろう(勉強させていただきます。)
そういった視点が無くとも、悪夢のようなサイコスリラーとして満足!

パンフレット読んでから追記
人種差別への風刺がこもっていたというのも、良く理解出来たし露骨な差別とかではなく特別扱いしているような差別というか、そういう点もあるのだと改めて勉強になった
伏線の張り方がお見事。黒人男性が主人公、彼のガールフレンドは白人ということで、人種差別やステレオタイプをストーリーの中に潜ませ、観客を翻弄する上手い脚本でした。ただあんまり手放しで絶賛するほど面白いと感じなかったのはなんでだろう…単に私のツボにハマらなかっただけか…。

伏線は本当にばっちりでした。
例えば冒頭、彼女と一緒にドライブをしていて、鹿をうっかり轢き殺してしまうシーン。尋常ではないレベルで呆然とした主人公・クリスの顔が映ります。これがのちのち「クリスの母親がひき逃げ事件に遭って亡くなっている」ことを知ると、彼が動揺していた理由が分かります。
さらに鹿を轢き殺してしまったことを、彼女が警察に連絡するシーン。駆けつけた警察官は、クリスの身分証明書を求めます。しかし彼女は「運転してたのは私なんだから、彼は関係ないでしょ!!」とクリスをかばう姿勢を見せます。ここだけを見ると「警察官による人種差別か…」と思えるのですが、実は彼女さん、クリスをかばってるんじゃなくて、あの時点で彼の身元が警察に分かってるとまずいからなんですよね。
その後、クリスがうっかりフラッシュ付きで写真を撮ってしまった黒人男性が、狂ったように「Get Out」って叫ぶシーン。これも実は「(ここは危険だから)出て行け!」の意味だと分かったり。
一見すると不気味な振る舞いに見えるけど、最後で種明かしされると、なるほどなーと全てに納得がいく作り方でした。
まぁオチが黒人は体が丈夫(というステレオタイプ)→脳の意識の部分を移植して、年老いても若い体で元気に過ごそう!!だったのは、個人的に「うーん…?」でしたが。

持つべきものはスマホのフラッシュ機能とTSAの友達だなぁ←
予告が良すぎて期待値は越えられなかったけど、普段あまり観ないジャンルだったこともありなかなか楽しめました◎

人種差別をテーマにした作品は多いけど、これはサイコパスな視点から。

味方だと思っていた彼女が後半、オールバックで真っ白な格好で獲物を物色してるシーン、ゾクっとした。

深夜の直角ダッシュとかビンゴゲームとか、シュールすぎて笑える。
>|