ブラック・クランズマンの作品情報・感想・評価・動画配信

ブラック・クランズマン2018年製作の映画)

BlacKkKlansman

上映日:2019年03月22日

製作国:

上映時間:128分

ジャンル:

3.8

あらすじ

「ブラック・クランズマン」に投稿された感想・評価

moviel

movielの感想・評価

4.0
黒人警官が白人警官と協力してKKKに潜入捜査する話。

もっとエンタメよりのアクションだと思っていたらかなり社会派な内容でびっくりした。
主人公のロンがかなり中立な考えをしていたのでとても好感を持てました。
フリップもいいやつだった。というかアダム・ドライバーは声が良すぎる。

映画的にはハラハラドキドキでおもしろかったです。
ラストで実際の映像を入れてくるのがとてもメッセージ性あった。
映画としていいのか悪いのかはわからんけど。エンタメ映画としてはちょっと違う感ある笑

個人的にタブー的な話は好きなのでKKK関連について興味深く観れました。
劇中で上映していた「國民の創生」が気になりすぎたのでいつかは観てみたい。
たま

たまの感想・評価

4.0
潜入捜査はハラハラしたし、ユーモアもあって、映画としては面白かったですが、最後、40年もたってもまだ、現実に人種差別があるってのを突き付けられて、気持ちがズドーンと落ちてしまいました。エンターテインメントで終わらせないというスパイク・リー監督の強いメッセージを感じました。
X

Xの感想・評価

3.0
彼らには自分の無能さに目を瞑るためのスケープゴートが必要なのだ。存在しない優越性にしがみついて自分が不幸なのは自分が無能だからじゃない、他の誰かのせいなんだと信じなければ、チンケなプライドひとつ守れないのだ。
アメリカに住んだこともないし、
有色人種ではあれど黒人ではないという立場で
この映画は非常にフェアではないと感じる。

歴史的に見て黒人側が被差別側にいる事が多かったし
それを扱う映画が必要であるということも理解はできる。
ただ本作は潜入捜査物というエンターテイメント作品だし
ましてや主人公は非常にフェアなスタンスで描かれていて
白人至上主義でもない、黒人解放主義でもない、
人間至上主義であるという描かれ方をしていただけに
スパイクリー監督のポリティカルな主張が強すぎて
ちょっと興醒めしてしまう。
映画はコメディやアクションやサスペンスで
メッセージ性を含ませられるから良いのであって
私は演説を見たいわけではないんだ。
「ジャンゴ」くらい振り切ってくれた方が楽しいし
飲み込みやすいと感じる。
特にラストのワンシークエンス、
あれが無ければまだ良かったかもしれない。

役者陣はみな良くて
特に主演のジョンDワシントン、アダムドライバーは最高。
この二人の魅力で潜入捜査物として一定以上の楽しさはある。
それだけにねえ、惜しいよねえ。
Tom

Tomの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

「ゲット・アウト」「黒い司法」「グリーン・ブック」など黒人差別をテーマにした映画は好きで、よく観るのですがこちらはかなり露骨に白人の黒人差別を描いていました。
ラストシーンで2017年のデモ、アメリカの状況を実映像と共に使用しており、長い差別の歴史はまだまだ続いているのだと実感しました。

「ドリーム・プラン」で黒人男性が唐突にKKKから銃で撃ち殺されたシーンは記憶に新しいですし、BLMを扱っている作品では良く出てくるこの団体のことがよくわかります。
電話越しに白人警官を演じる主人公は最後の最後まで黒人だと気づかれていなかったし、本当に肌の色や髪の質という要素だけで差別が行われ、言動も見た目というフィルターを通して色付けされるものなのだなと。ラストに自分が黒人だと明かすシーンはスカッとしました。

好きなシーン:なし
おー

おーの感想・評価

4.0
最初から最後まで人種差別をテーマに構成された作品。
KKKという組織が少なからず現在も存在しているということ、國民の創生という映画史に残る人種差別映画が作られていたという事実を知ることが出来ただけでも観る価値があった。

あまりの根深さ、日本人には理解し難い差別というものを映画越しに目の当たりにし、純粋にアメリカ史についてもっと勉強したくなった。
最後まで見て思うのは、、、、


コロラドスプリングス警察署初の黒人警官になったロン。ある日電話をかけた先はまさかの超白人至上主義団体、KKK。白人至上主義の彼らの元に潜入捜査することになる。


これが実話なのが1番びっくりした。デービッド・デューク(KKKのトップ)がまだまだ現役でほざいている事実にびっくり。

紹介では黒人警官と白人警官がコンビ組んでるって書き方されてるけど実際はそこまでオイ相棒〜みたいな描き方はされてない。あんまり深い関係には見えなかったけど、それぞれの仕事を全うする姿がカッコよかった。

ラスト数分の映像で私はアメリカという人種のサラダボールと揶揄される国の悲劇と、人類の未熟さに呆れたし、悲しくなった。

凄い言い方考えるけど、暗くて重い差別映画では無い。あえて言うなら、面白かった!普通に笑えるので見てほしい








以下ネタバレ↓

基本的にはロンの当時の黒人らしからぬ思考のお陰で物語は比較的明るく進むし、バーのシーン、彼らが踊って歌を口ずさむ姿は最高にクールだと思う。でぶっちょのメンバーがあいつら踊りはすげえ上手いよなって言ってたけど、当時からそれは認知されてたんだってちょっと面白かった。
ロンとパトリスの会話の黒人ヒーロー?の話題、作品名と一緒に画像も出てくるのは、監督のついでに見てみろ!って意識が伝わって良かった。置いてけぼりにされるよりずっと良い。

黒人達は彼ら達で警官(白人)をピッグと軽蔑して1人でも私たちを差別するならそう言われても当然でしょと言う。
当事者じゃない私がそれは違うよとか言っても逆ギレされるだろうけど、同じ同胞のロンははっきり「俺はピッグとは呼ばない」と言う。しびれた。

KKKに潜入捜査するためにロンでは無理なので電話でのやり取りはロン、実際の集会には白人警官フリップがロンに成り代わって潜入する。が、実はこのフリップもKKKの差別対象のユダヤ人だった。ロン同様に彼も自分の人種を侮辱しても任務にあたる姿勢が見ていて残酷だなと思った。

フリップがユダヤ人て疑われる度にハラハラしたしあの夫婦キモすぎ特に女ね。
お前のこと誰が好きなん?(粗品)

あの途中でおれは幹部?を辞退するからロンを推薦するって言ってた人唯一まともかなって思ってたけど今考えたら、冷静な方が怖いわ。嫌いだから殺す!の方がはいバカで済んで清々しいけど、まともな頭してて人種差別してる方がやばいよな。まぁ彼は彼なりの理由あったけど

集会みたいなシーンにロンが警備に当たる普通に危なくね?って思ったけど写真のシーンめちゃくちゃ面白かった。フリップの演技クソ上手いな。笑顔で差別主義者の肩寄せるとか勇者で笑った
脅しで触れたら警官への妨害として逮捕だぞって言ってたけど、その警官は信じるのかしら…って思うよねやっぱ危ないわ

ネタバラシのシーンもめちゃくちゃ面白かったしスカッとした。

本当に最後の映像抜いたらスッキリして終わったんだけどそれだとダメなんだよな。
ラストのがあるからこそ問題提起で終われてる。だって解決してないからね。
車のシーンはもう意味わからなかった。あんなスピードよく出せるわ、本当バカなんだな。
不快感が少なからず生まれて終わったのがちょっと悲しいけどしょうがない。これ見てスッキリー!で背筋伸ばせる人はアタオカなので。
も

もの感想・評価

4.4
差別があっても新人でも
周りを動かせる力が凄い、尊敬できる!!

差別や偏見だけで罰せられるの本当に悔しい🫦

トランプさん出ててワロタだったけど
こういう差別っていつか無くなるものなんだろうか、とか色々考えさせられる。

見終わった後ホロコーストとか諸々調べてしまった。
主人公の志が高く、爽やか。

人種差別用語を羅列して白人至上主義者をあざむくシーンがやたらおもしろくて痛快。

侮蔑語を叫び喜ぶヤツらを腹の底で笑っているシニカルさ。

差別主義の白人たちを非難するばかりではない。

ぶっそうなアオリ文句で対立構造を強めようとする黒人たちにも疑問を投げる。

破壊、暴力はだれも幸福にしない。
みなが敗者の境遇へ突き落とされる。
【過去に観た映画】2019.5.8

映画制作仲間が、良かったよと、言っていたので、シナリオ仲間と観る。

黒人刑事がKKK(白人至上主義団体)潜入捜査するという実話を元にしたクライム・エンターテイメント。

人種差別問題をハートフルな作品にしたのが
「グリーンブック」なら、
こちらは、痛快刑事ドラマという感じかな。

差別問題等、重いテーマではあるが、ウィットにとんだ部分もあり、いい映画であり、考えさせられた。

登場人物も魅力的で、分かりやすいし、音楽がとても良かった。

パンフが売り切れ!
残念無念。
>|

あなたにおすすめの記事