ビフォア・アイ・フォールの作品情報・感想・評価・動画配信

「ビフォア・アイ・フォール」に投稿された感想・評価

yh

yhの感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます

ザ・ティーン向け映画って感じ。
授業の内容や雑談の中にさりげなく映画のテーマが散りばめられている細かさは良いと思ったけど、ラストはあれでいいのかという感じはする。
Takumin

Takuminの感想・評価

4.6
~あらすじ~
交通事故で死んでしまった主人公。
目覚めると、自分が死んだその日の朝。
その後、何らかの理由で同じ毎日を繰り返し過ごすうちに、友人や家族、そして自分自身について深く見つめていく。
なぜ、毎日同じ日が繰り返されるのか…

~感想~
主人公が同じ1日をループしていくなか、原因を探ったり、回避しようとする。
その1日1日を繰り返す度、様々な選択をして、様々な感情を感じ、本当に正しい事は何なのかを見つける。
それに気付けたとき、本当の自分になれる。

ループする日々で服装などにも、主人公がその時持っている感情を表していて少しずつ変化があるのも良い。
冒頭の言葉が、最初と最後だと感じ方が変わって凄く心に響いた。

ものすごく良い映画だった。
監督のセンスをとても感じます!

このレビューはネタバレを含みます

同じ日を何回も繰り返すタイムループ物

ループから抜け出すヒントやキーワードがわからないまま進行するし
死んだからやり直しって訳でもなく
どう過ごしてもまたリセットされてしまう展開

人ってとかく、家族や恋人や友達に
自分に不快感を与えないように
変わって欲しいと望んでしまいがち。

でもループを繰り返すうちに
「あなたはあなたのままでいい」
自分が周りの人の有りのままを受け入れられるように変わっていく主人公

立ち入り禁止部屋の ホントの自分になれって言うのも、映画を通してもメッセージに感じる

映画のラストには描かれていないけど
これでもう、ループを抜けたって思いたい
結局、何も対外的には解決してなくてあれ?ってなる映画だったけど、リアルなのか知らんけど10代っぽい女子の集いとか家族との付き合い方とかそこはどこですか?っていう景色とか家とかなんか気持ち的に見てよかった〜ってなった映画。
canicama

canicamaの感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

田舎なんだと思うけど、すごく綺麗な景色が多くて、それを見れただけでも眼福だった
あと家がどれもみんな大きくてキレイ…羨ましい

最後の日の目覚め、やっとループを抜けられるのか!?と(視聴者に)一瞬希望を抱かせたのに、すぐに嫌な雰囲気を感じさせるところ、絶妙だった

こういう系のは『ハッピーデスデイ』しか観たことないんだけど、目立たないでも優しい男の魅力に気づくというのはテンプレなのか
男女逆でもそうなるんだろうか

彼女に他の解決法は無かったのかな
これではただの自殺では

主人公の女の子が私的にとても可愛いかった~


なんか色々考察ができそうな感じなんですね~
そこまで頭が回らない私は
ただシンプルに自分の近くにいる人を大切にしよう~と思って終わってしまいました😂
レビューをみてなるほど~🤔って思うことにします
ぬん

ぬんの感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます

何気ない些細な言動が後悔に繋がるから、1日1日のその瞬間をも大切にしないとって考えさせられた。

無意識にハッピーエンドを期待してたから、ループから抜け出す=死は驚きの結末だった、、
bopapa

bopapaの感想・評価

3.0
2022年 23本目

主役の子、めちゃくちゃ観た事あるなぁ…確かに何度も観たことあるのに初めて観るような不思議な感覚…と調べたら、リー・トンプソンさんの娘さんかよ!そりゃ観た事ある筈ですよね。なんてったってバック・トゥ・ザ・フューチャーは何十回観たかわからないくらいのマイベスト。


本作の感想。この手の毎日ループ話はもう腐る程色んなパターンが試されてて、今作はかなりシリアス寄り。同じ1日を生きるのならば、めちゃくちゃ何でも出来るようになったるわい!なポジティブシンキングな「恋はデジャ・ブ(Groundhog Day)」「ハッピー・デス・デイ」「コンティニュー(Boss Level)」「パームスプリングス」辺りの主人公達のお化けメンタルと比べると本作の彼女はめちゃくちゃナイーブ。

色々試すが最終的に、何を為すべきなのか、この一日が何の為に繰り返されているのか、に気付いてラストの行動へと移っていくのですが、それにしたとしてもたったの1日。リハーサルが弱いまま本番に突入しちゃう感じだけど、あのラストで良いのか?結局周りの人達の関係に関しては何にも解決してなくない?というモヤモヤだけが残ってしまうような、不思議な映画でした。
OhMOCHI

OhMOCHIの感想・評価

2.5

このレビューはネタバレを含みます

色々「なぜ?」と思うポイントが多くて私はいまいちだった。

「ただしい行いをするために」ループしている(本人解釈によると)のだが、結局あのいじめられている子は救われていない(いじめは解決していない+{彼女からしたら}クラスメイトを自分の自殺に巻き込み死なせてしまった)ので主人公の自己犠牲な自己満足(言葉は悪いが…)になっていて、なんだかなーと思ってしまった。
(ラスト、親友たちが事故を起こさないように(いじめていた子が親友たちの車の前に飛び出して自殺しないように)主人公が変えるのだが、結局別の人間{トラックの運転手?}が主人公をひいて事故を起こしてしまっているので、その別の人間の人生を主人公は変えてしまっているという…。)

いじめのことを(あのいじめられている子の元親友の子{今は主人公の親友}との和解などで)解決するために主人公が間に入りアプローチを変えてループする話でもなければ、レズビアン(トランスジェンダー?)の子に対するいじめも中途半端になっているし…
そこが重要じゃないのかもしれないが、ストーリーの大事な部分だし、もうちょい何かアンサーがほしかった。

いじめられてる子の元親友の子(いじめっ子)が、いじめられてる子が自殺し亡くなったと知り、自分がしてきたことを後悔するのかと思いきや「別に親友でもなんでもないし(逆ギレ)」な感じだったのに、主人公は彼女らのために命をはって事故+自殺を止めようとするし、実はいじめていた親友も家庭が複雑で…な設定も出てくるしで、もっとキャラ同士の対話シーン(命をはるほどの相手といわしめる思い入れが描かれたキャラ同士の関係性)が見たかったなと思った。

なぜこの事故が起こることになったのかの問題の根本である「いじめの解決(またはいじめはだめだよという気付き)」に主人公は自分の親友らを導かなかったのか…

カフェテリアでいじめをいさめるシーンも「やめよ(その場かぎり)」のみだし(そりゃパーティーでエスカレートするよな、と)、何度もループするのだから体裁も気にせずカフェテリアのテーブルの上にでも立って「いじめはやめろよな!」くらい大胆な行動とっても良かったのでは?と思った。
あの黒ずくめの格好で学校に行って親友に口答えする+教師にメンチ切れる度胸があったのだから…。
さー

さーの感想・評価

3.3

このレビューはネタバレを含みます

ありきたりな話だけど正く生きようという気持ちにさせてくれる映画だった。
最後死んでしまったのがモヤッとした…
>|

あなたにおすすめの記事