ドニー・ダーコの作品情報・感想・評価

「ドニー・ダーコ」に投稿された感想・評価

kairi

kairiの感想・評価

3.0
20180918
難解ってよりは普通に作りが下手な気がしたし、トリックがわかってもそんなに面白くはない。
主演の人、若い時はそこまで目力MAXではなかったのね。
SN

SNの感想・評価

4.2
オチと雰囲気は最高。でも観終わったら後は???


主人公ドニーが何をしようとしたかは理解できる。ただ、銀色うさぎが何なのかはわからない。
色んな考察があるようだが、結局正解はないのでしょう。余白を大きく残して、終わった後も作品が続くようにしているように思った。

蛇足だが、やっぱりジェイク・ギレンホールは良いですね!
やっぱり好きなジェイクギレンホールはもうちょっと歳とってからかな…
たいし

たいしの感想・評価

4.0
監督独自の理論が詰め込まれている為非常に難解。だがこの世界観にハマっていってしまう…
ダークファンタジーのようなSFのような映画。🐰

多くは言えないが、遠回りなやり方で田舎町に住むある青年が世界を救う話!
マトリックスの絵画や、ちょっとした言動もヒントになっています。
是非解説を聞いて何回も何回も観てほしい映画🎥
rage30

rage30の感想・評価

-
青春SFミステリー?な感じで面白かったものの、初見時はラストの意味がよく分からず…。
町山さんの音声解説を聞いて、やっと物語全体を理解しましたが、それにしても回りくどい事をするな~と思いました。笑

おそらく一回見ただけで理解する人はいないと思いますが、80'sミュージックやミステリアスな世界観、主人公ドニー・ダーコの鬱屈とした日常など、物語が分からなくても楽しめる部分もあります。
見た後で謎が気になる方は、解説を聞いて更に楽しめる事でしょう。
神経症的な幻視のイメージとコテコテにSFっぽいアイデアの組み合わせが面白い。周到に練られたストーリーが見事。腑に落ちないところもあるけどね。

そして、若き日のジェイク・ギレンホールはすでにその二面的な演技の片鱗を見せていた!

このレビューはネタバレを含みます

2001年。マサチューセッツ州ミドルセックス郡に住む高校生ドニー・ダーコは、ある夜ウサギの被り物をした青年に「世界の終わりまであと28日と6時間と42分12秒」と告げられる。以降、Xデイまでのカウントダウン方式で物語は進む。主人公と教員との会話で出てくる相対性理論、タイムトラベル、ホーキング博士、異次元ポータル(出入り口)などの単語が並行世界の物語であることを裏付ける。しかし単なるセカイ系にとどまらない奇妙なビジュアル(死神おばば、人体から出る透明な筒状の膜等)。『死霊のはらわた』の引用方法が完璧。
shiori

shioriの感想・評価

4.3
あーもう、こういうのホント大好き。 この映画について何回泉さんと議論したことか。 言いたいコトはわかるし、 こういう雰囲気がどうしても好きなんです!
まや

まやの感想・評価

3.6
案の定よく分からなかったけど
解説読めば読むほどおもしろくなる、よくできてるなあ、、
私は友人に勧められたので1度は普通に見て2度目は伏線を見逃さないよう注意して見ました。結果的に物語の一部分は理解できましたが、友人に説明されて気づく点も多かったので、何度見ても新しい発見がある素晴らしい映画だと思います。
>|