ドニー・ダーコの作品情報・感想・評価

「ドニー・ダーコ」に投稿された感想・評価

ひば

ひばの感想・評価

4.0
不穏に不穏を塗り重ねて渋滞しまくった情報があっさり淡泊に収束してったので呆然としている。視聴者の気持ちを整理させないまま終わる映画やべぇ…なんだぁこの映画は…
好きだよ
キよ4

キよ4の感想・評価

-
2を見るため再見 と言ってもほとんど忘れているので初めて見るのと同じ
あと28日6時間42分12秒 世界の終末までの残り時間 銀色ウサギがドニーにそう告げた夜
高校生ドニーにとって世界の終末とは愛する者つまり母や妹そして恋人を失うこと
愛する者を救うため世界の終末を回避するため銀色ウサギが告げた夜 家にジェット機のエンジンが落下する夜にタイムトラベルで戻り事故に遭うこと...
じっくり丁寧に見ていけば伏線などの各要所がなんとなく理解できるような気がするけど馬鹿な俺には分かるようで分からない あえて説明をしない見てる側の想像力に任せた作りがなんとなくモヤモヤした奇妙感を生み それが気持ちいい このなんとなくが大切笑笑
大人たちの正しいことに対する苛立ち疑問反発
世界の見えない重みに耐えかねて精神を病んでいくドニー
架空の友達フランク 銀色ウサギ
ハロウィンの夜 銀色ウサギの着ぐるみを着たフランク
死神オババの著書タイムトラベルの哲学
生物は孤独に死ぬ
死霊のはらわたを映画館で見る
胸から伸びる透明な物体?
エコー&バニーメン、ティアーズ・フォー・フィアーズ、ジョイ・ディヴィジョン(大好き)、デュランデュラン(嫌いじゃない笑)、ザ・チャーチなどの音楽
たま

たまの感想・評価

-
ひいむずかしい!!
なんとなーく理解したようなしてないような。
解説見てもう一回見たい。
運命に導かれるようにして少年が"世界の終わり"へと歩みを進める。画面は暗く、全体に漂う悲愴的なムードが心地よい。
kawara

kawaraの感想・評価

-
コギト中心の物語のようでしたが、あえてそうじゃないと考えてみる。
すると、未来を知覚(?それとも経験?)したうえで死を選択した訳ですが、そこまで込みで運命として定まってたとも捉えることができる。そしたら、選択の決定の有無はそもそもそこにはなくて、選択をしたはずという思い込みのような推測しか残らない。結局は全き存在に内包されてる悲しいお話😢😢😭になってしまうので辞めますね。
好きな話です。
性への興味と屁理屈だけのドニーダーコのしょうもないパーソナリティーが良い。
詐欺師にも狂信者にも成らず、半端者でいればそりゃ悪とは言われないさ。
自分の運命と、もしかしたら生きたかもしれない将来。何が正解かは分からないが、今を一生懸命生きとったらええやん。
kimura

kimuraの感想・評価

3.6
大体の話は理解出来たものの、すっきりしないところが残る。時間を空けてもう一度観たい。あと音楽がとても良かった。
bebemama

bebemamaの感想・評価

3.3
多分2回目だよねって思いながら鑑賞。
エンジン落下の所で、やっぱり観たと。
こんなに印象的な、映画なのになんで?きっと理解できなかったからかな?

音楽はポップだが、画面は暗い。
ずっと続く違和感、疎外感。

高校生の話で、淡い恋とかもあるし、音楽も明るいのに、暗いし不穏な雰囲気。

なんせ、ジェイク・ギレンールだし。1度目は彼をまだ知らなくて!若い頃から、難しい役を印象的に演じている。

うさぎが怖いというか、お面とかかぶりものとかは、中にどんな顔が隠れているかわからないので、怖い。

嫌いじゃないんです、この雰囲気。
でも、やっぱり難しい。


1回目、H27年 11月27日
Kaya

Kayaの感想・評価

3.8
おもろいけど、怖かった。。予想以上にシンプルで、分かりやすかった。
>|