彼女がその名を知らない鳥たちの作品情報・感想・評価・動画配信

彼女がその名を知らない鳥たち2017年製作の映画)

上映日:2017年10月28日

製作国:

上映時間:123分

ジャンル:

3.8

あらすじ

『彼女がその名を知らない鳥たち』に投稿された感想・評価

tomato

tomatoの感想・評価

3.7
本当の意味で下品で汚いのは十和子も黒崎も水島も同じで、何か全体的に汚い描写でモワッとした映画。悪い意味じゃなくて。なんだか切ない。

下劣な男共に振り回される女と愛する女に振り回される男の話。
振り回されながらも、まっすぐにただ真っ直ぐに、愛し守り抜く男の話。

割と好きな方です。
原作読んでて、そこからわざわざ映画を観ることってあまり無いけれどこれはすごく良かった、、、じんじの愛なのか呪いなのか分からないものも肯定してあげたくなった
aiha

aihaの感想・評価

-
ラストどうなるかヒヤヒヤしてたけど着地成功!て感じふつうに面白かったけど終始地味にしんどい
過去鑑賞作品。

衝撃を受けた。歪んだ愛の形。哀しい、愛って何だろう。無償の愛ってあるのかな。とにかく愛することとは何かをずっと考えてしまう作品。ずっしりくる。
0830

0830の感想・評価

4.8
好きな作品。

私はここまでの愛を誰かに捧げたいなんて思ったこともないけど、歪んだ愛も認めたくなってしまうような衝撃のラストに涙が止まらなかった
純愛なのでしょうか。
いいじゃないですか、愛していたのですから。
カノン

カノンの感想・評価

2.3
蒼井優がなんかすごい嫌な女の役。
適度に胸くそ映画。
舞台は関西か?
阿部サダヲが、片すわって言ってたけど
片すは関西弁じゃありません。
関西弁指導の人なんで注意しないんだ。
あり得ないほど役者が良い。
プロットは海外ドラマにも邦画にもありそうだけど。蒼井優が妹として姉に振る舞う声色の変化が恐ろしいくらい器用。

もしも痛い恋愛を絶賛している最中にこの映画を観たら、壊れてしまうかもしれない。これは見るタイミングによって評価が変わる作品。

話の着地の仕方が美しいし、陣治と十和子の馴れ初めからの回想でポロポロ泣いてしまった。
さゆり

さゆりの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

陣治の愛がすごい。

阿部サダヲはこういう汚めの役がピッタリなように思わせて、かっこいい時はめちゃくちゃかっこいいんですよ。なのに陣治みたいな役を演じ切れるのがすごい。

十和子ちゃんは、切羽詰まると人を刺してしまうタイプなんだなあと思った。
イケメンでクズな男性陣に振り回される十和子はもちろん可哀想なんだけど、
高望みせず自分のそばにある幸せに目を向けられればこんなことにはならなかったんじゃないかとも思うので、人は背伸びも必要だけど今ある幸せを自覚するのも大事。

松坂桃李がいくらイケメンだからって、仕事で家に来て急にキスしてくるってやっぱやばい奴って思わないといけないということですね。
Rikako

Rikakoの感想・評価

3.7
クズしかいないと思って見てたら最後そういうことだったんだ、、ってなった。
途中からどうやって着地させるんだろって考えてたけどなるほどーーーーーってなりました。
みんな演技が上手すぎる〜関西人じゃないけど蒼井優の関西弁めちゃめちゃ自然だなと思った。

クズな桃李さん、、、よい。
>|

あなたにおすすめの記事