MOTHER マザーの作品情報・感想・評価・動画配信

上映館(2館)

「MOTHER マザー」に投稿された感想・評価

ichi

ichiの感想・評価

3.5
奔放で堕落的なシングルマザーとその子供の壮絶な人生を綴った映画。
母親とは。と、観たもの誰にしも問われる作品。

周平君が最後まで不憫でならない。クズな親とクズな恋人の行動言動がただただ、胸糞の悪い。
何度か立ち直せるチャンスはあったのに自ら窮地に向かっていくその様子は、窓を開けて外へ解き放とうとしているのに、開いていないガラスへ何度も体当たりしている虫のようだ。

私の子だよと言うのはけっこう、
親であれば子供に平安と選択肢を与えてあげないといけないと思ってる。
選択肢と判断能力を奪うような恐怖と急かしが蔓延る家庭であってはならない。

秋子自身も親に妹と比べられて劣等感の中で育ったのかもしれない。家庭の負の連鎖だ。

もっと自由でいられるように正直でいなければと改めさせられた。
正直で誠実に、愛をもって謙遜に希望をもってもって勤勉にを心がけて自分にそして人に平安と選択肢を与えられる人になりたいと心を正された。
子供が出来たらそれを与えられるように。

それにしても出演した役者のレベルが流石すぎた。周平くん役がすごい雰囲気をもっている。藤原竜也、菅田将暉等を彷彿させる。要注目の俳優だ。
そら

そらの感想・評価

4.0
主演の男の子(奥平くん)が、本格的に俳優を初めて初の作品と知った時はかなり驚きました。長澤まさみさんや阿部サダヲさんといった経験豊富な方々と並んでも圧巻の演技。幼少期を演じた男の子の演技にも圧巻でした。

ドラマ「恋する母たち」で奥平くんを知って、そこからこの映画もみました。

確かに内容は暗いし後味が悪い作品だけど、その生々しさが逆に良かったです。
バッドエンドが好きだからかもしれませんが。変にコメディ要素とか欲しくないし。
しだ

しだの感想・評価

-
記録
頭がおかしい滅茶苦茶な人間が『子供は自分の分身』という思想で子供にも自分の生き方を強要した結果が招いた最悪の結末
暗い気持ちになった
どれだけ時間が経過(それは毎度マヌケなテロップで視聴者に知らされる)しても美貌を保ち続ける母親が、どれだけ酷い人格で貧しい生活をしていても美しいというだけで男を魅了し子供もわりかし真っ当な性格に育ってくれるSFバイオレンスムービー。

この映画にはテーマや教訓といった学びは一つもない。ショッキングなシーンに待ってましたと言わんばかりに悲しげなBGMを流し、映画の最後には芸術的っぽい字体でタイトルをドーンと表示して、「やべー、超鬱映画作っちゃったぜ…」と悦に浸る監督の顔が思い浮かぶ。
akaden

akadenの感想・評価

3.7

このレビューはネタバレを含みます

許されてはいけないとは思いつつも、最後のシーン切なくなった。

施設のお姉さんが手握って自分の頬に当てたところ、自分のお母さんと重ねていたのかな。
堕ちるなら一人で堕ちていけばいいものを、親という優位な立場を利用して子供を巻き込む毒親マッマの話。
大抵の登場人物にはモラルのモの字も無く、思考回路が超次元すぎてあまり感情移入できなかった。
下半身に脳みそがあるクソオス供にイライラしつつも、極薄メイクであれだけの破壊力を発揮する長澤まさみを前にしてるので、まぁしょうがないか、と。
この母親じゃない他の家族の元で育てられていたら、周平くんはきっと今頃社会人として働いていて、稼いだお金で本を買ったり友達と旅行に行ったり恋愛なんかもしていたんだろうなぁ、悲しい事件だ
moonpie

moonpieの感想・評価

3.5
実際に起きた少年による祖父母殺害事件から着想を得た映画🎞

重い、、 見てて苦しくて腹立たしい、、

周平役の奥平大兼君と幼少期役の郡司翔君の演技が凄く良かった👏🏻

2020⇢195
ktn

ktnの感想・評価

3.8
ほんとに重い。凄く重い。
どんなに酷い結末でも共依存は壊れない。切ない。
Koji

Kojiの感想・評価

4.0
実話を基にしたなかなかの衝撃作。
長澤まさみと阿部サダヲがあまりにもクズすぎて嫌いになるぐらい、演技が素晴らしい。

育児放棄は子供の人生を大きく狂わせるということを、深く考えさせられた。
ただ、もう一度観たいとは思わない。
>|