宮本から君への作品情報・感想・評価

上映館(3館)

「宮本から君へ」に投稿された感想・評価

ミ

ミの感想・評価

-
みんなでみおわったあと、疲れたね〜って言い合ったの、おもしろかった
『#宮本から君へ』(2019/日)
劇場にて。原作未読。題名どおり「宮本から君へ」送る、生き様の物語。聖人ではなく、不格好で非力な凡人だからこそ尊く愛おしい、熱い生き様。彼が挑んだ理不尽への反抗、その勇気と行動に「君から宮本へ」喝采を送るための物語。年間ベスト級の傑作、今年何本あるの?

あらすじは書いてはいけない物語。なにか大きな出来事があり、退院した宮本の職場復帰から始まる現在編と、その大きな出来事へ向かう過去編が交錯して語られる。
現在と過去の物語が進むにつれ「なにがあったの?」という事は段々と分かるが、「どうやったの?」という事は最後まで分からない。

時系列通り、過去から順に描いても成立する物語。しかし、あの出来事の場面を最大最高の熱量で迎えるために、現在と過去を交錯させて描く巧みな構成。だから過去編であの出来事が始まる前に、観ている全員が「どうなったか」は知っている。でも「どうやったんだよ、宮本!」の気持ちは高まるばかり。

自分が寝ている間に起きてしまった事を、あの人が寝ている間に決着させた宮本。「ここからが〇〇だ」と「俺の人生〇〇だから」の二つの言葉は、彼が自力で勝ち取った「自分の生の肯定」。あの場面の彼には許される、その資格がある、そんな言葉だと思えました。

そして誰もが感じるであろう、答えが出ていないある疑問への不安。現在編の宮本は、それへの明快な答えを言動で示しているけれど、ラストショットの言葉なきアップの表情で彼の真意が伝わる。主人公の無言のアップで終われる映画にハズレなし。池松壮亮、やっぱり凄い役者だな! 感想オシマイ。

追記。靖子(蒼井優)の妹役で、推しの俳優である小野花梨さんが出てるじゃないですか。短いけど、そのやりとりだけで伝わる「明け透けに見えて、あえて踏み込んでみせて姉をフォローする優しい妹」感、ちゃんと出てましたよね。なんかもう安心の名バイプレイヤー感。

もう少し追記。現在編と過去編で、ほぼ全容がわかった状態でクライマックスを迎える映画ですが、それでも予想を裏切られて完全に意表を突かれる場面もありました。観た人だけに分かる名前をつけるなら、ネットで有名な画像から名前を借りると「チャリで来た」。もうそれしかない。追記もオシマイ。
(2019年10月8日感想)

#2019年下半期映画ベスト・ベスト助演俳優
#2019年映画部門別賞
・佐藤二朗/『宮本から君へ』
営業先の知人役。福田雄一監督作品での「無責任なオジサン」の印象が強いが、本作では「全てを承知なのに、好意的中立から一歩も近づいてこない」人。無関係を決め込んだ酷薄、という怖い演技。

#2019年下半期映画ベスト・ベスト主演俳優
#2019年映画部門別賞
・池松壮亮/『宮本から君へ』
2019年・最優秀主演男優を決めるなら、この方。静かな役柄が多かった印象だけど、こんなにも熱い、熱く凡俗な男を演じられるのかという驚き。最後の救急救命士に怒られるところも好き。

#2019年下半期映画ベスト10
・『#宮本から君へ』
過去と現在を交錯して描き、ある場面でなにが起きたかを徐々に明らかにしていながら、どうやったかを最大のクライマックスとして盛り上げるとんでもない構成。なのに年間ベスト級の感動作です。

#2019年映画ベスト10
👑『愛がなんだ』
👑『いなくなれ、群青』
👑『デイアンドナイト』
👑『羊とオオカミの恋と殺人』
・『ひとよ』
・『ひかりの歌』
・『マチネの終わりに』
・『見えない目撃者』
・『宮本から君へ』
・『よこがお』
(2019年12月31日感想)
武藤

武藤の感想・評価

-
三人で鑑賞。

子どもができたのに 堕ろしたほうがいいといっていなくなった男、観ろ、と思った。
終始 宮本がうるさいし暑苦くて、見てるこっちの血圧も上がる。もう宮本の好きな様にしろよ、と思ってるうちにエンドロールで そこから涙が止まない。鼓舞してくれる主題歌に柔らかいポートレート そしてタイトル。
宮本、私は宮本の様に恥ずべき自分を含めて愛せるほど、人に対峙しているだろうか。歯を食いしばり涙流すほどに心の葛藤に向き合っているだろうか。
連載当時から宮本に魅せられ、振り回せれた青春を引きずってる私。どう転んだって好きだ。
#2019-78
その日ハシゴしたジョーカー、ワンスアポンアタイムインハリウッドと本作の中で最も血にまみれ残虐性に溢れた一作だった(褒めてる)。

演技派の主演2人は勿論、ピエール瀧の大きさを改めて思い知った。宮本浩次の主題歌も素晴らしかった。
茉央

茉央の感想・評価

1.0
ものすごい悪い意味で、
男が作った映画だなと感じた

役者の演技は良かった。
HikaruUno

HikaruUnoの感想・評価

1.9
10年前だったらノれたかもしれない映画。もう自分はこういう世界線にいないんだなと感じた。池松壮亮はすごい俳優。
ShoeiTachi

ShoeiTachiの感想・評価

3.8
池松壮亮と蒼井優の演技力に感動しました。

妻の前で潰れたらダメ。ゼッタイ。
ポジティブに蒼井優がブサイクでした
でも最後やっぱりめっちゃ可愛いじゃん神じゃんってなった  あれが女優か。。。
役柄次第で超絶美人にもブサイクにもなれる
すげえ
やざわ

やざわの感想・評価

4.3
世の女性から見る男性って、少なからずとも宮本に通ずるところがあると思う。
鈍感で、バカで、頼りない。
それを全部認めた上で本気でぶつかる宮本はかっこいい。付き合いたくはないけど
>|