宮本から君への作品情報・感想・評価・動画配信

宮本から君へ2019年製作の映画)

上映日:2019年09月27日

製作国:

上映時間:129分

4.1

あらすじ

「宮本から君へ」に投稿された感想・評価

圧倒的な暴力に敗北するしかない非力な者のひとりとして、銃のない社会でどうすればいいのか。
『その夜の侍』と同じリアルなすぐそこにある恐ろしい暴力でもう二度と見ないとは思う。
しかし宮本は人間失格みたいに諦めたりしないんだね。こんな人はきっとどこにもいない。
どこにもいないから涙が出るんだ。
始めはどんな話なのか分からずみてたけど急に胸糞悪くて吐きそうでした
辛いけどその辛さをなににぶつけたらいいのかわからない
ラストは宮本が一つ壁を乗り越えた感じでよかった
minami

minamiの感想・評価

2.7
あまり相性のいい映画ではなかったな。
登場人物のいずれにも共感できなかったし、なんだかどうにも暑苦しい愚直な感じが醜くダーティーな印象もある。

ただ、役者陣の熱量は本当にすごくて、池松壮亮はもちろん、蒼井優(かわいい)がぶさいく(褒めている)なのも圧倒される。
実際にいたら親しくなっていないだろうな、と思うようなキャラクターばかりなのに、どこか愛しく感じてしまうのは、役者たちがキャラクターに命を吹き込んでいるからだろうなぁと真摯に感じる。

特に全員「は?なにこいつ、うざ」みたいなどん底の印象からスタートするので、後から「やるじゃん…」「え、かっこいいかよ…」「こいついい奴だったんだな…」とプラスに傾いていく。(もちろん悪印象のまま変わらないのもいる)

ひとつ、一人で黙って観るのは耐えきれなくてTwitterで実況してしまったほどのトラウマシーンがあって、なんというか「男」という生き物を全身で憎むには充分すぎるシーンだったわけだけど、その結末も少し笑ってしまうようなところもあったりして、そうだよな、実際は苦痛の中にも笑いがあったり、情けなさがあったり、決まらないことで決まったりするよな、と、物語というよりも本当にそれぞれの人生を感じた。

それにしても蒼井優にさえお尻の下にセルライトがあるんだから、私なんて大変なことになっているのでは…と震えた。
自分じゃ見えない部分怖い…とりあえず時折マッサージはしてみようと思います。(なんの話)
み

みの感想・評価

1.5
男って怖い…気持ち悪い…ってなる映画
糞野郎が不快すぎて見てられない
男の戦いとか寒いことやってないで警察に突き出せよ
犯罪を軽視しすぎだろ
あと撮影のために金魚殺した?偽物だよね?
spica

spicaの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

宮本、とりあえず起きろよと思った…。
蒼井優さん、迫真の演技すぎて観てて辛かった。

ピエールさん、人相悪くて怖かった笑。でもあの人相が悪い所に二郎さんの穏やかな顔があって中和されたというか、、変な安心感があった。

あとはアラタさん、
女遊びしてる悪い男なのかと思いきや
意外と靖子を気にかけてて。
塞ぎ込んでた靖子に会いに行って、ここまで出てこいよって抱きしめてあげたのも優しくて、宮本にハッパかけに行くところもよかった。

てか、タマって潰れるんすか?
潰れたら気絶するんじゃないのかな笑

とりあえず全編通して暑苦しいけど
最後のDo you rememberがよかったな
Mayu

Mayuの感想・評価

3.0
宮本の真っ直ぐさに脱帽でした。でもちょっと過激シーンが辛かったですかね。
Natsuho

Natsuhoの感想・評価

3.7
宮本は男だな、、、
愛する人の為に体を張るって事、この映画が今まで見た中で1番表現してる気がする。
前シーン全力で見ててあつくなった。

宮本、嫌いだけど好き。

蒼井優の力強さが綺麗だなぁ

まつけんちょい役
Beths

Bethsの感想・評価

4.3
「愛しのアイリーン」の新井英樹原作
×「ディストラクション・ベイビーズ」の真利子哲也監督


熱狂の129分‼︎
とてつもない熱量の傑作です。
格闘シーンは圧巻で
宮本の真っ直ぐさが痛快です。

「やすこぉおおおぉ」
「だまれだまれだまれぇええ」
「黙らねえ‼︎」
「俺の人生、バラ色だからよお‼︎」


ラストは爽快で最高の余韻です。
胸が熱くなります。 
人生の苦悩と喜びの両方を包み込んでいる名作です。   是非‼︎‼︎‼︎‼︎
minacco

minaccoの感想・評価

4.3
いやー疲れた…
でも、すごーくよかった。
池松くん、すごい。最初から最後まで熱演。前歯、どーしたんだろ。ホントに抜いたのかな。
とにかく、最後の壮絶な闘いはホントすごすぎて、やってやった時にはなんか、もう、一緒に叫びたくなったし涙出てくるし訳わからない感情で、号泣してた。
チャリでタクマを乗せて叫びながらヤスコに会いに行くところはなんか笑えるし泣けるし。
すごい良かった。
最後のケンヨコヤマ&宮本浩次のコラボ、Do you rememberがエンドロールとピッタリでエンドロールでも泣けてきた。
いやー久々にこんなに泣いた。邦画で。
SK

SKの感想・評価

5.0
暴力的なシーンはリアルすぎて心臓バクバク😭演技がすごすぎる…
拓馬役の人怖すぎてこの映画もう1回観るのは無理💦
>|