ナラタージュの作品情報・感想・評価

ナラタージュ2017年製作の映画)

上映日:2017年10月07日

製作国:

上映時間:140分

3.4

あらすじ

大学2年生の春。泉のもとに高校の演劇部の顧問教師・葉山から電話がかかってくる。葉山は泉に、演劇部の後輩の為に、卒業公演に参加してくれないかと誘う。 葉山は、高校時代、学校に馴染めずにいた泉を助けてくれた教師だった。卒業式の日の葉山との誰にも言えない思い出を胸にしまい、彼を忘れようとしていた泉だったが、一年ぶりに再会し、押さえていた気持ちが募っていく。叶わないとわかっていながらも、それでも抑えき…

大学2年生の春。泉のもとに高校の演劇部の顧問教師・葉山から電話がかかってくる。葉山は泉に、演劇部の後輩の為に、卒業公演に参加してくれないかと誘う。 葉山は、高校時代、学校に馴染めずにいた泉を助けてくれた教師だった。卒業式の日の葉山との誰にも言えない思い出を胸にしまい、彼を忘れようとしていた泉だったが、一年ぶりに再会し、押さえていた気持ちが募っていく。叶わないとわかっていながらも、それでも抑えきれない葉山への恋心。葉山もまた泉への複雑な感情を抱えていた。 やがて、大きな事件が起こり、ふたりの想いがぶつかりあったとき、それは痛みすらも愛おしい逃れることができない恋となっていたー。

「ナラタージュ」に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

嫌な予感はしてたけどそういうラストなら先に言ってよ!
いや言われたくは無いんだけど、期待してたのと違くて気落ち。
でもこの映画としてはそうだな、って、テーマとしてもそうだな、って、納得。
キャッチコピーが好き。
思い出したよ、好きだった人。
エロを期待したのに!少ない!
もっとくれ!潤くん!
予告にもあった、車から外の架純ちゃんを見る視線がエロくて好き。
段々狂っていく坂口くんがいい。
爽やか好青年より断然良い。
女子生徒が自殺する理由が嫌い。
そういう理由で自殺させとけばいいみたいな。
ほの

ほのの感想・評価

4.5
静かな映画で、聞こえてくる生活音や様々な音が、映画館でみているととても心地よかったです。
皆100点の恋愛したいけど、そんなきれいごとではないし、共感できまし
た。恋愛してると自分もクズになってたりして、まさか自分が…って思ったり…
最後の方はみんな幸せになれるかもと予感できたので、私的にはハッピーエンドだった。
見るつもりなかったけど、見て良かった。また映画館でみたいと思った。
真歩

真歩の感想・評価

3.3
有村架純ちゃんが美しい。

歌ともよくあっている。
人の弱い部分を見て、私が助けなきゃ、私しかいないなどと思い、自分が必要にされてることに愛を錯覚していることが、この物語の根本にあると思うので、何をやっても、しっくりこない。
だから、物語の展開や内容も、頭を傾げたくなることが何回かある。
そして、そんな物語の中心にいる過去の男の松潤は、映画が終わったら存在感を感じない。有村架純と濡れて帰ってきた男の子の存在感が圧倒的に印象に残る。数分の男の子に印象負けする松潤、この映画は総じて、そんな内容の薄い作品と思う。
有村架純が可愛いかったのとエッチのシーンは、すごく良かった!けど、私は映画にそんなの求めていない。
ちくわ

ちくわの感想・評価

2.9
登場人物全員メンヘラ気味。なので感情移入できなかった…
ところどころリアリティに欠けるというか、??ってなる演出とかシナリオがあってそれが作品全体を通しての違和感になりました。
環

環の感想・評価

3.2

このレビューはネタバレを含みます

最後に思い出にするっていう失恋ストーリーが好きだから、ラスト凄く好みだった。
坂口健太郎の役が、あの立場にありがちな優しい役じゃなくて、この人も恋をして生きてるんだなって感じがしてよかった。
有村架純はほんとにいつでも役にハマってて凄くいい。高校生の雰囲気が凄く上手かった。

松潤じゃなくてもいいかなーーって感じは終始してた。好みの問題かもしれないけど、もっと“何故か”かっこいい、みたいな俳優さんで、主人公に共感したかった。そういう恋あるよねって客観的に見ちゃったかも。

エンドロールの主題歌、もっと長く聞きたかったくらいいい曲だった。
映画館だから集中して楽しめた感はある。
2017/10/25
行定監督作品だけど、アイドル歌手に旬女優を配役するあたりが、ちょっとハズレ映画になるかも…と期待値低めで観たら、なかなか良かった。
松潤はミスキャストかなぁと思わなくもないけど、情けない男性を上手く演じていた。
ラストだけは「それはないんじゃないか!」と私は思うけど、こういう恋愛ができる人もいるよねと醒めた目線で観終わった。
あちゃ

あちゃの感想・評価

3.3
登場人物それぞれの心情がなんとなくわかる。
ジロ

ジロの感想・評価

2.0
原作読んだはずなんだけど、すっかり忘れてた。観終わってから私の思ってた「ナラタージュ」は同じ原作者の「生まれる森」だったと気付く。

松本潤はJKワンチャン狙いのロリコンクズにしか見えないし、有村架純はただのメンヘラだし、坂口健太郎もメンヘラDVだし、みんなヤバイという印象。。
演技的には坂口健太郎が一番よかった。好青年ぽいところも豹変ぶりも、かなり好演してましたね。あと市川実日子。
松本潤と有村架純は妙なタメが気になってイライラして…(2人のせいじゃないと思うけど)

全く感情移入できないまま、映像は綺麗だけどイライラするな〜で終わってしまった。
いちいちエルスールとか隣の女とか、どんぴしゃ好きな作品出してくるから余計にイライラしたのかも。

久々に映画館を出たいくらい苦痛な映画でした。
あ、上映前に富山のCMやってたから富山に行きたくなったな…

新宿ピカデリーにて。
Maiko

Maikoの感想・評価

3.3
正直あんまし感情移入ができないんだよなあ、、、、
>|