ナラタージュの作品情報・感想・評価

ナラタージュ2017年製作の映画)

上映日:2017年10月07日

製作国:

上映時間:140分

あらすじ

大学2年生の春。泉のもとに高校の演劇部の顧問教師・葉山から電話がかかってくる。葉山は泉に、演劇部の後輩の為に、卒業公演に参加してくれないかと誘う。 葉山は、高校時代、学校に馴染めずにいた泉を助けてくれた教師だった。卒業式の日の葉山との誰にも言えない思い出を胸にしまい、彼を忘れようとしていた泉だったが、一年ぶりに再会し、押さえていた気持ちが募っていく。叶わないとわかっていながらも、それでも抑えき…

大学2年生の春。泉のもとに高校の演劇部の顧問教師・葉山から電話がかかってくる。葉山は泉に、演劇部の後輩の為に、卒業公演に参加してくれないかと誘う。 葉山は、高校時代、学校に馴染めずにいた泉を助けてくれた教師だった。卒業式の日の葉山との誰にも言えない思い出を胸にしまい、彼を忘れようとしていた泉だったが、一年ぶりに再会し、押さえていた気持ちが募っていく。叶わないとわかっていながらも、それでも抑えきれない葉山への恋心。葉山もまた泉への複雑な感情を抱えていた。 やがて、大きな事件が起こり、ふたりの想いがぶつかりあったとき、それは痛みすらも愛おしい逃れることができない恋となっていたー。

「ナラタージュ」に投稿された感想・評価

ami

amiの感想・評価

2.6
期待していた内容と違くて、えっこんな感じで終わっちゃうのと思うような終わり方だった。ドキドキする感じもなくスッキリする内容ではなかったと思う。
ゆっくりとした、穏やかな映像の中、
それぞれの苦しみやもどかしさが、丁寧に描かれていたと思う。

みんなずるくて、でも最後は素直だった。

なんとなく もやっとしたところで、
ラストのエンディングの曲が綺麗にまとめていった感。

原作読んでみようと思った。
aya

ayaの感想・評価

3.0
全体的に暗すぎた。
有村架純ちゃんがただただ可愛い。
memoru

memoruの感想・評価

3.5

何かを失って、
脆く崩れ落ちそうな時、
誰かを必要としてしまう。

それが、本当に求めるものではなく、
求めてはいけないものだったとしても。

苛立つほどに勝手だけれど、
苛立つのは、やっぱり知っている感情だから。何を持って純愛なのかは、
その想いの根源にあるのかな。

最初は納得できなかった感情も、
時を経て受け止める主人公のように、
じんわりと、後からも考えてしまう。
そんな余韻のある作品でした。
she

sheの感想・評価

2.2
重くて結構リアル。
泣きはしないけど切ない。
小野くんのあの感じは昔の彼を思い出した…
空気感が好きです
レビューとかみてそんなに期待してなかったけど、期待以上でした!登場人物それぞれの人間性とか思いか丁寧に描かれていて、共感できる部分もあって、、人生の中でこれほど好きになれる人に出逢えることの幸せと辛さが伝わってきました。
matsuco

matsucoの感想・評価

3.6
不倫や浮気系の恋愛の話は好きじゃないですしキャスティングも好きじゃ無い(一人一人は好きにです)ですが、行定勲監督が撮った作品はもう何か雰囲気とか編集とか空気感とか音とかとにかく好きなんです。
勿論純粋にストーリーが面白い映画が好きです。映画を評論する時や見解を伝える時に「アート系」「芸術的」「画が綺麗」「映像が良かった」とやたら見た目だけを褒め称えるのは嫌いです。
でも自分が得意でないテーマやキャストでも、自分の大好きな映画監督の方達は本当に良い感じな作品に仕上げてくれます。
音楽で言えば、自分の大好きなアーティスト、サザンやミスチルが歌えばどんな内容のどんなメロディの歌でも名曲になってしまうようなもので…
行定勲監督が撮れば何故か自然に良作になってしまうから不思議です。
個人的に好きなのは「GO」「JUSTICE」「クローズド・ノート」「パレード」「真夜中の五分前」「ピンクとグレー」になりますが、基本的に監督が撮るものは好きです。「リバーズ・エッジ」も楽しみにしています。毎年毎年、監督の映像作品が公開されて欲しいな、ずーっと観てたいな、と思っています。
こみ

こみの感想・評価

4.5
構成すてきーて思ってたらタイトルがそうで、原作通りの脚本なんだったらすごく綺麗な小説だなって思った
3人ともわかるけどそれだめやんでもしちゃうよねってのがリアルですきだったとりあえず切ない
余韻に現実くわれそうて感じある
lumgal

lumgalの感想・評価

-
雨が印象的な映画を雨の日に。
タクシーで手紙を破ってばら撒くシーンがすき
Kream

Kreamの感想・評価

3.5
描写や表現がとってもリアルでした。そして有村架純バンバン可愛いです。
>|