ナラタージュの作品情報・感想・評価

ナラタージュ2017年製作の映画)

上映日:2017年10月07日

製作国:

上映時間:140分

3.4

あらすじ

大学2年生の春。泉のもとに高校の演劇部の顧問教師・葉山から電話がかかってくる。葉山は泉に、演劇部の後輩の為に、卒業公演に参加してくれないかと誘う。 葉山は、高校時代、学校に馴染めずにいた泉を助けてくれた教師だった。卒業式の日の葉山との誰にも言えない思い出を胸にしまい、彼を忘れようとしていた泉だったが、一年ぶりに再会し、押さえていた気持ちが募っていく。叶わないとわかっていながらも、それでも抑えき…

大学2年生の春。泉のもとに高校の演劇部の顧問教師・葉山から電話がかかってくる。葉山は泉に、演劇部の後輩の為に、卒業公演に参加してくれないかと誘う。 葉山は、高校時代、学校に馴染めずにいた泉を助けてくれた教師だった。卒業式の日の葉山との誰にも言えない思い出を胸にしまい、彼を忘れようとしていた泉だったが、一年ぶりに再会し、押さえていた気持ちが募っていく。叶わないとわかっていながらも、それでも抑えきれない葉山への恋心。葉山もまた泉への複雑な感情を抱えていた。 やがて、大きな事件が起こり、ふたりの想いがぶつかりあったとき、それは痛みすらも愛おしい逃れることができない恋となっていたー。

「ナラタージュ」に投稿された感想・評価

sa

saの感想・評価

4.2
松潤のあの甘ったるくて頼りなくてせこい隙のある感じ、ずるい
逃げた恋は誰一人として幸せにしない
Yochi

Yochiの感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

一途なのは、かすみちゃんだけ。


や、健太郎もか?ちょい、モラハラだよねー…


とりあえず、松潤にイライラ


結局、かすみちゃん振り回すだけ振り回しただけだよね?
Milky

Milkyの感想・評価

3.9

このレビューはネタバレを含みます

夏の夜の夢がでてきたとき、あーシェイクスピア見なきゃなぁと思い直した。
瀬戸くんの演技久しぶりにみてやっぱりイイなと。
イケメンのオーラって(松潤の)隠すことはできるんだけど作り出すことは出来なくて服やメガネで印象が変わる
雨音以外の音楽や音が少なくで逆に際立っていた。
なんだそれイケメン(坂口)はレジ袋を持ってあげるところ。
波打ち際
うちのごはん感あふれるおかゆシーン。
背中の演技。背骨や丸め方だけでも表現って広いんだなと。

ずっと見たいと思っててお父さんが借りてきてくれました。原作を高校の図書館で借りて読んで面白くなくなるかと思っていたけれど映像の方がわかりやすくなっているというか“実写感”があった。ドイツの旅行シーンもちょっと見てみたかった気もするかな。
ヤンデレ感が男性二人に崇めなくてどうなんだろと思った。こういう高校生の形があるのかとか考えさせられた。
本当にキャスト勢ではおすすめしたいが内容を考えるとこれを1番に推したい気持ちはない。
有村架純のかわいさは安定でストロボエッジ見ないとなぁと思った。キュンキュンボタンも押してたけどこわいこわいボタンも押しまくってた映画。
an0nym0us

an0nym0usの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

ナラタージュ…ナレーションとモンタージュを掛け合わせた言葉。人物の語りによって過去を切り出して、再現する手法のこと。

その題名の通り、文章的な雰囲気のある叙情的で静かな作品。

2006年度に『この恋愛小説がすごい』で堂々の一位を獲得した作品の映像化。
プロット自体はありがちなんですけどね。

原作よりも人間関係がコンパクトに収められていて、劇伴だけでなく蝉時雨や波の音だったり…聴覚からも感傷的な気持ちをくすぐってきます。

アンニュイだとか、ウェットだとか…
イマジネーションを刺激する『雰囲気』

本で言う『行間』
映画で言えば『間』
無限と有限。

空白を埋める作業を、自分がするか、他者に委ねるか…その違いも感じますね。

誰かを想って…

心が激しく動いたことは?
周りが見えなくなったことは?

恋愛にまつわるエトセトラ。
それは人によって違うでしょう。

『私には…あなたでした』

その台詞で、誰か思い浮かびましたか?
浮かんだとしたら、羨ましいことです。
結果はどうあっても…ね。

満たされるのは刹那。
途端に零れ落ちて、隙間ができる。
なんだか…本にも似てるかも(苦笑)

小野くんの小者っぷり…(*´-`)
こういう役が多いね、坂口くん。
でもまぁ、現実的だと思います。

愛に見えた何かが、ナラタージュを経て『今』に追い付いて…別のカタチに結実する。

雨降りから始まり、止まっていた時計…
時を刻み始めた朝焼け。

明けない夜はない…ですかね。

時を止めてしまう恋愛はしたことないな…
物語の中にしか存在しなそうだけど(苦笑)

与えられた痛みに、気持ちを実感したことぐらいは…ありますけどね。

恋愛偏差値が低いのか?
まぁ、可愛げはないかもね…(´ω`)

こういう静かな作品は、やっぱり本の方が没入できて気持ちが揺蕩うので好き。

このレビューはネタバレを含みます

松潤は松潤だった。
ああいうそれぞれ依存してしまう感じというか、いや、それが好きってことなんだみたいな気持ちわからんこともないこともないけれど、最後の懐中時計のくだりは、そんなもの渡されたらふっきれなくない?忘れられなくない?忘れなくてもいいけれど、先生側からそういうの渡すのってどうなの?って思った(感情的に書きすぎ)
主題歌は気になってたけれど野田さん作詞作曲だと知って、しかも映画そのものすぎて(実際に映画観て書き上げられたもの)ダウンロードしました。
まほ

まほの感想・評価

3.3
結構長くて座ってるのが疲れてしまった(笑)

私も高校の時、ある先生がすっごく好きだったから有村架純ちゃんの気持ちわかるなーって思った。先生に恋しても結局は叶わないの、辛いよね、、。

私は個人的に、坂口健太郎めっちゃ好き!あんな風に坂口健太郎に束縛されてみたいって思っちゃった(笑)
aya

ayaの感想・評価

2.5
松潤はナヨナヨ先生だし坂口健太郎は嫉妬屋さんだし、、もう一度は見ないかな。見るかもしれないけど。見ないかな。
冗長だし何が言いたいのかわからない話だった。
これからどこに向かうかもわからない。
ただ、空気感は好き。
パコ

パコの感想・評価

3.1
普通かな。キャストいいのにもったいない。静かな感じがみんな怖く感じてしまう。
lily

lilyの感想・評価

3.5
原作が好きだったので観てみたのだが、葉山先生のアンニュイさが出し切れてなくて残念
>|