ナラタージュの作品情報・感想・評価

ナラタージュ2017年製作の映画)

上映日:2017年10月07日

製作国:

上映時間:140分

3.4

あらすじ

大学2年生の春。泉のもとに高校の演劇部の顧問教師・葉山から電話がかかってくる。葉山は泉に、演劇部の後輩の為に、卒業公演に参加してくれないかと誘う。 葉山は、高校時代、学校に馴染めずにいた泉を助けてくれた教師だった。卒業式の日の葉山との誰にも言えない思い出を胸にしまい、彼を忘れようとしていた泉だったが、一年ぶりに再会し、押さえていた気持ちが募っていく。叶わないとわかっていながらも、それでも抑えき…

大学2年生の春。泉のもとに高校の演劇部の顧問教師・葉山から電話がかかってくる。葉山は泉に、演劇部の後輩の為に、卒業公演に参加してくれないかと誘う。 葉山は、高校時代、学校に馴染めずにいた泉を助けてくれた教師だった。卒業式の日の葉山との誰にも言えない思い出を胸にしまい、彼を忘れようとしていた泉だったが、一年ぶりに再会し、押さえていた気持ちが募っていく。叶わないとわかっていながらも、それでも抑えきれない葉山への恋心。葉山もまた泉への複雑な感情を抱えていた。 やがて、大きな事件が起こり、ふたりの想いがぶつかりあったとき、それは痛みすらも愛おしい逃れることができない恋となっていたー。

「ナラタージュ」に投稿された感想・評価

みんなの演技が抑え気味で良かったです

ただアラフォーの女としては、かったるいはっきりしない、気持ちもどこにあるのか分からん松潤に振り回されて貴重な時間を無駄に過ごすより、ストレートに言ってくる坂口健太郎だろ!!と言いたくなる感じなのでお若い方にはいいんじゃないんでしょうか
どうしても最後まで先生と生徒という関係に見えなくて…
この設定はどこまで大事なんだろ。最初から最後まで一人の男性と女性だった。

人のものを欲しいと思ったことはある?
小野くんの泉への独占欲と、それよりも深い深い泉の先生への独占欲。どちらも見苦しい行動に出てしまうけど、泉のは嫌な感じがしなくて、泣けるんだな。
富山の綺麗な澄んだ空気が伝わってきた。
世界観が好き。

少しストーリーは重いかなと。
fumiel

fumielの感想・評価

3.8
心にずっしりとくる苦しさや痛みが伝わる内容でした。終始、重くて暗い話だけど、人間らしさが生々しく描かれていて面白かった。また、有村架純はこういう影のある役柄がすごく合うのだなと感じた。
miyu

miyuの感想・評価

2.2
演出が所々小洒落てて、もの淋しげな雰囲気がストーリーと合ってて好き。
小説で読んでたら高評価だったかもだけど、映画だと「先生と生徒」の立場がヤラシく浮き立ってなんかなぁ…って感じ
Mayu

Mayuの感想・評価

2.0
映像としては綺麗だったけど、ストーリーとしてはあんまり好きではなかった。坂口健太郎が怖い。
COOH

COOHの感想・評価

2.6
いろんな映画業界?の人達は「新しい松本潤だ」「俳優として開拓地」とか言ってたけども…これ「松本潤」じゃない?めちゃくちゃ「松本潤の芝居」じゃない?と思った。

ストーリー的にもスッキリって感じの作品ではないけど、エンドロールで主題歌聴いたらダメ押しでどーんときた。
それが自分にとって「心地よい余韻」ではなかったので、1人で不完全燃焼な気分。
効果音がほぼない静かな映画。ストーリーは原作に忠実。ただただ演出がすごい。
おか

おかの感想・評価

3.4
場面場面の描写、登場人物のやり取りは印象深い。登場人物の不器用さが、自分を重ねた時に、いや違うかな、という腑に落ちなさがあって、消化し切れず。エンディングソングが沁みた。
hitomi

hitomiの感想・評価

3.5
3人の演技がとても良かった!脚本にええ?って思うところはあったけど、映画化で原作を省略した?からなのかな、、。葉山は決して自分が悪者にならないようにあくまでも相手に委ねる態度を取るけど、それがとてもずるかった。有村架純の役がどんどんそれにハマっていくのがみてて辛い。最後のシーンで救いがあったのが良かった。
>|