オーバー・フェンスの作品情報・感想・評価・動画配信

オーバー・フェンス2016年製作の映画)

上映日:2016年09月17日

製作国:

上映時間:112分

ジャンル:

3.6

あらすじ

「オーバー・フェンス」に投稿された感想・評価

蒼井優が変な役でイメージ合わないな。こんな入浴シーンというべきかなんだかわからない異常なシーンはいらないな。
蒼井優、多才すぎる。かわいいしおとなしいイメージだけど、狂気な演技うますぎ。毒女も似合う。全部どうでも良くなったらあんな感じになれるのかな。
mnm

mnmの感想・評価

3.9
映像が綺麗
蒼井優もがとても綺麗だし
痛々しさがリアルに感じて苦しくもなる。

自転車のシーンと
最後のシーンが好き。

このレビューはネタバレを含みます

泣いた、こんな泣く映画だと思わなかった。聡目線で観てしまっからか、彼女の苦しみが痛いほどわかった、感情コントロールができなくて、言いたくないこと言ってしまうのも、やりたくないことやってしまうのも、そんな自分が嫌いなのも、過去の自分がそうだったので。
序盤のコロコロ変わる表情から、馬鹿を演じないとやってられないとても繊細な子なのがわかった。これをヤンデレ、ヒスの言葉です片付けてほしくない、好きになっちゃいけない女、とか言う人の感性が嫌いです。好きになっちゃいけない人とかいうカテゴリに押し付けないでほしい。(完全なる主観です)
と文句はこの辺にして、役者が良すぎる〜有名どころから子役まで、ツボが多かった。勝俣おじさんみたいな人がこの世にはもっと必要です。この人がいるだけで平和になる勝俣マジック。
あと原さんの子供の「魚見る?ジャーン!」があまりにも無邪気で好き。
森くんの咽び泣きも好き。
白岩さんは、良い人そうに見えて、本当に割と良い人だった。聡のことわかってくれて嬉しかった(何目線)
蒼井優の鷲の求愛モノマネして踊る姿がとても美しかった、あんなのパッてできる女になりたい。
超好きな映画。
ぶっ壊れてる人間も、ぶっ壊す人間も、前に進め。
6年間ずっと刑務所の映画かと思ってた

そしたら職業訓練所の話だった
ラダ

ラダの感想・評価

3.2
山下敦弘ワールド。

この表現は果たして褒め言葉たるのだろうか?自己の表現として、アートとして突き詰める人がいる。興行成績を追うことで何の色も残せなくなった人もいる。自分の好きな曲を自分のタイミングで選曲するDJと、その日のフロアを見渡して状況に沿って選曲を変えられるDJ。

職業こそ違えどだ。映画をエンタメとするならば、やはりその場のオーディエンス込みで作品だと思うのだ。映画はアートだ!と言うのなら、そらもう勝手にどうぞ。という話だ。

オーバー・フェンス。淡々と続く乾いたリアリティと、ふんわりファンタジー風味の空気感?まあそんな感じ。

それにしても蒼井優は凄い女優になったものだ。単なるメンヘラに見えて、彼女の演技からは一本スジの通った光を感じる。だから、恐くもあり、切なくもあり、愛しくもある。オダギリジョーは、いつものオダギリジョー(及第点という意味です)。

見どころも見応えも、9割5分を蒼井優が占めている作品です。
いくこ

いくこの感想・評価

2.1
メンバーが凄い。
みんな穏やかじゃ無い色々抱えている。
私のテアトル梅田とのお別れ映画でした。
ayantea

ayanteaの感想・評価

4.0
"テアトル梅田を彩った映画たち"上映
で過去作を!

蒼井優とオダギリジョー、いいな〜
バニラ

バニラの感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

離婚を期に故郷に戻り職業訓練校に通い失業保険で暮らす白岩は鳥の動きを真似る風変わりなホステス聡と出会う。
見逃していた作品がアマプラに、なんて事ない話だけど意外と深かった。
オダギリジョーと蒼井優の演技に引き込まれて、2人が時折見せる悲しさの表情は言葉ないシーンでも受け取れた。
女性なのになぜかサトシ、ダチョウの求愛はある意味凄い。
オダギリジョーが通う職業訓練校の描き方はオーバーかも、何年も一緒の仲間の仕事場になってた。
職員も態度が悪すぎ、むしろ刑務所だった。
ネタバレ。

手紙をあえて燃やす意味を考えた。
大切な人から力をもらってオーバーフェンス、ベタなラストだけど感動あった。
大人な2人のラブストーリーだけど、人生の再生ドラマでした。
Rina

Rinaの感想・評価

4.0
蒼井優さんのヒス役が好きすぎる、つよく生きていこうな まが良かった
>|

あなたにおすすめの記事