オーバー・フェンスの作品情報・感想・評価

オーバー・フェンス2016年製作の映画)

上映日:2016年09月17日

製作国:

上映時間:112分

3.6

あらすじ

「オーバー・フェンス」に投稿された感想・評価

sara

saraの感想・評価

3.6
狂わせた男は、自分から逃げてただ死ぬために生きてる。
狂った女は、自分を変えないが周りの目で傷付きたくないから死ぬように生きてる。
私にはそんな風に見えた。
あんな人いないだろうけど、動物たちの求愛を体で表現している時のさとしは自由でなんか清々しかった。
はい、良い映画。これぞ日本映画。最高。

狭い街のさらに狭いコミュニティでもがくこと。その中で何が見えるか、どう殻を破るか。その中で何を得るか、得ようとするのか。そんなことが詰まった良い映画だと思う。

決して大きな出来事のみによって自分が変わるわけではないんだよなぁ。かなり良かった。訓練校の学生みたいな人間ばかりなんだろうなぁ、世の中。
みき

みきの感想・評価

3.4
蒼井優の幸薄感すごい
満島慎之介の陰っぽさも本当によかった

見ていて気持ちのいい映画ではない
みんなビョーキでしょ
多崎

多崎の感想・評価

3.8
いいなーーー蒼井優いいなーーーーーー!!!最高だなーーー!!

友人がベスト・恋愛映画というので、見た。
あたしたち どうすれば他人じゃなくなれるんだろう とか どうやったら 相手のことを疑うのをやめられるんだろうとか、天真爛漫に求愛ダンスする素直さと相手への底なしの懐疑とが 共存できちゃうってのは、なかなか辛くはないですか。それでわけわかんなくなって動物でも逃がしたいよ、私だってさあ……。 なんか、蒼井優が出てくる映画蒼井優がすごすぎて ほかの役者めちゃ弱々しく見えるよ。最近そう思っちゃう。まあ私が蒼井優ばっか見ているというだけのことなのかもしれませんが

あと 森くんが暴れまくるシーンで そういえば、助けてやると思ってた人のこと全然助けられなかった自分のことを 思い出して恥じた。ほんとは暴れまくりたくなんかなかったよなあ ごめんな。
設定もでてくるキャラクターも、リアルな現状を切り取ってる。音の表現と映像のリズム感がマッチしすぎて、しんどくなった。蒼井優のすごみがまたしんどい。
mana

manaの感想・評価

3.8
お店でぎゅっと抱きしめるシーンにグッときた。
オダギリジョーと蒼井優の2人のシーンはなんかリアルだったな
TaeTae

TaeTaeの感想・評価

3.5
" ダチョウの求愛ポーズ " と異様なBGMが受け入れ難い。
結婚指輪を外さない理由を白岩に訊く時の聡のガナリ声、感情の起伏の激しさが怖い。
飄々として順応性もあり、思い遣りも見せるバツイチ40代イケメンの「ぶっ壊す人間だから」と自覚する理由がイマイチよくわからなかった。
じゅんP

じゅんPの感想・評価

4.2
子供の頃、遊びで何かのチーム分けする時に「要〜る要〜らないっ!」ってじゃんけんあったんですよね。で、大人になっても同等のものは普通の顔してそこら中にあって、無邪気さの代わりに巧妙さや狡猾さで覆い隠されてるから麻痺してたり、麻痺してる気になれてたりするんですけど、そんな風に人が人の心を殺す時、どんだけの自覚があるんだろうってのが何度も切り取られていた。

自分がそう思ってる・思ってないに関わらず、その恩恵を受けてる・受けてないに関わらず、根底に流れてしまってる(常識)の存在を受け入れた日常はどう転んでも居心地悪くて、例えば北村有起哉に「他所で飲み直しましょ」って言われたオダギリジョーがカット変わって子供に起こされるとことか、自分の心も一緒に殺されるかと思った。でもその後の「お魚見る?」からの朝ごはんの流れに、自分の心も一緒に救われた。

人が惹かれ合うとか離れるとか、磁石のS極N極と違って明確でも一律でも永遠でもなくて、相手が培ってきた全属性とそれに伴う今現在この瞬間の立ち位置なんて見えるわけもないから平気で人の心を殺してしまうようなことももちろんあるんだけど、そんな面倒くささを悪いことばかりじゃないってちょいちょい言ってくれるのが良かった。揺るぎないとか絶対とか、そんなの信用できないってことをちゃんと両面、見せてくれる。

この映画は、ハッピーエンドじゃなく、単発のハッピーで幕を閉じる。自分なりに敏感に、積み上げていくしかないんだ。
タケシ

タケシの感想・評価

3.4
【Netflixで日本字幕付き鑑賞】

内容はイマイチだけど、
オダギリジョー、蒼井優の演技が
良かったから最後まで観れた。

脇役のキャラクターも良かった👍
たけ

たけの感想・評価

1.2
蒼井優ちゃん好きなんだけど、ヒステリックになるシーンがうるさすぎるし一方的すぎて観るの辞めてしまった😢
>|