その夜の侍の作品情報・感想・評価

「その夜の侍」に投稿された感想・評価

SHOGO

SHOGOの感想・評価

2.8
終始に渡って暗く気味の悪い映像の内容が続く楽しさゼロの映画。話的には面白いが、気持ちが沈んだままの状態でストーリーが進み続けるため観るのに根性がいる。もう少しだけ起伏が欲しい。
電気羊

電気羊の感想・評価

3.2
なんでひき逃げ殺人犯人の方が殺された遺族よりも偉そうなんだ。世の中、恥を感じず、厚かましく、下衆に生きた方が得なのか。犯罪者に限って人権とか言い出すが、罪を償わない限り犯罪者に人権なんかあるかよ。女子高生コンクリート殺人事件とか少年による首切断事件の少年とか、被害者よりも犯罪者の方が優遇されている日本の法律と社会の方が間違っていると思うね。
coro

coroの感想・評価

3.0
転がる鯖の味噌煮を見つめる
モラルに欠けた眼差しも、
見て見ぬ振りも、

消えてしまえばいい

そんな簡単なことじゃないってことは
分かってるけれど
賞味期限の過ぎたプリンも、
すれ違うばかりの心に沁み入る歌も、
キャッチボールすることのない留守電も…

消してしまえばいい

いま必要なのは

雨の日の傘
あゆみ

あゆみの感想・評価

3.3

このレビューはネタバレを含みます

終わり方が物足りない。孝之の極悪っぷりが見事で期待が高まる!!
が、あのエンディング。プリン。
もともと舞台作品だからなー。
舞台ならありかなー、とも思うけど。
たぶん古谷実とか好きな人は好きなんじゃないかな?ただちょっと都合が良すぎるというか、ストーリー展開させる為に都合のいいキャラ、人物描写があるような気がした…同監督の葛城事件は良かったんだけど。
良いなと思った所もある、殺された奥さんと一緒だったシーンがないのに、なんなら日常過ぎて出なかった電話の留守電メッセージしかない、それがこんなに効果的である事、それをリピート。下着も良かった。
ビミョーな所は、無言の長回しも多くて漫画でいう行間を読むというかその間に流れる空気感を大事にしてるけど、示し合わせたかのように偶然出てくる人物のタイミングや雨の上がるタイミングなんかもあってちょっとあざとさ?オーバーな感じがした。
古谷実のシリアス系の漫画は特に女性が都合いいよな〜、魅力的だけど。この映画にもその匂いがした。
面白いシーンや台詞は何個もあるけど、ご都合主義的なシーンやキャラも目立つ。
ただ山田孝之と田口トモロヲは上手い!
Sadasan

Sadasanの感想・評価

3.0
役者さん達の演技は抜群!一つ一つの場面は可笑しい?最後の雨と泥だらけの中で繰り替えされる争い。七人の侍あるいは宮本武蔵=般若坂の決闘を思わせるものあり?
バーミヤン
魚民
セブンイレブン
すきや

ビシっとスーツ着てない

早口じゃない

汗だくで
ダサいブリーフの堺雅人は
もの悲しい

殺さなくて良かった

あんなヤツの為に
殺人犯にならなくて良かった

知り合いの知り合いに
ひき逃げじゃないけど
五歳の女の子引き殺した男性いたけど
すぐ立ち直ってた

殺された方は一生忘れないと思います

私なら忘れない
一生笑えない生活させてやりたい
俳優の演技に感心する為の映画。演技のうまさに感心するが内容は正直微妙。特にクライマックスの雨の中のシーンはあんまり好きじゃない。
0821

0821の感想・評価

2.6

このレビューはネタバレを含みます

え、時代劇じゃないの?サムライ出てこないの?と最初にぽかんとなったのは自分の知識不足です。
邦画に疎くてスミマセン。
俳優さんたちの演技は凄いですが、セリフや場面が取って付けた感じが多すぎて、冷めきってしまいました。
泥の中でのシーン撮りたかったのね、とか、プリン使って表現させたかったのね、とか。
唐突すぎてハマらない。そうなる必然性が見えない。察することができない私が悪いのかもしらんけど。もういいや、となる。
結局タイトルもそういうところだった。
non

nonの感想・評価

2.8
豪華俳優陣で飛んで火にいる…コガネムシの話??木島の周りに人が集まるのが不思議で仕方ないけど、星や警備員さんの話で、みんな孤独で一人でいるよりもって感じなのかな。

そんな傍若無人な木島よりも平凡は築きあげるものとか言ってる新井浩文演じる義兄が、ちょっと受け入れられない。どっから出てきたその上から目線?パワハラか??必要みを感じないファミレスの待ち時間という短時間の中でも子供に対する話し方や奥さんに対する言葉の掛け方が無理。

堺雅人は役によってウェイトを変えてくるのは知っていたけど、今回の健一役は本当に冴えないおじさん。お腹たぷたぷ、メガネ。汗と油っぽい感じが詰まってた。

ナチュラル平凡を体現しているのは従業員の久保さんだ。
>|