愛しのアイリーンの作品情報・感想・評価

愛しのアイリーン2018年製作の映画)

上映日:2018年09月14日

製作国:

あらすじ

寒村の地。久方ぶりに岩男(いわお)が帰省したその日は、死んだことすら知らなかった父親の葬儀中だった。しかも岩男はフィリピンで買って来た嫁、アイリーンを連れていた!42歳まで恋愛を知らずに生きてきた岩男に無邪気にまとわりつくアイリーン。騒つく参列者たちの背後から現れたのは、ライフルを構えた喪服姿の母親ツル。今、戦慄の来訪記が幕を開ける−。

「愛しのアイリーン」に投稿された感想・評価

深谷守

深谷守の感想・評価

4.0
怪作「ヒメアノ〜ル」の監督の最新作。
やっぱりどこかヘンで、観ていて間違いなく不快になる。
安田顕と木野花が変な人演技合戦をしているのが見どころ。絶対にテレビ放送されることはないダーティワード満載の作品。
嫌いじゃない。
試写会鑑賞。新井英樹氏の漫画は「宮本から君へ」も「ワールドイズマイン」も大好きなんですが「愛しのアイリーン」は未読でした。トーホグ地方の寒村を舞台にトーホグ弁バリバリの濃すぎるキャラクターが「宮本」ばりに感情を剥き出しにして泣いたり笑ったりするのだろうと思うだけでお腹いっぱいというか、読んで受け止めるのが少し怖かったから。でもそこに期待していました。映画を見たら案の定の内容で、安田顕が「アオイホノオ」のアンノヒデアキ以上の変人(42歳童貞)を演じ切っています。新井英樹作品にはよくある事ですが、感情の赴くままに「オマンゴォォォッ‼️」と怒鳴って性欲発散を訴え、パンチラを見たらその場でオナニーし始めます。かなり奇異なシーンですが間違いなく原作通りです(笑) そんな42歳童貞男が女日照りのあまり、フィリピンまで嫁を買いに行きます。馬鹿です。帰国したら父親の葬式の最中でフィリピーナの嫁・アイリーンを連れてきた事にブチ切れた老母・ツル(木野花が怪演‼️)が猟銃でフィリピーナの嫁を威嚇しながら「虫ケラァ〜ッ‼️」と差別発言する。心底地獄です。貧困に喘ぐ家族の為にカネで買われた事を自覚しつつも明るく生きるアイリーンが良い。しかし、その嫁を追い出したいツルがフィリピンハーフのヤクザ(伊勢谷友介が好演)と結託するところから話がこれ以上ない程にこじれて行く。とにかく新井英樹の漫画を読めば分かりますが、どのキャラクターも嫌悪感を抱くような嫌な面を見せられて非常に感情移入しづらいです。しかし「そんな汚い本質を曝け出した所に本当の愛があるんじゃないのかい?」と問いかけているんですよね。新井英樹の漫画はみんなコレ。安田顕が汚いヒゲ面の42歳童貞男で「オマンゴさせろォォォっ‼️」と自分勝手なセックスを要求して間抜けなオナニー姿まで見せつけてきます。が、見終わって俺は正直泣けました。どうしようもなく泣けましたね。構成上ブツ切り感の強い印象がやや気になりましたが、大変楽しい時間を過ごしました。原作漫画を読みたくなるというのは成功という事ではないかと思いますよ。
Alex

Alexの感想・評価

-
新井英樹の漫画がついに映像化されるのか、、、
宮本から君へもドラマ化されるようだけど、町山智浩さんが言ってたザワールドイズマインの実写化はどうなったのだろう、、、