死霊院 世界で最も呪われた事件の作品情報・感想・評価

「死霊院 世界で最も呪われた事件」に投稿された感想・評価

キナ

キナの感想・評価

4.0
悪魔払いに失敗して亡くなった修道女アデリーナの事件を捜査するうちに…という物語。
ありがちながら、セオリー通りのビックリ箱的な恐怖演出と画力の強さがハマって面白く見られた。
身体に沁みる怖さは皆無だけど、パワー系でわかっちゃいるのにビクビクできて楽しめた。

神や悪魔の存在と信仰に対して異議を唱える若手記者ニコールの、立ち入り禁止も何のその!とばかりにズンズン進み続ける行動力の鬼っぷりがとても好き。
母に対するトラウマ的な感情からその信念は強く、自分の気持ちに素直に動き続ける所に好感が持てて肩入れすることができた。

アデリーナにまつわる人々に聞き込み、ただの精神病だったのか本当に悪魔に憑かれていたのかという所にスポットが当たる展開が面白い。
私自身が悪魔に対してまだまだ猜疑心があるため、同じような立場からその真偽を探るようなスタンスが好き。

当然物語が進むうちに後者の方に強く傾いてくるのだけど、悪魔の存在を認めざるを得ない現象が次々起こるので納得して受け入れることができる。もちろんそれが真実かどうかは置いておいて。映画として。
目が闇に包まれたアデリーナの恐ろしい顔面とその奇行は強烈。
特にベッドで呻く彼女の布団を剥いだ際のまさかの状況がお気に入り。アガレスと通じてしまったのね、すごい。

ただ、ニコールに襲いかかるクライマックスが案外サラッと終わってしまったことは残念。
手付け始めというか未満にすぎない段階とはいえもう少しグチャグチャに乱してくれたらなと思ってしまった。具体案を問われると困ってしまうが…。
悪魔についての本と絵を見ている時に一つ気になる伏線があったのに特に触れられず王道に戻ってしまったのもガッカリ。
ガラッと変わる展開があるかと待っていたのに。

メインの登場人物が美男美女で眼福であった。微妙すぎるサービスシーンもご愛嬌。
優しくて色気たっぷりのアントン神父なんてもはや罪だと思う。
修道女が恋をして外の男と関係を持った時の罪の意識と、神父に欲望を抱いてしまう無神論者の意識を対にしているんだろうか。

アガレスについて少し調べたところ、「逃げるものを戻って来させる」能力があるとのこと。
「逃げたら思うツボだ」とはそういうことか。
悪魔に対しての疑問は特に解決されないので引き続き色々観たり読んだりして学んでいきたい。
どうしても、高尚で強大で神に対比できる唯一の存在のような感覚が抜けない。
ぴな

ぴなの感想・評価

2.9
スクリーン3

実話に基づいた物語ということだけど、どこまでがリアルでどこが脚色されているのか…
でも、あまり期待していなかったせいか、思ったよりかなり楽しめた!
来る~とわかっていても、何回も驚かされた。

弱さがあると憑かれる・触れた人間に転移する、とのことだったけど、自死した神父は少年の父親を介して取り憑かれた(転移された)のはいいとして、弱さがあったの??
経験豊富な神父なのに?
それともアガレス(悪魔)と対峙した際に、少なからず恐怖を抱いてしまったのだろうか…。
そして、ニコールの体から去った悪魔は何処へ…

これまでは、悪魔祓いは教会に認可を受けた神父だけが可能、本当に悪魔憑きなのか確認の後教会に許可を得てから悪魔祓いを執り行う、という認識だったので、土地の事情によってはこういうケースもあるんだなぁと興味深かった。
『キングスマン』でロキシーを演じたソフィー・クックソンが、王道のオカルト展開の中、微妙なエロさを醸し出し熱演してました。


以上…。
ちひろ

ちひろの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

脚本はB級っていうか単純だけど、しっかり感情移入できて面白い。キャストもよかったし、元となった実在の事件、そしてそれが起こりうる土地としてのルーマニアの雰囲気も強く伝わってきた。
でも!でも!これがホラーなら私は一言言いたい、おどかしかたがワンパターンすぎると…。いつも「ジャーン!(お化けバァーン!)」だと飽きるよ……どちらかというとびっくり系じゃないホラーを見たくて見に来た映画でこれだったのでちょっとがっかり感はあった。でも分かりやすさ重視のホラー映画、最後に「結局あれは何?」とならない映画としては面白かったし、おすすめです。
nagisa

nagisaの感想・評価

3.5
181209 HTC渋谷 th-3 (MDGP2018)
今週は悪魔祓いモノが続きましたね。
退屈。とにかく退屈。

全然、怖くもないし
脅かし方もダメダメ。
脅かし方にいたっては
「ただデカイ音を出せばイイと思ってんのかな?」
って感じで、馬鹿の一つ覚えの様に
無駄にデカイ音を出してくる状態。

クライマックスもロクに盛り上がらない上に
驚く程にすんなり悪霊祓えて、あっさり終了。

アタマからケツまで
ただひたすら、ずっと退屈でした。

2018年12月に映画館で鑑賞
那須

那須の感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

悪魔祓いで修道女が死んだのは、悪魔祓いに失敗した所為なのか?それとも精神病を患っていたのに悪魔祓いとして拷問的処置をされたからなのか?という話なのに、序盤から元気いっぱい悪魔が存在をアピってくる。

ジプシーの啞の少年と神父が出て来たからやっぱりそういう話か?と思ったら微塵もそんな事なく。
ドイツへ渡った先で恋に落ちてセックスしちゃった話ではじゃあ「親友」とされてる修道女と痴情のもつれからの?と思ったら微塵もそんな事なく。

しかも、お前が悪魔か!お前か!お前か!と思いながら見てた人が全員憑依されておらず。かなりギリギリ最後まであのもじゃもじゃ男が現行憑依され体だと思ったのに立派に祓いやんの!祓ったと見せかけてもじゃもじゃ男へ転移というのもなかった。

意外性がなさ過ぎて逆に意外だよ。