エミリー・ローズの作品情報・感想・評価・動画配信

「エミリー・ローズ」に投稿された感想・評価

mk

mkの感想・評価

3.3
基本的に悪魔祓い系のお話は大体どんなものも同じような感じだから、
取り憑かれる→神父様にお祓い頼む→暴れる→名前を言えー!!→名前を言えば祓える、しかし別の人に取り憑いた!

取り憑かれる→神父様にお祓い頼む→暴れる→名前を言えー!!→名前を言わないで色々しっちゃかめっちゃか、別の人に取り憑いた!
のどっちかだからなんかもう、はいはいありきたりを楽しもー!怪奇現象が怖かったらポイント上がるー!みたいな感じだけど、これは全然方向性違うから面白かった。
そんなに怪奇現象起きないから怖さはゼロだけど、裁判という形式の中話が進むのは意外性あって良い。
ていうか昔に一度観てたはずなのに何の記憶も一切なかった…w
ちょっと『サクリファイス』風のエミリーの実家。後から都合よく証拠が見つかる展開は性質上仕方なく、総じて丁寧に作られていると思う。マリア様の声を聞くところがもっと劇的ならよかった。
sevenand

sevenandの感想・評価

4.3
みた
心霊現象絶対否定派やけど弁護側めちゃくちゃ応援してもうてた
見終わって時計を見たら丁度午前3時だった。
悪魔が最も活発すると言われている時間帯。
不思議と部屋がいつもよりも肌寒く、何の音もしないのに、キッチンからは何か、存在めいたものを感じた。
自分の血が冷たくなっていく。静かに心臓が鳴る。
布団にくるまって、自分の中にある恐怖のイメージを振り払おうと目を強く瞑った。



寝てた。
あらい

あらいの感想・評価

2.9
裁判のお話
女優の演技がすごかった
意外と2時間あっという間だった
t

tの感想・評価

3.6
死霊館とは逆で悪魔祓いが被告人として扱われる法廷モノ。エミリーの演技が狂いすぎてた。
エミリーローズが21世紀の『エクソシスト』リンダブレア。リンダのほうは特殊メイク頼りだったけどエミリーは顔芸で勝負!悪魔払いものだけど法廷劇を軸に話が進むのが斬新です。とりあえず夜中の3時に焦げ臭い匂いがしたら注意。
郭公

郭公の感想・評価

3.7

このレビューはネタバレを含みます

アンネリーゼ・ミシェルのエクソシズムと彼女の死にまつわる裁判を題材にした作品。
儀式をした神父に過失はあるのか?
超自然的事象vs科学的考察の法廷劇は新鮮で面白かった。
神父は宗教家なので当然宗教的解釈をするし、検察側は医学的解釈から攻める。
エミリーの症状は統合失調症や転換性障害なんかで説明がつきそうなんだけど、本当にそこに疑いがないのか?というと…。
超自然的なものが、満に一つも絶対に存在し得ないと否定できる人は、少ないのではないだろうか。
フードを被った人影は本当にサタンの化身なのか?
午前3時に聞こえる声や不可思議な出来事は幻なのか?
証人の死は偶然なのか?
決定的に恐ろしい事は回想の中にしかないし、明らかになるものは何もないんだけど、もしかしたら悪魔は存在しているのかもと、心に影を落としていく終わり方は結構好きです。じんわり怖い。
やり尽くされた悪魔払いものかと思いきや、予想外に良作で嬉しかった。
96cat

96catの感想・評価

3.5
科学的に証明出来ないものを法廷の題材になるのは凄く見応えがある
ashlike

ashlikeの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

2020/05/22
エミリー・ローズの悪魔祓いを担当した神父が裁判でエミリーの真実を話し、そして
無罪を勝ち取る話

悪魔に憑かれて死んだエミリー・ローズが、自分の死をもって悪魔は神は存在すると知らせた話


個人的に好きな話。
焦点が裁判に置かれている為
ホラーと言っていいのかわからないが
約2時間の本編をほぼノンストップで
観れるくらいには夢中になってみていた。

裁判を通して、
だんだんと弁護士が昇進だけのために
動くのではなくて、
心から神父を弁護していくのも
観ていてよかった。

悪魔が出てくる時以外は
静かに進み。
終わりも静かに終わった。

事実に基づいているというのが
また怖い話である。
>|