恋と嘘の作品情報・感想・評価・動画配信

「恋と嘘」に投稿された感想・評価

choko

chokoの感想・評価

3.3
最良な結婚相手か、最高の幼なじみか。
難しい~。私は気持ちを大事にしたいけど、どんなに想っても相手が想ってくれるとは限らない。想うより想われるほうが幸せって、よく言われるけど、今ならすごく解るなぁ。
最後のシーンは見たくなかった。最後までたくみんを思って生きてほしい😢😢
Alで最良な相手を選んでも、実際に惹かれる人は違うのだろうか。

たしかにデータで選んでくれたら後悔する結婚は減りそうだけど、好きな人と一緒にいる方が幸せそうだなぁ。

このレビューはネタバレを含みます

良くも悪くも色んな意味で甘過ぎるはじまり
恋愛漫画の実写化、直球コース
葵が葵…笑
司馬くん切な過ぎるな…
そしてツンケンした男には必ず
そうなった理由と
そこからのギャップやら振り幅が作用し始める
蒼佑も素直さが欠けてて
一般的な反応ではないかもしれないが
葵の純粋さと言うか天然さが怖い
司馬くんも蒼佑も大人だ…と思いきや
優しさによって司馬くんに限界が生じるってて…
しかし間接的とはいえ
優しさの押売りとなってしまうと
葵が傷付くことになるとまでは
考えられなかったか、いやいや
全部葵の自業自得
ずっと司馬くん被害がすごいな…
幼馴染とはいえもうキモチに答えられないって
わかった時点で距離置こうよ…
(そこで距離置いてたら
今作として元も子もないけど)
そしてまさかの司馬くん難病とか…
不運の星の王子過ぎる…
蒼佑、葵のこと全然気付いてなかったくせに
薬から司馬くんの病気気付いて
嫌いな親父のいうことも聞いて頭まで下げるとか
内に秘めた根っからの生命を救いたい善のキモチ
半端ないな
蒼佑が医者の息子っていうのが
なんか定番のお坊ちゃん性格が拗れてる
の流れじゃなくて
司馬くんの病気に気付く方がメインな活かし方は
新鮮だったな
急にひっくり返って今度は蒼佑切な過ぎるな
一気に大人に振り切ったな
いやでも蒼佑はもうそんなところに居ない
どっちもかっこよすぎるな
葵のおかげで蒼佑が変わったとはいえ
なんだかんだで葵、ド直球の恵まれ主人公だった
どう転んでもそれなりにハッピーエンドとはいえ
後半少々斜め上いって
北村匠海、絶妙なニュアンスの台詞回しで
いい仕事してました
ryina

ryinaの感想・評価

3.3

このレビューはネタバレを含みます

北村くんが演じてる役(一途に想っている)がイケメンだった。
病気を隠してまで託すシーンは切なかった。
最後のシーンは切なかったけど、また恋がはじまりそうな?描写になっていた。
daiyuuki

daiyuukiの感想・評価

3.8
超・少子化対策法が制定され、DNAをはじめ各種データに基づき政府が各個人に最良の結婚相手を通知していた。通知が来た者は自由恋愛を禁止されるものの、多くの人がそのマッチングを受け入れ、幸せな結婚のかたちとして定着していた。
優柔不断な面のある女子高生・仁坂葵(森川葵)もまた通知が教える相手を心待ちにする一人だった。誕生日前日、葵は幼い頃からいつもそばにいてくれている司馬優翔(北村匠海)から告白される。心優しい幼馴染の気持ちを知り戸惑う葵。
そんな彼女の前に、政府通知の相手として無口でミステリアスな高千穂蒼佑(佐藤寛太)がやってくる。葵は蒼佑に惹かれていくが……。
同名コミックの世界観をベースに、アナザーストーリーとして映画化。
優柔不断なタイプの違うイケメンの間で揺れ動く普通の女の子な葵を演じた森川葵のキュートな魅力、「キミスイ」の僕を先取りした優しいボーイフレンドを演じた北村拓海の演技と魅力、「キミスイ」を先取りした展開がレアなので、森川葵と北村拓海のファンなら楽しめるラブコメディ映画。
hanahana

hanahanaの感想・評価

3.1

このレビューはネタバレを含みます

原作も途中まで読んだし、アニメ見たけどこんな純愛話しイメージなかったな‎

こんな一途に想ってくれる人いないし、羨ましすぎる。

エンドロールは最高によかったけど、シバ君死ぬんかい!!気持ちが追いつかなかったよ。
2回目でした!やっぱり何回見ても泣ける映画!個人的には好きです✨
たき

たきの感想・評価

2.5
「恋と嘘」を観る。

ううううんんん、最後のいるか?
いるかなあ…

終始ワイルドスピード森川が持ち前のワイルドスピードで空気読まないデリカシーがない。
でも結局お約束の着地点に落ち着きそうで安心して目から焼酎だだもれさせていただいたのに…やっぱり最後のはいらない。焼酎返せ。

北村匠海くんが出張る恋愛モノはとかく人死にが出ますね。
挙句の果てにはとうとう自分自身がエジキに。
殺したくなる気持ちはなんとなくわかります。

このレビューはネタバレを含みます

北村匠海くんも森川葵ちゃんも好き。

セリフで描きすぎてない印象を受けた。
少女漫画の実写化特有の内容のチープさはあったけれど、ここで何も言わないんだって思うシーンがいくつかあって、固めすぎてない感じが新鮮たった。これが変にもどかしく作用していないのも程よく良かった。

司馬くん、北村匠海くんのルックスであの優しさ持ち合わせてるのはずるい。

最後、蒼佑くんが辛いところ全部引き受けて、こんな終わりでいいの?って思ったけど、エンドロール後に司馬くんのお墓参りのシーンに切り替わって、蒼佑くんとの物語はこっからだといいなと思った。

この終わり方について、北村匠海くんの出演してる「君の膵臓をたべたい」「君は月夜に光り輝く」では両方とも彼女が亡くなるストーリーだったので匠海くんがその立場なのが新鮮だった。
>|