先生! 、、、好きになってもいいですか?の作品情報・感想・評価

先生! 、、、好きになってもいいですか?2017年製作の映画)

上映日:2017年10月28日

製作国:

上映時間:113分

3.4

あらすじ

「先生!好きになっても、いい?」 17歳、初めての恋は“先生”! 「自分がその人を好きだって―どうしてみんな、わかるんだろう」高校二年生の島田響は、いまだ初恋さえも未経験。そんな彼女は、ある日、ふとしたきっかけで隣のクラスの担任・伊藤貢作と言葉を交わすようになる。世界史の教師・伊藤は、ぶっきらぼうだが生徒思いのまじめな教師。居残り課題を手伝ってくれたり、夜道で守ってくれたり…伊藤はいつも響に優…

「先生!好きになっても、いい?」 17歳、初めての恋は“先生”! 「自分がその人を好きだって―どうしてみんな、わかるんだろう」高校二年生の島田響は、いまだ初恋さえも未経験。そんな彼女は、ある日、ふとしたきっかけで隣のクラスの担任・伊藤貢作と言葉を交わすようになる。世界史の教師・伊藤は、ぶっきらぼうだが生徒思いのまじめな教師。居残り課題を手伝ってくれたり、夜道で守ってくれたり…伊藤はいつも響に優しかった。そんな優しさに触れ、伊藤を“好き”だと自覚した響は、一直線に恋に走りだすが―。

「先生! 、、、好きになってもいいですか?」に投稿された感想・評価

高校生と先生の恋愛を肯定しちゃダメだと思うんだよね、公で。そういう目で先生、生徒を見る人が増えると思うし。ただ生田斗真は歳をとるほどかっこいい。
私はとてもすきな映画。絵の綺麗さとか広瀬すずちゃんの鼻の形とか。
昔先生と付き合ってた友達と見た笑
友達が隣でずっと泣いてたので私はずっと笑ってましたが生田斗真はかっこいい。あんな先生いたらもう少し学校に行くかもね
先生と生徒の恋愛・・・。よくある内容。三木監督の撮る暖かい映像やっぱり好きだなー。
あやか

あやかの感想・評価

3.8
胸きゅんに継ぐ胸きゅん。超絶怒濤の胸きゅん。ナラタージュも先生と生徒の恋愛ではあったけど、この映画は恋をする楽しさが全面に押し出されてて良かった。王道の青春恋愛映画。きらきらしてた。眩しかった。原作の淡い感じも表現されててそれもまた良い。私も一応今年の最初は高校生だったのにな〜、遠い昔みたいってしみじみ思ってしまった。響(広瀬すず)の痛いくらい真っ直ぐな恋心が凄く綺麗だったし共感。あと広瀬すず本当に顔が綺麗過ぎるね。綺麗じゃない瞬間がないよね。響きの友達のちーちゃん(森川葵)、いい子。恋に生きる女子高生!って感じで最高だった。とにかく可愛いの何の。あとね、やっぱり伊藤先生(生田斗真)が凄くかっこいい。ぶっきらぼうなのに優しい社会科の先生。ナラタージュも社会科の先生だったよね、社会科の先生ってそんなに人気なのか…?社会科準備室はもう青春の舞台だよ。いちいちきゅんきゅんしてしまってその度に唇噛んでたら流血したし、完全に高校生の時の自分に重ねて観てしまった。私が好きだった先生とはちょっと違うけど(顔の話じゃない)ちょいちょい重なるエピソードとかあったし。褒められたくて好きな先生の教科のテストを頑張るとか、授業中は先生の顔ばっかり見ちゃうとか。王道だから結末とかは読めちゃったけど、面白かった。やっぱりもう一度女子高生したいね〜。あと主題歌!なんか若めのアーティストが恋って最高なんだよ♡きゃぴ♡みたいな主題歌を書き下ろすんだろうなってひねくれてたら、スピッツって…。映画でドキドキして感じたときめきを丸ごと優しく包み込むマサムネさんの声。スピッツの可愛くて不思議な歌詞とふわっとして力強いメロディが沁みた。微笑みながら劇場出たもんね。恋って素晴らしい。先生と生徒の恋愛は大好物なので殊更に良かった。
主要人物4人の表現力が高くて、気持ちよく引き込まれる。

広瀬すずの表情はこちらに色んな感情を伝えていて、時に直視できなかった。
伊藤先生がまともなので、ちゃんとみられた。
りか

りかの感想・評価

3.9
少女漫画とは思えないほど良い。
そして、広瀬すずと生田斗真のキスシーンがエロい。
mrnnn

mrnnnの感想・評価

3.0
これは生田斗真さまのイケメン具合を堪能するだけで価値のある作品。

原作を端折り過ぎていて内容は薄っぺらい。けど、女性は生田斗真さま、男性は広瀬すずちゃん目当てで観るべし。笑
ゆ

ゆの感想・評価

4.7

このレビューはネタバレを含みます

私の大好きな映画の1つになった。
人を好きになることの幸せと辛さがまっすぐに届く素敵なお話。

まずキャストについて。
斗真くん、すずちゃん、2人とも本当に演技が上手な演者さん。
表情の変化とか、目線とか、セリフの言い回しとか、見せ場の仕草、何気ない仕草、全部100点満点。
斗真くんのすずちゃんの全てを受け止める雰囲気とか、演者さんの関係性がスクリーンにそのまま出てるんだろうなーと。

ストーリーは、本当に純愛。
先生と生徒の恋愛だけど、禁断の〜とか、ドロドロ〜、とかそういった要素は全くなくて、本当に透明で純粋でキラキラしたまっすぐな恋。
でも恋愛の楽しいところだけじゃなくて、思い通りにならないところ、苦しいところにもしっかりスポットが当たってるところがいい。
ご都合主義な設定で、キラキラ王子様に胸キュンするだけの映画も少女漫画原作だと多いし、それはそれで軽く見れて好きなのだけど、本作はしっかり恋愛の本質を突いてるし、設定も現実的だから大人が見ても楽しめる。

それぞれのキャラクターも魅力的。
響は、生真面目でおとなしくてまっすぐな子。でも、初めて恋をして、自分でもびっくりするほどの行動力を発揮して。初めての感情に自分でも戸惑いつつ、それでもその感情としっかり向き合っていく姿が素敵。
あとは買ってもらったいちごみるくのパックをペン立てにしちゃうところとか、世界史のテストを死ぬほど頑張っちゃうところとか、そういう可愛らしさが大好きだし、恋愛にまっしぐらな時の自分にもちょっと重なって愛しい。

伊藤先生は、もう反則。普段ぶっきらぼうなのにあんな優しさとか笑顔見せられたら好きになっちゃうよ。
そして思い通りに動けなくなってしまった、どうしようもなく”大人”な部分をすごく持っている人。
響からの想いも、最初は自分の立場をわきまえてさらっと流して真剣に向き合うこともしないし、少し気になり始めてからだって、迷惑、魔がさした、といつだって自分の感情をコントロールできる”大人”。
でもそんな伊藤先生が橋の上で、他に好きな人ができてらそれでもいいから〜って言ったのを、うそ、待ってて。って修正したところが、伊藤先生が”大人”の殻をやぶれたことや響への愛を感じられて本当に感動的。

サイドを固める友人、教員陣もみんなすごく魅力的で。
中島先生は、本当はまっすぐ純粋なのに”大人”でいなければならないという想いがすごく強くて。浩介の気持ちもきっと本当は少なからず嬉しいのに素直になれずにいる。誰よりもピュアなのに”大人”の殻にがんじがらめにされてて、そんな不器用なところが魅力的。
浩介は、自分が正しいと思うことに向けてひたすら真っ直ぐでアツい男。先生でい過ぎて自分の気持ちに向き合えてない、とラスト伊藤に殴りかかるシーンは本作の主題の1つの”大人”と”子供”の対比を的確に言い表している言葉だと思う。
藤岡くんは、高校生にしてはとても大人びていて。自分のことよりも愛する人のことを優先する、包み込む愛情を持った人。これは伊藤先生にも通じる部分がある。
こんな魅力的なキャラクターが揃ったこの映画は誰の視点でも感情移入できるから、何度でも見たい。

それから、伊藤先生が教えてくれるナポレオンの名言。
“お前がいつの日か出会う禍は、お前がおろそかにしたある時間の報いだ。”
これは個人的には刺さった。ストーリーにはそんなに大きく関連してないけど、こういう言葉には弱い。

好きで好きでどうしようもない気持ちとか、胸が張り裂けそうな痛さとか、そういう恋愛に伴うリアルな感情を響と、伊藤先生と一緒に味わってからの最後ハッピーエンド、たまらなく幸せ。
胸がぎゅっとしたり、たくさん泣いたり、でも最後はスッキリする素敵な映画でした。

三木監督の光の演出も目に栄養。
hrn

hrnの感想・評価

5.0
終始きゅんきゅん
斗真君かっこよすぎ
「うさぎ」もすごくいい曲
>|