リズと青い鳥の作品情報・感想・評価

リズと青い鳥2018年製作の映画)

上映日:2018年04月21日

製作国:

上映時間:90分

ジャンル:

4.0

あらすじ

あの子は青い鳥。広い空を自由に飛びまわることがあの子にとっての幸せ。だけど、私はひとり置いていかれるのが怖くて、あの子を鳥籠に閉じ込め、何も気づいていないふりをした。 北宇治高等学校吹奏楽部でオーボエを担当する鎧塚みぞれと、フルートを担当する傘木希美。高校三年生、二人の最後のコンクール。その自由曲に選ばれた「リズと青い鳥」にはオーボエとフルートが掛け合うソロがあった。「なんだかこの曲、わたした…

あの子は青い鳥。広い空を自由に飛びまわることがあの子にとっての幸せ。だけど、私はひとり置いていかれるのが怖くて、あの子を鳥籠に閉じ込め、何も気づいていないふりをした。 北宇治高等学校吹奏楽部でオーボエを担当する鎧塚みぞれと、フルートを担当する傘木希美。高校三年生、二人の最後のコンクール。その自由曲に選ばれた「リズと青い鳥」にはオーボエとフルートが掛け合うソロがあった。「なんだかこの曲、わたしたちみたい」 屈託もなくそう言ってソロを嬉しそうに吹く希美と、希美と過ごす日々に幸せを感じつつも終わりが近づくことを恐れるみぞれ。「親友」のはずの二人。しかし、オーボエとフルートのソロは上手くかみ合わず、距離を感じさせるものだった。

「リズと青い鳥」に投稿された感想・評価

みずき

みずきの感想・評価

4.8

このレビューはネタバレを含みます

めちゃめちゃ好きだった
派手な演出とか、大袈裟な感情表現とかはなかったけど、女の子同士の関係って感じですごくリアル
分かりやすく表情を変えたり、声を荒げたりはしないけど、ちょっとした仕草とかに滲み出る嫉妬や羨望の表現がすごくうまくて、そういうことあったなぁ…って懐かしくなった
どこまでも純粋で綺麗な空間の裏に確実にドロドロした黒い感情が存在していて、それに気づいてからの2回目はめちゃめちゃ泣けた
キャラ同士の何気ない会話とか、全てが2人の感情と結びついてて、1つも無駄な演出なんてないなと思った
ユーフォ見たことなかったけど、これをきっかけにみはじめた
東区P

東区Pの感想・評価

4.5
近くの県でやっていることを知り何とか観に行くことが出来ました。

大胆な演出などが一切無いためここが面白かった!などというのはありませんが足音、楽器に屈折している光、窓硝子、リズと少女の声など、主人公たちの感情や目線などを様々な形でメタファーが散りばめられています。
多くのメタファーがあり、それには正解が出されていないため解釈は人それぞれですが1回観ただけでは気づけないところもあると思うのでまた観ようかなと思います。
MOTO

MOTOの感想・評価

2.0
山田尚子監督のファンとして「響け!ユーフォニアム」のファンとして番外編に臨んだが、ヒロイン鎧塚さんにもお相手の希美にも興味も湧かず、絵も演出も何もかも合わず。

まずキャラデザが変更になり、首や足首が異常に細く頭が小さくなっているのに違和感。
これがヒロインの自意識というフィルターを通した姿だと解釈しても「鎧塚さんは頭身がおかしくなったキャプ翼やCLAMPのXを良しとする美意識の持ち主かあ…」となるのでちょっと痛い。
童話パートに出てくるリズのスーパーモデルみたいな頭身も鎧塚の中から出たイメージだとしたら乾いた笑いしか出ない。

京アニにしては珍しくシャフトっぽい記号的な演出、図書館の整然を通り過ぎて記号的に本が並んだ書棚だとか、やはり記号的に並べたヒマワリ、等間隔に柱を並べた学校の廊下、鎧塚さんと希美の二人を表すような小道具など、そういうシャフトっぽい演出がちょこちょこ挿入されるがあまり効果的とは思えず滑っている印象。

この作品で秀逸なのは音楽の使い方くらいだが、それもエレクトロニカ風の現代音楽で、吹奏楽部の物語としては合ってない。残念。
りりり

りりりの感想・評価

4.0
川崎チネチッタでやっと鑑賞。

いやー、いい映画だったなぁ☺️

これといって特筆すべき面白さはなかったけれど、脚本から音楽や作画まで、全てが丁寧に作り込まれているのが感じられて好印象だった。

エンドロールで流れる声優の名前が2人しかわからなくて、世代交代の波を感じました😨😨😨
原作未視聴でも分かるように作られてたらしいが、とにかく退屈なシーンが多すぎた。
原作ファンならキャラの会話とか楽しいのかな。

まあクライマックスへ向かう展開はよかったけど……そこだけかな。
あと吹奏楽にすこし興味は湧いた。
ヨーク

ヨークの感想・評価

4.5
ユーフォシリーズのスピンオフ・・なのだが
心の機微をうまく捉えて美麗な映像で綴る京アニ
クオリティは原作との改変はあれど、流石というところである
ユーフォ好きにはたまらなかった。
世界観の作り方と見せ方のバランスが凄く良かった。
かぜ

かぜの感想・評価

4.0
【2回目鑑賞】
アニメを見返し、リズと青い鳥のサントラを繰り返し聴いていたらもう一度観たくなり、上映最終日に駆け込みました!

2回目ということもあり、サントラに注目できたり、表現方法に注目できたりと充実した鑑賞になりました。

2回目にして気づいたのですが、"disjoint"と"joint"の表現、物語だけでなく、二人の足音のズレと調和にも現れていたのですね。気づいて感動しました。
(サントラ聴いてたから気づけたのだと思います)
同じ方向を向いていてもズレていた歩調が、最後には、違う方向に向いていてもシンクロして歩調が重なっている。感動してしまいました。

りりかちゃんが割とツボで、お礼にゆで卵渡すそのユーモアさが好きです。笑



【1回目鑑賞】
ファーストデー鑑賞×旧作上映

アニメを観ていたので、いつかは観ておきたいと思っていたところ、近くの劇場で再上映されているのを知って迷わず劇場へ。

映画のテーマは、「愛のかたち」でしょうね。この物語を観て、いろんな愛のかたちがあるんだなと改めて感じられました。

キャラの心情を微妙な表情、動きで表現するあたりは京アニらしさがあったかと。

個人的には良い作品でした。
登場キャラも知っているし、やっぱり響けのサントラが好きだから、そこも楽しめた。

ただ見ようによっては単調な展開なのかなと思われる部分もあり、観る人によってはつまらない作品になってしまうのかもしれません。

アニメではメインのキャラがほんとにちょい役でしかないのがまた面白く、ちょい役でもアニメ知ってる人は楽しめる描き方がさすがでした。

また、アニメから学年がひとつ上がっていて、新鮮さがあったのも良かった。
次の映画も代替わり以降の話みたいなので観てみたくなりました。

また響けユーフォニアムの1期,2期を見直したくなりました。
(たぶん見直します。
 題材は同じものの,原作小説第二章とはかなり作りが異なるので二章未読か,アニメ,映画のみ視聴済の人は先にこの作品を見てから原作小説に触れるのが良いと思われる。
 原作小説2巻から始まり,本人たちにとっては中学入学からおよそ6年という長い長い時間をかけて,「リズ」と「青い鳥」では無く,「傘木希美」と「鎧塚みぞれ」の物語が一つの終わりを迎え,また新しいスタートを切るその瞬間に臨む事の出来る作品。最高。
たかし

たかしの感想・評価

5.0
いかに好きであっても、対他者であるという壁は常に立ち上がってくる。「好き」という形の変化の話であり、それを本当に繊細すぎる行動・視線・場面の切り取り方で微かな、しかし確実に起こっている「ズレ」を語ってみせる。画面で起こっているすべてが計算し尽くされていると思う。
表現する事とは理解することであるという「表現者論」としても秀逸であるとともに、それを通して成長し、確実にポジティブなものとして未来に開かれるラストの階段は滂沱の涙。何もかも素晴らしい。
>|