リズと青い鳥の作品情報・感想・評価

リズと青い鳥2018年製作の映画)

上映日:2018年04月21日

製作国:

上映時間:90分

ジャンル:

あらすじ

あの子は青い鳥。広い空を自由に飛びまわることがあの子にとっての幸せ。だけど、私はひとり置いていかれるのが怖くて、あの子を鳥籠に閉じ込め、何も気づいていないふりをした。 北宇治高等学校吹奏楽部でオーボエを担当する鎧塚みぞれと、フルートを担当する傘木希美。高校三年生、二人の最後のコンクール。その自由曲に選ばれた「リズと青い鳥」にはオーボエとフルートが掛け合うソロがあった。「なんだかこの曲、わたした…

あの子は青い鳥。広い空を自由に飛びまわることがあの子にとっての幸せ。だけど、私はひとり置いていかれるのが怖くて、あの子を鳥籠に閉じ込め、何も気づいていないふりをした。 北宇治高等学校吹奏楽部でオーボエを担当する鎧塚みぞれと、フルートを担当する傘木希美。高校三年生、二人の最後のコンクール。その自由曲に選ばれた「リズと青い鳥」にはオーボエとフルートが掛け合うソロがあった。「なんだかこの曲、わたしたちみたい」 屈託もなくそう言ってソロを嬉しそうに吹く希美と、希美と過ごす日々に幸せを感じつつも終わりが近づくことを恐れるみぞれ。「親友」のはずの二人。しかし、オーボエとフルートのソロは上手くかみ合わず、距離を感じさせるものだった。

「リズと青い鳥」に投稿された感想・評価

FUJI

FUJIの感想・評価

4.0
一見、思いをぶちまけて、通じて、ハッピーエンドのように思えるのですが…よくよく思い返してみるとかなりドロドロしてるなと。綺麗な絵と空気感でカムフラージュされているような感じ。

色んな感想を読み漁り、鑑賞中には気づかなかった事がいくつかあって、きっと私は監督の伝えたかったことの半分も理解できていないのではと思いました…

演奏はユーフォニアムの時よりも感動してしまった。正の感情と負の感情が凄く伝わってきました。みぞれの才能が爆発して、のぞみは泣く。あそこの音や映像の演出、本当に凄かったです。自然に涙出ちゃう。

とにかく、キラキラ青春ストーリーだと思っていた予想が見事に打ち砕かれました。乙女心は複雑ですな。

今後の二人の関係性がどうなっていくのか気になるところです。
高嶺

高嶺の感想・評価

3.4
演出、音響、作画が卓越していたとしても話の面白さに直結はしない
因みに本編は1期しか見てない
神長女

神長女の感想・評価

4.0
やっぱり京アニはすごい!
キャラクターの仕草ひとつひとつがとても可愛くて好き❤️
私は響けユーフォニアムのファンなので少し贔屓してます
ストーリーはこの年代の女の子がよく持つ感情を丁寧に表してて凄く良かった。セリフが少ないのに、登場人物の感情がよく出ててすごいと思う。
友情、依存、恋愛の境界線が曖昧な、10代の少女同士の心の動きを描いた佳作。

表現的なチャレンジがあちこちに見受けられます。セリフに頼らず間や表情、しぐさなど、演技で感情を表現する手法は、「映画」って感じに。
心情をセリフで全部しゃべっちゃう「テレビドラマ」や、昨今の「深夜アニメ」しか見てない人にはわかりにくいかもしれません。

主人公が気持ちを乗せて演奏したシーンの曲の迫力は、映画館のスクリーンとその音響ならでは。

まだまだアニメーションには可能性があるし、本作は一つのエポックメイキングな作品になるかもしれないとワクワクしました。
こういう作品が、アニメファンだけでなく、世間にも受け入れられるといいなぁ。
gigihadid

gigihadidの感想・評価

2.8
2018.4.24 ピカ
仕事終わりは眠いけど高評価なので22:10から観ました。
私の知らない世界でした!
けど女の子のいろいろ
那覇了

那覇了の感想・評価

2.5
美少女動物園と性器のメタファーとしての楽器。

かつて元京都アニメーションの某監督さんは書きました。

「美少女動物園には興味がない」

「リズと青い鳥」は、まさにそれ
籠の鳥である美少女たちが、学校と言う「閉鎖された空間の中で、ひたすら食って寝そべって、延々と客がそれを眺めるだけ。」

山田尚子監督、結構、根に持ってたんですね……。

そして、誰だったか忘れたけどツイッターフェミニストがつぶやきました。

「「響け! ユーフォニアム」における楽器は男根のメタファー」

「リズと青い鳥」は、まさにそれ。
好きな人が手にするフルートの反射光で身体を愛撫され、主人公のみぞれは悦ぶのです。

山田監督、ほんと結構根に持つタイプなんですね……。

しかし、この「リズと青い鳥」は、その二つをもってして傑作となりえたのです。
……と言いたいところなのですが。
惜しいことに
「閉鎖空間でひたすら過ごす毎日」
この連続が単調すぎまして、傑作を感じる前に視聴に苦痛を感じます。
それもまた、ラストの学校と言う籠からの飛翔にカタルシスを感じさせるための演出だと言われれば、納得するより他ありませんが……
そこまでしなくていいんですよ!
この映画の映像的なコンセプト至上主義は、もはや現代アートにおけるビデオインスタレーションのレベルなんですけど、横トリとかでだいたいスルーされるそれと同じで、大概の場合は寝るか帰るかそもそも来ないかになります。
このアニメを作った京都アニメーションは、かつて「涼宮ハルヒの憂鬱」で「エンドレスエイト」と言う伝説を作った会社ですが、これもまた、
脚本的には9割9分おんなじ内容を、二ヶ月、計8回放送して、視聴者に「ループする一日の退屈」を追体験させると言う、一種のパワハラみたいなものでした。
そんなもの誰も望んでないし、正直うっとおしいわけです。
よく言われるように、京都アニメーションは動画の会社である為、作画と動画にしか目が行かず、映画や物語作品における退屈じゃない単調さと、退屈すぎる単調さの選別ができないのが原因ではないかと思います。

もちろん籠の中の美少女動物園にも、それなりになにかが起こります。
それは動物園でラッコがお腹の上でカチカチやってたり、ミーアキャットがワンワン鳴いたり、ライオンのオスがコンクリートの壁を隔てたメスの獣舎の前をうろついて発情の唸り声をあげたりしているのとまったく同じもので、
それを観察者の目線で描くことには、なんの問題もありません。
寒い時期にはこたつの中で寝てるだけのマレーバクでも、それなりには面白いものです。
しかし、この映画では面白くはなっていない。
それはなぜかと言うと、見せようとしているのが作者の意図や都合であり、展示物ではないからです。

この映画、パッパとテンポ良く画面が切り替わり、ドラマ的な感情や、主人公のエロ視線など情感の篭るシーンでも、観客の感情が追いつくがどうかは完全無視です。
(オタクな人たちがテンポテンポ言ってる弊害なんじゃないかと思うんですが)
そう言うコンセプトだ、と言われればそれまでなんですが、その割にはアニメ的な可愛い動きをする後輩だとか、「響け! ユーフォニアム」のファンサービス的なちょいキャラ出演とかを挟んでくるので、

とっちらかったアレやコレやのフッテージを、秒数決め打ちで切って並べただけの映像集

に見えてしまうわけです。

そしてそこから生まれてしまう退屈さを打ち消すフックにしたいのであろう(この時点でコンセプト破綻してる気がするんですが)童話パート。
これがまた、安い感傷と自己陶酔に満ちた、「人の話聞けよ!」系のお話でして……。
お話の内容は、この作品のあらすじに書かれていますので、それを参照いただきたいのですが、
死のリスクの少ない人間の生活に散々慣らしといて、急に大空へ解き放つことがあなたの幸せなの、とは、これいかに。
「おおかみこどもの雨と雪」もそんな感じだった気もしますが、君ら自然をナメすぎてませんか。
小学生ならまだしも、高校三年生が真剣に討議して良い内容ではありません。
二人とも「ダーウィンが来た」でも見てから議論したらどうか。
まあ、この童話は自立のメタファーなんでしょうけども、下手なメタファーは作品世界に要らない矛盾を与えます。
と言うよりも、翼があって大空に羽ばたけると幸せって、いつの時代の感性ですか。
むしろ、そこに突っ込まないといけないんじゃないですか?
こんなのを元に自分ならどうするか考えろとか、もし高校3年生の時の自分ならキツすぎて精神病みます。
学校のコンクールにありがちな、精神年齢低めなものを押し付けられて茶番を演じなきゃならない苦悩、と言う意味では面白いですが。
吹奏楽みたいな健全な学生精神が勝利に必要そうな業界は大変ですね。
気持ちを考えなきゃいけないんじゃ、マーヴィン・ゲイの「セクシャル・ヒーリング」とかジェームズ・ブラウンの「セックスマシーン」とかは演奏できないんだろうな。

色々と文句を連ねてしまいましたが、良い部分もあり、特に

女性が女性へと向ける性的な視線を映像として表現したこと

これは素晴らしかった。
好きなら身体に触りたいよね、エッチしたいよね。
と言うあの感じ。
そして、おそらくは希美はみぞれのそれを感じ取っていて
ハグしてみる? と自分から言い出しときながら、みぞれの様子を見て冗談にして引いてしまうと言う、心拍数メーターを見て見たくなる恐怖と不安となにかが入り混じったような態度。
最後の希美の晴れやかさは、あるいは異性愛でなければならないと言う固定観念の籠から自分を解き放ち吹っ切ったからなのでしょう。
しかし、そこまでやったのなら、あの、どんな感情とも言えない緊張感に包まれた素晴らしいハグシーンは、むしろ物語の始まりであって欲しかった。
その先、二人の心がどう揺れるか、二人の関係がどう変わっていくか、それを描いていれば、2018年らしい傑作になったんじゃないかと思います。

……でも、京都アニメーションはいつも、そう言う踏み込みが出来ずに昭和から抜け出せないんだよな。
リズに囚われた青い鳥とは、むしろ京都アニメーションのことなんじゃ。
ももん

ももんの感想・評価

5.0
特報第二弾の予告に載っている「儚く美しい一瞬」
この映画はまさにその文章がピッタリの作品でした

元々このキャラクターたちは響けユーフォニアムのキャラクターであり、2回映画を行っております
一つ前が「劇場版響けユーフォニアム~届けたいメロディ~」と呼ばれるもので全国大会へ向けての北宇治高校吹奏楽部を描いたお話でした
この作品は非常に演奏パートが多くストーリーも驚くほど見事な作品ではありましたがどちらかと言うと「演奏を楽しむ映画」と言う感じもありました

が、こちらの作品はストーリーメイン...いえ表情メインの作品
セリフで伝えるというよりは絵で伝えると言った感じでしょうか、キャラクター達の表情が繊細であり美しいものでした
またこの映画は静かなシーンが多く、聲の形を制作したチームが関わっておりますのでBGMとしての曲も美しく映画館で見るとその世界に引き込まれてしまう為、是非この作品は劇場で観るべき作品であると思います


また前作?響けユーフォニアムを観ていない方でも楽しめるかと言う疑問もあるでしょうがこの作品はほぼ独立しているので全く無知の方でも十分楽しめるものだと思います


同時期にはどちらかと言うと派手な作品が多く上映されていますが優しくストーリーを届けてくれるこの作品を観てみるのも良いのでは無いでしょうか?


他レビューサイトにも書きましたがせっかくなのでこちらにも...

このレビューはネタバレを含みます

表現が贅沢なので頭の中にどんどん物語が構築されていく反面、話の筋はベタを丁寧辿っていくものだったので、ときに脳内の物語進行がスクリーン上の展開を追い抜いてしまうことがあったりして、そのときはちょっと展開の鈍重さを感じてしまったものの、その不満が物語の意外性とかではなく描写の豊かさでもって昇華されていくものだから、おあずけを食らって高まっていたMっ気が解放されて絶え間なくびくんびくんしている間に終わっていくという。

音楽と切り取られる映像のテンポとでもって圧倒してくる山場はもちろん素晴らしかったけれども、そのあとの、演奏する力とかではない、才能があるというのはどういうことなのかについての表現がまた、映っているものがきらきらしているからこそぐさぐさと痛気持ちいい。

あえていえばプロデュースがしっかりしているアイドルを見ているような感じがなくもないので、どうせならがっつりだましきってもらいたかったけれども、まあそんなものは。
ケータ

ケータの感想・評価

5.0
のぞみが良い子過ぎて涙が止まらなくなった😭😭😭
山田尚子さんが大好き😭😭😭
すてふ

すてふの感想・評価

5.0
人間関係に悩む人は共感するところが多いと思う。むしろ共感しかなかったです。

テレビシリーズ未見
>|