リズと青い鳥の作品情報・感想・評価

リズと青い鳥2018年製作の映画)

上映日:2018年04月21日

製作国:

上映時間:90分

ジャンル:

4.0

あらすじ

あの子は青い鳥。広い空を自由に飛びまわることがあの子にとっての幸せ。だけど、私はひとり置いていかれるのが怖くて、あの子を鳥籠に閉じ込め、何も気づいていないふりをした。 北宇治高等学校吹奏楽部でオーボエを担当する鎧塚みぞれと、フルートを担当する傘木希美。高校三年生、二人の最後のコンクール。その自由曲に選ばれた「リズと青い鳥」にはオーボエとフルートが掛け合うソロがあった。「なんだかこの曲、わたした…

あの子は青い鳥。広い空を自由に飛びまわることがあの子にとっての幸せ。だけど、私はひとり置いていかれるのが怖くて、あの子を鳥籠に閉じ込め、何も気づいていないふりをした。 北宇治高等学校吹奏楽部でオーボエを担当する鎧塚みぞれと、フルートを担当する傘木希美。高校三年生、二人の最後のコンクール。その自由曲に選ばれた「リズと青い鳥」にはオーボエとフルートが掛け合うソロがあった。「なんだかこの曲、わたしたちみたい」 屈託もなくそう言ってソロを嬉しそうに吹く希美と、希美と過ごす日々に幸せを感じつつも終わりが近づくことを恐れるみぞれ。「親友」のはずの二人。しかし、オーボエとフルートのソロは上手くかみ合わず、距離を感じさせるものだった。

「リズと青い鳥」に投稿された感想・評価

あや

あやの感想・評価

4.8

このレビューはネタバレを含みます

響ユ好きなのでやっぱり最高ってなるし号泣してた笑

みぞれと希美の様な女子特有の関係性は、どこかでとてもリアリティがあるなって思った。
好きと嫉妬と独占欲と色々とない交ぜになるのとてもよく解る。

二人がソロパートの演奏を通して二人の関係性を急速に理解して行くシーンは本当に涙無しには観られなかった…共依存だったみぞれと希美が自分の道を歩み始めると思うとまた泣けるよね。

それもあってか、歩く彼女たちの足のシーンが多かったんだけど、歩き方が並足でがに股だったり内股だったりで美しくなかったのでそこだけ残念だった。

リズと少女のパートは少し演技を大袈裟にして、劇中劇っぽさを出したのかな?
私はわりと好きな演出でした。

梨々花がとてもかわいかったな…茹で玉子はうまいっす!
yayoi

yayoiの感想・評価

4.2
フルート奏者の女の子とオーボエ奏者の女の子の、音楽を通して交わる友情。
私自身フルートが好きなので、観たい観たいと思っていた作品。
友達のことや進路に悩む気持ちが全て演奏に表われていて、吹奏楽部の女子高生の青春っていいな。
最後の演奏シーンには思わず涙が溢れた。アニメだけど、心のこもった演奏は人の心を揺さぶるものだな。
途中眠いところもありましたが笑、泣きました!!!!


演奏パート、圧巻です。
登場人物たちが涙するのもわかる、わかるよ…となる、素敵な音でした。
yukki

yukkiの感想・評価

5.0
京アニはほんとに絵がきれいだ〜。それだけで映画観る価値があった。終盤のみぞれのオーボエは鳥肌すごかった。何度も観たいからDVD買う!
観たのに付け忘れてた。

なんというか、もう何を言ってもね。嫌なら来るな、そういうことなんでしょうね。別に嫌いでないけど好きでもなくて、どうでもいいといった感情が殆ど。『レディー・バード』にあってこの映画にないものとか考えてみたけど、そういう比較も違うなといった感じ。とにかく、あの世界(「響け! ユーフォニアム」シリーズ)に浸っていないと補正かからない箇所が多い。

3分16秒あるロングPV観れば、どんな話か、どんな展開かが余すところなく理解できるのもまた…。足元目元口元手元を頻繁に映す=繊細な演出ってわけではないと思う。せめて、緩急をつけてほしい。やたらそれっぽい画作りしようとするものの、フェティッシュで強烈なカットは特に見当たらなくて、そういう映画じゃないって言うならそうなのだろうけど、じゃあこの間のとり方とかローテンポな展開はなんなのと。
枝みてぇな首。

葛藤の連続、、
悩んでいたのは両方

美術スタッフの本気が垣間見える

このレビューはネタバレを含みます

映画館にて。誘ってくれた友達に感謝したい(1人では見に行かないタイプの映画だったから)

主人公の2人のどっちがリズで、どっちが青い鳥なんだろう、と誰もが考えるであろうことを考えながら観ていたが、自分が間違えていなければ、両方がリズでもあり、両方が青い鳥でもある、ということなのだろうか。この作品はきっと、子供を独り立ちさせたお母さんたちの心に一番響くのではないか。そう思った。
信頼筋の方が絶賛していたので。
ただ振り返るだけなのに鳥肌が立ってしまうから映画って凄いなと思う。2人の関係性が壊れて欲しくないと思うあまり、「頼むから今この瞬間エンドロールになってくれ」と願うくらい良い出来だった。ノゾミとの温度差に傷つきながらも不器用に健気に奮闘するミゾレが愛らしくて仕方ない。しかし、ノゾミもノゾミで仲良くありたいが距離を縮め過ぎることへの苦悩なんかも垣間みえて…。あとミゾ先輩と呼んであげるリリカ、イイヤツだ。とりあえずユーフォ観るかな…。

このレビューはネタバレを含みます

何てアニメを作ってしまうんだ京アニさんよ… 山田尚子監督作品の内、「たまこラブストーリー」が陽 「聲の形」がグレーだとするならば、本作は完全なる 陰 である。最早、自分がさっきまでどんな考えで現実を生きていたのかを忘れてしまう程に、この映画は劇薬である。見方によっては、絶望と溜息が脳裏を覆い尽くし、見方によっては、希望と感嘆が脳裏を覆い尽くす。これが、リズと青い鳥 という芸術が織り成す「世界」の捉え方であり、これを味わってしまうと、もう後戻りが出来なくなるのである。物語自体は非常に単純だ。鎧塚みぞれと傘木希美 それぞれがオーボエとフルートのソロパートを担当する人間同士が、だんだんとすれ違って行く。これだけである。たったこれだけなのに、胸が締め付けられ、観客の我々はその様子をただ指を咥えて見ることしか出来ず、悶えるしかない。それを更に加速させるのが、山田尚子監督特有の、ミニマムな世界観に寄り添うキャラクター達に向けられた確かな演出の力である。つまり、フェティッシュな作画によってキャラクターの心情を表現し、ストーリーをテリングしていく。キャラクター同士の歩く歩幅、擦れる床の音、背中を追う距離感すら利用して雄弁に物語を物語る。これこそがアニメ映画の醍醐味であろう。この映画は、みぞれと希美の物語と並行して、映画内での物語「リズと青い鳥」が語られる。その内容が現実のみぞれと希美の関係と否応無く重なって行くのだが、面白いのが、みぞれと希美はどちらも互いにとって「リズ」であり「青い鳥」である事だ。即ち、互いを籠の中の鳥として閉じ込め、依存しあう関係性だ。だが、その中で、希美の嫉妬が刻々と浮かび上がる。その動機も非常に人間臭い。それらが結実する「リズと青い鳥」の演奏シーンからの「大好きのハグ」のシーンは、エモーションの極致だろう。「希美の事が好き」というみぞれに対して、「みぞれのオーボエが好き」と返す希美の温度差があるやり取りはなんとも切ない。そして、2人の関係性が再び収束するラスト。これまで「dis joint」だった関係が「joint」に。この演出で耐えきれずに号泣してしまった。更に末恐ろしいのが、単純なハッピーエンドでもない所。彼女達はあくまでも完璧に交わる事は無い。進路から、ハッピーアイスクリームをめぐるやり取りまで。みぞれの本意が希美に伝わる事は最後まで無いのだ。だが、人間の関係性とは、それで良いのかも知れない。交われない事を受け入れた先にこそ、新たな可能性が生まれるのである。この大人な着地が僕は大好きだ。そして、本編とシンクロしたED曲でまた涙を流し、凄まじい余韻だけが残った。こんなに繊細な映画体験はそうそう無い。2018年の年間ベストには勿論入るだろう。芸術と呼ぶに相応しい大傑作。
ふく

ふくの感想・評価

4.0
映像と音の綺麗さにまずは魅了される。
そして、思春期の不安定に揺れ動く心の機微を描いたストーリーがガンガン胸を打つ。響け!ユーフォニアムのシリーズとは知らずに見たけれど、とても楽しめた。
>|