侵入者 逃げ場のない家の作品情報・感想・評価・動画配信

「侵入者 逃げ場のない家」に投稿された感想・評価

たまご

たまごの感想・評価

2.2
家の中に何かいる系のホラーかと思いきや、そうではなくありがちな家に侵入者来た系かと言えば、ちょっと違うというそこそこ面白い映画
そんなに期待値を上げなければ楽しめる
題名の通り「侵入者 逃げ場のない家」だった!
新しい展開で、新鮮で面白かったです。
yuusai

yuusaiの感想・評価

4.2
2015年6月にロサンゼルス映画祭で絶賛された低予算スリラー。USのストリーミングが初見だったが、ゲオ傘下のブルークがまたやってくれた。原題は「Shut In」だが、同名の2016年「Shut in」私の好きなNaomi Watts主演作と被るので、劇場公開時に「Intruders」と言うタイトルに変更「させられた」US版ポスターは「キャビン」風でカッコ良い。

Adam Schindler監督は「Killing Floor」と言う短編ホラーで注目され、本作で長編デビュー。日本で言う2時間特番のプロデューサーが本業で、映画監督に執着して無い様だが、特番で鍛えた演出力は申し分ない。主演のBeth Riesgrafも実に良い、年齢不詳に見える存在感が意外と癖になる。実際は42歳で、彼女もプロデューサー業を兼ねて、TVシリーズ「レバレッジ~詐欺師たちの流儀」の主要キャストで活躍してるらしい(ドラマは見ないので(笑)。因みにRory CulkinはMacaulay Culkin兄弟の4男坊。

広場恐怖症(Agoraphobia)、スリラー小説によく出て来る精神障害の1つ。広い場所がダメに思われるが、ソレは違う。一般的にはパニック障害に分類され、オープン・スペースだけで無く、旅行や公共交通機関、逆に閉ざされた部屋もダメで、その適応は幅広い。根本に有るのは「社交不安」で有り、その点は本作でも取り上げてる。小説や映画では使い勝手の良いプロットだが、実社会での克服は基本的には難しいとされる。

鑑賞後何かに似てると思いませんか?そう、2016年公開「ドントほにゃらら」。注目して欲しいのは、本作の方が製作が早い事。プロデューサーSteven Schneiderはスリラー界では有名人で過去にも「パラノーマル・アクティビティ」シリーズ、「インシディアス」シリーズ、「スプリット」「ミスター・ガラス」最新作は「ペット・セメタリー」と辣腕ぶりを発揮。彼の様な目利きが新人発掘に貢献してると言っても過言で無い。

ヒロインの成長物語が良い半面、兄が妹を助ける、と言う重要なシーンを台詞のみで片付けるので、感情移入と言う点で物足りない。父親の行為にしても、きちんと描写するべきで、この2点を追加するだけで、物語に奥行きが出た筈。広場恐怖症でヒロインの行動を縛る事で、スリラーの面白さが増し、それがエンディングで帰結する見事なシナリオ、手放しで褒めたい。

有名なアレは多くのフォロワーを生み出したが、プロットは本作の方が深みが有って面白い。無名な製作陣故にタイトルまで変更させられ、後出しジャンケンで大ヒットしたアレで霞んだ不遇の作品、色々と考えさせられる。

面白いスリラーをお探しの方に諸手を挙げてお薦めしたいが、少し褒め過ぎかも(笑)。
ai

aiの感想・評価

3.1
豪邸って広過ぎて部屋が多いから仕掛けもたくさんできる、、なかなか見応えありました。
ちん坊

ちん坊の感想・評価

3.1

このレビューはネタバレを含みます

あっそーゆー感じなの?的な要素多くて驚かされる。
確かこのパッケージの女が強すぎて笑える
外にずっと出れなかったのに...
出たらパニックになってたのに...
最後スッと出たな!🤣
攻守逆転するのがチョッ早な異色のホームインベージョンもの。90分というベストな尺のおかげもあって十分に楽しめる。が、トラップハウスにもっと激ヤバな仕掛けがあれば尚良かった(基本敵を閉じ込めるだけというのが少々物足りない)。
ギーコ

ギーコの感想・評価

3.5
珍しく邦題とサブタイトルが素晴らしくマッチしている映画!
本当にそのまま「侵入者」→「逃げ場のない家」でのお話でした!

お金目当てに侵入した家。そこには家から出る事の出来ない女と地下の不可思議な部屋たち。

最初こそ普通のホームインベーションであったが、話しが進むにつれ形成が逆転していくのは面白い。

何故あんな地下が存在するのか?
この女は一体何者なのか?
良い意味での謎が多く楽しい。

こういった形成逆転の類は好き。

地下の秘密や女の背景は結構雑です。
そんな雑味も私は好きです。
kicchan

kicchanの感想・評価

1.0
こういう設定物見過ぎってのもありますが
全然足りない…もっと言えば序盤ごっそりカットでよかったのでは?となりますね
背景や過去にチカラ入れていただきたかったです
何故そうなったのかもざらっとしか言わないし。
設定こそ面白いのに残念でした。
もう少し狂気&絶望が欲しいものでした。
paisley

paisleyの感想・評価

2.6
緊迫感あり
設定もそこそこ面白そう
なのに…

背景の弱さと
詰めの甘さ的な感じが否めず
もったいない感が…
>|