シャドウ・エフェクトのネタバレレビュー・内容・結末

「シャドウ・エフェクト」に投稿されたネタバレ・内容・結末

笑うほど評価が低いけど、かなり好きな展開だった。
まずこの映画はアクション映画でもサスペンス映画でもない。清々しいまでのB級SF映画。アクション映画として宣伝してなかったら、もう少し評価が良かった気もする。

人を殺す夢を何度も見る主人公。
夢で殺した人間が実際に死んでいることをニュースで知る。
双子は記憶を共有することがあるというミスリードから、クローン人間と秘密結社。本人の意志を継ぎ、クローンが復讐を果たす。
SFの短編小説を読んだ気になる。
評価低くてもやっぱり好きな流れだ。
何度死んでも再生する上、本人は記憶も自覚もないというとっても都合のいい暗殺者が主人公のアクション映画。
最初は、暗殺の記憶があるについて、双子だと思っていたけれど

毎回死んでいるのに疑問を持って、あ、クローンかと思った。

話の内容的には、仲睦まじい夫婦の夫ガブリエルが人を殺す夢を見る、それが続くので妻が精神科医を紹介

薬を飲むが悪化し疑問をもつガブリエル

そして、だんだんと真実に近づき、妻はなんと雇われていただけの女性であり、自分はダニエルという海軍だった。

そして、命がけで知ったシャドウというクローンの事実

妻だった彼女が助けてくれるが、本体は死んでしまう、クローンを助けろと言って記憶は共有されるからと

そして、クローンは復讐をとげる。
殺人マシンだからエレベーターのボタンは銃口で押すぜ!
エージェント・ウルトラのポップさを抜いたらこんな感じなんだろうよ。