オトトキの作品情報・感想・評価

オトトキ2017年製作の映画)

上映日:2017年11月11日

製作国:

上映時間:125分

4.2

あらすじ

THE YELLOW MONKEYの音楽は「SHOW」である。 THE YELLOW MONKEYのライブは「SHOW」である。 THE YELLOW MONKEYの存在は、それ自体が「SHOW」である。 なぜ今彼らは再集結したのか? 「ザ・イエロー・モンキーはもう一生解散しない」、吉井和哉の言葉は本当なのか? 2004年の申年に解散し、2016年の申年に再集結。 あまりにド…

THE YELLOW MONKEYの音楽は「SHOW」である。 THE YELLOW MONKEYのライブは「SHOW」である。 THE YELLOW MONKEYの存在は、それ自体が「SHOW」である。 なぜ今彼らは再集結したのか? 「ザ・イエロー・モンキーはもう一生解散しない」、吉井和哉の言葉は本当なのか? 2004年の申年に解散し、2016年の申年に再集結。 あまりにドラマティックに復活した彼らの記録を新進気鋭の映画監督、松永大司が切り取る。

「オトトキ」に投稿された感想・評価

kamy

kamyの感想・評価

2.9
にわかファンだけどこういう楽しそうに演奏するバンド大好き。時代を感じるメイクだったり色褪せない名曲…音楽って…すばら!
神已

神已の感想・評価

5.0
THE YELLOW MONKEYファンは必見!

二年前、再集結したTHE YELLOW MONKEY。
バンドとしての葛藤、メンバーへの想い、家族への想い、再集結から今日までの彼らの想いを感じてほしい!
エンディングのHorizon はロビンへの愛が込められたエマ、アニー、ヒーセからのメッセージだと思いました!
泣けます!
溝

溝の感想・評価

5.0
「THE YELLOW MONKEYは僕の家族」と吉井さんが様々な媒体で語っている理由がこの作品につまっていると思った。
楽しいことも悲しいことも困難も共有して、それぞれを想い合って自分に出来ることをするという様子がありのままに収められていた。

この4人は本当に運命的で唯一無二。
KAORI

KAORIの感想・評価

5.0
#ciao802
個人的にTHEYELLOWMONKEYの熱狂的ファンのため、涙なしには見られない映画でした。エンディングのHorizon …たまりません。
ayumi

ayumiの感想・評価

5.0
ファンであるが故、言わずもがな。
もう、本当に彼らへの愛しかない。
最後のLamama映像からの
あのエンディングのHorizon。
しみじみ染みました。
大好き。
これからもずっと。
声が不調だったカウントダウンジャパンでの苦悩、それでも歌おうとするロビンのプロフェッショナル。
かと思いきやラママでのRomantist Tasteの演奏中のフニャフニャした姿から身近な兄さんたちの音楽という感じもして、つくづく着いて行きたくなるバンドである。

このレビューはネタバレを含みます

個人的には20年来のファンなのでバンドの最高の時代もキリキリした時代もメンバーの人となりも知っているつもりで拝見。
これをバンドをあまり知らずに鑑賞されている場合どんな感じなんだろう。
ちょっと不安(笑)

のらりくらりと何を伝えたいのかな~と右へ左へと舵を切りながら
所々「ん??」と思ったり
最後のファンの映像の行は違うでしょ~と無理矢理感を感じながらも
これが伝えたいんだろうという部分はバシバシ伝わってきた。

吉井のカリスマ性や吸引力、
それを具現化しようと寄り添うメンバーの優しさや心遣い。
大切なものを見失った時の崩れた巨塔とその再生の物語が彼らだから信じあえた絆でさらに強固なものとなったといった状況がうまく表現、捕えられている。
ワガママも愛するがゆえ、
待つのも愛するがゆえ、
言葉にしないのも愛するがゆえ、
すべて認めているメンバー達。
そんな揺るがない愛に溢れた環境で吉井がプレイ出来ているのはアニーとエマとヒーセが主役の映画だったかのように思えたのは私だけかな(笑)
そしてその3人が愛してやまない惹き付けられてやまない吉井和哉という存在。


解散理由が結局発表されてないとかレビューで言ってる人見かけたけど、
私は充分表現されていたと思ったよ。
これからのバンドの成長を見守ります。

にしても個人的にはポスターがダサすぎた。
もっとあったでしょう(笑)
デザインの仕事しているからか
本当にタダでもやるんで仕事回してほしいレベル。
ぽり

ぽりの感想・評価

4.2
イエモンというバンドの強さで保ってる映像作品だった。これが何を伝えたかったのかはさておき、格好良さと無邪気さが共存してるバンドは強いよなあと思う。
これもずっと待っていたファンへの彼らなりの優しさなのか、ここまで見せてくれるなんて…監督にも感謝しかないです。
カッコ悪い所もカッコ良かった。
ファンではない人もこれを観たら彼らの印象が変わると思う。
ファンにとっては最初から最後まで胸が締め付けられる作品。
エンディングのHorizonでトドメを刺されました。
ちひろ

ちひろの感想・評価

5.0
12月9日・10日に行われた東京ドームライブに行き、これは見なくてはと見てきました。格好いいシーンばかりではないけれど、イエモンの4人がますます格好よく、愛おしく感じる映画でした。時には言葉を使わず音楽で、時にはメンバーのプライベートな一面で、様々な角度から、再結成後のイエモンの魅力、そしてこれからの活躍への希望をあますところなく表現しています。余談ですが、新宿バルト9の音響も素晴らしく、ここで見て良かったと思いました。
>|