オトトキの作品情報・感想・評価・動画配信

「オトトキ」に投稿された感想・評価

KKMX

KKMXの感想・評価

3.6
 2016年に再結成したイエローモンキーのドキュメンタリー。

 イエモンのドキュメンタリーと言えば、直接解散につながった過酷なツアーを振り返る『パンドラ』があります。このドキュメンタリーは実に痛々しく、非常にシビアでものでした。
 一方、本作はそのような試練を乗り越えて、過去を総括した上での再結成の話なので、マイルドな雰囲気で、全体的にはとてもリラックスしていて楽しそうでした。

 ドキュメンタリーとしては、正直あまり面白くはなかったです。コアなファン向けでしょう。いいところで曲をブツ切ったり、だらだらした長回しも多い構成は好みでなかった。バラ色の日々はもっと流しても良かったのでは?監督の松永大司のガーエーは観ないな。

 とはいえ、マイルドになり精神的にも安定してそうな吉井和哉の姿を見るのは良いものです。あの傷つけて傷ついたパンチドランカーツアーや、時代遅れの洋楽コンプレックスに振り回された悲惨な姿を『パンドラ』で見ていたので、こうして幸せそうにバンドを続けられるのは、単純に良かったなと思いました。
 また、イエモンは天才・吉井を懐の深い職人メンバーが支える構図なので、吉井が復調すれば上手く行きやすいとは思います。逆に活動休止を含めると15〜6年復活出来なかったワケで、そう考えると吉井の苦悩は実に深かったのだなぁとしみじみ実感です。「なんだろうね、この家族感」と語る吉井の姿は、これまで愛を感じづらかったであろう吉井がついに安息を得れたように感じ、重ね重ね良かったな、と思いました。

 途中、謎の無人ライブ映像が挟まれますが、そのラストにロマンティスト・テイストをフル演奏してました。この曲、ホントにダサいグラムロックで説得力ありますね〜(超絶ホメてる)。
つち

つちの感想・評価

4.0
イエモンにハマった2017年
なんでよく知らないバンドのドキュメンタリー見ようと思ったのかな
タケ

タケの感想・評価

3.2
メンバーの人柄はよく撮れてると思うけど結局核心はつけてないとおもう。
prmlscrmyn

prmlscrmynの感想・評価

3.3

このレビューはネタバレを含みます

吉井さんのソロ活動が充実していたので、新作出るまでは再結成に微妙な心境を抱き、この作品もその流れで鑑賞。
再結成以降、どうも家族的なつながりを強調しがちで、この作品もその延長線上か。もちろん感動する面はあるけれども、少し辟易する。
やはり再結成の幕開けを告げる「プライマル」は感動。ちょうど自分が卒業する頃に出たセンチメンタルをくすぐる曲。
最後のHorizonは反則級によい。
記録。2020.09.19。

オトトキは2回目の鑑賞だけど
パンドラと続けて観ると
より奥深さを感じます。

愛にまみれた素晴らしいバンド。

EMMAチャンはずっとずっと
アタシの王子様日本代表ですw

早くライブに行きたいなぁ。
メンバーの名前を叫びたい。
早くあの笑顔に逢いたい。

オトトキのラストは嗚咽で辛かった…(汗)
だま

だまの感想・評価

-
華やかなパフォーマンスの裏側にあるそれぞれの思い。バンドの1年を追いかけただけのドキュメンタリーじゃない。物凄く濃い人間ドラマだった。ファンとしての思い入れが強過ぎて正直良く分からないけど。ファン以外の人が見ても何かを感じられる作品だと思う。

THE YELLOW MONKEY の魅力は楽曲とライブだけじゃなくメンバーの人間性とか関係性に魅かれる部分も大きくて。映画の中でそれが凄く伝わってきて嬉しかった。メンバーを家族と言う吉井さん。4人が揃ってる時の笑顔がやっぱり最高。このバンドのファンで良かったと心から思う。
ザン

ザンの感想・評価

3.5
アニーであって兄ではない。解散当時やそれに至るまでの経緯をあまり語りたがらないところが、この人たちらしくていい。これからももっともっと熟成された大人のロックが届けられるのを期待する。
Chelsea

Chelseaの感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

2016年に映画館で観た時は、あまり響かなかった。彼らが少女漫画に出てくる中性的な王子様でも妖艶なヴァンパイアでもなかったのが寂しかったのだと思う。でも、この1年で過去のインタビューや自伝を読んでよりプライベートな部分を知るようになって改めてこの作品を観ると、彼らの気取らない人間らしさがでている良い作品だと思った。迷惑をかけたりかけたり、本当に家族のような存在なのだと思った。最後のインタビュアーの提案に対して吉井さんが「いや、聞かないでしょ笑」みたいに一蹴してたけど、観ているこっちも「いや、聞かないでしょ笑」て思った。ステージ上で「この曲を今日はメンバーのために歌います」って言ったのが演出に対する吉井さんの優しさだと思った。
イエモン好きには堪らんやつ。

ちなみに あたしはファンやない😅
aya

ayaの感想・評価

2.7

このレビューはネタバレを含みます

パンドラに比べると中身が薄く感じる。
ラママで4人だけでライブさせるあたりとか、バンドに思い入れがないのがすごく伝わってくる。
ファンから見ても、この映画なんだったんだろ?っていう感じの当たり障りのない内容だった。
>|

あなたにおすすめの記事

似ている作品