コールドプレイ:ア・ヘッド・フル・オブ・ドリームズの作品情報・感想・評価

コールドプレイ:ア・ヘッド・フル・オブ・ドリームズ2018年製作の映画)

Coldplay: A Head Full of Dreams

製作国:

上映時間:115分

4.1

「コールドプレイ:ア・ヘッド・フル・オブ・ドリームズ」に投稿された感想・評価

は〜、、、好きだなぁ。新曲が出る度にチェックはしているけど、ドキュメンタリー映画として彼らの音楽に対する思いを形として目にする機会はなかったのでとても見応えのある作品でした。どの曲も歌詞が素晴らしい!今更だけどCD全部揃えたいなぁ〜。ライブにも行ってみたい!
それとマット・ホワイトクロス監督のドキュメンタリー映画って素晴らしいなぁと改めて思った。
Katsufumi

Katsufumiの感想・評価

3.5
2020/181

"LOVE"

Coldplay 20年の軌跡

ビヨンセとのコラボは息子の寝室で(映像あり)

LIVEシーンが最高にかっこいい
さわ

さわの感想・評価

4.5
そんなに音楽詳しくないミーハーだけど、大好きな英国出身ミュージシャン。

初渡英の飛行機の中で「空港着く前はコールドプレイ聴こうかな、それともクイーンにしようかな」なんて英国の雰囲気に浸りながらヒースロー空港に着いたのを思い出させてもらった。

結成からの20年を振り返るドキュメンタリーで自分が小さい頃の話を知ることが出来たし、ライブに行きたい!と改めて思った作品
色んな曲を作るときに
気に入ったものが10分くらいで
それ以外の曲に時間がかかってたり
するのに驚いた!

苦境に立たされた時に
みんなが1人のために
助けてくれるバンドメンバーの
ように「家族」と呼べるような
人たちを仲間にできれば
人生はどうとでもなるなと思った。
 明るくニコニコしてる一面だけじゃなくてちゃんとメンバーと喧嘩して色々人間的な面が見れてまたさらにColdplayを好きになれます。そして音楽って素晴らしい。あのライブやフェスに行って最高の音楽に囲まれてそれが終わった後のカタルシスと言いますか、耳にまだ爆音が残ってる感じと言いますか、これから何を楽しみに生きていこうってなる感じと言いますか。いち早くこの状況が終わることを願います…
utkt

utktの感想・評価

-
 こういう映画は好きな曲を改めて好きになれるからいい。Up & Upは一番好きな曲だったけど、Noel Gallagherがソロだったの知らなかった。どうりで。
WAONWORLD

WAONWORLDの感想・評価

3.6
Coldplayを聴くといつもフェスにいる気分にさせてくれる。
Coldplayを聴いている時何故か夕陽が頭に浮かぶ。
とにかく、好き!!!!!
イギリス人の彼らはアメリカで売れるのはなかなか苦労があったんだ。アメリカ人だとしてもアメリカで売れる事は難しい。
有名になれば批判してくる人達が絶対現れる。どれだけ凄くてもどれだけ良い曲だったとしても。
そう言うもんなんだろうな。
小さなバーから始まり大きなスタジアムへ。
ボーカルのクリスはジョニーを口説き落とし、ガイには巻き髪の髪型で嫌われていたけど、音楽の趣味が合い仲良くなった。最後にドラマーのウィルが加入。マネージャーは同級生で親友のフィル。
平等にを基本に結成されたColdplay。1999年ドラマーウィルが一度厳しい練習について行けず脱退。その後戻る。マネージャーフィルは二度脱退。5人でないとバランスが崩れてしまう。アルバム「X&Y」は最悪の時期。グィネス別れたどん底の時にメンバーは献身的にクリスを支えた。メンバーが困った時は皆で支え合い紆余曲折を経て家族のようになったColdplayが観れた。
yellow、vivala vita、fixyou、inmyplace、paradise好きな曲が聴けて今までの活動が観れて満足。vivala vitaのライブを見に行った頃が懐かしくなった。Coldplay愛強くてレビューが長くなってしまった💦最近のは全然聴けてませんが。
黎

黎の感想・評価

5.0
控えめに言って最高だった。音楽は音で聴くタイプの人間だから、歌詞の意味も気が向いたときにしか見ないしバンドの歴史とかプライベートのこととかほとんど知らなかったけど、この映画で知ることができて本当に良かった。Teenageでラジオで流れたVida la Vidaを聴いて以来ずっとファンだし、間違いなくこの先ずっと「一番好きな音楽は?」と聞かれたら迷いなくColdplayと答えるくらい彼らの音楽が大好き。
はちこ

はちこの感想・評価

4.0
coldplayのバックボーンを観れて、より一層好きになれた。
バンドメンバーというより、親友だったからこんなに大きくなってもやっていけてるし、誰かがいないと上手く回らなくなるところが、本当に運命的な出会いだったんだろうな。
しかも、自分が行ったツアーだったから余計感動。
ライブの時もずっと鳥肌立っていたけど、この映像でも鳥肌立った。
クリスの声量おばけ感がすごい。
またライブが観たくなった
>|

似ている作品