コールドプレイ:ア・ヘッド・フル・オブ・ドリームズの作品情報・感想・評価

コールドプレイ:ア・ヘッド・フル・オブ・ドリームズ2018年製作の映画)

Coldplay: A Head Full of Dreams

製作国:

上映時間:115分

4.1

「コールドプレイ:ア・ヘッド・フル・オブ・ドリームズ」に投稿された感想・評価

ちい

ちいの感想・評価

4.5
東京でのライブを思い出したくて見たけど、曲作りの裏側やそれぞれのメンバーへの想いや考えも見れて良かった。
クリスと彼に関わるメンバーたちのストーリーを見ることができた。
願えば叶うをまさに実践してきたバンドですね。お互いを認め合っていることが見てとれた。
言わずもがなよいばんどですね。
しかしながら結成当初の映像が残っているなんてびっくり。
Miki

Mikiの感想・評価

3.7
若い頃のみんな可愛いくてカッコ良い!
そんなイケメンたちが無邪気にみんな仲良しで目にもハートにも良いバンド!

表情豊かで昔も今も楽しそうに音楽してくれてて、見てる側も嬉しくなる〜
akane

akaneの感想・評価

3.0

このツアーは客としてロスのRose Bowlってスタジアムクラスの会場で観に行けた

そして日本に戻ってアルバイトしてた時に
東京ドーム公演にいち小さなスタッフとしてだけど関われた

思い出深いツアーなので、色々思い出した
coldplayの曲を良質なドキュメンタリー映像と一緒に聴けるいいBGM映画。

曲まあまあ好きだなくらいの印象しかなかったけど大学時代から始まりドラマが興味深くて見ていて全然飽きなかった。
いいバンドだな〜これまではあー聞いたことあるくらいだったがこれを見てから普通に好きなバンドになった。
bolso13

bolso13の感想・評価

3.6
クリスがまだ少年の面影が残る頃の貴重な映像が観られる。あの笑顔が魅力的。見てるこっちまで笑顔になってしまう。
かけがえのない仲間の大切さ偉大さ、そして音楽への情熱。すばらしい。
 そして何よりも楽曲が素晴らしい。
映像作品としての完成度が多少低くても楽曲で帳消しにできてしまうぐらい楽曲が良い。しかし、映像作品としても十分に楽しめる作品だった。ともすると、退屈になりがちな画面をうまくアクセントをつけて編集して視覚的にも飽きさせない作りが良かった。
ただ、やはりもうちょっとライブシーンが観たかった。
我ながらスカしてるなと思うけど小3くらいの時に生まれて初めて買ったCDかこのColdplayの"viva la vida"。

これまでの自分の人生の様々なところにColdplayがいた訳で、きっとこれからもそうであろうと

長袖シャツの上に半袖シャツ着るのマネしよう。
イギリスのバンド文化ってホントに豊かだよね。
アメリカの起業が豊かなのと一緒な気がする。
ガレージ、ベッドルームから始まる世界制覇の物語が連綿と続いてるし、それを見て「次は俺の番だな」って奴が出てくる、今後も楽しみだ〜!
ハル

ハルの感想・評価

3.8
YellowとEvery Teardrop is a Waterfalls大好き
YUMI

YUMIの感想・評価

4.3
coldplayとの出会いは中学生。『A head full of dreams』のアルバムを聴いて一気にファンになった。あの時は本当に沢山の元気を貰った。

そしてこのドキュメンタリー映画を見て、クリス達のそのアルバムに込めた想いを知れて、私しっかりその思い感じ取れたよ‼︎😭って思って胸が熱くなった!(語彙力…)
でもそのアルバムだけじゃなくて、初アルバムから創り上げてきた全ての作品に彼らの想いが詰まってる所がまた良いな〜って思って、目頭が熱くなった🥺

メンバー同士の出会いとか仲の良さ、葛藤も沢山知れて、大学生の私にとっては濃い経験と青春をしてて本当に羨ましいって思った。

もう最高に尽きる〜🥺♡
ファン歴はまだ短いけど、改めて彼らを好きになって良かったと思える映画だった😭🙌
今度こそ絶対LIVEに行ってやる💪
>|

似ている作品