ミッシェル・ガン・エレファント “THEE MOVIE” -LAST HEAVEN 031011-の作品情報・感想・評価

ミッシェル・ガン・エレファント “THEE MOVIE” -LAST HEAVEN 031011-2009年製作の映画)

製作国:

上映時間:119分

4.2

「ミッシェル・ガン・エレファント “THEE MOVIE” -LAST HEAVEN 031011-」に投稿された感想・評価

最後の日、この幕張にいたのだけども、ほとんど4人の姿は見えなかった(それぐらい周りは男ばかりでみんな後ろの方でも暴れまくっていた)。彼らとの時間はいつもそういう記憶ばかりだ。
映画館にもこの作品を観に行った。4人がよく見えたし、音もかっこよかった。でもむしろ、グシャグシャになって楽しんだミッシェルとの記憶なくしては、自分の中でこの映画も成立しなかった気がする。TMGEと同じ時代に生きれていたことを誇りに思う。
ronji

ronjiの感想・評価

4.0
この場にいれたことは、幸せでもあり、悲しみでもある。やたらでかいホールでいつもはもっと近くにいたチバが豆粒みたいだった。

ハイロウズ解散とミッシェル解散は、学生時代の悲しい思い出。

帰りの電車「武蔵野エレジー」聴いて泣きそうになった。

パリに降るのはマティーニの雨。
nanami

nanamiの感想・評価

3.8
大好きなバンド
これを見た後やっぱりリアルタイムで聴いたり見たりしたかったとより一層思った
GS5

GS5の感想・評価

5.0
イチバン最後のシーンが、この作品の全てだと思います。

僕が高校生になってミッシェルを知った時には、すでに彼らはバラバラになっていて、大学に上がった年の夏、アベフトシの突然の訃報を知って謎の虚無感に襲われました。
未練ともケジメとも言える感じで、あの時はミッシェル関連の様々なものを手当たり次第飲み込んでいきました。
そのひとつが、この作品でした。

ラストライブの幕張を中心に、過去の映像をギュッとまとめたもので、正直それほど大した内容ではなかったです。

でも、イチバン最後のシーンには胸を締め付けられました。恥ずかしいですが、鼻水垂れるくらいボロボロと涙が出ました。

僕は、あの光景を見たかったんだと感じ、もうこの光景を見ることは絶対にできないんだと悟ったのです。

何も考えることなく、ただひたすら、あの4人が作り出す爆音空間をみんなで泳ぎたかったです。
終わってしまったことはもう仕方がないけど、そんなことを考えてしまうだけで、今日もビールがうまいのです。
小林

小林の感想・評価

-
特に演出がどうということはなかったけど、じゅうぶんに楽しめるのは、演奏の魅力かと思います
途中で入る仙台のエピソードみたいなのはいらんかと
ただひたすらに格好いいバンドでした。
解散ライブであるにも関わらずほとんどMCも挟まずただ演奏を通じてファンに想いを伝えようとする彼らの姿に感動すら覚えた。

好きな曲を挙げればキリがないがやはり最後の『世界の終わり』は圧巻。

特に途中アベのギターの弦が切れてしまうハプニングはミッシェルガンエレファントというバンドの終わりを感じさせる場面でもあり、思わず泣きそうになった。
佳奈

佳奈の感想・評価

5.0
こんなにカッコいいバンドを、他に知らない。
私の中には、きっと、存在しない。
ラストライブ、あの熱狂と興奮の渦に入れるなら、なんだってするのにって本気で思った。
小さなテレビ画面じゃ足りない、生の音楽を全身で浴びたかったよ。
一度もライブに行けなかったけど、再結成は不可能だし全く望んでもないけど、それでも心から愛しているバンド。
邦楽ロックのカッコよさを教えてくれてありがとう。
一生聴き続けます。
私の、青い春。
Maho

Mahoの感想・評価

-
言葉や評価では表せない
大好きで、思い入れが沢山あるバンド
日本にも死ぬほどかっこいいロックバンドはあるって教えてくれたバンドの最期
C

Cの感想・評価

-
ラストライブを軸に激しすぎるモッシュのため2度中断した98年豊洲フジロックや振動で続行不可能になった仙台ワッセなど、ファンなら全員知ってるエピソードの映像なども交えながら。監督は番場秀一。

ところどころ昔の映像に戻ったりするのでセンチメンタルになる。ララランドみたい。青春は戻らない。アベくんはもういない。
世界でいちばんかっこいいバンド。
abee

abeeの感想・評価

-
【アベフトシは永遠に私のヒーロー】

この作品にはスコアなど付けられません。何十回と見てます。悲しいことに一昨日、中学生から聴き続けていたLINKIN PARKのチェスター・チャールズ・ベニントンが旅立ち、今日はアベフトシさんの8回目の命日です。くどいかもしれませんがミッシェルとアベさん、時々チェスターへの愛を語らせて下さい。

「カッティングの鬼」と呼ばれる伝説のギタリスト・アベフトシさんが2009年の7月22日に亡くなったことをきっかけにPV制作で有名な番場秀一さんが監督し制作された映画作品です。2003年の解散ライブの映像をベースに過去に出演したフェスやライブ、テレビ番組の映像で構成されています。

最後のクハラさんの涙を振り払うかのようなドラム・プレイ、涙をこらえながら声を絞り出すチバさん、そしてアベさん、ウエノさんの目に光るものを目の当たりにした瞬間、感動でいっぱいになることでしょう。
「曲が始まれば終わるまで俺のギターソロ」と本人が語る通り唯一無二の存在感を放つアベさんのギター。ボーカルがチバさんだから曲が死ぬことはありませんが、他のボーカルなら歌はかき消されてしまうでしょう。

ライブの最後の曲「世界の終わり」に起こる、これが本当に最後なんだと痛感させられる奇跡をとにかく見て欲しい。ライブだというのに偶然が生んだとんでもない奇跡の物語を見ることができます。

thee michelle gun elephantとゆうバンドは今俗にいう「ロキノン系」と呼ばれるアーティスト達のはしりとなったバンドと言えるのではないでしょうか。そして現在のフェスで見ることのできるロキノン系バンドのほとんどはほぼ間違いなくミッシェル、ブランキーのどちらかの影響を確実に受けていると言っていいほど日本ロック界の伝説。世のロキノン達よ、ロックを語るならミッシェルを聴くべし。そしてこの作品を見れば明日CDショップに行きたくて堪らなくなるでしょう。

レビューとゆうより唯々ヤバい音楽愛を語っただけになっちゃいましたが、昨日は一日中チェスターの死を理解することができずニュースを見続け、朝までLINKINのPVとライブを観て鬱々と涙しましたが、今日久しぶりにlast Heavenを観て凄く勇気づけられました。チェスターはいつかこんな存在になるんだなぁと。

God Bless,Chester Charles Bennington &アベフトシ,RIP
>|